猫丸ねずみの大荒れトーク


京都・摩訶不思議な町… No.3(嵐山・渡月橋・十三参り)



京都・嵐山の渡月橋といえば、2013年の台風18号で渡月橋の下を流れる桂川が氾濫し、周辺が深刻な浸水被害を出した、あの渡月橋です!

あわや、渡月橋も流されてしまうのか…という程の場面をTVで見られた方は多いと思います。

とはいえ、あれから直ぐに復興できた渡月橋。

普段の桂川は穏やかに流れ、南にそびえる標高375メートルの嵐山は四季折々の自慢の自然に囲まれた、絵画のような景観で観光客に愛される観光名所です。


b0301400_20581856.jpg


そんな京都・嵐山の渡月橋に纏(まつ)わるお話です。

京都には十三参り…という行事があります。

関西では七五三よりも、十三参りの方が盛んな地域も多く、その時期になると案内の張り紙が貼られてます。特に京都・嵐山の法輪寺や、大阪の太平寺、奈良の弘仁寺などは盛んに十三参りが行事として今も残る伝統行事です。

起源は公家の成人式だといわれています。

しかし、実際には関西だけではなく全国各地域に伝統として残る行事のようで、現在も十三参りを行う地域もあるようです。


b0301400_20585880.jpg

十三参りとは、生まれた年の干支が初めて巡る年(数え年の13歳)に行われる行事が十三参りといわれるものです。

お参りする日は陰暦の3月13日で、現在の4月13日に当たり、男女とも数え年13歳の祝いで、子供の幸福、開運を祈り各地にて古くから様々な形で行われる行事だそう。

十三歳の厄を払い、知恵と福禄を祈願してもらい、成人の儀式をするのが十三参りの目的です。

公家の行事として始まり、広く一般にまで広がったのは江戸時代からと言い伝えられています。

祈願期間や習わしもその地域でいろいろとあるそうです。



b0301400_20590730.jpg

十三参りの服装は成人式のお祝いですので、本裁ち(初めての大人の寸法)の晴れ着を必ず肩上げをして、踊り帯、抱え帯を結び一人前の娘として正装します。

男子は紋付袴の正装をします。現代では男女とも着物ではなく洋装する人も増えているそうです。

七五三と一緒ですね。

しかし、京都ではやはり伝統を重んじる行事として、何年も前から愛する我が子の成人の支度に、愛情と時間とお金をかけながら、十三参り日のその日を待つのだといいます。

現代はレンタル衣装もありますますので、気軽な気持ちで十三参りが出来る時代のようです。

京都の法輪寺で行われる十三参りの歴史は、和銅6年(713年)からと言われており、
ご本尊は虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)。

この仏は広大な宇宙のような無限の知恵と慈悲を持つといわれ、集中力やひらめきといったものにご利益があるそうで、現代では虚空蔵菩薩の知恵を授かりに行くのが十三参りの主旨なんだそうです。

境内では子供達が半紙に思い思いの漢字一字を筆で書き、虚空蔵菩薩に奉納し、加持祈願(かじきがん:仏の呪力を願う儀式)を受けます。



b0301400_20582758.jpg

そして、最後は最も重要な儀式が残されています!

それが「渡月橋を渡る時に決して振り向いてはならない」という決まり事です。

渡月橋では儀式の帰り道「渡月橋を渡る時に決して後ろを振り向いてはならない」という約束があります。

これを破れば折角授かった知恵や福禄を失うという言い伝えがあるからです。

現代では、面白半分に後ろから振り向くよう仕向ける親御さんや、逆にその子の約束に対する責任の度合いを図るために試す親御さんもいるそうです (^_^;)

渡月橋を渡って帰る際に、どのような事態に遭遇しても決して後ろを振り向かないことを守り通すことで、約束事を守る最初の試練を乗り越えなさい…という感じでしょうか。

しかし、一説によりますと、本当は振り向いてはいけないのは渡月橋ではなく、法隆寺の入り口の「石橋」だとする説もあるのです。

法隆寺からの帰り道の参道には、「石橋を渡ってください」とわざわざ書かれた看板があるそうです。

まぁ、諸説いろいろあるのかもしれません。

しかし真実は、もしかしてもしかすると、振り向いていけない距離は橋だけではなく家に帰るまで…なのかもと知れませんね。

大人になる儀式を済ませたばかりの子供達には集中力が欠けているため、家まで振り向いてはならないという約束事を守れない子供達が多くて、渡月橋だけにした…っていう
オチじゃないですよね?

大人になるということは、「決めたことを最後までやり遂げる」という責任を持つことですから、そんな大人の心構えを教える為の大切な行事だったのでしょうねぇ。

渡月橋の名前の由来ですが、渡月橋という名前は平安時代に嵐山 天龍寺にある場所に亀山庭園を持っていた亀山上皇が、曇りない夜空に月がさながら橋を渡って行くように見えた様子に「くまなき月の渡るるに似る」と感嘆をされたことから、渡月橋と命名されたとも伝えられています。

猫丸も今まで全く気づきませんでしたが、渡月橋は木造に見えるんですけど、実は鉄筋コンクリートなんだそうです!

木造の橋なのに、昨年の台風でよく流されなかったな…と感心してたら鉄筋コンクリートだったというオチ ( ̄▽ ̄)

そりゃ丈夫ですよね…(^_^;)

見た目が良いように、欄干だけが木造の造りなんですって!

もし、渡月橋で大人の仲間入りを果たした正装した子供達を見かけましたら、そっと見守ってくださいませ〜♪( ´θ`)ノ






ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-08-05 19:45 | 不思議 心霊

<< 宇宙との交信!トラちゃんの今日...      佐世保 女子高生殺人事件!続報... >>

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル