猫丸ねずみの大荒れトーク


カテゴリ:他府県・海外( 10 )



近鉄奈良駅周辺をぶらり散歩と歴史と食べ歩き ♪



平安京が置かれていた奈良時代、シルクロードの終着点として国際色豊かな天平文化の盛んな町だった奈良は、国宝建造物の数はなんと日本最多なんだそうです!

平安京への遷都後も南都と称されて、日本の宗教や文化の歴史に大いに影響を与えたといいます。奈良という語源には諸説ありますが、1番有力な説は日本書紀に書かれている平城山岳陵の草木を踏みならしたことに由来するといいます。

踏みならした「なら」が奈良となのでしょうか?!

諸説あるので、実際にはどれが真実なのかは分かっていません。

ここ奈良が国際色豊かだった面影を探すのも楽しそうですね♪

そもそも猫丸が初めて奈良を訪れたのは、中学3年生の修学旅行の時です!

この時に初めて鹿を間近でみたのですが、鹿が大人しいという想像とは違い、初対面で鹿せんべいを持ってた猫丸目掛けて、鹿の大群が突進してきたという遠い想い出は、ものすごーく驚いたという記憶が今もシカと残っています…(^_^;)




b0301400_14215619.jpg


京都に移り住んでから奈良には5〜6回は来ておりまして、猫丸が大好きな土地のひとつです。

京都から近鉄の特急に乗れば直通で45分で奈良まで来れちゃいます♪

てくてく歩き回って楽しい奈良は、日帰りでも充分旅行気分に浸れる地域です。

毎回訪れる度に奈良駅周辺は少しずつ進化しており、新しい発見をする喜びもあります。

基本的にはのんびり過ごせる町です。

奈良へ来る度に写真は撮ってストックしていたものの、記事を書く時間がなかったので前回分も含め、また商店街の歴史や文化なども簡単にご紹介したいと思います。

近鉄奈良駅の歴史は古く、1914年の大正3年4月30日に大阪電気軌道上本町から奈良(高天町)間の開業と共に仮駅として同時に開業し、同年7月8日に奈良駅の本駅が完成。1970年の昭和45年3月1日に近鉄奈良駅に改称され、3月11日に近鉄奈良駅ビルがオープンしたそうです。


駅構内にはお土産屋さんもありまして奈良の特産品も売ってます。




画像 Wikipediaより。
b0301400_09352851.jpg


画像 Wikipediaより。
b0301400_09161820.jpg



鉄近鉄奈良駅を降りて、上に上がると直ぐに東向商店街があります。
近鉄奈良駅の登大路から三条通りまでを南北に結ぶアーケード街です。
東側は興福寺の境内となっています。この為、通りの西側のみに建物が建てられ、すべての建物が東を向いていることから「東向」という名前がつけられたそうですょ。





b0301400_09174449.jpg
b0301400_09180344.jpg



近鉄奈良駅を上って東向商店街に入った入り口の所に「柿の葉寿司」屋さんがあり、帰りがけにお土産として買うのに重宝しています。

柿の葉寿司とは奈良の郷土料理ですが、他にも和歌山県や遠くは石川県などでも郷土料理として作られているようです。和歌山県の柿の葉寿司とはほぼ一緒だそうですが、石川県の方の柿の葉寿司は形態が違うようです。

柿の葉寿司とは、一口大の酢飯に鯖や鮭、小鯛などの切り身を乗せて塩漬けにした柿の葉で包んで押した押し寿司です。柿の葉には強い殺菌作用がありますので、古くからの保存食です。

猫丸家では、柿の葉寿司に自家製の酢と塩だけで漬けたショウガを添え、更にレモンをかけて酸っぱくして食べたり、青唐辛子を醤油で漬けたものを乗せて食べています。

青唐辛子醤油と聞いて、えー?っと驚かれるかもしれませんが、辛いのがお好きな方は是非作ってみてください。ビニールの手袋をして青唐辛子を刻みそれをお醤油に漬けるだけです。2日寝かせれば出来上がりです。冷蔵庫で半年くらい余裕で持ちます。これで激辛お醤油の出来上がりです。お豆腐にかけたり、これに酢を入れてお鍋を食べたり、様々なお料理にもご活用ください。



b0301400_18174252.jpg


奈良の特産品は沢山ありますが、最近では「鹿サイダー」や「大仏プリン」などがお土産ものとして喜ばれているそうです。大仏プリンは駅構内で購入できます。
大仏プリンのTシャツも販売してましたょ。




b0301400_15260645.jpg
b0301400_15255190.jpg


奈良県の特産品キーワード検索による人気お土産ランキングです!


b0301400_17073104.jpg


その他、奈良の特産品です。


b0301400_18182885.jpg


b0301400_17101236.jpg
b0301400_17110471.jpg
b0301400_17113320.jpg
b0301400_17115788.jpg
b0301400_17123333.jpg


猫丸が以前神戸に住んでた頃は、ソーメンは兵庫県の「揖保の糸」でしたが、現在は奈良県の「三輪素麺」です。どちらも、とても美味しいです。また、春雨も奈良産の物が京都のスーパーで買えますので、奈良産の春雨を購入しております。



b0301400_21400051.jpg



⬆︎は奈良のキャラクター「せんとくん」です。

こちらの「せんとくん」は、近鉄京都駅構内にあるものです。

2010年に奈良県で開催された平成遷都1300記念事業の為に作られた公式マスコットで、せんとくんの活動は2011年からです。2008年の発表当初は、せんとくんに対して様々な厳しい批判が寄せられたそうです…(^_^;)

今でこそ何とも思いませんけど、確かにテレビで初めて「せんとくん」を目にした時は、正直気持ち悪いと思いましたもん。(すみません💦

奈良の仏教界からは、仏に鹿のツノの姿を「仏様を侮辱している」などの批判もあったとかで、色々と大変だったようです。制作費もなんと1018万円にも達したことも批判の原因となったようです。ゆるキャラ制作費は意外とお高いのです!

しかし、2008年から2010年のマスコットキャラクターによる宣伝効果を計算すると合計15億円にもなったそうです。この宣伝効果から県の観光マスコットへと採用が決まった…という経緯があるようです。

近鉄奈良駅周辺はJR奈良駅に比べて、近鉄は奈良市の中心に位置しており、近鉄奈良付近には大きく分けて2つの大きな商店街があります。その1つが「東向商店街」と「もちいど商店街」です。どちらもアーケード街となっておりまして、雨でもショッピングが楽しめます。また、アーケード街から出ている横道にも可愛いお店がありますし、またJR奈良駅までの道のり(三条通り)も両サイドに商店や商業施設やカフェなどが建ち並び飽きることがありません。

近鉄東側には古い寺院や奈良公園などがあり、奈良公園には鹿が沢山います。
鹿せんべいという鹿専用に作られたお煎餅をあげると、鹿は喜んで近寄ってきます。

但し、お腹の空いている時のみですが (^◇^;)

お腹がいっぱいの時は、絶対に立ち上がりません ( ̄▽ ̄)

奈良公園周辺はとてもきれいなのですが、いかんせん たくさんの鹿がおりますので、次から次へと鹿のフンをしてしまいます。

歩くのに気をつけないと踏みしめてしまいますのでご注意くださいね。




b0301400_09213471.jpg
b0301400_09215147.jpg

画像 Wikipediaより。
b0301400_09361440.jpg


鹿せんべいは1970年には販売されていたそうで、原料は小麦粉と米ぬかのみだそうです。1束10枚入りで150円。年間3000万円も売り上げるそうですょ!

味は香ばしい味がするそうですが、猫丸は食べたことはありません…(^_^;)
炭酸せんべい2枚分くらいの厚さで、匂いは美味しそうな感じでした。

鹿がお腹を空かせていれば鹿せんべいを持つ人を見つけ、ゾロゾロと人間に近寄りおせんべいを欲しがります。

お店で売られている鹿せんべいを鹿が盗み食いする事はないようです。45年間の躾で、鹿さんもお利口さんになったそうです。

鹿せんべいを手に持ち焦らしていると、鹿は頭を下げて「ちょうだい、ちょうたい」という芸達者な鹿もおります。

貰えるコツも習得済みです…(^◇^;)

可愛いので、つい沢山あげちゃいます。笑

鹿だけに、シカたないですね(笑)




b0301400_14214156.jpg



奈良公園にあります猿沢池(さるさわいけ)は、市民の憩いの場になっており、今回は寄りませんでしたが、前に訪れた時はスケッチしている方を多く見かけました。

興福寺の五重塔は昼には猿沢池に五重塔が映り、夜になるとライトアップされ美しい景観が望めるそうです。この記事を書いていて猫丸も初めて知りました…(^_^;)



画像はウィキペディアより。
b0301400_09355189.jpg


猿沢池にまつわる伝説は数多くあるそうです。

その一つが「猿沢池の七不思議」というもので、猿沢池は「澄まず、濁らず、出ず、入らず、カエルわかず、藻は生えず、魚七分に水三分」というのです。

これは猿沢池の水は決して澄む事なく、また逆に酷く濁ることもない。水が流入する川はなく、流出する川もないのに常に一定の水量を保ち、亀は沢山いるのにカエルはいない。そしてナゼか藻も生えない。毎年多くの魚が放たれるそうですが、水より魚が多くても不思議じゃないのに、魚は一向に増えないのそうです!

魚が増えずカエルも増えないって…この池には何か主(ぬし)がいるのでしょうか。

カッパとかなら観光客がもっと増えそうですねけどね(笑)




b0301400_09360188.jpg


この記事を書いたのが7月30日、本日8月4日に追記で書いております。

猿沢池の近くの奈良公園内の池が、今月に入ってから赤色に変色しているというのです。赤く染まる原因はアカウキクサ科の水草ではないか…ということです。
猛暑が原因でしょうか。濁らずの猿沢池は大丈夫なようです。




b0301400_20124617.jpg


今回は猫丸の家族の誕生日だったのですが、5月にも家族の誕生日の時に奈良へ来て、たまたま見つけて入った焼肉屋さんが物凄く美味しくて「もう一度食べたい」との家族のリクエストで2度めの訪問となった訳です。その焼肉屋さんは最後にご紹介します。

この日、お昼を食べずに出てきたので、先ずは少しお腹に入れようと美味しい九州の唐揚げ屋「からあげジョニー」さんにお伺いしました。こちらは今までに4度もリピートしているお店です。

奈良なのに九州の唐揚げですみませんが、こちらの唐揚げはオススメで、骨付きのワイルドな唐揚げが揚げたて熱々で食べられます。骨なしもありますが、個人的には骨付きの唐揚げが好きです ^ ^

一人前は2個ですが、骨つきなのでボリュームがありますょ!

サクサクジュシーで、骨つきの物が1番美味しいです。



b0301400_10322788.jpg


また、こちらのジョニーさんでは、大峰山の涌き水が無料で飲めます!

弘法大師ゆかりの天然水なんだそうです。

大峰山、伏流水の天然水だそうで、天然水が無料で飲めるなんて嬉しいですよね。

店主さんが汲みに行かれているのか「大事に残さず飲んでください」と書かれていました。

水は重く運んで来るのはとても大変なことですから、猫丸達も大切にいただきました。

勿論、濁りのないとても美味しいお水でした ^ ^



b0301400_10334582.jpg
b0301400_10340576.jpg



ジョニーさんのお店はオープンテラスなので、夏はまるで海の家のような雰囲気を味わえるのが1番の魅力です。

この日は猛暑でしたが、風もあり心地よいお天気。
空の青さが更に唐揚げを美味しく感じさせます。
プレハブの店内でも食べられますが、3席ほどのオープンテラスが断然オススメです。
このオープンテラスが気に入り、何度も来ちゃってます。

そしてワンちゃん好きには堪らない、可愛い看板犬のパピヨンのレオくんがお出迎えしてくれます。何度も来てますがワンちゃんに会ったのは初めてでした。



b0301400_10020179.jpg

b0301400_09183138.jpg

b0301400_10052137.jpg

b0301400_10315186.jpg


このパピヨンちゃんが、またえらい芸達者のウルトラワンちゃんで、もの凄く賢いのです!

見せてくれた芸はお座りから始まり、「何が欲しいの?」と訊くとお皿を触って食べ物が欲しいとアピールしたり、一度貰ったオヤツのキュウリを口の中に入れても飼い主さんがOKというまで食べずにいたり、1番驚いたのが大きな返事と小さな返事をすることです。

どうやって教えたのでしょうか。調教師並みです!

パピヨンという犬種はよく吠える犬種ですが、こちらのレオくんは全く無駄吠えせず、お客様に向かって吠えません。そして食べ物屋さんでありながら唐揚げを欲しが素振りもありませんでした。躾が行き届いたワンちゃんであります。飼い主さんのお許しがあるまではじっーとしており、ワンちゃん用の乳母車の中でお利口に座っていました。

家族が揃って我が家で飼っている我が家のベニちゃんとレオくんを比べて「ベニちゃんとは大違い」と口を揃えて同時に言いましたょ…(^_^;) トホホ。

帰りはレオくんと一緒に店主さんが猫丸たちを見送ってくれました (((o(*゚▽゚*)o)))


b0301400_10374158.jpg
b0301400_10375862.jpg


賢く癒し系のレオくんと店主さんに見送られ、猫丸たちは同じく三条通りにあります有名なお餅屋さんへ、つきたてのお餅を食べに向かいました…。


b0301400_10414177.jpg


三条通りを山の方に行くと先程の猿沢池に辿り着きます。

その反対側に「からあげジョニー」さんがあります。

そして、こちら⬇︎が物凄い速さでお餅でつくというので有名な「中谷堂」さんです。

お餅をつかれる方は、テレビにも何度も出演されている有名人で、猫丸も実際テレビで観たことあります。

そして、初めて目の前で高速餅つきを見た時には本当に感動しました!

一度くらい手をつかれちゃったことはないのでしょうか。

中谷堂さんの前はいつも人いっぱい!

つきたてホワホワ柔らか〜いヨモギのお餅はその場で食べられます。



b0301400_13513338.jpg

b0301400_14002833.jpg

b0301400_14010466.jpg


このつきたてお餅の中谷堂さんの斜め前には東向商店街がありますが、その中にイタリアンレストランがあります。中谷堂さんから見ると東向商店街を入り右手直ぐです。

前回の昼食をこちらの「トラットリア・piano・ピアノ」さんでいただきました。




b0301400_14205285.jpg
b0301400_14202509.jpg

b0301400_14200254.jpg


こちらのピアノさんもTVに何度も紹介されたお店なんだそうですょ。

水野真紀さんの「魔法のレストラン」出演時の写真が店内に飾られておりました。

こちらに伺ったのは今年4月30日です。

こちらピアノさんでは、奈良ブランドの大和鶏、大和ポーク、大和牛、奈良地場野菜を中心にしたメニューだそうです。

予約なしで入りましたが、直ぐに入れました。雰囲気的に入りやすいお店です。

猫丸達は、この日ピアノさんのシェフにオススメをお伺いして、ピアノさんのオススメメニューを出してもらいました。

それが、こちらのメニューです。

大和ポークの冷菜サラダ。
プチトマトとベーコンのパスタ。
窯焼きピッツァ、マルゲリータ。



b0301400_14183585.jpg
b0301400_14190371.jpg
b0301400_14194101.jpg


2人で分けてベストな量でした。

大和ポークは初めて食べましたが、臭みなくあっさり。上にかけられたマスタードソースが美味しい一品。

パスタはお約束のアルデンテで味も美味しい。

ピッツァは窯焼きで香ばしく味も良かったのですが、水分が多くて真ん中がビチョビチョ状態で食べにくかったのが残念。それさえなければ、味は満点でしたょ。

お値段はこれにアイスコーヒーが2杯とで5千円でお釣りがきました。



・トラットリア・ピアノ

奈良県 奈良市 橋本町15-1

電話 0742 26 1837




写真がないのですが…。

ビアノさんのすぐ近くに手打ちうどん屋さんで「釜粋かまいき」というお店があるのですが、こちらの手打ちうどんは絶品です!食べる価値あります。

カレーうどんも美味しかったですし、釜揚げうどんも美味しかったです。
うどんはコシが強いタイプのもので超オススメのお店です。

ビルの一番奥にあるお店です。いつも人が並んでいるので、すぐ分かると思います。



手打ちうどん「釜粋」

電話 0742 22 0051




b0301400_17545746.jpg


先ほどのお餅の中谷堂さんの直ぐ隣がまたアーケード街になっております。この商店街は奈良で最も古い商店街のひとつだそうで、その名も「もちいど商店街」といいます。

近鉄駅からですと、東向商店街を抜けて三条通りに出ると、中谷堂さんが見えます。

その横にある商店街が「もちいど商店街」です。
漢字で書きますと餅飯殿と書きます。

「もちいど」という名前の由来は諸説あるようですが、その中でも伝説になっているものをご紹介します。

今から1000年あまり前、東大寺の高僧である理源大師が大峰山の行者を困らせる大蛇退治に出かけることになったそうです。そのお供に名乗り出たのがこの町の箱屋勘兵衛という人と若者七人衆。

沢山の餅をつき、干し飯を作り、大峰山に向かいます。そして大蛇被害を受けた人々に「餅」や「飯」を配り、皆で大蛇を見事退治します。

その後、理源大師はこの町の若者に「餅飯の殿」の称号を与え労をねぎらいました。
以来、この町を「もちいど・餅飯」と呼ぶようになったと伝えられているそうです。

こちらの「もちいど商店街」では、平成16年に商店街の真ん中あたりにあった廃業したパチンコ屋さんの一角を特別売却で奈良市が買い上げて、「もちいど夢CUBE(キューブ)」という若い作家さんや事業をしてみたい人を対象に開業体験できる施設を開設し、3年契約で独り立ちまで応援するという企画をされています。一坪1万円プラス公益費5千円で自分の夢を実現し、3年かけて独立するまで奈良市がバックアップしてくれているようです。

とてもいい企画ですね!

ガラス張りの店舗が10店舗(不確かです)くらい並んでいます。

前回4月に行った時には、夢CUBEの前に新たな店舗が増設されておりました。喫茶店や洋服屋、オリジナルアート、クッキー屋さんなど、様々なジャンルの店舗が出店しております。このアーケード街の周辺も、色々と小さなお店が沢山ありますので、歩いて探してみるのも楽しいと思います♪

こちらが夢CUBEの施設店舗です。



b0301400_15240616.jpg
b0301400_15224514.jpg


ここのトルティーヤ(ソーセージ)を家族が食べ、猫丸も一口もらいましたが(写真がないですが)美味しかったです ^ ^



b0301400_15245376.jpg
b0301400_15252906.jpg


⬆︎こちらは店名を訊くのを忘れてしまったのですが、クッキーと小物のお店です。



b0301400_15280655.jpg
b0301400_15282938.jpg
b0301400_15284617.jpg


⬇︎購入したクッキーです♪
素朴で身体に良い素材を吟味した手作りクッキーは、とても美味しかったです。



b0301400_15272082.jpg


⬇︎こちらは夢CUBEの1番奥にある「宝石箱」さん。

甘味処です。美味しそうな軽い軽食もありました。

この日(4月30日)は猛暑。周りはみなカキ氷を食べておりましたが、ここまで来るまでにお腹が一杯だったので、1つわらび餅をチョイスして、後はみんな飲み物だけ。

次はカキ氷食べたいと思うくらい、美味しそうでした!

と、いうことで7月19日に行った時に食べようと再びお伺いすると、
なんとお休み(泣)

なんでも、天理のお祭りに出店しているとか…。

この日も猛暑!

喉カラカラで向かったのにぃ〜、残念でしたぁ (T ^ T)



b0301400_16052980.jpg

b0301400_16054027.jpg


⬆︎温かいわらび餅です。注文受けてから作るので少しお時間がかかります。

冷たいと思って食べたら 温かいのでとても驚きました。

優しい甘さと、柔らかな食感は心を癒してくれる味でした。

こちらには感想ノートが置いてあり、大勢の方がこちら「宝石箱」さんのかき氷がどれ程に美味しかったかを心を込めて書き込んでおりました。

絵なども書き込まれておりましたが皆さんお上手。

お客様の嬉しかった、癒された想いが書き込められた、まさに宝石箱のようなノートでした ^ ^



「宝石箱」

奈良県 奈良市 餅飯殿町12 夢CUBE内

電話 0742 93 4260




b0301400_20391303.jpg



もちいど商店街にはその他たくさん商業施設もあり、たくさんキョロキョロできるので好奇心が満たされとても楽しいですょ。



夢CUBEの近くにこんな暖簾が…。

風でなびいていたので字がよく見えず、開いて見ると「くんくん」と書いてあります。

玄関マットが犬でしたし、犬のような肉球が描かれていたので、わんこショップかな?

⬇︎中を覗くとわんこの服屋さんのようでしたが、お留守だったのか誰も居なかったので、入るのはやめましたが…。



b0301400_16434092.jpg

b0301400_16433182.jpg


⬇︎こちらのお店のショップカードを紛失してしまい店名が分からないのですが、夢CUBEさんの裏手にある雑貨屋さんで、猫丸が猫のクッションを購入したショップです。

こちらにも可愛い看板猫のトラ猫の「ブラジル」さんがおります♪

こちらのショップの奥様が、また気さくで素敵な方。

こちらのショップの商品は猫丸が好きなものばかり。

友達にもお土産買いました ^ ^

化け猫のアップリケがあり、珍しいので一目で気に入り買い求めました。

家族はアウトドア用の携帯椅子を購入。

こちらの店内で写した写真がホルダーに入ってなくて…どうやら間違って消しちゃった…ようです(T . T)

⬇︎の上3つのクッションを購入。

ニャンコシリーズのクッションです♪

だらしな〜く寝転がっているのが、我が家のベニちゃんです (^_^;)





b0301400_17051918.jpg

b0301400_16435236.jpg


トラ猫のブラジルさんです♪


b0301400_16440196.jpg

b0301400_13511618.jpg

b0301400_18042283.jpg



こちら⬇︎は奈良町通り今御門商店街にあります「猿田彦神社・さるたひこじんじゃ」です。

猿田彦神社は、平城天皇の時代に元興寺境内に創建されたと伝えられております。

猿田彦命とは、市寸島姫命(イチキシマヒメ)のことです。古来より道祖神、妻神、宝神として名高く、道開き、商売繁盛、開運招福の神であり、また良縁、安産の神、すなわち妻神として多くの女性の信仰を集めていているそうです。こちらの境内にある巨石は、宝の神として勝負事の守護神とされております。





住所 奈良県 奈良市 今御門一番地。
b0301400_18055883.jpg
b0301400_18043796.jpg

b0301400_18062435.jpg


三条通りをJR奈良駅方面へ歩いて右手の横道に入った所(奈良小西さくら通り)に「茶寮 万年堂」さんという甘味処カフェがあります。

こちらでは珍しい抹茶のババロアがいただけます!この通りにも沢山のお店がありますょ。


店内は新しいのか、とてもキレイです。

若い女性グループのがたくさん来られてましたが、静かに過ごされておりました。



b0301400_16353290.jpg



抹茶パフェは結構ありますけど、抹茶のババロアは珍しいですよね?

お伺いしたのは4月30日です。

抹茶ババロアのお味はとても上品な甘さで、餡子と生クリームがトッピングされ、餡子と生クリームが抹茶ババロアに合わさると、そのハーモニーの美味しいこと。

こちらの抹茶ババロアは、歩き回って疲れた身体を癒してくれました。


抹茶ババロア・570円

抹茶フロート・650円



b0301400_16350932.jpg


b0301400_16352048.jpg



⬆︎ 「茶寮・万年堂」

奈良県 奈良市 角振町 25-3

電話 0742 24 7530




⬇︎こちらはニャンコの焼き物専門店です。


b0301400_17001507.jpg


b0301400_16480547.jpg

b0301400_16482064.jpg


店内全部が見事に猫の焼きのもだらけ…という猫だらけの「工房・きゃんばす」さんをご紹介します。

外観からして猫だらけの「きゃんばす」さん。

初めてお伺いしたのは3年前の冬のこと。ちょうどクリスマス時期で店内にはクリスマスソングがかかっておりました。

歌詞は全て「ニャンニャンにゃーん」との猫語。(笑)



b0301400_17251431.jpg


こちらのご主人様でしょうか。「このニャンニャンソングを聴いてると最近ではフラフラする」と仰って苦笑してました。

それを聞いた猫丸もつい苦笑…(⌒-⌒; )

いくら猫好きでも、毎日毎日「ニャンニャンにゃーん♪」と聴いてたら、さすがに頭が混乱するのかもしれません(笑)

ですが、その後も何度かお伺いした時もニャンコソングでしたし、

そして、あれから3年…。

いまだに猫語のメロディーでした(爆笑)


こちらで可愛い小さな猫の置物を沢山購入し、食器棚の中に飾っています。



b0301400_16475170.jpg

b0301400_16465375.jpg

b0301400_16473208.jpg



こちら「きゃんばす」さんではオリジナルの猫だけではなく、お客様からのご要望にも応える作品も手掛けているそうです。看板の「大仏猫」は、こちらの登録商標だそうです。中にはこんな可愛いカエルもおりました。

金運がアップしそうほど黄色が鮮やかなカエルですね♪



b0301400_17245680.jpg
b0301400_16463873.jpg


見るからに楽しいお店です。ならまちへお出掛けの際は是非お立ち寄りください。


⬆︎ ミニ工房「きゃんばす」

奈良県 奈良市 西寺林町23-2

電話 0742 25 0619

火曜休み

10:30〜19:00





b0301400_21381092.jpg


奈良は京都と並び伝統産業の町なんですよね。

近年は古いものだけではなく奈良発の斬新な物も増えているそうです。



b0301400_18083804.jpg
b0301400_18293552.jpg

b0301400_18104980.jpg
b0301400_18085074.jpg



⬆︎の方は米原さんは足袋(たび)のデザイナーさんです。

足袋を日常で履けないかと考えデザインされたそうです。

その名も「足袋スニーカー」です!



b0301400_18135671.jpg
b0301400_18150179.jpg
b0301400_18152118.jpg



こたらの足袋スニーカーは、三条通り南側、猿沢池を西に30メートルほど行ったところにショップがあります。

米原さんの前の職業が足袋を履いて人力車を引いていたそうですょ。




住所 奈良市 鱒井町2ー2階

電話 0742 26 3588

水曜休み





また、こんな会社もあります。

有限会社 原田刺繍さんは、スゴイリアルな刺繍技術で、色々とユニークな商品というよりも作品を生み出しております。

立体的な刺繍がすごいんです!




b0301400_18252704.jpg
b0301400_18270259.jpg
b0301400_18282425.jpg
b0301400_18284415.jpg
b0301400_18290307.jpg



他にも沢山の伝統工芸品がありますので、一部ですがざっと画像のみでご紹介します。


b0301400_15461384.jpg


⬆︎ 奈良の筆はここ3年、猫丸も愛用してます。

お気に入りの筆の一つです。



b0301400_15462950.jpg

b0301400_16494365.jpg
b0301400_16495779.jpg

b0301400_17035770.jpg
b0301400_17042196.jpg
b0301400_17044560.jpg


b0301400_17053182.jpg
b0301400_17061087.jpg
b0301400_17063077.jpg
b0301400_17070104.jpg



次にご紹介するのが4月30日にお伺いした近鉄奈良駅前に新しくできた「知床漁場」さんという居酒屋です。

奈良なのに今度は北海道の知床って…って思われましたか ( ̄▽ ̄)

そうですよね。

奈良に来てるのに何故ここに?…とお思いでしょうが、猫丸はこのポスターを見てクギ付けになったのが「3Lボタン海老」という文字でした!

奈良で北海道の味が味わえるなんて嬉しいじゃないですか!

猫丸は海老が大好物の1つなのです♪

ってなことで、迷わず知床漁場さんへお伺いしました (^◇^;)



b0301400_17344572.jpg


知床漁場さんでのお通しでは、珍しい「亀の手」という岩場に張り付く貝の一種をいただきました。

いつだったかの「ケンミンショー」で観たことありますょ!亀の手…。

生で見たのは勿論はじめてです。

う〜ん磯臭い (^^;; イイ意味で!

そして、なんだか怖い…(^_^;)




b0301400_17492238.jpg



見た目は少しグロテスクですが、食べてみるとお味はまるでカニです!

爪のような部分を手で千切るとスルッと身が剥けました。

お味はカニ、感触はプニプニいう感じ、身はキレイなピンク色です。

中身は貝のようですが、貝よりも濃厚な味がします。

初めて食べましたがとても美味しかったです!



b0301400_17493175.jpg



そして、お次は3Lの特大ボタン海老です!

知床羅臼産の幻の「ブドウエビ」とボタン海老です。

手前 左手が幻のブドウエビ。

右手がボタンエビです。

ブドウエビは初めて食べましたが、ほんとプリプリぃ〜 (((o(*゚▽゚*)o)))

とても甘くてボタンエビよりもかなり濃厚でした ♪

ボタン海老も更に大きく、食べ応えも十分。

なんて幸せなんでしょう (#^.^#)

本当に美味しいボタン海老とブドウエビは心底オススメです!



b0301400_17400714.jpg

b0301400_17395799.jpg
b0301400_17402579.jpg



⬇︎こちらはタコのぶつ切り炒めですが、これは固かったです…(^_^

味は悪くありません。



b0301400_17401809.jpg


海老や亀の手が美味しかっただけに、とても残念!


まぁ、この3つしか頼んでおりませんが、この店オススメの美味しいものがあると思います。


こちらは近鉄駅前を渡ったビルの中です。

北海道 知床漁場 近鉄奈良駅前店


奈良県 奈良市 中筋町 奈良ラインハウス4階

電話 050 5786 4698

17:00〜24:00まで。

定休日 なし。




b0301400_18363213.jpg


こちらは⬇︎ 奈良市の角振新屋町で見つけた小さな神社です。

こちら隼(はやぶさ)神社さんには平安時代後期の木造地蔵菩薩が安置されているそうです。木造の地蔵尊は指定文化財です。

舒明(じょめい)天皇の時代に春日ノ邑率川坂上に祀ったと伝わります。

951年、天歴5年には神階は従三位に昇り、当初の祠は1180年の治承4年の兵火で消失し、以来神木を以って神霊とするそうです。神木は柿の木。境内に1719享保4年(きょうほう)の石灯籠もあります。祭神は隼総別命。



住所 奈良市 角振 新屋町

b0301400_17200474.jpg

b0301400_17193688.jpg
b0301400_17205856.jpg
b0301400_17211304.jpg


そして、日も暮れて来たのでお目当ての焼肉屋さんへ向かうと、なんとなんと予約で一杯だというではありませんか…ヽ(´o`;

前回は奇跡的に予約なしでポンと入れてしまったので、予約していなかったのです…油断しました!

他のお店に行く選択肢もありましたが、わざわざここまで来たのですから、ここは待ってでも食べようということで話が纏まり待つことにしました。

お店の方が席が空いたら電話をしてくれると言ってくださったので、猫丸たちはウロウロするつもりで町を歩き出しましたが、この焼肉屋さんのすぐ先のにあるビルの中に「カラオケ喫茶」という看板を発見!

もう既に奈良へ来てから6時間経っており少し疲れましたし、こちらのカラオケ喫茶で焼肉屋さんの順番を待たせてもらう事にしたのです…(^◇^;)

⬇︎こちらが「カラオケ喫茶・ミラー」さんです。



b0301400_19471342.jpg
b0301400_19480746.jpg



こちらミラーさんのママさんは、関東からこちら奈良までお嫁に来られたそうで、このお店を開業されて33年が経つのだそうです。

店内は見事なまでに昭和の雰囲気です!

では、ザ・昭和レトロな店内をご覧ください!

なんか懐かしいような感じですね (^_^;) (なんで?)

店内中央にはドーンとステージがあり、立って唄うスタイルです。



b0301400_19510941.jpg
b0301400_19522949.jpg
b0301400_19530100.jpg


パネル写真に写るは、こちらのママさんの若かりし頃の美しいお姿。

かつては歌手の方も歌いに来てくれていた時代もあったとか。

ミラーのママさんはとても明るく元気なお方。

お店を「宣伝してねぇ〜」と仰ってました ^ ^

標準語で喋る猫丸を「なんか親戚みたいで嬉しい」と喜んでくださり、なんだか猫丸も嬉しく思いました。

セット料金は歌い放題で(多分)1000円。飲み物は別料金システムです。

猫丸たちは4人で2時間半いて、飲み物を5〜6杯飲んで7000円くらいでしたでしょうか。

マイクはエコーほぼなしの本格派。最初の一曲目はエコー無しだと自分の歌の下手さに萎えましたが、ママさん曰く「エコー無しの方が自分の音程がよく分かって歌いやすいでしょう…」と言われ、ハッと気付きました。

そうなんですょね、エコー無しのマイクだと力を入れて歌うと音程がズレるのが分かります。

なので、力まず自然体で歌えました ^ ^

4人で行って10曲くらい歌った所で待ち侘びた焼肉屋さんから電話が鳴りました!

カラオケボックスが主流となった昨今、こんなレトロな雰囲気を味わえ、尚且つ昼から夜スナックにいるような雰囲気を味わえちゃいます ( ̄^ ̄)ゞ

1人カラオケも普通の時代ですけど、1人が寂しくなったらカラオケ喫茶へ行かれるのもいいですね。

ママさんに何度も「また来てね」と言われ、なんだか帰るのが寂しくなりました…。

次の奈良訪問時も、また遊びに寄りますねぇ ( ´ ▽ ` )ノ

と、いうことで、いよいよ今日のお目当での焼肉屋さんへ移動しましたょ ヽ(;▽;)ノ

この日は何故かよく待たされたんですょ。

喉カラカラで喫茶店に入り、注文してから20〜30待ったのが2回もありまして、待つあいだ、まったり(待ったり)しましたょ〜 ( ̄▽ ̄)

しかし、待った分、飲み物がもう本当に美味しく感じました。

お水も出てこなかったので、ぐっと我慢の子でした ( ̄▽ ̄)

「空腹こそご馳走」空腹ではなく喉カラカラ状態でしたが、同じですね!



b0301400_22003543.jpg


多分、奈良の方はノンビリされているのでしょう。

お店の方に全く焦りは感じませんでしたし…(^_^;)

そして、その後のまさかの焼肉「待て」状態…(^◇^;)

喫茶店で喉カラカラで待たされて普段の数倍美味しく感じる感覚を知った猫丸一家。

これを猫丸たちは「奈良じら」と呼び奈良で焦らされて美味しく感じる幸せを実感したのでありました…( ̄▽ ̄)

お腹がしっかり空いて、大分待たされて食べる焼肉はさぞかし美味しかろーとの思いでいっぱい。

ステージでカラオケを立って歌いながら楽しく待ちました♪

⬇︎こちらが前回来た時に、たまたま発見した焼肉屋さんです!

猫丸が何となく「ここがイイ」と直感が働いた焼肉店の「璃衞・りえ」さんです。



b0301400_21483822.jpg


b0301400_18440658.jpg


あ!そうそうそう。

このお店の並びには古い商店がありましたので、そちらを先にご紹介します。



b0301400_22385360.jpg


古梅園と書いてありますので、梅干し屋さんでしょうか。

立派な建物です…。前回も閉まっていたので、営業していないと思いきや、調べてみると普通に営業されておりました…(^◇^;)

古梅園(こばいえん)といって、なんと日本の文具メーカーさんなのだそうです!

しかも日本で最古だそうです!

えー(・□・;)?

創業1577年。江戸時代から紅花墨、漆墨、極上油煙墨、松煙墨、青墨などを扱っていたそうです。

古梅園さんでは、古くからの伝統を受け継いで昔ながらの採煙方法に拘り、文化的役割の重大さを自覚されているようです。なので、「にぎり墨」といって手作業で作る墨を体験できるそうで、この体験をされた方のみ見学もできるそうです。墨の種類により異なりますが、費用は4200円からだそうです。期間は11月から4月中旬まで。残念ながら今はお休み期間です。時間は15〜30分だそうです。参加は1名から大丈夫だそうで、体験可能時間は10:30〜14:00まで。予約は電話でできるそうですが、当日でも予約は可能だそうです。


(株)古梅園

奈良市 椿井町7番地 (近鉄奈良駅より南に歩いて5分。椿井小学校前)

電話 0742 23 2965

9:00〜17:00


みなさまも「にぎり墨」体験してみませんか?

猫丸は絶対やってみたいです!




b0301400_18460095.jpg


ようやく焼肉屋さんの紹介でしたのに…話が逸れてすみませ〜ん。

じらせてしまいましたかね?

これぞ「奈良じら」です(笑)



では、お待たせ致しました。

焼肉屋「璃衞」さんです♪





b0301400_18440658.jpg
b0301400_18475601.jpg


外観も店内もごく普通のお店なのですが、まぁ、タン塩の旨いこと旨いこと!

隠れた名店です。本当は誰にも教えたくない…( ̄ー ̄)

でも、みなさまにも食で癒されて欲しいのでお教えします (`_´)ゞ

タン塩は本気で美味しく、上タンは分厚く更に絶品ですょ!

こちらの焼肉は…

久々に出しますょ「やばス うまス」ですぅ〜 ヽ(;▽;)ノ🎉

ここのタン塩が食べたくて、わざわざ京都から来たくらいです。

こちらは他にも塩ミノ、ハラミ、焼きレバーも美味しいです!

ホルモンもとても美味しく、骨つきカルビも美味しかったし、テールスーブも冷麺も美味しかったですぅ〜(全部ですやん!)


画像は2回分を載せています。


では、画像でお楽しみください!(奈良じら〜)笑




b0301400_18485185.jpg


⬆︎ ナムルセット (左から豆もやし、ゼンマイ、豆もやし、人参)

⬇︎ タン塩 4人前



b0301400_18490605.jpg


⬇︎ 上塩タン 分厚いのに柔らかく、その上歯応えが素晴らしい絶品!
こちらで2人前。



b0301400_18495346.jpg


⬇︎ 塩ミノ 2人前。分厚のに歯応えよく噛み切れる絶品ミノです!



b0301400_23032772.jpg


⬇︎ ハラミタレ。2人前。



b0301400_23040808.jpg


⬇︎ 左からハラミ2人前、レバー2人前、骨つきカルビ 2人前。



b0301400_23055555.jpg



⬇︎ ⬆︎の画像のアップです!



b0301400_23060786.jpg


⬇︎ 冷麺(キムチ、スイカ、ゆで卵、肉、キュウリ)



b0301400_23050577.jpg


⬇︎ テールスーブだけで写した写真がなくて…。

上の方に写っているのがテールスーブです。



b0301400_23154162.jpg
b0301400_23035232.jpg




ホルモンの写真がなくなってました…( ; ; )

ホルモン盛り合わせ2人前の写真がありませんが、下の値段に含まれてます。

キャベツはお代わり自由です。嬉しいサービスですね。

これら画像で紹介したものは4人で行って2回分の量です。

2回ともお酒は一杯ずつで、大体1人5千円くらいでした。

赤身のお肉は柔らかく、コリコリ食感の内臓系やタンは絶品の歯応え!

文句なく、ここ数年で食べた焼肉屋さんではナンバーワンです!

最初の時も、2度目の時も満席で、何組かお断りしている人気店です。

食べログでは星3つ評価!?

ありえませんけど…。

とにかく美味しい焼肉屋さんです。

人気店に直感で行けたのはラッキーでした ^ ^

絶対に予約して行かれることをオススメします。

もう奈良じらのお陰一度目より更に美味しく頂けました。

次は9月の猫丸の誕生日に友人家族と一緒に行く予定です (≧∇≦)

今度は違う物も頼んでみます!




奈良県 奈良市 椿井町48


電話 0742 26 4676




b0301400_00082822.jpg




如何でしたでしょうか。奈良の魅力が伝わりましたでしょうか。

久しぶりにエキサイトブログさんが不調なのか、何度も書いた記事が消えたりしてやっと2日ぶりに完成した記事です。何度も書いた記事が消えるんで本気で泣きそうになりましたょ。

今回5回目の奈良ぶらり日帰り旅は、アクシデントがあった事でより楽しく過ごすことができた猫丸一家。

いつも運が良くてこんなアクシデントに見舞われることが余りない…というのもありますが、タイミングが合わない時は、いつも他の選択肢にしてしまっていました。

なので、今回のように「待つ」ことの素晴らしさをシミジミと味わうことさえなかった訳です。

待つ楽しみ…という醍醐味を改めて実感できたことは幸いでした。

お腹が空かないのに、喉もカラカラにならないのに食事や飲み物を飲むことで、五感を鈍らせてました。

最高に美味しいと思える食べ方、飲み方がで幸せ感はアップします!

奈良じらはホント素晴らしい…。

ありがとう奈良、そしてまた9月まで さよう奈良ぁ〜( ̄▽ ̄)笑




ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-07-30 18:14 | 他府県・海外 | Comments(4)


兵庫県・三田市・しい茸園・有馬富士



友人に誘われて兵庫県の三田市にあります「有馬富士」という、しい茸園にバーベキューに行ってきました ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

三田駅から車で15分、自然豊かな田園風景がひろがります。

猫丸は久し振りのバーベキュー、とても楽しみにしておりました♪

この日は晴れたり曇ったりの天気。

太陽がのぞくと、とても暑かったので曇ってくれたので丁度良く過ごせました。

大助かりです (*^o^*)

あの小高い山が有馬富士のようです!



b0301400_20080731.jpg
b0301400_20095170.jpg


それにしても…ひと気が全くありません!

車で上って行くと、左手には鳥居が…。

車は1台も走っておらず、人の気配もまったくない…(⌒-⌒; )

大丈夫かな?営業してるのかな?…と思いつつ、駐車場に到着しました。

駐車場に到着すると、車が結構置いてありましたので、これを見た時はかなりホッとしました(^_^;)




b0301400_20100312.jpg
b0301400_20125355.jpg
b0301400_20131728.jpg


それでも、人の気配がない…(⌒-⌒; )

静かすぎる…。

本当に営業してるんだろうか…?

と、ドキドキしながら車を降りました。




b0301400_20153736.jpg



左手にはこんな看板が…!

色んなことやってるんですねぇ。

この施設は年中無休と友人が話していましたが…。

本当だろうか?

と、思うくらい人の声が聞こえない…。

それにしても、一施設で四季折々の行事が楽しめる施設のようですが…。




b0301400_20151659.jpg


一抹の不安を抱えながら進んでいきますと…。

Σ(・□・;)!!!

楽しくバーベキューをしている人の姿を発見 ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

よかったぁ〜、人がいましたぁ (^◇^;)




b0301400_20200099.jpg
b0301400_20241954.jpg


周りを改めてよく見てみると、右手には椎茸の原木が沢山あります!

そりゃそうですよね。シイタケ狩りが出来るシイタケ園ですもん。

実は猫丸は…。

この際ですからカミングアウトしてしまいますが…。

実はこの世で1番苦手な食べ物が…

椎茸なのです〜( i _ i )

長い付き合いの友人は知っていましたが、今回ここへ誘ってくださったのは友人のご主人さま。

必要ならシイタケ飲み込んでやろう…なんて、決心してやってきました(^_^;)




b0301400_20244302.jpg
b0301400_20260480.jpg


こちらがバーベキュー施設です ^ ^

奥には立派な池が…!

すごーい!

ロケーションは最高です (((o(*゚▽゚*)o)))

テーブルの中で焼くスタイルですので、椅子に座って食べれるのもGOOD👍

あとは、こちらの施設でバーベキューの材料を買って焼くだけです。

後片付けもしなくていいし最高ですね!

しかし、焼く場所がテーブルに1つしかないので、大勢で行くと焼けるまでに時間がかかりそうです…。

4〜5人くらいがベストかもです。

飲み物もソフトドリンクからビール、お酒、カクテルまでありました。

こちらではバーベキューセットを注文しますと、バーベキュー用の大盛り椎茸と椎茸ご飯がサービスで付いてくるんですってぇ…

な、なんやて…( ̄◇ ̄;)!!

わーい (T ^ T)


シイタケが大好きなお方には、スーパーのシイタケとは格段に違う、肉厚で美味しそうなシイタケでテンションがマックスになること間違いなしでしょう (^_^;)

四季折々の風景を楽しみながら、バーベキューも楽しめそうですね。

雨でも、冬でも池に面したログハウスの室内でのバーベキューもできるそうです。

個室も16室あり、気兼ねなくゆっくり過ごすことができます。

因みに、夏場に冷房完備施設はないようです。



b0301400_20273270.jpg
b0301400_20294866.jpg

b0301400_20301803.jpg
b0301400_20305325.jpg


一緒に出掛けた皆さんはシイタケが大好物だったようで、しかもお腹の空いた状態でシイタケを一番先に焼きましたから、あっという間になくなりました (((o(*゚▽゚*)o)))

猫丸がシイタケを食べてないことにも気づかれなかったと思います (^◇^;)

ふぅ〜(^_^;)


さて、話は変わります。

こちらは山の中ですし、季節的に仕方ないのですが蚊が沢山いたんですよね。

いつもなら1番に蚊の餌食になる猫丸なのに、何故かこの日は蚊に1度も刺されなかったんです。

ところが、帰りの電車の中で蚊を発見…。

刺されちゃいましたょ… (´・_・`)

こんなオチ要らんのにぃ…。

ですので、お出掛けの際は蚊に刺されないようにお気をつけください。

帰って次の日にシイタケ園の食べログを見てみますと、お肉が美味しくなかった…とのコメントが多くあったのですが、食べたお肉は柔らかくとても美味しかったですょ。

シイタケ苦手な猫丸が書くのもなんですが、有馬富士さんの割り箸の袋の後ろに、シイタケの美味しい焼き方が載っていたのでご紹介します。

シイタケは、傘の白い部分を上にして、傘の部分に塩をふります。
茶色い傘の部分をじっくりと焼き、白い傘の部分に水滴が沢山出てきたら食べ頃だそうですょ!ご家庭で網で焼く焼きシイタケの時にお試しください♪

今回赤ちゃんを連れて行ってたので、周りを散策することなく帰宅しました。

思ってた以上のロケーションの良さに感動しちゃったので、また遊びに来たいと思います。

お土産も販売しておりました。

生椎茸や乾燥椎茸、黒豆ケーキ、黒豆おかき、栗饅頭など色々あるようです。

材料が有料なので、お弁当の持ち込みは不可です。お気をつけください。

こちらはペットの同伴はOKなんですって!

それは嬉しいですねぇ ^ ^

JR新三田駅からは無料送迎バスも出ているようです!

こちらはホント、オススメスポットです!







住所 兵庫県 三田市 大原 933

電話 0795 64 5599





ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-06-16 22:10 | 他府県・海外 | Comments(0)


日帰りバスツアー・京都から和歌山まで「クエ尽くしと南部梅林」



猫丸は人生初の日帰りバスツアーに参加して参りました ( ̄^ ̄)ゞ

行き先は和歌山県です♪

選んだコースは「クエ尽くしと南部梅林公園」のツアー♪

バスツアーに前日、恥ずかしながらテンションが上がってしまい、眠れないという事態に陥りまして、睡眠時間ほぼ無し状態で向かいました…(^_^;)

久々の遠足前日の小学生状態に陥った猫丸。

家族にも小学生か…って突っ込まれる始末…(^◇^;)

ところが眠気など全くなく、やっぱ興奮してたんでしょうかねぇ…(^_^;)

猫丸以外の女性2人もバスツアーは初めてという面々!

聞くと2人も眠れなかったとか…(笑)

やっぱり初体験は緊張するもんです!

当日の朝、さぁ出掛けようと外へ出ますと雪がチラチラと降り出してきました。

集合場所に到着する頃には、雪は本降りの牡丹雪状態に…(^◇^;)

人生初のバスツアーなのに中止かな?と思いきや、あれだけの大雪にもかかわらず、添乗員さんははなんの躊躇もなく「あいにくの大雪ですがしゅっぱーつ!」と元気に出発することになりました…(笑)

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




b0301400_14134608.jpg



そんな大雪でしたが、大阪の門真辺りでやみました (°▽°)

途中で寄ったドライブインでは、少し晴れ間が出てきましたょ!

こちらのドライブイン、サービスエリアの名前を確認しなかったのですが、多分岸和田サービスエリアだったような気がします。

こちらのドライブインで購入した「コーヒーランド」という菓子パンが岸和田名物として販売されていたので、ついつい購入。

バスの中で一つを皆で分けて食べましたが、これがまた美味しい!次の日少し温めて食べたら、クリームが溶けてパンに染み込み、更に美味しくなってました!

このパンは(株)永月堂さんのパンで、細めのソフトフランスパンの間にコーヒークリームが挟まれたものです。


画像は永月堂さんのホームページより。

b0301400_16081044.jpg



調べてみると、江戸時代 安政2年1855年創業のもともとは和菓子屋さんだったそうです。パンを焼き始めて50年。昭和30年代は社長自らが木箱に入ったパンを配達していたそうですょ。

昔ながらの懐かしい素朴なパン屋さんのパンだったんですねぇ。

わざわざ寄ってでも購入してもいいくらいの美味しいパンです。

岸和田って行ったことがないので、今度永月堂さん目指して行ってみようかな ♪



b0301400_16091922.jpg



お問い合わせ

住所 大阪府 岸和田市 北町 7-8

電話 072 423 2668

営業時間 7:00〜17:00

定休日 土曜日

最寄り駅は岸和田駅



b0301400_14162094.jpg



さて、話を戻します。

先ず向かったのは和歌山県の水仙咲くエーゲ海と称される「白崎海岸」へ。

こちら白崎海洋公園は和歌山県・由良町にあります。

バスの中から青い海と白く氷山のような岩山が出現!!

そして現地に到着すると、こんなに晴天 (*≧∀≦*)

神様ありがとうー♪



b0301400_21565610.jpg

b0301400_23254196.jpg
b0301400_23255415.jpg



白亜の岩壁が「ここ日本なの?」と一瞬錯覚するような景色です!

素晴らしい景色にしばし呆然。日本のエーゲ海とうたわれるだけはあります。

地球の地殻変動が生み出した太古の石灰岩(せっかいがん:炭酸カルシウムを主成分とする堆積岩。生物の遺骸が集まったもの、または科学的沈殿によるものとも考えられる。主には海成であるが、淡水成のものもある)これらは、約2億5000万年前に出来たものだと言われております。

ここは生物が集まった石灰岩のようです。
ヒトデや貝などの古生代から中生代の生物の化石も発見されているようです。

本当に自然界の摩訶不思議です。

2億年以上も前に、大きな地殻変動(プレート移動)があったように猫丸は感じました。

ここが異国のように感じる一つの理由には、日本のものでない地層を感じるからです。

地殻が大規模に動いたとしか説明が付きません。

勿論、これはいつもの猫丸の独断と偏見と直感です ( ̄▽ ̄)

そして、よく見るとこの石灰岩は、侵食の為なのかどうかはわかりませんが、かなり細かくモザイク状になっているんです。

その模様が本当に細かいのですけど、直ぐに崩れるような脆さはありませんでした。

写真では分かりずらいと思いますが…。

永い年月をかけてつくられた自然の形です。




b0301400_23312197.jpg
b0301400_23313426.jpg
b0301400_23315141.jpg



岩山に造られた階段を上がると、展望台があり太平洋が一望できます ♪

ここは360度の景色を楽しむことができます (*´ー`*)

ほんと、月並みですが青い海に白い石灰岩のコントラストが美しい…。

青というより碧(あお)という漢字の方がしっくりくる色の海。

青に緑が混じるこの海の色は、まさしく碧です。

ほんと、晴れてくれたお陰で、この碧い海と白い石灰岩のコントラストをみることができ、本当にラッキーでした。

しかも、風は強いのにそこまで寒くないというオマケ付き (((o(*゚▽゚*)o)))

ツアーをご一緒した方に3人の写真を撮って頂くと、猫丸だけが髪が飛んで行きそうな程の勢いある写真で、それを見て3人で大声で笑いました ( ̄▽ ̄)




b0301400_23320375.jpg
b0301400_23321740.jpg
b0301400_23323368.jpg
b0301400_23324774.jpg


こちらは日本の渚百選にも選ばれた景色の美しい名所となっております。

ほんと海の綺麗さが半端ではありません。

ダイビングポイントにもなっているようで、海の色を見て頂くと色の違いが分かると思いますが、ここはいきなり深くなるのでしょうねぇ。

小さな浜辺には流木は落ちてますが、ゴミは一つも落ちてませんでした。

ちゃんと管理されてキレイが保たれているんですね。

猫丸たち3人組は、ここをゆっくりと歩いて景色を堪能しました ^ ^



b0301400_23330152.jpg
b0301400_23492460.jpg

b0301400_23495122.jpg



こちらには「白崎海洋公園クラブハウス」があり、ダイビングなどのマリンレジャーも盛んに行われ、この日も数人のダイバーがウェットスーツ着て準備してました。

真冬でも潜るんですねぇ。好きって凄いパワーがでるもんです!

その他、オート・キャンプ場や、ログハウス、コンテナハウスも充実しているようで、アウトドアレジャーも楽しめる場所のようです。3月から7月になると猫は猫でも海の猫
「海猫」の大群が飛来してくるというので有名な場所でもあるそうです。

我が家の猫のトラちゃんが見たら、もう狂喜乱舞するんでしょうねぇ…(^_^;)

白崎海洋公園の道の駅に指定されている施設に入ると、お土産が沢山販売されていました。飲食もできます。こちらの名物は「しらす丼」のようです。

猫丸たちはここで1つソフトクリームを買い3人で分けて食べました。

スジャータのバニラアイス美味しい♪

由良町はお醤油発祥の地といわれ、こちらの地元ブランド「天狗醤油」が販売されてました。

猫丸はたまたま天狗醤油を購入したことがあります。

とても濃厚で美味しいお醤油です。

この道の駅で猫丸は、無農薬のレモンを3つ買ってバスに乗りました。

醤油じゃないの?なんて突っ込まれそうですが、しょーゆーことです ( ̄▽ ̄)笑



さあ、お次に向かうは紀州クエ尽くしの昼食をいただきに「あんちん」さんというお土産屋さん兼お食事処へ向かいました。

結構広く収容人数は200人なんだとか。中はまるで旅館のよう。

しかし、一つだけ書いちゃうと寒い時期なのに座布団がなかったんです。暖もとれてなく年配の方々は寒かったかもしれません。

今日は大寒波到来と言われながらも奇跡的にまだ暖かだったので結果的には良かったのですが…。




b0301400_01015416.jpg

b0301400_00471724.jpg

b0301400_00474413.jpg


こちらがクエ尽くしです ♪

クエの薄造り、クエの握り、クエの茶碗蒸し、クエのお浸し、クエの天ぷら、クエ鍋、最後に雑炊、梅干、金山寺味噌、デザート代わりにこの辺りの名物「釣鐘饅頭」。

クエの薄造りはややカピカピしてましたが、まぁそれなりです。悪いことはありませんでした。お料理の味付けも普通に美味しくいただきました ^ ^




b0301400_13583272.jpg



b0301400_00523011.jpg


クエは漢字では九絵と書くんですね、知らなかったです!

ススキ目ハタ科に属する深海魚の一種です。九州辺りではアラと呼ばれているようです。残念ながら天然クエはそう水揚げはないそうで養殖だと思われます。釣り人はこのクエを釣りたいと願う方は多いそうです。



b0301400_01011950.jpg


⬆︎こちらが名物の釣鐘饅頭の釣鐘です!


b0301400_01040800.jpg


時間がなくて行けませんでしたが、奥に見えますのが「道成寺」です!

先程のお食事処の名前が「あんちん」と聞いて、何と無くピンときた方もおいでかとおもいます。こちら道成寺さんは、能や歌舞伎や浄瑠璃の演目で有名な「安珍・清姫伝説」で知られる有名なお寺です。

しかも和歌山で最古のお寺なんですよねぇ…。

廊下に飾られていた大きなお姫様の絵は清姫なのでしょう。

バスツアーですと、流石に時間はありませんので今回は道明寺への参詣は断念。

また、機会をつくり訪れたい場所です。

食事の後、ミカンの詰め放題(ビニール袋)をして、次に近くの畑へ向かいお土産の大根を一本引き抜いてきました。

猫丸は左手一本で大根が抜けるかどうか試したくてやってみました。

まぁ、そんなに大きな大根ではなかったので、うーんっ…と3回唸って引き抜けました!

なにやってんだか…(^_^;)

ツアーでご一緒の方が突然叫ばれ靴が泥だらけに…(^_^;)

「ここは危ないょ」と親切に教えてくれました。

畑が結構な粘土質で注意して歩いても靴が泥だらけでしたが…想定内です!

そのために3人とも小汚いスニーカー履いていましたから大丈夫…ってな訳にもいかず、やっぱり泥だらけ…。笑

大根一本引き抜くのに、写真やら動画やら撮りあいっこして、ワイワイ楽しみました♪

バスが汚れないか気になりウェットティッシュで拭き拭き。

少しマシにまりましたが、和歌山の土までもお土産に持ち帰りましたよ(笑)


お次はウメタの梅干館で軽く工場見学と、梅酒作り体験と下のお土産屋さんで買い物をしました。




b0301400_01241808.jpg
b0301400_01354976.jpg

b0301400_01324935.jpg


小さな瓶にお一人様分の梅酒作り ♪

先ずは軽く講習を受けてから梅酒作りするんですって!


b0301400_01331267.jpg


使い捨てのゴム手袋をはめ、消毒液で手袋を消毒後、瓶に梅の実を一つ入れ、氷砂糖を7つほど入れて、その後お酒を注ぎいれ蓋をしてラベルを貼ったら出来上がりとなります。

氷砂糖は7つと説明受けてるのに、3人とも氷砂糖ドバッと入れました。

え?何の為にかって…。

それは、甘くするためです ( ̄^ ̄)ゞ

甘くして、薄めて少しでもたくさん飲むためです!

嘘です。お喋りしていて余り聞いてなかったからです…。

後からもらっていた説明書みて判明したのでした!笑



b0301400_13575901.jpg


梅酒に入れるお酒は3種類から選べます。

ホワイトリカー、焼酎、ブランデーの3種類で、猫丸たち3人は3人ともブランデー。

出来上がりは一ヶ月後の3月10日 ^ ^

通常の梅ですと、漬けてから3ヶ月ほどかかりますが、冷凍梅を使用することで、繊維が壊れて馴染むのがはやくなるそうです!

なるほど、生活の知恵ですね!

早く飲みたい方には得策かもしれません。

3月10日に再び3人で集まり、出来映えを楽しむことを決めております!笑

所要時間は多分3〜5分。可愛い梅酒が出来上がりました ♪



b0301400_01342366.jpg



可愛く出来上がりました!

3月10日が楽しみです♪

1階にはお土産屋さんがありまして、猫丸は梅ジュース3種類を購入 ♪

左が梅とリンゴのジュース、真ん中が梅ジュース、右が金柑とレモンのジュース。

昨年我が家で作った梅シロップが無くなり、身体が梅を求めていたのでしょうか。

これを2本ずつ購入。帰りは尋常でない重さのお土産が出来上がりました…(^_^;)



b0301400_16435236.jpg



さてさて、お次は南部梅林に向かいます ♪

南部と書いて「みなべ」と呼びます。

日本一の梅の里として知られた町で、有名な南高梅の発祥の地でもあります。

梅干しの生産が日本一であり、至る所でお土産用の梅干しが販売されており、やすいものだと一袋100円という、かなりリーズナブルな梅干しがあり、農薬も少なく作っているという梅は、見かけがきれいな梅ではないのでかなりお安くしてくれているのだとか。

猫丸宅の冷蔵庫には山ほど梅干しがあったのですが、味がほんとに良かったので二つ購入してしまいました。

さて、梅の花は今年は寒かったので、通常通り咲いてるのでしょうか?




b0301400_01364940.jpg


↑こちらが南部梅林の入り口です!

見て頂くと分かると思いますが、ものすごい坂道なんです!(^◇^;)

「みかヘリ坂」というようです。

「みかへり坂」は昔は「鼻崎の道」と呼ばれていたそうです。

当時は道幅も狭く、領斜も急で日常の生活にも困るほどだったそうですが、有力者の協力で人々に呼び掛けて、それに応じた人々が土地や労力を出し合って大変な苦労の末に完成するに至った…という人の愛の結晶のような道です。




b0301400_01363698.jpg


人々の苦労の末に南部梅林は「一目百万本、香り十里」と称される日本最大の梅林公園となったわけなんですねぇ。



b0301400_13584127.jpg


これからが見頃を迎える梅ですので、今月はイベントも盛りだくさんのようです。



猫丸たちが歩いていると、お土産屋さんの前で座っているおじいちゃんが声を掛けてきました「今年は寒くてまだ紅梅しか咲いてないから、白梅は上に上っても見られんぞ。

「去年の今頃は両方咲いてたんだがな」と仰る。

ふと見ると、隣では何やらお饅頭を作っている…。

よく見ると「いももち」と書いてありました。

物凄く気になりお土産に買うことにしまして、持ち帰りました。




b0301400_11233946.jpg


b0301400_11014005.jpg



持ち帰ると、なんとこの「いももち」は、かなり柔らかいおもちだったようで、五つ入っていた「いももち」が何と一つに合体するという珍事が起きていました(爆)

もう、みんなで大笑い。

そのお味ですが…。

キ♪───O(≧∇≦)O────♪ター!

で、でましたぁ (((o(*゚▽゚*)o))) ひさかた振りの ヤバスうます!!

注: 猫丸ブログでは心底美味しいモノにのみ「ヤバスうます」と明記してます。

このお餅だけを買いに行くだけの価値があるほどの美味しさです。

猫丸は余りの絶品さに唸りましたもん!

この「いももち」は、自家製のサツマイモともち米を一緒についたお餅の中にこしあんが入り、周りにきな粉をまぶしているだけの素朴なもの。そして驚きの柔らかさ!

出来たての「いももち」食べておけば良かったと心底残念に思いました。

この時はお腹が一杯で食べられなかったのです…(^_^;)

当日の夜も美味しかったですし、次の日の朝も美味しく食べれました。

1日経ってもあれだけ柔らかなお餅はなかなかありませんょ。

おじいちゃん曰く「固くなったらチンすれば柔らかくなるぞ!3分から5分もすれば元どおりじゃ」って言うので、猫丸が「5分もチンしたら柔らかくなり過ぎた姿見てチーンってなりませんかね?」とお尋ねすると、「???」頭からハテナマークが出ておりました。

どうやら猫丸のオヤジギャグは通用していないようでした…(^_^;)

失礼いたしました…。

お後がよろしかったので、急いで帰りました( ̄▽ ̄)

ほんと、みなさま こちらの「いももち」は一生の間に絶対に食べるべきです!

素朴さと美味しさに感動することでしょう。

かなりお勧めです!

時間も余りないし、おじいちゃんも白梅は咲いてないと断言されたので「いももち」屋さんから上が梅林公園でしたが行きませんでした。

おじいちゃんに「あんたらは花より団子やなぁ」と笑われました…(笑)

まったくもっておっしゃる通り( ̄▽ ̄)

おじいちゃんの言う通り、猫丸たちは「花より団子」です!(キッパリ)笑

のどかな景色を見ながら下りていくと、よく見ればちらほらと梅は咲いていました。

小さな梅のほころびを見て、猫まるたちの口元もほころびました ^ ^

小さな春を見つけました♪

しかし、おじいちゃんの言うように、開花が遅れているとのことで、今年は一週間延期となり3月11日までとのことです。

いももち食べにまた来たいくらいです。その頃には満開の梅も楽しめるし…。

満開の時期なら、それはもう素晴らしいと思います。

驚いたことに、この梅は観賞用ではなく農林なのだそうです。地元の農家さんが好意で開花シーズンに一般公開しているのだとか…。

年に平均五万人の入場者がいるそうですょ!

年に五万人もの人が、この風景をみてるのか…すごい!



b0301400_11242580.jpg

b0301400_11222758.jpg

b0301400_11230053.jpg



道の両側のところどころに春を感じる和歌を書いた木札が立てられていました。

なので、 素人 猫丸も一句。

「花愛でて 歩く小春日 みなべまち いももちうまい お腹が空いた」…(なにそれ?)


素戔嗚尊(スサノオのミコト)が詠んだ詩が初めとされるのが和歌だとされておりますが、それ以前から心から湧き上がる感情の叫びや掛け声などが、次第に祭や労働の際に集団で歌われるようになった歌謡があったそうですが、多くは文字に記されることなく失われてしまっているそうです。

なのでこのように文字で残っている、いにしえの人々の感情を知ることができる和歌は情緒深きことですね。



b0301400_11203843.jpg
b0301400_11260920.jpg
b0301400_11265429.jpg
b0301400_11271479.jpg

b0301400_11273372.jpg


お次は最後となる「大漁お土産センター」でのマグロ解体ショーを見学しに向かいました。

バスを降りると既に解体ショーはもう始まっておりました。

マグロは巨大なものではありませんでしたが、それでも迫力は満点!

切り分けられたものは、店内で販売されておりましたょ。

猫丸たちの後ろで見ていたお若いカップルの男性は「こんなん海におんのか〜?」というと、女性は「海やもん!当たり前におるわ」と、小学生並みのコメントに思わず吹き出しそうになりました…(^_^;)

日本はまだ平和です♪



b0301400_13252871.jpg
b0301400_13254208.jpg


こちらでは、軽食としてマグロかぶと汁と小さな和歌山ラーメンとマグロのおすし一貫がサービスで提供されました。


b0301400_13304086.jpg


猫丸たちは「かぶと汁」だけはいただかず、ラーメンとおすしはいただきました。

マグロの赤身はとても美味しく臭みもまったくありませんでした。

ラーメンも美味しかったです。

最後のイベント「和歌山菓子のすくい取り」をして(写真を撮り忘れました 💦)
今回の日帰り旅行は終了。

はじめは和歌山のお菓子は何の期待もしておりませんでしたが、なんのなんの!

帰りのバスの中でつまむと、なかなかどころかとても美味しい菓子を発見!

それがこちら!



b0301400_16493239.jpg


「ドライみかん」です。

ゼリーなのかと思いきや、本物のミカンを加工したドライフルーツでした。

ミカンそのままの香り高いお菓子 (*゚∀゚*)

帰りのバスの中で調べると、なんとこれは通販で買えます!

この後に寄った最後のサービスエリアで、この「ドライみかん」を発見したので早速購入しました。


b0301400_16492410.jpg

b0301400_16494078.jpg


サービスエリアでは400円でしたが、通販ではもっとお安かったです (^_^;)

サービスエリア価格なんでしょうか。それとも内容量が違うかもしれません。



b0301400_14011982.jpg



そして、こちらの大漁お土産センターで降りた際に、隣に停車していたバスが猫の駅長さんがいる和歌山電鉄の貴志駅長の「たま駅長」の絵柄になっておりました。




b0301400_14005596.jpg
b0301400_14010707.jpg


車内を見てください!

シートが三毛猫柄になってます(笑)

この猫のモデルがこちら(画像はWikipediaより。)


b0301400_14415422.jpg



三毛猫って本当美しい…。

三毛猫って圧倒的にメスが多い中、たまちゃんはオスの三毛猫なんですよねぇ。因みにたまちゃんの年俸はキャットフードであり終身雇用だそうです!笑

たまたまですが、「たま」ちゃん駅長の絵柄バスにに遭遇できて嬉しかったです ♪

三毛猫に梅ときたら、ライト商會の梅ちゃんを思い出します。

猫丸ブログではカテゴリ・京都カフェにてライト商會さんの記事を沢山書いており、こちらで飼われている元野良猫の梅ちゃんが登場します。

猫のいるアンティークカフェの記事です♪

三毛猫とアンティークがお好きな方は是非。

さてさて、初のバス日帰り旅行は朝の8時に京都五条イオンモールから出発して、夜7時到着が7:30分にイオンモール着で11時間30分の旅でした。実に6時間半はバス移動でしたが、寝不足だった猫丸たち3人は行きも帰りもぐっすり…(^_^;)

バスの中では寝てられたので、あっという間の日帰り旅行でした!

内容をおさらいしますと、京都五条イオンモール出発→白崎海岸→「あんちん」での昼食→みかん詰め放題→大根引き抜き→南部梅林公園→和歌山大漁センターにてマグロ解体ショー→京都五条イオンモール到着…という流れです。

ツアーのお土産として、みかんの袋詰め、大根、作った梅酒、紀州梅干大きいものを一個、釣鐘饅頭一個、金山寺味噌小1パック、梅ジュース1本、和歌山菓子すくい取りしたお菓子と盛りだくさんでした。

食事は昼食のクエ尽くしと、大漁センターでのマグロかぶと汁、和歌山ミニラーメン、マグロ握り一貫でした。

さて、これに乗務員の方1名とイオンモールの近畿ツーリストの女性店長さんが一緒に同行していただいて、これでお値段なんとお一人¥7980(税込)!

女性店長さんは、常々気を配られてましたし、猫丸も何度も「大丈夫ですか?」と声掛けしてくれました。(具合でも悪そうにみえたんでしょうか^^;)

とても気さくなお方で、一生懸命お仕事されていました。

内容は値段以上だと思います。お値段以上はニトリだけではありません(笑)

ただバス日帰り旅行は忙しいので、ゆっくり楽しみたい方には向かないかもしれません。
今回はお一人参加者が5名おられ、猫丸もいずれ一人で参加したいなぁ…と思いました。

これからは春の行楽シーズン♪

日帰りバスツアーもより楽しくなりそうですね!

みなさまもバスツアー如何でしょうか。



ほな (=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-02-12 17:02 | 他府県・海外 | Comments(0)


大阪・高槻市・高槻駅周辺を歩いて見た!


大阪・高槻駅は大阪市と京都市との丁度中間に位置し、京都からは21.6キロと近く、
なので京都からJRの新快速で13分、普通でも22分程度で行けます。

一度も駅を降りたこともなかったのですが、用事があり行く機会が出来ましたのでこちら高槻駅周辺をご紹介します。

駅を降りますと高槻市のマスコット・キャラクターの「はにたん」がお出迎え ^ ^

平成23年6月8日に高槻市の魅力を積極的にPRする任務を与えられたそうです。

「はにたん」は今城塚古墳で生まれたハニワなので8月20日のハニワになったそうですょ。今城塚古墳で出土した武人ハニワがモデルだそうです。


b0301400_20561707.jpg

JR高槻の近くには「上宮天満宮」があり、毎年2月25日、26日には「天神まつり」が行われるそうです。この天神まつり当日には、JR高槻駅前なら上宮神社の参道まで数多くの露店が並び、歩行者天国となり大勢の人々がやってくるそうです。

大きなお祭りなんですね!

上宮天満宮は、創建から1050年という太宰府天満宮に次ぐ日本で2番目に古い天満宮なんだそうです!菅原道真を主祭神として祀り、敷地には原始林に囲まれた境内に4万平方メートルという広大な神社だそうです!
合戦時、織田信長が摂津進攻の際に本陣を張った場所でもあるそうです!
室町時代、入江氏の居城であった高槻城は、織田信長によって滅ぼされた後、和田惟政(わだこれまさ)次いで高山右近が城主となりました。
豊臣滅亡後は、内藤信正(ないとうのぶまさ)が城主となり、それ以後は高槻藩の藩庁として用いられたそうです。その後も城主は度々入れ替わり明治7年に廃城となり、東海道線が敷設される際に、石垣や木材などが資源として使用され、白域の1部が城跡公園として整備され、復元石垣と高山右近像が建てられたのだそうです。


b0301400_16384438.jpg
b0301400_16392788.jpg
b0301400_16402349.jpg
b0301400_16405695.jpg
b0301400_16410791.jpg

そもそも高槻に人が住み始めたのは約2万年前の旧石器時代なんだそうですょ!
高槻市には「郡家今城遺跡」という集落遺跡があり、そこから生活跡が発見されているそうです。奈良から平安時代の建物跡の集落も見つかり、その出土品から菅人などが暮らしていたのではないかと推測されております。

高槻の地名が史料に初めて出たのは鎌倉時代の頃、14世紀の奈良の春日神社の荘園(しょうえん:領主の所有地)であった「安満庄」の耕地目録の中に「麦下地高月二町十歩」と記されているようです。

戦国時代この高槻には、武将の三好長慶(みよしながよし)や武将、大名の高山右近(たかやまうこん)が拠点としています。

1970年以降発展が進み、1975年には高槻市の人口は30万人にも増えました。

高槻駅は1928年昭和3年1月16日に「高槻町駅」として誕生しました。
結構古い歴史ある駅です。

現在JR高槻駅前には松坂屋やアルプラザ平和堂店やアレックスシネマをキーテナントとした大型ショッピングモールもあります。

その他見所も沢山あるようで「しろあと歴史館」や「城跡公園」や「今城塚遺跡」「神峯山寺」などが有名なようです。

高槻は古い歴史の跡が沢山残る街だったんですねぇ。


b0301400_16412607.jpg
b0301400_16413669.jpg
b0301400_16414646.jpg


用事が済んだあと、取り敢えず高槻センター街を目指して歩くことにしました。

途中で猫丸の大好きな骨董店があります ^ ^

店名が「くるみ」ですって!かわいいぃ〜!


b0301400_16583695.jpg

「鶴金」さんという居酒屋酒場みたいなお店では「牡蠣食べ放題」というポスターを見つけました!牡蠣食べ放題が3500円ですって!!飲み放題をプラスして、なんと4500円だそうです!但し、2名以上で一週間前に予約だそうです。
忘年会に良さげですね ^ ^


b0301400_17001715.jpg
b0301400_17002997.jpg

途中で見た看板の餃子に惹かれて「餃子専門店 チャオチャオ」さんでお昼を食べることにしました ^ ^
とっても元気の良い店長さんに気持ち良く迎えられ、店内へ。


b0301400_16512410.jpg
b0301400_16505484.jpg

生ビールとチェイサーでかんぱ〜い ( ^ ^ )/■


b0301400_17091748.jpg

「チャオチャオ」さんの名物の焼き餃子と水餃子と酢モツをオーダーしましたょ。

さてさて、楽しみですねぇ♪

きましたょ!羽根つき焼き餃子♪

看板の写真と同じ餃子登場!きゃぁ〜♪美味しそ〜。


b0301400_17125473.jpg
b0301400_17130415.jpg

これで一人前です。一つが小さいため食べ易く、食べるとパリパリの羽根が最高に美味しい餃子です ヽ(;▽;)ノう、うまぁー!

これは久し振りのヤバスうますです ( ̄^ ̄)ゞ

熱々パリパリの一口餃子、とっても気に入りました!

こちらは、酢醤油と酢味噌があります♪辛味噌をつけると尚美味!


b0301400_17132331.jpg

左にあるのが酢モツです。ポン酢であっさりと臭みなく美味しい ^ ^

そして、⬇︎が水餃子です。

こちらは焼き餃子と違い少し大き目でボリュームありです。
こちらも美味しい ^ ^


b0301400_17133389.jpg

これだけ食べてお値段なんと1680円でした!

安くて美味しくて雰囲気良くて最高なお店です ^ ^
ピースして写っている方がとても明るい店長さんです。


b0301400_20553109.jpg


店長さんをはじめ店員さん方もみな元気で愛想よく、ちょうどお客様が引いた後で猫丸たちだけでしたので店の外まで見送りまでして頂きました。

猫丸は感動致しました。京都の木屋町にも「チャオチャオ」さんはあるそうですが、
次もまたこちら高槻店にお伺いしたいと思います。ご馳走様でした ^ ^




こちらが高槻センター街です。

b0301400_16484337.jpg
b0301400_16491076.jpg

こちらは阪急高槻駅とJR高槻駅の間にあります東西300メートル、約100店舗のお店がありますアーケードのある商店街です。阪急だともう目の前です。
JRだと5分くらいでしょうか。どちらにしても直ぐです。
こちらのセンター街は、昭和6年に「新京町商店街」として誕生し、その後 昭和46年に「高槻センター街」として改名され、アーケードが完成したそうです。

センター街の中央あたりぐらいに枝分かれしている市場もありました。
その枝分かれしている市場の中の鮮魚店で車海老が山盛り1600円で販売されていて、
直ぐに帰宅するなら迷わず買ってましたが、まだ散策する予定だったので諦めました。
写真は買ってないのでさすがに写せませんでしたが。


b0301400_12474195.jpg
b0301400_12480130.jpg
b0301400_12485856.jpg

こちらはセンター街の中にありますお風呂屋さん「天神の湯」です ♪

こちらは地上22メートルの露天風呂があるそうですょ!

関西初上陸の天然温泉「ナノミストサウナ」など、様々な趣向を凝らしたスーパー銭湯の様です。

泉質は「単純温泉」です。料金は1030円。

銭湯と比べると少しお高めですが、多彩な内風呂と露天風呂や最新ミストサウナがあり、また綺麗な施設だということですので少々お高くても満足できるのではないでしょうか。


b0301400_12484573.jpg

驚いたことに、こちらのセンター街の中にはなんと「千鳥劇場」という大衆演劇が!!


b0301400_13044187.jpg


月替りで人気の劇団が毎日、昼と夜の2回公演をしております。

当日 一般 1600円

前売り 1400円

少人 800円

座席指定料 300円

昼の部 開場 11時 開演 12時

夜の部 開場16時 開演17時


センター街中央 ジョイプラザビル2階

電話 072 683 8600


大衆演劇って一度も観たことがないので、今度高槻に来た時は観てみたいですねぇ。

「夢芝居」の歌で有名な梅沢富美男さんも大衆演劇出身ですもんね。
妖艶な女形で一躍有名になり「夢芝居」は大ヒット!
梅沢さんの素顔見てひっくり返りましたもんね (^_^;)

大衆演劇も段々少なくなってしまっていますので、生き残ってほしいですね。


b0301400_13045502.jpg
b0301400_13050517.jpg

途中でセンター街から少し外れた場所に、こちら「アロマ珈琲」さんがありました。


b0301400_16311699.jpg
b0301400_16381951.jpg
b0301400_16383061.jpg
b0301400_16454756.jpg
b0301400_16453716.jpg


こちらでは香り高い珈琲を店内でも飲むことができます。

世界各国の生豆を購入するとその場で高速熱風ロースターで焙煎してくれます。

ここで一服しようと外に設置されたストーブのあるテーブル席へ。猫丸は「雅」430円と、家族は「高槻組曲」480円をオーダー。

フォンダンショコラやチーズケーキもありましたので、フォンダンショコラ410円も注文。



b0301400_16400175.jpg

b0301400_16394847.jpg

どちらの珈琲も大変飲みやすく、香り高い素晴らしい珈琲を味わえました!
フォンダンショコラも味がよく、とても美味しい (((o(*゚▽゚*)o)))


b0301400_16401352.jpg
b0301400_16402567.jpg
b0301400_16460000.jpg


帰り際、忘れ物をしてしまいそのまま外に出ましたが、店主さんは寒い中追いかけて荷物を渡すため走って追い掛けてくださいました。

ありがとうございました 。

「アロマ珈琲 高槻 1971」

住所 高槻市 高槻町 13-24

電話 072 682 4151

営業時間 AM10:00〜PM8:00


b0301400_17364037.jpg


くるぐる歩いていたら「城北通」に出ました。

b0301400_13292636.jpg


この通りは「城北通商店街」です。阪急高槻駅南側と国道171号線を結ぶ100メートル程の商店街で、100店舗ほどあるそうです。飲食店が中心のようです。

この近くには「野見神社」があるようで参詣道にあたるそうです。

野見神社は、宇多天皇の御代、高槻市に疫病が流行り、この時「社殿を作り牛頭天王を祀れば悪疫が治まる」というお告げがあり、久米路山に社殿を設けたところ、疫病が終息し、その後10世紀に高槻城が築城され、牛頭天社は高槻城 場内守護として時の城主に崇敬を受け、明治始めに野見宿禰命を合祀し、名を「野見神社」と改名したそうです。現在は高槻の鎮守様として参拝されている神社です。

毎年1月9〜11日の「十日戎」には、こちら城北商店街では野見神社の参詣道としてのイベントもあるようで、1月10日には「豚汁まつり」が商店中央の大槻ビル前辺りで、正午から無料で提供されるそうですょ。



b0301400_13404083.jpg

b0301400_13423896.jpg
b0301400_13430508.jpg
b0301400_13435573.jpg

b0301400_13441951.jpg

⬆︎の「JK CAFE」ですが、女子高生カフェではありません!笑

この日、前を通ると演奏が聴こえてきました。ライブ中のようです ^ ^
この商店街の中で1番盛り上がっておりました。
お店はライブ中のようで入りズラいので入りませんでしたが、調べてみると なかなか凄いお店のようです。
こちらはエスプレッソが美味しいそうで、なんでもオーナーさんはイタリアまでバリスタの修行に行かれたほど本格的なんだそうです!
フードもソフトドリンクも安いのに、本格的なんだそうですょ。
JAZZライブだけでなく、ちゃんとしたカフェを目指し地域に貢献しようという心意気で営業されてあるそうですょ。

ゴールデンウイークには音楽イベント「高槻ジャズ ストリート」が開催されるそうですが、多分こちらのオーナーさんが中心になってるのでしょうか。

生ライブを楽しめるカフェは貴重ですね!
エスプレッソ大好きな猫丸、今度は是非お伺いしたいです。


b0301400_13461310.jpg


⬇︎長浜ラーメンの「一発屋」さん

ネーミングが…(^_^;)


b0301400_13464809.jpg


⬇︎なんともディープ感満載な居酒屋「赤ちょうちん」さん。お店からはカラオケの歌声がもれていました…(^_^;)

「赤提灯、愉し 悲しき この一杯」と書かれておりました。



b0301400_13432251.jpg


人生は愉しく呑めるお酒もあれば、悲しい時に呑むお酒もあります。

このお店での歴史を感じさせますねぇ。



b0301400_13471929.jpg
b0301400_13472923.jpg



ここからは、またぐるぐる周って一本路地裏に入った場所で所在がよく分かりませんが、いい味出したお店がいっぱいありました!


b0301400_14574695.jpg

b0301400_13494558.jpg
b0301400_15001184.jpg


この辺りは城北2丁目です。

⬆︎の中国居酒屋「はるぴん」さんは水ギョウザが有名だそうですょ。
路地裏ならではの雰囲気です。


b0301400_15005775.jpg
b0301400_15012355.jpg

⬆︎の左手の看板が近づくと…


b0301400_15023428.jpg


昔のハイボールの看板です ♪

日本はまた数年前に小雪さんのコマーシャルでハイボールが再びブレイクしましたよね。猫丸もハイボールは好きです♪
日本でのハイボールは、ウイスキーをソーダで割ったものですが、海外ではリキュールをソーダやトニックで割ったものなんだそうですょ。
ハイボールの起源は諸説あるようですが、イギリスのゴルフ場のカウンターでウイスキーを飲んでいた人が、急に自分の打つ番がきて、慌ててその場にあったチェイサーにウイスキーをあけて飲んだところ、非常に美味しかったことから広まったとか。
日本ではサントリーがトリスのハイボールを生み出しのが1951年なんだそうです。
当時ウイスキーはメジャーではなく、安いトリスのソーダ割が若者を中心に広がりました。昭和20年代は一杯100円だったそうです!



b0301400_15171798.jpg

b0301400_15172815.jpg
b0301400_15181586.jpg
b0301400_15183797.jpg
b0301400_15185634.jpg
b0301400_15191808.jpg
b0301400_15193933.jpg
b0301400_15195825.jpg
b0301400_15201870.jpg
b0301400_15203450.jpg
b0301400_15205775.jpg


もう、どこがどこだか分からなくなっていた時、ひときわ明るく光る可愛いお店に遭遇しました ♪

それがこちら⬇︎のアメリカンな雰囲気のポップなお店「ティーズ」さん♪

めちゃめちゃ可愛いお店です。まるでおもちゃ屋さんのようです。



b0301400_15231233.jpg
b0301400_15280008.jpg

昔懐かしい「ベティー」ちゃんが外におりました!

席が50席もあるそうですのでパーティーに良さそうですね!

店内もアメリカンな装いだそうで、こちらの名物は「本格派バーガー」と「自家製ミルクシェイク」なんだそうです。
高槻の食品を使ったメニューを提供され、地域に貢献しているようです。
今度は是非お伺いしたいです。


住所 高槻市 城北町 2-11-5 南国ビル1階

電話 072 672 0721

平日は翌朝3:00まで、金、土、祝日前日は翌朝5時まで営業されてます。


ティーズさんの写真を見ると周りが真っ暗で、もうすごく遅い時間のように思われると思いますが、この時点でまだ18時すぎです!!暗っ!

日が沈むのが早くなりましたねぇ… (^_^;)

さて、今日の〆に焼き鳥でも食べようということになり、「八金」さんへ。

突然思いついて入ったので、八金さんの外観の写真を撮り忘れました!

住所は高槻市 高槻町 12-13 明和ビルの地下1階です (^_^;)

こちらは急に思い立って入ったお店で「1時間だけなら大丈夫です」ということで入れてもらえましたが、予約でいっぱいな人気店のようです!
朝引きする但馬地鶏の焼き鳥屋さんの大阪中心のチェーン店です。

猫丸たちがカウンターに案内されると、あっと言う間に満席となりました(^_^;)

先ずは烏龍茶でカンパイ♪

突き出しにマカロニサラダ。キャベツには焼き鳥のタレのようなものがかかり、甘しょっぱくて美味しい ^ ^

キャベツはお代わり自由だそうですょ!


b0301400_15405276.jpg

この日は大寒波到来で、外は本気で寒い一日でしたのでスープを注文。

この鳥スープはかなり濃厚です!

本格的なコクと旨みが冷えた身体をあたためますが、猫丸には少し脂っぽかったかな。
鶏出汁のラーメン汁のような濃厚さです!
味はとてもいいですょ。


b0301400_15420509.jpg

b0301400_15415558.jpg

八金さんの焼き鳥はひとつひとつの鶏が大きいようです!

かなり食べ応えがありそうです!

焼き鳥のオーダーは「こころ」「もも」「背肝」「手ごね塩つくね」「梅ささみ」

⬇︎こちらは左が「手ごねつくね」と「背肝」です。

手ごねつくねは、その場で串に手ですり付けて焼いてくれます。

そのお味は、まるでハンバーグでした!これはつくねじゃありません!

ジューシーでボリュームがあり、本当に美味しいつくねでしたょ!


b0301400_15411918.jpg

⬇︎こちらが「もも」です。

棒状に切られた但馬高原鶏を使用したもも肉なので、ジューシー。

塩焼きにしてもらいましたが、ボリュームがあるので肉の味がしっかり感じられ地鶏の旨味を感じられます。


b0301400_15422598.jpg

こちらが左が「こころ・タレ」と「ささみ梅」です。

こちらはどちらも普通でした。


b0301400_15411030.jpg

⬇︎こちらは「鶏ユッケ」です。
牛肉のユッケのように細かく刻まれておらず、もも肉をそぎ切りにしてあり、ユッケのタレがかかっておりました。中は生です。


b0301400_15413850.jpg

そして、こちらがこのお店の名物料理「朝引き鶏のお刺身盛り合わせ」です。
このボリュームで980円!

奥から鴨のタタキ、胸肉の刺身、もも肉の刺身、せせりよ湯引きです。
肝とズリはありません。


b0301400_15410247.jpg


お勘定を終えた後、新規のお客様が入ってこられ その対応に追われた女性店員さんは、そのお客様の対応を済ますと猫丸達に駆け寄り「ありがとうございました」と微笑んで頭を下げ飴を差し出してくれました。この気遣い…嬉しいですね♪



この度の高槻散策では、素晴らしい方々に出会えました。
人間味のある温かい人情を感じるこの高槻の町は想像以上に良い街でした!


皆様も是非お出掛けください (((o(*゚▽゚*)o)))



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-12-16 19:24 | 他府県・海外 | Comments(3)


滋賀県・栗東市 喫茶店バンビ

京都からJRで快速で約30分かけて、滋賀県の栗東市に用事があってやって参りました。栗東と書いてりっとうと読みます。読めませんよね!笑
滋賀県の南西部に位置する町で、1991年に栗東市の駅が開業されたようです。
名神高速道路栗東インターチェンジが設置されてから、人口も増えたようですょ。
昔はこの辺り一帯に栗の木があったから「栗東」の栗という字が充てがわれたようです。

この町には日本中央競馬会のトレーニングセンターがあるそうで、馬の町として有名なんだそうですょ ^ ^

駅を降りますと、まぁ、なんともきれいに何もない町でしたが、ホノボノとしていい町です ^ ^

駅から5分くらいの場所に、こちらのバンビさんがありました。
昔ながらのレトロな喫茶店です。
お客様も地元の方が中心だそうです。
猫丸はこーゆー喫茶店好きなんですよねぇ。
昭和テイストは大好きです♪昭和生まれなもんで…( ̄▽ ̄)

店内はこちらのママさんの息子さんの趣味だというインテリア雑貨が沢山置かれており、ひとつひとつの雑貨がとても可愛いのです!

創業40年というお店は確かに古いですが、店内は掃除が行き届き居心地の良い喫茶店でした。

「唐揚げ定食」¥850円と珈琲¥350円を注文。

出てきてビックリ!

ご覧ください!この量と品数を ( ̄O ̄;)!!

もう一人は「トンカツ定食」を注文したのですが、なんとその写真を間違って削除してしまいました(−_−;)すみません。

b0301400_23320779.jpg

唐揚げ5コにたっぷりサラダ、目玉焼きと分厚い輪切りのレモンが添えられています。
これに、おでんの大根、糸こんにゃく、厚揚げが付いて、おしんこ2種、ほうれん草の胡麻和え、そして味噌汁も付いて、ご飯は大盛り!!!

これで850円とは何とも心温まるお値段ではないですか。
ありがたいですねぇ (T ^ T)

そして珈琲ですが、挽き立ての珈琲は香り高くとても美味しい珈琲でした!
お菓子がサービスでついておりました ^ ^

b0301400_23315842.jpg
b0301400_23314954.jpg

田舎の喫茶店も魅力的ですよねぇ♪

また、こちらに来た時は絶対にお伺いしたいです ^ ^

バンビのママさんはとても気さくな優しい方で、「いただき物だけど、どうぞ」と
えびせんをくださいました。
珈琲も美味しかったし、ご飯も普通に美味しかったし、色々サービスまでしてくださって、なんだか嬉しくなっちゃいました♪


b0301400_23312231.jpg
b0301400_23311373.jpg

目の前の道路には綺麗なお花が植えられてました♪


b0301400_23313626.jpg

住所 滋賀県 栗東市 5-6-25

電話 077 552 3117


12月のはじめに、もう一度行く機会がありまして、この時は草津からこちらまでタクシーで来ました。
その時、タクシーの運転手さんに「国道2号線を通って行ってください」とお願いをしたところ、なんと国道2号線が分からないというのです!
地図で説明して、なんとか現地まで辿り着きましたが、地元民曰く、「この辺りでは国道の名前をいっても分からない」とのことでした!

そんなことがあるんですね (^_^;)

さて、今回は3人でこちらに来まして、またバンビさんにお伺いしました。

一人がお腹が空いていたので「焼き飯」を注文。猫丸たちは珈琲を注文。

珈琲は写してませんが…^^;


b0301400_09292842.jpg

焼き飯も家庭の味で美味しかったそうですょ!


b0301400_09310200.jpg

バンビさんの向かい側に植えられたお花が植え替えられていました。

パンジーですね ^ ^

いつも地域を想う誰かの手で、このようにキレイにしてもらってるんですよね!
キレイな花があると心が和みます。
手入れをしてくださる方に感謝ですね。ありがとうございます♪

さて草津駅ですが、こちらも初めてです!
草津という地名なので温泉で有名な所かと一瞬思ってしまいますよね。
しかし、温泉で有名な草津は群馬ですから、まったく関係ありませんね (^_^;)

草津市は滋賀県の南部に位置する町で、大津市に次ぐ滋賀県第二位の人口なのだそうです。
交通の要衝(ようしょう:重要な場所)として江戸時代には、東海道と中山道が接する宿場町として栄えた町なんだそうですょ。


b0301400_09331937.jpg
b0301400_09332788.jpg
b0301400_09333910.jpg
b0301400_09335374.jpg
b0301400_09340822.jpg

駅を降りた場所からぐるりと見渡すとこんな感じの駅前です。

ボストンプラザ草津というホテルもありました。
周りには飲食店もあり、不便はなさそうですね。

日本に住みながら、一度も行ったことのない町の方が多いので、知らない町に降り立って、その風景を見れるのは幸せなことですね♪



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-11-19 00:05 | 他府県・海外 | Comments(0)


JR芦屋駅前 芦屋珈琲舎

b0301400_04333000.jpg


JR芦屋を降りた場所にあります「芦屋珈琲舎」さんです。


b0301400_04450076.jpg

クラシック音楽のかかる上品な雰囲気の喫茶店です。

芦屋だからなのか、お客様も上品な感じでした ^ ^


b0301400_04444335.jpg
b0301400_04435930.jpg

この日は待ち合わせをしており、少し早めに到着したので駅を降りて下に歩いて、こちらを見つけました。

カウンターがメインの喫茶店で、奥にテーブル席がありました。

カウンター席に座り紅茶のオレンジペコを注文しますと、お店の方に「カップを選べます」と言われましたので、逆に選んで頂き、どんなカップで出してくださるのかを楽しみにすることにしました。

たまたま隣に座られた女性がカップを選びますと店員さんは「そのカップですと容量が小さいですが宜しいですか?」と教えてくれてました。

心遣いが嬉しいですね ^ ^


b0301400_04433090.jpg

メニューには珈琲の部分が写せてませんが、もちろん珈琲もありますょ ^ ^

猫丸に選んでいただいたカップはコチラ。


b0301400_04435054.jpg

金縁のゴージャスなカップでした!

この日はレモンイエローのカーディガンを着ていたので、金縁にしてくださったかしら?

こちらでは、一口サイズの小さなクッキーが2枚サービスで付いてきます (^o^)

ホロっとして美味しいクッキーで、芦屋珈琲舎さんの自家製クッキーだそうです。

ほっと一息できる素敵な喫茶店でした (^ ^)



住所 兵庫県 芦屋市 船戸町4-1-117 ラポルテ本館1階

電話 0797 25 7887

JR芦屋より徒歩1分

禁煙



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-11-07 05:09 | 他府県・海外 | Comments(0)


イギリス・スコットランド・エディンバラ♪

MBSテレビの「ちちんぷいぷい」でスコットランド特集をしてましたのでご紹介♪

イギリスのスコットランドのエディンバラは、猫丸も初めて知りましたが火山の溶岩の上に形成された街なんだそうですょ!
旧市街と新市街の美しい美しい街並みはユネスコ世界遺産に登録され、ロンドンに次いで観光客の多い町だそうです。

歴史は古く4000年前から定住したといわれているそうです。


b0301400_14384380.jpg

Wikipediaより。
b0301400_11244724.jpg
b0301400_11245936.jpg



スコットランドの民族衣装はタータンと呼ばれるスコットランドのハイランド地方で発達した特徴ある格子柄(こうしがら)の布で作られる民族衣装で、男女共にスカートをはく独特なスタイルです。日本ではこの柄の事を「タータンチェック」と呼び馴染み深い柄ですよね。
タータンチェックの柄のスカートは猫丸が小さな頃よく着せられてました。
小学生の頃、水筒もスリッパも赤のタータンチェック柄でした。

最近はまた店頭にタータンチェック柄の物が増えてきたように感じる今日この頃。
小学生の時に使っていた物と同じタータンチェックの水筒が売ってますもん!
タータンチェック柄は見ているだけでほんわか癒される柄なんですよねぇ。

さてさて、番組ではスコットランドといえば何?という物を取材していて、今回はその中からキルトの民族衣装とバグパイプでした。


b0301400_13100557.jpg
b0301400_05183652.jpg
b0301400_13105872.jpg



そうでした!スコットランドのエディンバラといえば映画「ハリーポッター」が生まれた街で、エディンバラはJ・kローリングがポッターと賢者の石を書き上げた街として有名でした。大阪のUSJでのハリーポッターの記事を書いた時、見事に苔むしたところまで再現されたエディンバラ城を見に行く暇もなく、現在に至る猫丸です ( ̄▽ ̄)



こちらが本物のエディンバラ城

b0301400_13524402.jpg
こちらがUSJのエディンバラ城。

b0301400_13531049.jpg


お金かけてますよねぇ!
お城だけでおいくら万円かかったのでしょうか。
本物を見に行く可能性は低いですから、せめてUSJには行ってみたいものです。


猫丸はスコットランドと聞くと、いがらし ゆみこ先生の漫画「キャンディー・キャンディー」をおもい出します。
TVでもアニメとして放送していたので、猫丸世代の40代の方々ならご存知な方も多いのではないでしょうか。この主人公のキャンディーの出身地がスコットランドなんですよね。それでスコットランドの民族衣装がスカートで、男性もスカートをはくと知り
当時 小学生だった猫丸はかなりの衝撃を受けたことを覚えています (^_^;)

b0301400_05265665.jpg



さて、実際にキルトの民族衣装を見てみましょう!
まずは男女の民族衣装です。
こちらのお二方はチャールズ殿下とカミラ公爵夫人。
b0301400_05334276.jpg
b0301400_05343470.jpg
b0301400_05342629.jpg
b0301400_05341819.jpg

b0301400_05335032.jpg
b0301400_05333349.jpg

後ろ姿…(^◇^;)

b0301400_05340106.jpg

こんなパーツに分かれているようですょ。

b0301400_05340904.jpg

こちらは現地の民族衣装屋さんです。

b0301400_05433948.jpg


入り口のショーウィンドーには、キルトで裸の男性のセミヌードの雑誌が…f^_^;

ムキムキです…決まってるのか、決まっていないのかよく分かりません。


b0301400_05440994.jpg
b0301400_05435983.jpg

うーん。いいの?

b0301400_05484057.jpg

他にもよりどりみどりです…(^◇^;)

消防士さんのセミヌード写真集とかもありましたよね?

セミヌードの写真集と店内は全くちがいました!
普通の店内です (^_^;)


b0301400_05502894.jpg


そして、こちらはタータンの布を製造している会社です。


b0301400_05504733.jpg
b0301400_05534544.jpg
b0301400_05543018.jpg


猫丸が持ってた水筒の柄は、この上の画像の赤いタータンです!
下のスリッパ?くつ?もかわいいですねぇ。


b0301400_05544374.jpg


種類も豊富にあるんですね!
どれも欲しくなるようなマフラーです。
b0301400_05545421.jpg


面白いのは、この一つ一つ違う柄で、出身地がどこの人とか、家柄がわかるんだそうです。この柄は○○という苗字とか、一目で分るようになってたようですが、最近では好きな柄をチョイスする人が多く、自分の出身地の柄や苗字の柄にこだわらない人が増えているそうで、気軽にファッションを楽しめる時代になったそうです。


b0301400_05575250.jpg
b0301400_05580331.jpg
b0301400_06023415.jpg
b0301400_06041830.jpg
b0301400_06045190.jpg
b0301400_12502725.jpg


付いてる名前は苗字なんですって!
おもしろいですよねぇ。
自分の家系の柄しか着れない時代もあったでしょうから、その時はよその柄も着てみたいと思ったりしたのではないでしょうか。

日本の女子中高生の制服なら可愛いですよねぇ。
まぁ、似てるような制服はありますけど。
キルトのお値段は勿論ピンキリだそうで、安いものでも一式揃えるとなると数万はかかるそうですょ。


b0301400_06092904.jpg
b0301400_11264574.jpg

現在は伝統文化の家系のタータン柄を無視して好きな柄を着てるのは、ある意味民族衣装ではなくなったような気もしますが、時代にそった形になるのは仕方ありませんね。


b0301400_11303377.jpg

今度は地元のお宅訪問です♪
そこの国の文化を知るには、家庭の中が1番分かり易いですもんね。

こちらはエディンバラ郊外の「リバートン」という小さな町です。
三角屋根のお家が並んで可愛いですねぇ。
豪雪地帯なのでしょうか?


b0301400_11323864.jpg
b0301400_11342112.jpg


ご訪問させていただいたのはハンレイさんのお宅で、ここのご主人は毎日 民族衣装を着て過ごしているそうですょ!

お似合いですね ^ ^


b0301400_11345395.jpg
b0301400_11370431.jpg
b0301400_11371586.jpg
b0301400_11390564.jpg
b0301400_11493619.jpg

ご主人の身に付けたキルトは6万円くらいだそうです。たかっ!
15メートルもの布を幾重にも巻いて重ねているから、とても暖かいそうですが、正式には下着はつけないそうです!
15メートルもの生地を使用して作られるキルトは安くはないですよねぇ。

因みに、ご主人も伝統を断固として守り、下着はつけないそうですょ!
レポーターの「寒くはないですか?」との質問に「少しだけスースーする」と答えられていたのが笑えました ^ ^

下着を身につけて生活する人は、下着つけてなかったら落ち着きませんょ!
下着なんて邪道ょ! と言ってのけるのは叶姉妹くらいでしょうか。笑

日本も昔は着物を着た時は下着なしでしたもんね!
現代は着物着用時下着をつける人の方が多いと思いますが…。
猫丸も無理派ですねぇ (^_^;)

もともとの古代の衣装は、下着つけない状態で布を巻きつける形が基本ですもんね。
古代エジプトとかローマとか、日本でも夏は薄衣くらいだったでしょうし。
それが普通だな時代って…考えるとスゴイですよね!
そう考えると、洋服ってすごい進化しましたよねぇ。
古代人が見たらビックリしちゃいますね!

さて、ハンレイさんが家の中を案内してくれました。

リビングのカーテンも伝統のキルトで作られた物なんですね!

めっちゃキュートです (((o(*゚▽゚*)o)))


b0301400_11500288.jpg
b0301400_11515820.jpg


せっかく素敵なお部屋なのに写真がブレちゃいました (^_^;) すいません。

スコットランドの伝統的な家庭では、各家に暖炉があったそうです。
その暖炉を囲んで家族が過ごすスタイルが一般的なんだとか。
昔の日本の囲炉裏バージョンですね!

しかし、最近のお家事情で煙突を作れず暖炉の無い家が増えたそうです。
その代わりに、最近では暖炉の映像が出るヒーターが主流なんだそうですょ。


b0301400_11525636.jpg

まるで薄型テレビのようです!

この上の方からの暖かい温風が出るんだそうです!


b0301400_11580968.jpg


日本でも売れそうですね ^ ^
電気暖炉というそうです!
欲しい方 たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。
もしかすると日本でも使ってる方おられるかもしれませんね。

b0301400_12001625.jpg
b0301400_12002618.jpg

さて、お次はお庭です♪

こんなにキュートなブランコが置いてあり、天気の良い日はここで読書などするのでしょうか。

憧れちゃいますねぇ ^ ^


b0301400_11595580.jpg

ちゃんと、屋根までついてるんですょ!雨の日でも大丈夫なんですねぇ。
日よけにもなりますし、そりゃ毎日座っちゃいますょ


b0301400_12051093.jpg

ご結婚されて50年だというお二人の長く続く理由は、奥様はお互いが理解し合うこととだといい、ご主人は純粋に愛を貫いたと仰る。

うーん!すごい。

純粋に愛を貫く…カッコイイです♪


b0301400_12493410.jpg

そんな純粋な愛を育んでこれたお家の素敵なお庭で、日本のぷいぷいのアナウンサーは
アフタヌーンティーに呼ばれました。


b0301400_12494531.jpg
b0301400_12495843.jpg

パンやチーズの盛り合わせ、果物に生ハム、ケーキにクッキーと、沢山のおもてなしを受けておりました ♪

そして主役は紅茶ですね!

イギリスといえば紅茶、紅茶といえばイギリスというほど、一昔前までは今のように世界各国の紅茶など手に入りませんでした。猫丸の小さな頃は紅茶といえばイギリスのものでした。

素朴で美味しそうな食べ物ばかり (((o(*゚▽゚*)o)))

いいなぁ〜。羨ましい限りです!


b0301400_12500716.jpg
b0301400_12501739.jpg

そして、スコットランドの楽器といえばバグパイプですよね♪


b0301400_13075013.jpg
b0301400_13080313.jpg


バグパイプとは、リード式の民族楽器です。リードに取り付けられた数本の音官パイプを留気袋(バッグ)に繋いで、溜めた空気を押し出すことでリードを振動させて音を出す仕組みの楽器です。
古代は動物の胃袋とかで作られてなのかな?なんて思ってしまうくらい、胃袋のような形の楽器です。


b0301400_14180691.jpg
b0301400_14182991.jpg
b0301400_14184218.jpg

こちらはエディンバラにありますバグパイプ専門店です。

バグパイプの種類が3000種類もあるんだそうですょ!
半端でない種類があるんですねぇ。
凄過ぎますょ… (・・;)


b0301400_14213546.jpg
b0301400_14214623.jpg
b0301400_14215651.jpg
b0301400_14244823.jpg

この音を鳴らすだけでも大変なようで、肺活量のない人はとてもじゃないですが、この袋は膨らませられないと、実際にやってみたレポーターが語ってます!笑
レポーターは大変苦しそうでした (^_^;)


b0301400_14343980.jpg

スコットランドではそれこそバグパイプの演奏は、結婚式やパレード、イベントだけでなくお葬式でも演奏するそうです。

また戦争時、兵士の士気を上げるため、兵士達の先頭に立って吹かれたそうですょ!
日本の歴史でいえばホラ貝?それとも太鼓?、そしてラッパ等と同じ役割に使われたのでしょうねぇ。


b0301400_14250291.jpg
b0301400_14251395.jpg
b0301400_14252641.jpg
b0301400_14273624.jpg

そして、現代では電子バグパイプなるものが発売されているとかで、こちらは肺活量を必要としないので、とても人気が高い商品なのだそうです!
味気ないですけどねぇ…。


b0301400_14361045.jpg

b0301400_14354102.jpg
b0301400_14355411.jpg

最後はエディンバラの郷土料理をご紹介します!

この料理名は「ハギス」という料理で、本物の形態はこの写真とは全く違いますが、写真が見つかりませんでした。本物はまるでパンパンに腫れた内臓そのもの。
それもその筈で羊の胃袋の中に、茹でた羊の心臓、肝臓、肺のミンチ、オート麦、玉ねぎ、ハーブ、牛脂を入れてボイルした料理で、とても珍しい郷土料理です。

こちらの写真は、多分その塊をミンチにしたものなんでしょうか。


b0301400_14511717.jpg


猫丸がハギスを知ったのは、多分10年くらい前です。

フランスのシラク大統領とロシアのプーチン大統領との会談でイギリス料理を揶揄し、その一つの例としてあげたのが、こなハギスだったわけです!

どんな料理なのかと調べると、先ほどご説明した料理が出てきました。

各国には食の文化があり、それを食べて育った方にとれば最高の郷土料理だと思うんですけどね、自国の文化に無い物は美味しく感じないこともありますもんねぇ。

ましてや内臓料理を食さない国では、味だけでなく匂いのキツさから苦手だという方も多いかもしれません。

このハギスは、地元の人でさえ苦手だという方もいて賛否両論です。
そりゃ、味の好みは人それぞれですもんね。

日本でいえば、魚の内蔵を発酵させた液に漬け込んだ「くさや」とか、お寿司の元祖といわれる、魚と塩と米で乳酸発酵させた「なれずし」あたりでしょうか。

どちらもクセが強く、食べつけない人には匂いだけで駄目かもしれません。
お好きな方には堪らない珍味なんでしょうけどね (⌒-⌒; )

因みに猫丸は両方駄目です。
たぶん、ハギスも苦手なような予感がします…(^_^;)
一体 どのような味がするのでしょう?
猫丸は食にアグレッシブにはなれませんねぇ。

イギリスの代表料理といえば、やはり「フィッシュ&チップス」でしょうか。

以前ブログでも書いたかもしれませんが、TVの番組でイギリスの家庭を取材するTVを観て驚いたことがありました!それが、イギリスの家庭での料理はほぼレトルトや冷凍食品が中心で、子供には味付けなしのマカロニやパスタしか食べさせない…といったような番組を見たのですが、取材していた家庭だけでの話だったかもしれません。都市伝説かなにか?としか思えませんよね。いくらなんでも味付けなしのパスタだけなんてあり得ませんが…。


さて、エディンバラも素敵な町ですよね。他国の文化は魅力が満載です ♪

今後エディンバラに行かれる方は、是非 旅の想い出にハギスを召し上がってみては如何でしょうか。



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-10-22 15:54 | 他府県・海外 | Comments(0)


長野県・蚯蚓神社(きゅういん・じんじゃ)と珍しい「おしぼり」うどん!


先ほどテレビで面白い神社を紹介していましたのでご紹介したいと思います。

なんとミミズを祀っているという珍しい神社だそう (⌒-⌒; )

世の中には色んな神社があるもんですねぇ。


b0301400_00394808.jpg

場所もなかなか分かりづらい場所のようです。

長野上田から国道152号を長和町に向い大和橋交差点で新和田トンネル方面に右折し、次の青原の信号を右折。中山道に入り1キロほど進むと進行方向左側にあるそうです。

案内板はないそうですのでご注意ください。

和田バスの車庫の隣に民家に続く道があるそうです。

そのお宅の前に右に曲がる道があり、道なりに歩くと家と田んぼの間にあぜみちがあり山に続く道となっており、その先に蚯蚓神社はあるようです。

山道だそうですので、蛇などもたま〜に出る時もあるようですのでお気を付けて (^_^;)


b0301400_00385627.jpg

この和田村は蚯蚓(きゅういん)といい、ミミズのことを指しているそうです。

この辺りは湧き水が豊富でミミズの棲息にバツグンの環境なんだそうです。

ミミズがたくさんいたことで土が肥えて、とても良い土が出来たことでミミズを神様として崇めるようになったそうですょ。

ミミズの神社を「おきんさま」と呼ぶそうです。

由来はいつの間にかお蚯蚓(おきゅういん)様が転化しておきんさまになったそうです。

蚯蚓神社は木造ではなく、トタンでできた本殿です。


b0301400_00405082.jpg
そして、中を覗くと…なにやら細長い木の棒が転がってます!

よくよく見ますと…。

b0301400_00453206.jpg

b0301400_00435372.jpg

み、みみず?(爆)

b0301400_00454399.jpg


ゴロンと横たわるこちらが「おきんさま」( ̄▽ ̄)

ゴロンとされてる細長いミミズの神様です♪

コケティッシュですね。

「みみずさんのおひるね」との看板までありました(笑)


b0301400_00560199.jpg

↓こちら蚯蚓神社を管理されている相馬さんによりますと…。


b0301400_00470308.jpg
b0301400_00471292.jpg
b0301400_00472114.jpg
b0301400_00473086.jpg

と、仰ってます。

こちらの神社を調べてみますと、この辺りは大昔に大雨が続き、奥にある北沢山から大水が出て、長さ長さが30センチの大ミミズが群れをなして死んでしまい、住民が不思議に思っていたところ、コレラやチフスが発生し大変な騒ぎとなったそうです。村人たちはこれはミミズの祟りではないかと考え、お堂を建て「蚯蚓大権現」として祀ったのがこの神社の始まりだそうですが諸説あるようです。

先ほどの相馬さんが、ミミズ神社の手入れや看板などを建て、地域おこしに繋げようと頑張っておられるようです。

番組ではせっかくなので…ということで、日本一大きなミミズを探し、こちら滋賀県の琵琶湖博物館まで巨大ミミズを探しにやってきました (^_^;)


b0301400_00561423.jpg
b0301400_00562471.jpg

ミミズって、このように手に持っていると、どんどん伸びていくんですょ (^◇^;)

あのジャバラのような模様は折りたたみ式なのか?

と、思うくらいどんどん伸びていきますΣ(゚д゚lll)


b0301400_01041733.jpg
b0301400_01044011.jpg

この日のミミズさんはコンディションが悪かったのですが、コンディションの良い時に測った時のミミズの長さは最長92センチと1メートル近くまで伸びるそう (^_^;)

長いですねぇ。最近はミミズさえ見なくなりましたから、こんな巨大ミミズに出くわしたらひっくり返りますね (⌒-⌒; )

さて、この番組の続きで長野の珍しい「うどん」を紹介していましたのでご紹介します。

長いもの繋がりではありません(笑)

番組の主旨は「がっかりご当地」というもので、行くとがっかりする場所というものでした。

それぞれの地域で、珍しいものを「がっかり」という表現だというのだそう!

そもそも珍しいものは、好奇心がそそられ楽しいものなのに「ガッカリ」とあうネーミングはどのような経緯でつけられたのでしょうね?


b0301400_01072949.jpg

刺激的な「ガッカリ料理」を提供してくれるのはこちらのうどん屋さんです!

b0301400_01164548.jpg

長野県の坂城町にあります「かいぜ」というお店です。

素敵な場所ですねぇ (((o(*゚▽゚*)o)))

長野県はお蕎麦が有名ですが、うどんと聞いてレポーターは驚いています!


b0301400_01222812.jpg

そして刺激的な名物料理とは「おしぼりうどん」だそうです!

ん?おしぼりうどん…(⌒-⌒; )??


b0301400_01242880.jpg

ネーミングは美味しそうに聞こえませんが、一体どのような「うどん」なのでしょうか?

では、ご覧いただきましょう。

こちらが「おしぼりうどん」です。


b0301400_01251140.jpg
b0301400_01245170.jpg

この真っ白いおつゆにうどんをつけて食べるようです!

山芋でしょうか?


b0301400_01261921.jpg

さぁ、みなさま。この白いものが何だか分かりましたか?

実はこの白い液体の正体は…大根です!

しかも、めちゃめちゃ辛い 辛味大根なんですって〜 (^◇^;)

このめちゃめちゃ辛い大根を容赦無くガーッとすりおろします!


b0301400_01253589.jpg
b0301400_01255566.jpg
しかも この大根はまるでネズミの体のような形をしています!

なので、「ねずみ大根」というそうです ( ̄▽ ̄)

b0301400_01254613.jpg

そして、辛さは青首大根の4倍も辛いのだそう (・_・;

このしぼりたての大根おろしに味噌を溶かし、その汁にうどんをつけていただくそうです!

レポーターさんは辛いのが苦手だそうで、辛過ぎて悶えてましたけど(笑)


b0301400_01260664.jpg


猫丸と同じ名前の大根…( ̄▽ ̄)

長野にお出かけの際は、是非「蚯蚓神社」と「おしぼりうどん」でちょっと変わった旅の思い出作りはいかがでしょうか。





ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-10-15 01:51 | 他府県・海外 | Comments(0)


兵庫県 西宮市 十日えびす 今年の 福男決定!


兵庫県西宮市にある 西宮神社では、

毎年 1月10日 の 十日えびすで、福男を決めている行事があります!

毎年 ニュースで報道されるほど 知名度の高いお祭りの行事ですょ!

正式な名前は、開門神事福男選び (かいもんしんじふくおとこえらび)

といい、江戸時代から 行われている行事です!


b0301400_18383848.jpg

b0301400_18385185.jpg

b0301400_18390120.jpg

b0301400_18392418.jpg

b0301400_18393378.jpg
この方が 今年の 一番福の 福男さんです!

おめでとう ございます ^ ^


b0301400_18394474.jpg


由来は、一番の 参拝を巡って 走り出したのが キッカケと言われる

この行事、今も尚、毎年 五千人が 走り続ける 人々で賑わいます!

開門の前に、先ずは 抽選で選ばれなければならないようで、

10日午前0時より先着1500名でくじ 抽選が始まり、

走れるか 走れないかの 運試しになるそうです!

今朝は この冬 一番の寒さ!

そんな寒空の中で、我先にと 運試しの抽選会に何時間も待ち、

抽選で当たった人のみが 走れるわけです!

本殿までは、約 230メートル!

その年の 一番を目指して 参道を駆け抜けます!

一着、2着、3着と 到着した 順番で

一番福、二番福、三番福と 決定し、その三人には

認定証、御神像、副賞、特別仕様のハッピが 授与されるそうです!

一番福には、その他 えべっさんの お面額、えべっさんの御木像、

えべっさんの酒樽、えべっさんの米 60キロ エビスビール 一年分

が授与されるそうですょ!

猫丸は 一度  17年位前、参拝したことがあります ^ ^

また、行って見たいですね!






ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-01-10 18:44 | 他府県 | Comments(0)


大阪 通天閣周辺


何年も会っていなかった家族が揃い、午前中に京都の喫茶店めぐりをして、錦市場にもチョロっと立ち寄り、少しだけ河原町を散策してから、阪急電車に乗って約40分で大阪通天閣に到着しました。

実は今夜、京橋の近くで息子のコンサートがあるので、それを目的に家族が集まり、今回の旅行になったわけです。

母も妹も 関西には何度も来ておりますが、大阪だけは素通りしていたというので、大阪の観光をすることにしました。

妹は何度か仕事で大阪には来ていたようですが、観光はしていなかったようなので「串カツ食べたーい」と連呼してました (^_^;)

今日は猫丸の友達で新婚ホヤホヤのMちゃんも合流するので、こちら新今宮駅で待ち合わせをしました。



b0301400_15424572.jpg

友人と合流して、新今宮商店街を歩き 通天閣を目指します!


b0301400_1053523.jpg


「通天閣は どの辺だろうね? 」なんて 話しながら歩いていると、もう目の前に通天閣が見えました (^◇^;)



b0301400_10594986.jpg

意外と駅から近くて拍子抜けしちゃいました (⌒-⌒; )

新今宮商店街とは書いてありますが、商店街には見えません(笑)

途中の居酒屋さんから、わかいい ワンコがお出迎えしてくれました。


b0301400_1125538.jpg


ビーグルかな?

妹が近寄ると、ベロベロされ 妹はすごく喜んでました ( ̄▽ ̄)

隣には 喫茶店 「木霊」というのがあります。




b0301400_116913.jpg


さて、新今宮駅を左手に歩き、少し歩くと右手に新世界と書いたアーケードが見えてきました。


b0301400_119635.jpg


信号を渡り、こちらをくぐると もう そこは新世界です o(^▽^)o

アーケードを入って少し歩くと、頭の上から 大阪のシンボル ビリケンさんが見えました。

ここで、まさかのハプニングが発生!

なんと、猫丸 横断歩道で見事に大転倒。

横断歩道で思い切り元気よく転んだのですが、誰も動じず、まさかのスルー。

う、うそでしょ?!と、一瞬思いはしましたが、気を取り直し転んだことには一切触れずに普通に歩き始めました ( ̄▽ ̄)

これが 猫丸家の普通だったことを、この時 思い出しました( ;∀;)




b0301400_11133271.jpg


猫丸は通天閣は二度目なんですよね。

相変わらず、大阪のド派手さはハンパありません!

「ずぼらや 」のシンボル 空中ふぐ も、人々を見下ろして浮いてます(笑)


b0301400_11173595.jpg


と、あれは なんでしょ?

「紅の豚 」のマルコが いるではありませんか(; ̄O ̄)!

そっくりです ^ ^


b0301400_1123797.jpg

ずっと このポーズで、観光客を楽しませていました!


b0301400_11234328.jpg


目の前には 安心と信頼の日立グループを掲げた 通天閣がドーンとお目見え!


b0301400_11282766.jpg


さすがは大阪ですね。

通天閣より、喫茶スターの看板の方が目立ってますょ ( ̄▽ ̄)




b0301400_1131846.jpg


通天閣の下の周りをウロウロしました。


b0301400_11341494.jpg

b0301400_11344523.jpg


そろそろお腹も空いてきたので ご当地グルメ 串カツを食べに行くことにしました。

と、串カツの有名店 「だるま」に 行こうと思っていましたが、みんな並ぶのが嫌っていうオーラ丸出しにしてきます (・・;)

ここまできて、並ぶの嫌だからと、まさかの その辺の串カツ屋に行くことになるとは…( ̄(工) ̄)

しかし、これが猫丸家なんですよねぇ…。

串カツ屋さんを選んでる途中、薬屋さんの宣伝でライオンちゃんお仕事してました。




b0301400_12454373.jpg


適当に選んだのは こちら 「いっとく」さん!


b0301400_11433917.jpg


いっとくさんに、行っとくか…(⌒-⌒; )


みたいな…。


お値段は、大阪らしく安心のリーズナブル クオリティー( ̄▽ ̄)



b0301400_11481110.jpg

席に着くとMちゃんの結婚式の話で盛り上がってしまい、すっかり注文した品の写真を撮り忘れてしまいましたが、串カツショットは1枚だけありました (^_^;)


b0301400_11472653.jpg


お味は…はい、普通です ( ´ ▽ ` )ノ

みんなで ワイワイ喋って飲んだら楽しいですね♪


食べてすぐ後、喫茶店へ (・ω・)ノ

こちらは、通天閣の 足元?目の前にある、喫茶 ドレミさんへ。


b0301400_1264819.jpg

b0301400_128129.jpg


昔ながらの昭和の香りのする喫茶店です。

母は、疲れて甘いもんが欲しいと チョコレートパフェを注文!

「あらやだ!「いつもは こんなに 食べないのに 全部 食べれちゃったわ」とパフェをペロリと完食 ( ̄▽ ̄)

今時ぢゃない、昔ながらのパフェを懐かしいといって喜んでました ^ ^

お味は とても 美味しかった…そうです。



b0301400_12121746.jpg


母以外はアイス珈琲と ホット珈琲の注文ばかりで、大阪名物ミックスジュースを注文するのをすっかり忘れてしまいました!


さぁ、お次は何もなさそうな雰囲気をかもし出す 通天閣本通の中へ。


b0301400_1216645.jpg


なんだか かわいい オープンカフェです (⌒-⌒; )

うん、悪くないです!猫丸はこういうの好きです。

近くに 住んでたら 毎日ここでボーッと座ってる気がしますもん(笑)



b0301400_12204831.jpg

妹が、また ワンコ見つけ 駆け寄ります (^◇^;)


b0301400_1222722.jpg


この ワンコ、リードもないのに、ずっと 動かない ( ゚д゚)!

飼い主を 待ってるのかな?


b0301400_12245131.jpg


そして、こちらインドカレー屋さんなのですが…


b0301400_1229438.jpg

かりんとう を 売ってますょ (・_・; ?

えびせんまで……。

いーですね。こーゆーの ^ ^

猫丸はすきです ( ̄▽ ̄)


インド人さんも 大阪に住んで浪花の魔法にかかり あきんど根性が芽生えたかな ^ ^

因みに、この かりんとう買ってみました。

かりんとうはMちゃんと妹にあげましたので、味はわかりません。



ここで、ユータンして通天閣辺りまで戻りまして、ど派手な看板や街並み見学をしました。

b0301400_12391514.jpg

b0301400_12394393.jpg


昭和テイスト スマートボールがありました。

意外と沢山の人が遊んでました。

おろしろいんかな?

やったことある人 教えてください!



b0301400_12414523.jpg

b0301400_12423275.jpg
b0301400_12425939.jpg

そして、ジャンジャン横丁へ到着!


b0301400_12492695.jpg


こちらは猫丸も初めて来ました。


わくわく( ̄▽ ̄)


b0301400_1251490.jpg

b0301400_12513030.jpg

b0301400_1252712.jpg

b0301400_12523847.jpg

b0301400_1254759.jpg

昭和な喫茶店!

さずがにお腹いっぱいで入りませんでしたけど、次は入ってみたい喫茶店です。


b0301400_12544286.jpg

b0301400_1256459.jpg

b0301400_12564111.jpg

食べ頃な スッポンさん。

お鍋のお値段もスッポン鍋としてはお安い2500円!


b0301400_12582540.jpg
ビリケンさんがいたので、足裏 触ってみました。

b0301400_1312799.jpg

b0301400_1343055.jpg

ジャンジャン横丁を出たところです。


b0301400_1345964.jpg

横断歩道を渡ると、屋台風の串カツのお店がありました。


b0301400_1365832.jpg
そして、いい感じの レトロな おでん屋さん!

b0301400_1392322.jpg

その先にある商店街の中…


b0301400_13101083.jpg

b0301400_13103698.jpg

こんな レトロな服が売ってる!


b0301400_13114794.jpg

大阪ノラちゃんを発見しましたょ!


ノラの風格ですね( ̄+ー ̄)


b0301400_13134131.jpg

b0301400_13132098.jpg

b0301400_13151187.jpg

先ほどの横断歩道前のおでん屋さんに寄りたいと家族が騒ぐので、猫丸はお腹いっぱいでしたが寄ってみることにしました (^_^;)


b0301400_13161340.jpg

おでんの横に にゃんこがおりました (^◇^;)!


b0301400_13214653.jpg

こちらは、関西テレビの「よーい ドン!」という番組の人間国宝さんの シールが 貼ってありました!


b0301400_13233823.jpg

骨董品? ガラクタ(失礼)がいっぱいの店内!


b0301400_1320097.jpg

こちらに辿り着いて直ぐに、まさかのアイパッドの電源が落ちてしました!

携帯も電池が残り少なく、写真が写せませんでした。

おでんは すこし ぬるかったけど 普通に美味しかったですょ(^_^;)

大阪は値段がリーズナブルなのが嬉しいですよねー。

おでん屋さんで少し飲んで酔ったので、「今度は ぜったい、だるま に行くぞーっ!!」って帰りに叫んでみましたが、ここでも家族全員がスルー( ̄▽ ̄)

「ここまで全員スルーなら、逆に気持ちイイわ」なんて独り言呟いてみたり。

みんなで わいわい ゾロゾロ 歩いた 通天閣。

よい思い出ができました。


最後に ビリケンさんの うんちく (・ω・)ノ


b0301400_1329136.jpg


通天閣観光が所有する資料によりますと、ビリケンさんの誕生は明治41年、1908年だそうです。

作家は、米国 女性芸術家のフローレンス.プリッツさん。

当時のアメリカ大統領 ウイリアム ハワード タフトの愛称、ビリーに、小さいを表す接尾語の_ken を加えたのが 名前の由来とされているそうです。

へー( ̄▽ ̄)

しかし 異論も多数あり、 当時の認識では足を突き出す座り方はアフリカ人で、顔立ちは東洋人がモデルで、足の裏を掻いて笑わせれば願いが叶う福の神とされたそう。

日本への輸入は、明治42年から翌年にかけてされたそうです。

意外と古いんですよね。

家内平和、商売繁盛の神として、日本中の花街を中心に 流行したんだそうですょ。

大阪独特のシンボルぢゃ?!なかったんですね(笑)

初代ビリケンさんが大阪に登場したのは、明治45年。

新世界、通天閣と共に 開業した遊園地 「ナルパーク」にあったホワイトタワー内に設けられた 「ビリケン堂」で展示されたのがお初だったようです!





ほな (=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2013-11-23 16:03 | 他府県・海外 | Comments(0)

    

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
初めてブログ拝見させてい..
by 田中 at 00:22
Great blog! ..
by generic_viagra at 08:40
Attention Re..
by Dannyrah at 09:54
calculating ..
by SoloNap at 21:11
You are my i..
by viagra_generic at 01:08
Hello!
by day at 22:41
Hello!
by cialis_generic at 22:41
Hello!
by generic_cialis at 22:41
free cell ph..
by viagra at 14:26
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル