猫丸ねずみの大荒れトーク


頭痛体感(被害災害警戒のお知らせと検証結果)注意2017年11月11日から11月27日まで。

⚠️11月30日 午前1:29分追記…本日、強めの頭痛が2度発生しました。激痛ではありませんが、頭痛が続いておりますので本日から厳重災害警戒日といたします。

厳重災害警戒日 11月30日〜12月13日までです。油断なさらずお過ごしください。みなさまの安全を祈ります。

頭痛が続いておりますので、11月26日から12月10日まで災害警戒日とします。
激痛ではない頭痛が続いておりますので、26日も頭痛が続くようでしたら厳重災害警戒日となりますので、またお知らせいたします。(日にちを間違えておりましたので訂正しました)11/29追記…26日は微弱の頭痛が1度発生しましたが厳重警戒にするまではにはいかないと思い様子を見ておりました。27〜28日も微弱頭痛が各1度ずつでしたので、かなり強めの頭痛が発生するまでは様子をみたいと思います。


⚠️ 2017年11月11日から11月25日までが厳重災害警戒日。

2017年11月25日から11月27日までが災害警戒日。

11/14から11/16まで電磁波痛が発生(雨体感)
11/18 やや強めの頭痛が朝から数回発生。電磁波痛も。現在、ダブルで重なる厳重災害警戒期間中ですが新たな頭痛が何度も発生しております。3度も重なるのは初めてのことですので、くれぐれも警戒を怠らないでお過ごしください。
11/20 朝から何度も電磁波痛が発生。
11/21 20日の23時に洗面所に置いてあるデジタル時計の時間が午前5時26分になっていて、日付を見ると1月2日水曜日となっていました。何が原因なのかは不明。1月2日の水曜日となる日を調べると2019年の1月2日が水曜日でした。念のためメモ。
11/23 珍しく耳鳴りがし、20分以上続いてます。ぐっと抑えられるような変な頭痛もします。
11/24 23日に2度、本日も1度強い頭痛が発生しました。激痛ではないですのでもう1日様子を見ます。
11/25 頭痛は少し強めが一度のみ発生しました。激痛ではないのでもう1日様子を見て、明日も頭痛が発生したならば災害警戒期間といたしますので、その時はお知らせします。本日は強い電磁波痛(雨体感ですが、この季節は雪かもしれません)が何度か発生し、また左奥歯の歯茎が腫れました。左奥歯の歯茎の腫れは熊本地震の時、そして九州大雨災害、そして今年の台風21号の上陸前に沖縄に被害をもたらした時に発生した体感です。今回の腫れは今はまだ台風21号の時より軽い感じです。
11/30 強い頭痛が2度発生。電磁波痛も何度か発生しました。

こちらの災害検証は災害の記録、被害はなくても記録更新、宏観現象、自然界の変化や珍事なども書いていきます。尚、宏観現象や自然界の変化や珍事などは今後の参考のため災害警戒日に関係なく追記していきます。


* 11月8日 静岡県浜松市内の住宅街にある水路で、約1キロに渡りフナなどの魚1000匹以上が大量死。水質検査をしましたが異常なしで原因は不明とのこと。

* 11月9日 デンマークでおうし座流星群の流れ星だとみられる光が、地上に真っ直ぐに落ちてくるという珍しい現象が発生。

b0301400_09163911.jpg
11月11日 日本列島で爆弾低気圧が発生。家屋の破損などが数軒発生。ケガ人報告はなし。

長崎県・大村市 35メートルの最大瞬間風速を記録。
北海道・襟裳岬 33.4メートルの最大瞬間風速を記録。
山形県・飛鳥 31.4メートルの最大瞬間風速を記録。
北海道・増毛 31.4メートルの最大瞬間風速を記録。
青森県・八戸 31.4メートルの最大瞬間風速を記録。
北海道・広尾 30.6メートルの最大瞬間風速を記録。

*11月11日 台湾中部で19:14分にマグニチュード4.4(最大震度5)19:32分にマグニチュード3.5の地震発生。被害は不明。

* 11月11日 埼玉県 草加市の川が一面青緑色に変色し、100匹以上の魚が死んでいた。原因は不明。

b0301400_09162603.jpg

11月13日 イラク北東部・イラン国境付近にてマグニチュード7.3、震源の深さ25キロ。阪神淡路クラスの大地震です。この地震で現在のところ死者540人以上、負傷者は8700人。現在も多くの人が瓦礫の下に埋まっているそうですが、大規模停電で夜間の救出が難しく被害が更に拡大する恐れがあるそうです。今年発生したメキシコ地震よりも被害の大きな地震です。被害は500以上の町や村で発生し、被害の全貌が明るみになるのは時間がかかると思われます。

b0301400_08502893.png
b0301400_08503720.png
b0301400_08500219.png
* 11月13日(日本時間)に発生した中東イラン・イラクの大地震について、日本の国土地理院がデータを分析したところ南側の地盤が最大で90センチ隆起していたことが判明。中東の震源地の周辺では、地盤が最大で30センチ、震源地の南側でおよそ10センチの隆起を確認。最大の隆起は90センチで、断層が斜めに崩れ動く逆断層の地震だと分析されました。

11月13日 コスタリカ南西沖でマグニチュード6.5の地震が発生。震源の深さは19.8キロ。こちらの地震では家屋などの一部に損壊程度の被害報告。11月20日現在、死者は3名。

* 11月13日 日本でも震源の深さが約10キロの三陸沖でマグニチュード5.7の地震が発生しましたが、被害はありませんでした。

11月13日 桜島で爆発的噴火。空振や火山雷も観測され、火映が観測されたのは5年ぶりとのこと。噴石などが五合目まで飛んだ模様。噴煙の高さは3000メートル。空振は昨年3月ぶり。この空振で鹿児島県と宮崎県の一部地域で窓ガラスなどが揺れたそうです。

b0301400_08505133.png
11月13日 チェニジアの首都チュニスで豪雨による大洪水発生。サハラ砂漠の最北に位置するチェニジアで豪雨とは…。警官を含めた複数が死亡。詳細は不明。(画像は地球の記録-アース・カタストロフ・レビューさんのサイトよりお借りいたしました)

b0301400_08501919.png

*11月13日 インドネシア西部のアチェ州のアチェ・ベサールで9頭のマッコウクジラが打ち上げられる。浅瀬に群れで乗り上げるような形で座礁していたとの報道。アチェ州は、あの大津波災害があったスマトラ島沖地震で大打撃のあった地区です。

* 11月13日 10月に襲来した台風21号で少なくとも3つの観測点で過去最高記録の潮位が観測されていたことが判明しました。静岡県・清水区の検潮所で141センチ、瞬間的には150センチの潮位も観測。

*11月13日 チリのアントファガスタの上空にハロと虹がダブルで現れる珍しい現象が発生。(地球の記録-アース・カタストロフ・レビューさんより画像をお借りしました)

b0301400_23350911.png
* 「南極の氷床の崩壊に気温は関係なし。南極の氷はいつでも全溶解する」とロシアのRTの報道。NASAによりますと人工衛星の解析などから、南極大陸の氷床の下をおびただしい川や湖が走っていることが判明したそうです。「南極大陸の下からイエローストーンと同等の地熱が発生し、それが南極の氷床を溶かしている」と発表しました。

* 長野県 白馬村で霧の中に虹色リングが出現するという珍しい現象が発生。これはブロッケン現象というもので、背後から射し込む太陽の光の影響で、影の側にある水滴や霧などによって光が散乱されて、影の周りに虹のような光の輪が現れるもので、こうした現象は山岳や飛行機から稀に出現する現象のようです。ドイツのブロッケン山でよく観察されることからブロッケン現象というそうです。

b0301400_08501121.png
* 11月14日 この日14日は10時間の間に4つの巨大な火球が世界で目撃されました。目撃された国はイタリア、フランス、アリゾナ州・フェニッスク。(画像は地球の記録-アース・カタストロフ・レビューさんのサイトよりお借りいたしました)

イタリア
b0301400_19091198.png
フランス
b0301400_19134300.png
* 11月14日 海上保安庁が行った観測によりますと、伊豆諸島の青ヶ島の南にある海底火山ベヨネーズ列岩で海面が変色しているのが確認されました。

* 11月15日 乙女座の方向に11光年離れた赤色矮星(わいせい)「ロス128」の周りで、地球に似た惑星を発見したとフランスのグルノーブル・アルプ大学などの国際研究チームが発表。

11月15日 韓国南東部の慶尚北道でマグニチュード5.4の地震が発生。震源の深さは9キロという直下型だった為、マグニチュードは5.4(震度4)とそれほど大きくはありませんでしたが被害が出た模様。昨年9月に次ぐ史上2番目に大きな規模の地震とのことです。62人が重軽傷。11人が入院。全壊が3棟、建物の一部損壊が2400軒以上。4つの橋が損傷し、11本の道路が通行止め。余震は16日時点で46回以上発生。海外ではといってもお隣韓国では震度4で大変な被害です。欠陥住宅が露呈されているそうです。この地震の影響により大学入試の試験会場の建物に亀裂が生じたことから16日に予定されていた大学入試試験が1週間延期。あまり地震の発生しない場所で、2年も連続して最大規模の地震が発生するとは、どこかで大きめの大地震の前兆である可能性も考えられます。19日にはマグニチュード5.3の余震も発生。2番目に大きな余震に1500人の住民が避難したままだそうです。

* 11月15日 熊本地震から1年半の今日、今月13日現在地震で家が全壊した住宅8649棟、半壊34235棟。被災者の県内での仮設住宅避難者は現在44986人だそうです。
災害救助法では、仮設住宅入居期限を原則2年以内と定めていますが、政府は仮設退去後の住まいとなる災害公営住宅(復興住宅)の建設の遅れを理由に、熊本地震の仮設入居期限の1年延長を閣議決定しました。阪神淡路大震災で持ち家を失った方々は20年経っても持ち家を持つことも叶わず、借り上げ住宅では退去命令によって無理やり退去させられた方もおられました。東日本大震災から災害も多くなり、持ち家に帰れない災害難民が増えております。東日本大震災の避難者も未だ大勢おられ故郷を出て暮らす方々も多いことでしょう。たった1年入居期限が延びたからといって解決する問題ではありません。今後も深刻な災害は人が生きている限り想定内なのです。例え家を失っても命が助かったのなら、力の限り生きていくしかありません。普通に暮らせている方々は、今の生活に改めて感謝してお過ごしください。

* ブラジル・リオデジャネイロのイパネマビーチにザトウクジラの死骸が打ち上げられた。

11月15日 ギリシャ中部で現地では経験したことのないような豪雨が発生。アテネやマンドラ、ニア・ペラモス、メガラなどが大きな被害を受けました。豪雨の影響により鉄砲水が発生し、少なくとも15人が死亡し、多数の行方不明者。けが人は37人以上。浸水レベルは家にいては命に危険を感じるほどのもので、多くの家は全壊。悲劇的な災害にアレクシス首相は服喪期間を宣言。マンドラのイアナ市長は「全てなくなった。壊滅的被害」だと語りました。ニア・ペラモスのスタズロス副市長は「山から何百万トンもの水が落ちてきた印象。まるでナイアガラの滝が押し寄せてきたようだった」と語りました。道路は完全に破壊され、街の3分の1の1000軒が浸水被害。


b0301400_13183558.png
*11月16日 八丈島東方沖でマグニチュード6.2(最大震度3)被害なし。

*11月16日 三重県伊賀市の道路にシンクホール(陥没穴)に落ちて重症。陥没の深さは60センチ。地下には約1平方メートルの空洞が確認されました。近くの水路の水が侵食したとみて原因を調べているそうです。日本もシンクホールトラブルが確実に増えてきました。東日本大震災後、地震が増えましたし雨も多くなった事などが原因なのでしょうか。

* 11月16日 福井県坂井市の空港滑走路に、約30ヶ所にアスファルトが剥がれるように穴が開いているのが発見されました。大きいもので約30センチほど。落雷が原因だとみられています。2007年にも同じような事態が発生していたそうです。

⚠️ 米科学誌「BiOSciene」が気候変動が脅威として人類の存亡を脅かしつつあるという緊急警告を世界のメディアに向けて発表しました。この警告には世界184カ国から1万5000人以上の科学者が署名しているそうです!
「人類への警告」としては、25年前にも1700人の科学者が署名し発表していましたが、今回は現状を更に分析した結果、状況が酷く悪化している為「直ぐに行動を起こさねば手遅れになる」と警告しました。もう既に天変地異の時代に突入しておりますので
猫丸もこのように災害警戒日をお伝えしております。たとえ大惨事が起きても想定内という時代なのです。災害を覚悟し、日々後悔のないよう最善を尽くし一生懸命に生きましょう。

* 11月17日 しし座流星群の活動が極大となりました。流星群とは、彗星が太陽の周りを回るときに残したチリの中を地球が通過する事で観測できる現象。2001年には100個以上観測されたそうです。しし座流星群は全流星群の中でも最速で秒速72Kmなんだそうです。現在18日の0:08分ですが、約1時間後の1時から明け方頃が一番の見頃なんだそうです。こちら京都は残念ながら曇り空です。

11月17日 沖縄の久米島で1時間に47.5㎜の豪雨。車7台が水没し、店舗が床上浸水。
沖縄 糸満市の平和記念公園で竜巻が発生。プレハブ小屋の屋根が吹き飛ばされ、資料館の窓ガラスが割れ、木が根こそぎ倒される被害。ケガ人なし。

b0301400_18134811.png


11月18日 中国内陸部のチベット自治区のニンティ市ミンリン県でマグニチュード6.9の地震が発生。震源の深さは10キロ。複数の建物で損壊被害が出ているそうです。マグニチュード4〜5の余震も頻発中。現在のところ怪我人などの報告はなし。ここ最近、イランや韓国といい、ユーラシア大陸で繋がっていますので、連動した可能性もありそうです。

11月18日 ニューカレドニアでマグニチュード6.4の地震が発生し、19日にはマグニチュード5.9、6.6、5.9、5.0、5.3、5.3、5.1、5.1、5.8、5.1の余震が発生しました。被害は不明。

11月18日 北海道では発達した低気圧の影響で大荒れの天気となり、強風による高波で貨物船が座礁しましたケガ人はなし。日本海側を中心に広い範囲で雪となった北海道。釧路市内ではトタン屋根が飛ばされたり、看板が落下するなどの被害。道路凍結によるスリップ事故9件発生。

* 11月18日 この日15時ごろの雨雲レーダーに奇妙なドーナツ型の雨雲が発生。らブこの様な現象をブライトバンドと呼ばれ、雨雲レーダーが雨雲に過剰に反応してしまう現象のようです。

b0301400_22053364.jpg
11月19日 トルコのメルシンという町で雹嵐が発生しました。被害状況は不明。

b0301400_10325824.png
*11月19日 ニューカレドニア付近でマグニチュード6.4の地震が発生。被害報告はなし。

* 11月19日 フィンランドの北極圏上空で現地時間11月16日午後6時40分ごろ、満月の100倍相当の明るさの火球が目撃されました。フィンランド大学の物理部トーマス・コホウト研究員によれば、近年ではズバ抜けた明るさではないかと述べました。この火球は、しし座流星群の一部であるとみられています。

*11月19日 全国的に厳しい寒さとなり、北海道では0度以下の場所も。この時期としては平年の10倍となる最大30センチの積雪が観測されました。気温は12月並みとなり北海道で積雪を観測した地域では今年初の雪かきに追われたそうです。この雪の影響により、JRの運休や遅れや、吹雪のため高速道路は通行止めとなりました。二年ほど前から季節の境目が確実に薄れてきております。道内では20日には氷点下17.3度をきろくするなど、今季最低気温を記録。

* 11月20日 アメリカのフォーブス誌が地球の自転の速度が4年連続で不可解に減速していると発表しました。

b0301400_23165595.png

11月20日 ニューカレドニア付近でマグニチュード7.0の地震が発生。震源の深さは10キロ。ニューカレドニア、バヌアツで最大0.37メートルの津波が観測されています。この地震による被害は現在のところ不明。

* 11月20日 ブラジルのミナスジェライス州のコロマンデルで突如巨大なシンクホールが出現。被害なし。(画像は地球の記録-アース・カタストロフレビューさんよりお借りいたしました)

b0301400_23164654.png
11月21日 バリ島の北東部のアグン山が半世紀ぶりに小規模噴火。噴煙の高さは700メートル。溶岩流出は確認されていませんが、後輩被害が出ている模様。前回の噴火では1600人以上の犠牲者が出ています。

11月21日 東北では各地の道路が凍結しスリップ事故が多発。雪や凍結が原因の倒木やけが人が続出。

* 11月21日 東北地方から近畿地方にかけての太平洋側の広い地域で、火球とみられる物体が目撃されました。この物体は直径数センチの太陽の周囲を回る石だとみられています。

b0301400_23170535.png
b0301400_23171319.png

* 11月21日 スコットランドの北部・ルイス島にあるストーノーウェイで非常に珍しい五重の虹が出現。

b0301400_08372811.png
*環太平洋火山の一部、アメリカ アリューシャン列島のグレート・スキン島の火山口から上昇する噴煙を確認。43年ぶりに噴火する可能性があるとして、航空コードを危険度が3番目に高い黄色にしました。

* 11月22日 富士山が宙に浮いて見える「エアー富士」現象が発生。伊勢志摩の海抜0メートルの地点から気温が下がる冬の早朝で、空気が澄んで水平線上に雲がない条件の時に出現する現象。

b0301400_23172195.png


11月22日 愛媛県 西条市の県道で高さ20メートル、幅20メートルに渡る大規模落石が発生。観光客や住民などが一時孤立状態となりました。けが人はなし。この落石の原因はこの1ヶ月の雨量が579㎜に達していることから、地盤の緩みが原因とみられています。

11月22日 台湾・阿里山でマグニチュード5.5の地震が発生。震源の深さは18.5キロ。最大震度は5強。大きな被害はないものの、家屋の一部破損、けが人が数人でている模様。

11月22日 スペインとポルトガルで深刻な干ばつ被害が長期化していると気象専門家が警鐘を鳴らしています。気象当局によりますと、ポルトガルの国土の94%が極度の干ばつに見舞われているとのこと。通常ならば10月には干ばつは改善されているはずだそうですが、今年は未だ改善に向かわず一層ひどい状況下となるのは初めてだそうです。スペイン全土の3分の2の地域では、過去3年間の雨量が例年より大幅に減少。10月末時点で138ヘクタールが干ばつ被害を受ける深刻な状況だそうです。また、フランス南部や南米諸国も歴史的な干ばつ被害に見舞われているそうです。干ばつによる歴史的な山火事も相次いでおります。スペインの気候は亜熱帯のようになりつつあるとスペインの地理学者のホルヘ・オルシナ氏は述べ「今後は熱波や洪水などの自然災害が多発するだろう」と予測しております。

* 11月22日 米カルフォルニア州 ロサンゼルスの気温が33.9度までに達し、また市郊外では35度を超えた地域もありました。今週末まで真冬に真夏の天気が続くとみられているそうです。市内のスケートリンクでは氷を維持するのに苦労しているそうです。

11月22日 今年の太陽活動は非常に低く、22日もアメリカ海洋気象庁の発表によりますと太陽活動は「非常に低い」と分類されたノルウェーのトロムソの上空で、鮮やかなピンク色のオーロラが出現しました。撮影者は「撮影していたら突然全体がピンクがかった白色に変わり約20秒間続いて終わった」と述べています。このオーロラの爆発は太陽の大気中の穴から流れる太陽風(磁気の流れ)の流れによって引き起こされたものであり、太陽風の黒点なしで発生するオーロラのようです。一般的には緑色のオーロラが多いようですが、ピンク色のオーロラは太陽風が異常なほど地球の大気内に深く浸透していることを示している可能性があるとのことです。宇宙からの粒子が地上近くに降下して高度100キロメートルより低い場所に到達すると粒子は窒素分子に衝突する場合ピンク色になるそうです。太陽活動が弱く黒点が消えたときに現れるピンクオーロラは何かの警告なのでしょうか。(画像はln Deepさんのサイトよりお借りいたしました。)

b0301400_10282691.png


* 先月10月の台風21号の影響で住宅街の斜面が崩れ、現在も避難が続いる奈良県の三郷町では「いつ家に戻れるのか」という住民の声に奈良県の煮え切らない対応に不満を募らせているようです。しかし、どう見ても危険な状態の家に帰宅が許されないようです。ここ数年は、被災して家に帰れない人々が増えています。帰る家があることは本当に幸せです。

b0301400_10301287.png
* 11月23日 雷で発生したガンマ線が大気中の窒素の原子核に当たり中性子や陽電子を生み出し、さらにガンマ線を発生させる反応を検出したと京都大学や東大、北大などの研究チームが英科学誌のネイチャーで発表。雷による原子核反応は理論的に予想されていましたが、明確な証拠を得たのは初めてのこと。これらのガンマ線は雷から数百メートルの範囲でほぼ同時に発生し、一瞬の現象のため人体の健康には影響しないと考えられているそうです。

11月23日 北海道は凍結のため多数のスリップ事故や転倒者が続出。12時間で50件以上の人身、物損事故の報告。けが人数は不明。

* 11月23日 南北に走る「ローター雲」が発生。宮城や岩手の南北にかけて長い棒のような雲が観測されました。低気圧や前線が去った後、上空に湿った空気が残った状態で強い風が吹くと雲の帯ができやすいともいわれております。

b0301400_23213093.png

*11月24日 沖縄県が蛇のハブ定着の有無を調査していた粟国村では昔からハブの生息は確認されていませんでしたが、今年9月より捕獲器にハブが三匹捕獲されました。
三匹のハブはだいたい生まれて2年ほどのものとか。災害などで流されたりして生態系が変わってきたのかもしれませんね。

11月24日 金沢県内は強い風に見舞われ最大で25.7メートルを記録。最高気温は金沢で8.8度と12月下旬並みの気温。雷も発生し750軒で停電。関東圏の山では滑落事故が多発し、
北海道は前が見えないほどの大雪に見舞われ気温は氷点下3.7度。

11月24日 会津若松を中心に降った大雪で農業用ビニールハウスの損壊が相次ぎ160棟の被害が確認されました。地元民は「まさか11月にここまで雪が降るとは思わなかった」とのことですので、想定外の被害となってしまったようです。

11月25日 福島県の中央に位置する猪苗代町で積雪が60センチを記録。昨年は35センチで記録を大幅に塗り替えました。積雪が60センチに達したのは1980年12月14日だったそうなので、季節的に2週間以上も早い記録更新となりました。

11月25日 インドネシアのアグン山の活動が21日に半世紀ぶりに噴火しましたが、25日の夕方に噴煙高度が海抜7000メートル(火口縁上4000メートル)を突破し、一旦噴煙は低くなったものの、26日再び海抜6000メートルまで達しました。一般向けの警戒レベルは上から2番目のレベル3。

*11月25日 口永良部島で火山性地震の増加。マグマの動きを示す火山性微動は観測されていません。警戒レベルは入山規制のレベル3。

* 11月25日 九州各地域で太陽の周りに虹色の環(ハロ・幻日・アーク)の3つそろった太陽が出現。上空の薄い雲を構成する氷の粒で太陽光が屈折し、波長ごとに光の向きが分かれることで色が付いてみえるそうです。

b0301400_10362564.png
*11月25日 今年の九州豪雨で断層が出現?長さ100メートルの板状突起発見。

b0301400_10291563.png


* 山梨県内の今年の山岳遭難発生は過去最高だった昨年を上回り、遭難者は172人であることが24日に判明。遭難者の8割は40代とのこと。気軽な軽装での山歩きなども原因のひとつのようです。遭難内容のトップは滑落。増加が目立つのは登山中の発病とのことです。

* さいたま市の住宅街で夏頃から急激にムクドリの大群が飛来し、2万羽ほどのムクドリのフン害で大変困っているそうです。

* アメリカ・ウィスコンシン大学教授エリック・ガルブランソン氏とジョン・イズベル氏は夏の南極を探索中、13個の木の破片のの化石を発見。地球史上最大の絶滅が起きた約2億6000万年前より古い化石だったとのこと。(情報はナショナルジオグラフィック日本版サイトの「南極はかつて森だった」より。)

b0301400_08373795.png
* コロラド大学のロジャー・ビルハム博士と、モンタナ大学のレベッカ・ベンディック博士らの研究グループは、自転速度がおよそ32年ごとに増減を繰り返す周期に入ることを発見し、また地球の自転速度の変化を理由に「2018年に大地震が多発する可能性が高い」という報告を論文で発表。地球の自転速度は1日あたり数ミリ秒遅くなっていることを発見し、この低下は数年周期で一気にスピードアップすることで解消されるそうです。自転速度の変化はわずかなもので、人間がそれを体感することは不可能だそうですが、原子時計を利用することで正確に測定することが可能なのだそうです。2018年は平成が終わる年。何事も小さく済むことを願い、いつも自然界への感謝の気持ちを忘れずに生きてまいりましょう。

⚠️ 8月から発生し続けている「黒潮大蛇行」の続報。2005年以来 12年ぶりの大蛇行は現在も続行中。観測船の観測から大蛇行は更に拡大しているとの報告です。高潮だけでなく漁獲量にも多大なる影響も心配されます。今年の台風21号被害は黒潮大蛇行の影響からか高潮被害が多く発生しました。沿岸地域にお住いの方は引き続きお気をつけください。また、大蛇行の時期のデータでは、南岸低気圧が発生しやすく雪の発生が多くなるようです。黒潮大蛇行は海の異変だけでなく、気象にも大きな影響を及ぼしますので、今後の動向にはご注意ください。

* どの恒星の周回軌道に乗っていない小惑星「Oumuamua」は、これまで銀河の中を彷徨ってきて、今回地球に接近し観測されたそうです。恒星間小惑星が観測されたのは史上初とのことです。NASAの天文学者Thomas Zurbuchen氏は「我々は何十年もの間、恒星間を彷徨う天体があるはずだと考えてきたがその証拠はなく、今回の発見でその実在が確認できた」と述べ、更にその小惑星は細長い形をしていたそうです。

b0301400_10290311.png

* 11月26日 静岡県・大瀬崎海岸にゴブリンシャーク(ミツクリザメ)が打ち上げられているのが発見され、その数日前には80センチ近くある巨大イカも打ち上がる。2〜3年前は毎週のように深生物がうちあげられていましたが、久しぶりの深海生物です。

b0301400_10334731.png
b0301400_10335537.png
* 11月26日 国土地理院によりますと、東日本大震災で一旦沈んだ東北太平洋沿岸部の地盤が隆起を続けており現在30センチほど隆起した場所も確認されました。

b0301400_10340460.png

11月26日 秋田県・五城目町・久保の民家に落雷で出火し全焼。この火事で3人が死亡。

11月26日 北海道・駒ケ岳で規模の小さな地震が増加し山頂観測点では42回観測されました。駒ケ岳も活火山です。

* 11月27日 熊本市など、県内各地で濃霧発生し霧の中に虹の光の輪がみえるブロッケン現象も発生。

* 11月27日 三重県・御浜町で朝霧が山の斜面を流れ落ちる幻想的な「風伝おろし」が発生。山向こうの熊野市に溜まった霧が風に乗って風伝峠を越えて流れ込む気象現象。

b0301400_10283939.png


* 11月27日 桜島(南岳山頂火口)で噴火。噴煙は2000メートル。

* 11月27日 鹿児島県 屋久島町の口永良部島で火山性地震が増加し65回を観測。火山性地震が1日に50回を超えたのは爆発的噴火のあった今年5月以来。警戒レベルは3の入山規制が継続されています。

11月27日 バリのアグン山は警戒レベルは最も高いレベル4に引き上げられました。数回に渡り噴火が続いており、今後更に大きな爆発的噴火の可能性があるとしています。オーストラリア気象局によりますと噴煙は27日に9100メートルまでの高さに達したそうです。周辺住民に避難指示で2万900人が避難。バリ空港は27日から30日現在、全便が欠航し5万9千人(27日現在)が足止め。アグン山では1963年に大噴火を起こし1700人以上が死亡し、多数の村が破壊されています。

b0301400_10285398.png


*11月28日 自然災害外ではないですが、中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、これから来年4月までの間にどこかの時点で地球に落下する可能性があることが濃厚になってきたそうです。実験機の重さは8500kgだそうで、こんな物が地球に落ちる可能性があるというのです。しかし大部分は軌道上で燃え尽きる可能性もありますが、ある推計によれば最大で約100kgが地上に到達する可能性もあるそうです。問題はどこに落ちるか…であり、人の住む場所に落ちないことを祈るしかありません。

* 11月28日 沖縄地方は高気圧に覆われて冬なのに名護などで気温が27.1度を記録。
那覇でも26.3度の夏日という異常。京都もあたたかく、日中は薄着でも寒くありませんでした。

* 11月28日 この日も全国的に霧の朝。湿度が高くなった後に晴れて放射冷却の効果で空気中の水分が冷やされることで発生する「放射霧」現象がみられました。

* 11月28日 沖縄本島では幻想的な赤く染まるうろこ雲が発生。地震性の雲かもしれませんので、暫くは要注意です。

b0301400_10341611.png
* 自然災害が増え昆虫などの生息域に異変が起きている「昆虫が好む里山や草地、水辺の減少や気象変動など人間の与えた影響が打撃となっている。かつては長年かけて穏やかな変化だったのに、最近は急速に変化している」…と北海道博物館の掘繁久学芸主幹は話しました。蝉の仲間でヨコバイの一種のミミズクは本州や九州、沖縄などが主な生息地だったのに、今では札幌近郊でも多く見られるようになったそうです。

*11月29日 北海道では11月後半より異例の降雪続きに見舞われ平年の3.6倍になっているそうです。黒潮大蛇行の影響があるのなら、北海道だけではなく全国的に今後も油断はできません。山では雪が深く遭難者が増えているようです。登山をされる方はお気をつけください。

* 京都市 洛西竹林公園で竹の花が発見されました。40年間ここでタケノコを育てている農家の方の話によりますと初めて見たそうです。この度は咲き終わった後の花穂(かすい)がついた竹の花だったそうで、花穂がついた状態の花は珍しいそうです。竹の花の開花のメカニズムは未だ解明されておらず、100年から120年に一度咲くと伝えられており災害前に咲く花としても伝えられています。猫丸がブログを開始以降(2014年ごろから)竹の花が咲いたという記事が多くなっています。昨年も何度か竹の花開花の記事を見ました。今年9月にも伊東の植物園で竹の花が咲いたという記事がでていました。確かに被害災害は劇的にふえ天変地異の時代突入だと思われます。まだ咲くのですから、未来の災害に対する覚悟をし、このように自然界が教えてくれる前兆に感謝して気をつけて過ごすしかありません。

* 11月29日 午前3時ごろから午前9時までの間に石川県と岐阜県の境にある白山では山頂付近直下を震源とする火山性地震が281回とかなり増加中です。火山性微動はかんそくされておりません。26日は火山性地震は2回、27日は22回、28日は12回、そして本日は急激に281回と増加し最大でマグニチュード2.8が観測されています。

*11月29日 奄美地方の沿岸で、海面が上下に変動する「副振動」が発生し、最大で120センチの変動が観測されました。副振動とは、湾内や海峡などで海面が上下に変動する現象。海面上のわずかな気圧の変化が原因とみられています。

*11月29日 岡山・備前の金剛川でオイカワとみられる小魚が100匹以上死んでいるのが発見されました。備前市が行った水質調査では、PH(水素イオン指数)の異常はなかったとのこと。これから水中の重金属の有無などを調べるそうです。

*11月下旬にアメリカのミズーリ川で船に乗り釣りをしていた人が撮影したいう空に浮かぶ2つの不思議な光が撮影されました。上のものは未確認飛行物体でしょうか。(画像は地球の記録-アース・カタストロフ・レビューさんよりお借りいたしました)


b0301400_11131245.png

今回の検証期間も大勢の方が亡くなり、大切な家を失いました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


by neko_nezumi | 2017-11-16 09:36 | 自然災害 異常気象

<< 宇宙との交信!トラちゃんの20...      宇宙との交信!トラちゃんの20... >>

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル