猫丸ねずみの大荒れトーク


タグ:京都 ( 65 ) タグの人気記事



宇宙との交信!トラちゃんの2018年1月占い



b0301400_18254612.jpg


にゃにゃにゃ!

今年の1月の月運はにゃ、今年の各月にも影響するので、何か大きな問題が出たり、悩みが出たら今月の月柄も参考にして、その月の占いと併せてリーディングしてみてにゃ。

今月(今年は)にゃ「盛運と衰運」の落差が激しくなる年となりそうにゃ。

今年は良くも悪くも、普通一般の軌道からコロッと外れやすく、盛運か衰運のどちらかに大きく偏る年となりそうな気配。

新たな運命に導かれ明るい未来を進む人、社会からドロップアウトし後退する人、何もかもが停滞する人など、はっきりと明暗分かれる運命に導かれる傾向の強い年。

社会(会社)の軌道から自ら外れたり、不可抗力に外されたり、何らかの影響を受けた人のお陰で発展できたり逆に衰退したり…。

特に異性関係では相手の運気に良くも悪くも大きく影響を受けやすくなりそうにゃ。

精神性が高まり易い傾向なので、第六感を働かせることが発展の道に繋がりそう。

今年は情報の漏洩や偽情報の流布などで信用が大きく損なわれたり、逆に嘘で大成功することもありそうにゃ。

隠していた自分の秘密をカミングアウトしたり、人の秘密を暴露したり、逆に隠されていた秘密を暴露されてしまいやすい年でもあるにゃ。

なぜか隠したいことほど表に出易くなり、そしてその責任を他の誰かになすりつけたり…ということも多くなりそう。

真実が表に出ても信じない人も多く、また表に出る真実が真実であるかどうかも判らないのが、この世の常。

この世では、嘘がまるで真実のように、わざと流布されることも多く、嘘を真実だと思い込まされていることも多いにゃ。

真実を陰謀論だとして、人々が真実に目覚めないように仕組む仕事もあるくらいだにゃ。

だけどにゃ、今年からは どれが嘘でどれが真実なのかを、噂に流されず自分の真の心で見極めなければならない重要な年の始まりとなりそうにゃ。

嘘を真実だと信じてしまった人たちは、この先の未来は明るくないにゃ。

嘘を嘘だと見抜けるか否かで今年の運気だけではなく、未来の運気にも大きな差が出ることになりそうにゃ。

良くも悪くも、今年気づいたことは重大なことにゃ。

長年信じてきたことであっても、「もしかしたら嘘ではないか?」と少しでも疑問をもったことには、トコトン調べてみてにゃ。

それは、必ず自分を救うことになるはずだから…。

今年の災難除けの秘訣はにゃ、短気には要注意にゃ!

待てないことが災いしやすい年で、好奇心が旺盛になるほど身に及ぶ危険度も上がりそう。

待つことや、焦らないことが、大難に繋がらない大きな災難除けの要素となるにゃ。

行き過ぎた自分勝手さは封印し、社会のルールを守らない人に怒りを持つのではなく、自分がルールを守る背中を見せる努力、そして人への態度や言葉遣いには注意を払うことがドラブル回避の災難除けの秘訣となるにゃ。

今年は一人歩きや、一人旅など単独行動は危険な年となりそうにゃ。

性欲が旺盛になる人が増える年で、自分好みの異性を品定めして、責任なく下心満載で近寄る人が増えそうにゃ。気軽に声をかけてくる人や、出会い系などで出会う人には警戒心を忘れずに!

性欲旺盛になる年は性犯罪が増え、声を掛けてターゲットに近づく人たちは、とても優しそうだったり、真面目そうだったりして、見かけでは犯罪者だと思えないような人だったりするにゃ。

自分の行動には責任を持ち、決して軽率な行動は控えることにゃ。

知らない人と出会う場合、親にその事を伝えられない時は、必ず友達に自分の居場所や相手の名前などを知らせておこう。事件に発展した時に、有利な情報となるにゃ。

結婚や恋愛などを含む広い範囲での特殊詐欺も横行しそうにゃ。性的暴行と強盗や窃盗を一緒に満たそうする強盗殺人事件、フェチ要素が高まるので自分の性癖を満たそうとする事件、宗教関連の事件、特殊な事件が増えそうにゃ。

とくに詐欺師が横行するので、とにかくお金の話や儲け話などをしてくる人には近づかないでにゃ。この世に簡単にお金が稼げることなどありはしないにゃ。

DV(ドメスティックバイオレンス)や虐待、性的虐待、ストーカーなどの問題が親族までに及ぶことも。

被害者は勇気を出して今すぐ警察に行くにゃ!

他人が被害を受けている気配を感じたら匿名で警察に通報してあげてにゃ。

また、良くも悪くも親族の縁から、他人との縁まであらゆる関係の縁が切れやすい年。

悪縁が切れたら幸運、悪縁でない場合は不運となるかも。

心底愛してくれた親や子供、パートナーを裏切る行為、または見捨てた場合は衰運となるかもにゃ。

今年はとにかくルール(約束)を守り、そして用心深さが災難除けの大きな秘訣となることを覚えておいてにゃ。

また、誰かの裏切りにより純粋な心が傷ついた人は、絶対に自暴自棄にならないでにゃ。人に傷ついた心を癒してもらおうと、頼り過ぎないことも災難除けの秘訣とることを覚えておいてにゃ。

自分のことは、自分で救うのが1番にゃ。日々の生活の中で明るく過ごそうと努力して行くうちに、良い軌道に乗れるはずにゃ!

良い軌道に乗れるまでの間は、自分を粗雑に扱ったり、見捨てたりしないで心素直に過ごしていれば、必ず心や現実が癒されるような運気が開花していくはずにゃ。

今年の6月、8月、12月は特に大切な時期となるから気をつけてにゃ。

きちんとした人生設計を持つことが大切。社会の軌道から外れないよう、場当たり的な生き方はしないでにゃ。何事もしっかりと勉強して、実際に動いて未来に繋げる地道な努力が吉。物事の捉え方、考え方の始末が悪いと大難に繋がるので、人に自分の考えを聞いてもらうと軌道修正ができるかも。

精神が落ち着かない時は、欲望を整理整頓するのが吉。欲は持てるだけにしないと身を崩す形となるにゃ。

2月と3月は日本の動向に注意。


今年の運気アップの秘訣はにゃ、当たり前のことを きちんと出来る自分でいることが我が身を救う秘訣となるにゃ。

今年は特に適当さが信用を失う形に繋がりやすいので、嘘やごまかしはご法度にゃ。

人は常に誠実な人間であろうとする努力が大切にゃ。(誠実とは、私利私欲を交えず真心をもって人や物事に対すること)

誠意(嘘偽りのない心)をもって人に対応することが、自分の魂の向上に必ず繋がるので、霊性がアップし、運気は更に良い形になるはずにゃ。

「嘘つきはドロボーの始まり」というけどにゃ、これは嘘をつく(やると言ったことをやらない)と、人からの信用を失い、人との縁や絆も切れて、周りの誰からも相手にされなくなり、やがて世間の誰からも相手にされなくなれば泥棒やるより他に道はない…といった形にまで堕ちぶれてしまう危険があることをいったものかもしれないにゃ。

嘘をつくとは、それくらい危険な行為だということにゃ。

罪を犯して生きている人は、罪を隠すために また嘘をつき続けなければならなくなるにゃ。

なので嘘をつく人の話や態度は、現実面で様々なことに辻褄が合わないにゃ。

人間界で一番大切な要素は清廉潔白かもにゃ。

清廉潔白(せいれんけっぱく)とは、私利私欲に溺れず、やましいことがなく後ろ暗いことがないことにゃ。

物欲に囚われ過ぎるとトラブルや災難に見舞われ易くなるもの。

清廉潔白さを保つには、かなりの努力が必要となるけれど、その努力の分だけ、心や魂は常に浄化されるんだにゃ。

私利私欲に溺れず、やましい気持ちがないことは、我が身を悪から守る最大の災難除けとなり、また様々な運気をアップさせる最高な心得だということを覚えておいてにゃ。

今年はとても精神性を重視する傾向なので、精神が満たされる仕事や趣味、人間関係を選ぶと大吉。

頭を使うことが運気アップとなる1年。なりたい自分になるスキルアップの勉強は大吉にゃ。


今月(今年)のラッキーカラー(身に付けたり持ち歩くと色のパワーで運気アップ)

恋愛運…白、桜色、きみどり、翡翠(ひすい)。

夫婦円満運…黄色、水色、紫、朱色。

対人関係運…(友達)桃色、ワインレッド、オレンジ。

仕事運…(受験)紺、ベージュ、灰色、赤。

災難除け…藍色とオレンジ。

1月の運気アップの旬の食べ物(旬の食べ物は、エネルギーが溢れる元気が1番詰まった健康の元なるパワー食にゃ。旬の物を食べて心も身体も元気になってにゃ。)

12月22日から1月4日頃まで(冬至・とうじ)

年末年始なイベント中が冬至の時期にゃ。年末年始はイベント続き。忙しい人ほど気が張っているので、身体のあちこちコリコリにゃ。冬至の時期は柚子が心と身体を癒す食べ物にゃ。柚子はミカン科の常緑植物で柑橘類の一種。ゆずの皮や果汁にはビタミンCが多く含まれ、カリウムも豊富。美肌効果はもちろんのこと、疲労回復、冷え性、むくみ、免疫効果を高める効果があり、そして最大の効能はリラックス効果にゃ。ゆずの皮や種に含まれるリモネンという香りには、リラックス効果が高いことが山梨大学の研究で判明してるにゃ。リモネンの香りを吸収すると、脳からアルファー波帯域が増えるそうにゃ。気分がたかぶって眠れない時、イライラしてる時、肩コリコリの時、お風呂にゆずの輪切りを入れてはいってみてにゃ。リモネンの香りに包まれたバスタイムは幸せのひととき。今日1日頑張った自分へのご褒美として柚子風呂でリフレッシュしてみてにゃ。また、免疫力の落ちやすい冬には、ゆずの皮や果汁をふんだんに使った料理や菓子で免疫力のアップを。お正月の朝、身支度を整えたら、先ずは新しい年を迎えられたことに感謝しよう。両手を合わせ鏡に映る自分に向かい「ありがとうございます」と自分の歳の数だけ唱えると、魂の力が一層高まり霊性がアップするにゃ。一年をよりよく過ごす事の出来るおまじないにゃ。家族や親友など、本当に大切な人にだけ教えてあげると福運がアップにゃ。

冬至の旬の食べ物…黒豆、金時人参、水菜、赤カブ、ネギ、柚子、伊勢海老。

1月5日から19日頃まで(小寒・しょうかん)

新暦では正月を終えた時期だけどにゃ、旧暦の正月はこれからで昔の人は寒さを感じる暇などないほど、この時期は正月準備で忙しいかったにゃ。小寒とは、まだ寒さは最大ではないという意味なんだけどにゃ、「小寒の氷大寒に解く」という故事もあり、寒の入りを迎え寒さは一層深まる時期。ここから節分までは厳しい寒さが続くので注意が必要な時にゃ。この時期、寒いからと動かないでいると病気になる原因を作りやすいにゃ。寒い時はよく動いた方が血管も詰まらず居られるにゃ。特に拭き掃除(ぞうきんがけ)は体がポカポカになるし、血管内の脂肪が落ちやすくなる身体にとても良い運動にゃ。部屋もキレイになり一石二鳥。美味しいもの食べて過ごした年末年始のツケが、病気の原因とならぬようにせっせと動いてにゃ。1月7日は「七草粥」ここ数年前からは七草がセットになったものが売られているので、七草粥セットを購入し、薬草を細かく刻み、お粥の中にいれて食べると身体の調子を整えられるから七草粥は是非食べてみてにゃ。この時期は国産レモンが色付いて登場するころ。レモンの効能は血液中の脂肪を落とし易くすること、免疫力アップ、リラックス効果が高いことにゃ。柚子と同じようにお風呂に入れるとリモネンの効果で癒し効果があるけどにゃ、海外のレモンはよく洗っても残留農薬がキツイ場合があるのでやめてにゃ。柚子もレモンも国産であっても水に五分つけおきしてから台所洗剤でよく洗い、よくすすいでから使ってにゃ。

小寒の時期の旬の食べ物…セリ、国産レモン、春菊、ワサビ、金目鯛、コマイ、ヒラメ、シジミ。

1月20日から2月3日頃まで(大寒・だいかん)

1年で最も寒い季節到来。本来の気候はこの頃になると寒い日が3日続くと暖かい日が4日続き、寒暖を繰り返しなが季節は春に向かっていくにゃ。寒い時期を憂いたりなげくのではなく、真冬の季節を楽しむ気持ちが免疫力を弱めない秘訣にゃ。
この頃になると1番小さなミカン科の果実のキンカンが出回るころ。皮が薄く甘いので丸ごと食べられるのが特徴にゃ。古来より喉に良いとされている果実。蜂蜜や洋酒に丸ごと漬けたり、甘露煮にして食べると風邪予防になりオススメにゃ。風邪薬代わりに簡単なので是非作ってみてにゃ。

キンカンの甘露煮の作り方…よく洗ったキンカンのヘタを竹串でで取り、竹串で皮に数カ所穴を開ける。沸騰した湯にキンカンを入れて2〜3分ゆがく。ザルにとり、鍋を一度洗い、キンカンを鍋に入れてキンカンの重量の1/2の砂糖を入れ、キンカンが隠れるくらいの水、酢をほんの少しだけ入れて味を見て甘さを調節し、キンカンが透明になるまで煮れば完成。

大寒の時期の旬の食べ物。

ちぢみホウレンソウ、小松菜、キンカン、イイダコ、ズワイガニ、赤貝。

その他、1月の旬の食べ物…キャベツ、ごぼう、大根、菜の花、人参、ブロッコリー、レンコン、ミカン、いちご、オレンジ、白魚、鯛、ぶり、マグロ、タラ。


今年も良い選択肢で 良い結果を得られるよう頑張ってにゃ!


b0301400_17592178.jpg
b0301400_18243438.jpg



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

さて、いよいよ 2018年が始まります。

2017年もブログを読んでくださり ありがとうございました。

みなさまが、身心ともにお元気で、素敵な笑顔で暮らせる2018年となりますよう
心よりお祈り申し上げます。

2018年も何卒宜しくお願い申し上げます m(_ _)m


さて、のっけからこんな事を書くのは大変気が引けるのですが、本日31日の夜半から、1月4日までがモノノケ横行日となります。

今年はモノノケ横行日から始まる年ですので、モノノケの影響を大きく受ける年となると思われます。の油断、適当で軽率な行動は命取りの年となる確率が上がります。

心の乱れはモノノケを呼び寄せてしまいます。

全ての災難に見舞われないよう普段から気をつけてお過ごしください。

常に心を平常心に保つ努力で2018年を乗り切ってください。

社会情勢も今年は昨年よりも、さらに厳しい世の中になるように思います。

日本の企業の確実な終身雇用の時代は終わり、不安定な社会となりつつあります。

企業の効率化で人の需要がなくなり、高学歴など関係なしにリストラが恒常的な社会となりました。

社会がテクノロジー化されてきたことで、人の手が要らなくなったのです。

様々な制度も変わりつつある中で、更に様々なことが変化する世の中になるように感じています。

終身雇用が減っているなど、従業員を守らない形へと変化しています。

b0301400_01015930.png
仕事がなくなり路頭に迷う人が増えても、生活保護費さえ引き下げようと必死の政府は助けてくれません。

会社も政府も助けてくれない時、家族なら助けられるのか?といえば、今の社会の不安定さで親も大変です。

親に寄生する引きこもりの中年層が増えているので、親の面倒をみるどころではない問題ある子供を抱える年老いた親たちが、心底頭を抱える社会となっているのが現状のようです。

社会体制が血も涙もなくなったのであれば、自分を守るのは、自分自身ということになります。

自分自身で何とかしなければ、容赦無く落ちていく社会となりつつありますが、猫丸的にはそれが決して悪い形だとは思いません。

なにもかも誰かに助けてもらえる世の中では、自分のことを自分で助けられない駄目人間が増えるばかりです。

このような殺伐とした時代になれば、誰もが「生き残る力」を発動させ、毎日精一杯頑張れるようになるのではないでしょうか。

現代社会では、まだ高度な専門知識を必要としております。

なので、生き残るためには専門的スキルを習得し、技術を受け継げる資質を磨き育てる、そしてそのスキルを自在に操れる自分になることです。

そして、それを継続していくことが自分の本当の力となります。

ここまで、しっかりと辿り着くことが大切です。

これから ますます技術革新は進んでいくことでしょう。

格差の大きな社会はこれからも続くと思われますので、自分で自分を向上させることができなければ、普通の生活を維持することが難しい可能性は高まるかもしれません。

自分を常に向上させていくことが出来れば、格差社会の中でも普通に豊かに生き残っていかれると思います。

自分を助けられなかった人は、周りがあなたを助けてくださる間は助かるでしょう。

しかし、助ける人が居なくなれば社会の底辺に落ちていく可能性もあるわけです。

時代の流れがどう変わっても、どんな窮地でも自分を育てよう、日々の鍛錬に耐えて精神を鍛えて向上していこうとする人間には、運も人もついてまわるのです。

どんな形であれ、人生は最後の最期まで、自分を諦めず鍛え続けることが人間の使命ではないでしょうか。

未来の安定のため、日々怠ける事なく自分の向上に努めて、どんな世になっても生き残って参りましょう。


ほな (=゚ω゚)ノ



b0301400_18233497.jpg



by neko_nezumi | 2017-12-31 19:04 | トラちゃん占い


甘味処 「みつばち」 京のちいさな「あんみつ屋」さん!



みなさま こんにちは。

猫丸ねずみです。

出町柳には海藻を煮出して作ったこだわりの寒天と、毎朝炊き上げる赤えんどう豆、沖縄産の黒糖で作る黒蜜など、ひとつひとつを大切に手作りしている甘味処「みつばち」さんをご紹介致します。




b0301400_20065615.jpg

b0301400_20072471.jpg




この日は相方と猫丸の妹と3人でお伺いしました。

もう既にたくさんの方が並ばれていて、多分20分弱待ったと思います。

中には年配の男性お一人で…という方も。

ひとつひとつを丁寧に手作りすることに拘る、とてもクオリティーの高いお店だけに甘味ファンには堪らないお店。

店内メニューは「白玉あんみつ」「豆かん」「抹茶クリームあんみつ」「ミニあんみつとぜんざいのセット」「干し芋入りぜんざい(冬期)」「特性あんず氷(夏期数量限定)」の6種類のみです。

「白玉あんみつ」「白玉ぜんざい」「ところ天(黒蜜・三杯酢)」「豆かん」「あん豆かん」「あんず豆かん」はお持ち帰りが出来ます。

また、嬉しいことに地方発送もできるそうですょ (((o(*゚▽゚*)o)))

発送できるメニューは「あんみつ」「豆かん」「あん豆かん」「あんず豆かん」「ところ天」です。

消費期限は発送日から3日以内で、4個から発送出来るそうです。

送料は900円プラス消費税(一部、発送できない地域もあるそうですので、詳しくはお問い合わせください)



b0301400_20334996.jpg



さて、猫丸と妹は「白玉あんみつ」を注文 (≧∇≦)



b0301400_20082048.jpg


相方は「抹茶クリームあんみつ」を注文しました。



b0301400_20075562.jpg




みっつ並べると迫力ありますよね… (^_^;)

それぞれ黒蜜をお好みでかけて食べます (((o(*゚▽゚*)o)))




b0301400_20084273.jpg



拘りの天草(てんぐさ)を煮詰めて作られた寒天の食感はプリッとしていて喉越しもよく、クリームとあんこのハーモニーは堪りませんね!

あんずがまた美味しいこと (≧∇≦)

この日はとても暑かったので、冷たいあんみつは最高のご馳走でした。

とても美味しかったです!


実は妹が甘味処へ行きたいというので探すと、こちらの「みつばち」さんを見つけたわけですが、こちらの「みつばち」という名前を聞いたとき、とても懐かしい気持ちになりました。

それは、東京都 文京区 湯島にあります「みつばち」さんを思い出したからです。

猫丸は小さい時から、よく湯島の「みつばち」さんに連れて行ってもらっていたんですょ。根津(ねず)の権現さんのお祭りがある度に、親戚一同で湯島のみつばちさんに行ったものです。

湯島の「みつばち」さんは創業100年の老舗店。猫丸が初めてお伺いしたのは1歳にならない頃からですから …。

あれからもう既に49年経過…(^_^;)

う〜ん 💦 現実は恐ろしすぎますねぇ (^◇^;)


話が脱線しすぎましたが、京都の「みつばち」さんの「あんみつ」絶品です!

今度は「あんず氷」を食べにお伺いしたいです ^ ^






b0301400_20340061.jpg

b0301400_20341262.jpg



みつばち

住所 京都市 上京区 河原町 今出川下る 梶井町

電話 075 213 2144

営業時間 11:00〜18:00 (憂切れ次第終了)

定休日 日曜日・月曜日

交通 京阪出町駅より徒歩7分。市バス河原町今出川下車すぐ。




ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2016-08-11 20:50 | 京都 カフェ、 喫茶店、甘味処


京都 右京区・DICE (ダイス)カフェ



b0301400_12021257.jpg



みなさま こんにちは。

猫丸ねずみです。



今回は右京区のDICE(ダイス)カフェさんをご紹介致します。

2013年にOpenされたDICEさん。阪急西院駅から徒歩10分の住宅街の中にある一戸建てのカフェです。

子供だけでなく大人も喜びそうな遊び心を盛り込んだ楽しいDICEカフェの店内♪
カフェの中にこどもがよろこびそうなロフトスペースやサンルームなどのある造りなので、子供たちは嬉しくてじっとしていられないかもしれません ^ ^

ちょうどお伺いした時に、お子様2人連れのお客様がおられたのですが、子供たちは楽しそうにしておりました (^o^)

こちらには看板ネコさんがいるとの情報でしたが、この日ネコさんと会えませんでした。

猫丸も子連れの友達と訪れたいカフェです ^ ^

オーナーさんが猫好きなのでしょうか。店内には猫の絵がたくさん飾られてます。


店内は木をふんだんに使ったインテリア。

優しい雰囲気の和めるカフェです ♪





b0301400_12183081.jpg


b0301400_12244077.jpg
b0301400_12204005.jpg
b0301400_12224545.jpg
b0301400_12211640.jpg
b0301400_12215775.jpg
b0301400_12233171.jpg




この日はお昼時にお伺いしましたので、ランチプレートをいただくことにしました。


⬇︎ 上が相方が注文した本日のランチ。五穀米のカレー。甘めのカレーでした。

下が猫丸が注文した「洋食プレート」
キッシュ、生ハムサラダ、本日のスープ、パン、キ本日のデリ2種。

キッシュは和風?のような味付けでしたが、しっかりしたお味でなかなか美味しかったです。猫丸は食後にニューヨークオレンジという紅茶をいただきました。

全体的に野菜がたくさん使われているのでバランス良く、優しい味付けのランチです♪





b0301400_12261166.jpg
b0301400_12272730.jpg
b0301400_12281947.jpg

b0301400_12351240.jpg




かわいいニャンコ画はどれも大谷一生さんの描かれたものだそうです。

猫好きには堪らない空間ですね ♪




b0301400_19134446.jpg

b0301400_12294338.jpg
b0301400_12310243.jpg
b0301400_12313380.jpg
b0301400_12321193.jpg
b0301400_12324229.jpg


b0301400_12330908.jpg




ダイス カフェ

住所 京都市 右京区 西院 久田町26-2

電話 075 203 7043

営業時間 午前11〜夜9時まで。

定休日 毎週水曜日。





ほな(=゚ω゚)ノ



by neko_nezumi | 2016-08-11 19:38 | 京都 カフェ、 喫茶店、甘味処


京都・大丸京都店 B1 ・PAUL・ポール(パン屋さん)




みなさま こんにちは。

猫丸ねずみです。

今回は京都大丸店地下1階にありますフランスの味を再現したパン屋さん「PAUL・ポール」さんをご紹介致します。

暫く行っていなかった間にいつの間にやらOpenしていたPAULさん。

初めてこちらポールさんでパンを購入した日から、今日で3度目。2度目までは人がいっぱいで写真撮影など無理だと思っておりましたら、3度目の正直でこの日はスーッと奇跡的にお客様が引いたので、店員さんに撮影OKの確認をとって写真が撮れましたので、記事をアップすることができました ^ ^

大丸地下1階の店舗の中でも、ひときわ目立つオシャレなPAULさんの店舗です。

先ずはササッと素早く撮った写真をご覧ください(笑)





b0301400_07184148.jpg
b0301400_07190351.jpg
b0301400_07180175.jpg
b0301400_07182317.jpg
b0301400_07252414.jpg
b0301400_07281362.jpg




有名な料理人であるポール・ボキューズ氏が手掛けるパン屋さんなのだそうです。

札幌から福岡まで全国展開されているようで、京都には大丸京都店の他に参上高倉にもあります。東京には10店舗あるようです。

こちらの京都大丸店では、小規模ながら店舗の裏手にイートンもありますのでランチやケーキセットも楽しめます。

カフェセットは、お好きなパン1つとドリンクで540円、ケーキセットは756円と書いてありました。





b0301400_07274631.jpg




PAULさんではパンやケーキだけでなく、ワッフルや巨大なパイまで販売されていて、見ているだけでも楽しく、ワクワクしちゃうパン屋さんです♪

猫丸が購入したのは、こちら!

クロワッサン生地にチョコレートの入った 「パン・オ・ショコラ」

ワッフル

塩パン

クロワッサン





b0301400_07265843.jpg




⬇︎ 袋に入っていない単品のパンは、このようにオシャレな袋に1つひとつ包んでくれます。




b0301400_07272552.jpg





猫丸はPAULさんのパンの中でクロワッサンが1番好きです。

少し大き目のクロワッサンは食べ応えがあります。

購入したパンは勿論その日に食べるのが1番美味しいのですが、残ってしまった場合は次の日まで常温で置いておくよりも、購入したその日に冷凍しておけばパンの風味が落ちません。猫丸家ではその日の内に急いで食べないで、多めに買って冷凍してしまいます。1週間くらいなら全く問題ありませんので、たくさん買った時はお試しください。







PAUL 京都大丸店

住所 京都市 下京区 四条通高倉西入ル立売西町79 京都大丸店地下1階

電話番号 075 211 8111


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2016-03-11 09:57 | 京都 パン屋


京都・中京区(烏丸御池)のパン屋さん・fiveran(ファイブラン)




みなさま こんにちは。

猫丸ねずみです。

今回は2015年11月2日にオープンしたばかりの「fiveran・ファイブラン」さんをご紹介します。

こちらのお店は猫丸の行きつけの美容院の近くに出来たお店で、美容院の帰りに偶然発見したパン屋さんです。三条室町を上がった西側にあるお店で、目の前にはセブンイレブンがあります。

⬇︎ グレーのタイル張りのマンションの1階にあり、外観も内装も今風のお洒落なパン屋さんです。一見すると美容院のような外観。パン屋さんには見えないので看板がなければ通り過ぎてしまうかもしれません。





b0301400_14231354.jpg
b0301400_14233012.jpg




店内はとても広く、奥にはカフェスペースもあるパン屋さんです。
パンは全部で60種類もあるそうですから、毎回違うパンを買う楽しみもありますね♪




b0301400_14253907.jpg
b0301400_14252647.jpg
b0301400_14255862.jpg




お店を知ったのは昨年のことでしたが、その時は店内人が混雑しており、とても写真を撮れる状態ではありませんでしたので、次回の美容院の帰りにと寄ると、その日も混んでおりこの日も断念。次は商品が少なくなっても夕方以降にしようと2月の終わりの6時頃お伺いしました。

ですので今回は商品は少ないですが、いつもはこの広いスペースに多くの種類のパンがズラリと並んでいるんですょ♪見るのも買うのも楽しいパン屋さんだと思います。
京都はパンの消費量が日本一の場所だとケンミンショーで紹介しておりましたが、この辺りはパン屋さんの多い激戦区。そんな激戦区で開店されたファイブランさんは京都人も納得の品揃えです。

嬉しいことに こちらのお店は試食用のパンが用意されております。大抵のパンは試食できるのではないでしょうか。お目当てのパンの味を事前に知ることが出来るのが魅力。前回2回はスタッフさんがお客様にひとつひとつ丁寧に商品説明をしておりました。

⬇︎ 奥のイートインにはテーブル席が16席、カウンター5席あり、ドリンクは全て320円だそうです。予約も可能だそうなので、電話でお問い合わせください。





b0301400_14261246.jpg




⬇︎ こちらが今回購入した商品です♪


b0301400_14262609.jpg




下の3つの丸いパンが塩パン。左手前がブリオッシュ生地の中にカスタード、チョコ、フランボワーズのソースが入ったパン、上がリンゴとカスタードのデニッシュです。

以前猫丸は余り甘いパンは食べなかったのですが、ブログを書くようになってからは少しずつ食べる機会を増やしています (^_^;)
次の日に猫丸はブリオッシュ生地のパンをオーブンで少し温めていただきました。
食べるまでチョコが入っていることには気付かずに食べましたので、チョコとカスタード、フランボワーズのソースが絡んで一つになった瞬間、とても幸せな気持ちが込み上げた味でした ♪チョコとベリー系のソースって合うんですよねぇ♪



ファイブランさんのパンを買った後、パンの袋を手に持って、あるお店で買い物しましたら、そこの店員さんに「ファイブランさんのパン買ってこられたんですね。ここのパン、私も好きでよく買うんですょ。美味しいですよねぇ♪」と話しかけられました ^ ^

この日は猫丸がお店の前でブログ用の写真を撮っている時も、外で女性に「こちらのパンが美味しいと雑誌で見て岡山から来たんですょ〜」と、わざわざ猫丸に話してくださいました ^ ^

彼女はカゴ一杯に積み上げたパンを購入し、レジの横に並んだ猫丸と目が合うとはにかんだ彼女。

さすが!わざわざ岡山からパンを買いに来られただけあって気合が違います (^◇^;)







b0301400_15172523.jpg





fiveran(ファイブラン)

住所 京都市 中京区 役行者町377

電話 075 212 5696

最寄り駅 京都市営地下鉄「烏丸御池」下車5分

営業時間 9:00〜19:00

定休日 火曜日

駐車場なし



by neko_nezumi | 2016-03-02 15:29 | 京都 パン屋


京都・宇治駅周辺と平等院



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。猫丸ねずみです。


今回は京都の南部に位置します宇治駅から世界遺産の「平等院」までの周辺をご紹介したいと思います。

猫丸は7年京都に住んでおりますが宇治には初めて来ました。

京都駅からJR奈良線で普通列車で約30分ほどで到着します。

快速ですと17分で行けちゃいます!

もう少し時間が掛かると思っていたので、意外と近くて驚きました。


⬇︎こちらが宇治駅。とても可愛らしい駅です (^_^;)



b0301400_00305302.jpg
b0301400_00323462.jpg
b0301400_00330176.jpg



一見すると何にもなさそうに見える宇治駅ですが…(^_^;)

ところが京都市に次ぐ人口を有するのが宇治市で、観光客数も2013年度では京都市に次いで2位だそうですょ!

宇治といえば言わずと知れた「宇治茶」が有名ですよね。

平等院へと続く参道にはお土産やさんがズラリと並んでおりますが、見事にお茶を使ったお土産のオンパレードで、違う意味で緑多き観光地でした(笑)

また、宇治茶と共に有名なのが「光源氏」。

光源氏物語の作者「紫式部」の碑などもありましたので、後ほどご紹介致します。



b0301400_10590063.jpg


平等院の参道に出るまでの商店街にドーンと目に付く大きな和風の建物を発見しましたが何でしょう?!

暖簾がなければ商店には見えません。

「何屋さんなんだろぅ?」と、そ〜っと中を覗くと、店内はかなり広く結構な数の人がおり、とても驚きました!

中に入って初めてお茶屋さんだと判明しました(笑)

写真で撮り損ねたのですが、暖簾には大きな十字のマークがあり、「あ!なんか見たことあるマーク」と思っておりましたら、JR京都駅の中にもある創業160年の老舗のお店「中村藤吉」さんという老舗のお茶屋さんのマークでした。

京都でお茶屋さんといえば花街で芸妓さんを呼んでお客に飲食をさせるお店のことですが、こちら宇治では飲むお茶を販売するお店です。





b0301400_00363635.jpg



⬆︎こちらが安政元年創業という中村藤吉さんの本店となります。

「永代日記」と題された古文書によりますと宇治御物茶師・星野宗以のもとで修行し、宇治の地に「中村藤吉商店」を開業され、勝海舟(かつかいしゅう)から賜った「茶煙永日香」を家訓に掲げ、天皇陛下に御茶を献上、茶道御家元より茶銘を頂戴して以来茶業一筋に営まれているそうです。

京都駅の他に大阪梅田本店と、札幌丸井今井店に支店があるそうですょ。





b0301400_00371574.jpg


入り口の暖簾をくぐり左手に⬆︎の部屋があります。



b0301400_00385210.jpg
b0301400_19313571.jpg


⬆︎入り口右手が店舗になっておりました。



b0301400_19320694.jpg

b0301400_19323495.jpg




入り口を入って真正面には中庭があります。
中庭の奥⬆︎はカフェのようで、沢山の方が順番待ちをしておりました。
こちらは予約は受け付けていないようです。カフェでは宇治茶を使ったスイーツが食べられるそうです。

また、石臼で御茶を挽いて抹茶にする挽き茶体験も出来るそうですので、挽き茶体験をご希望の方は、お店にお問い合わせください。

中村藤吉平等院店

電話 0774 22 9500

店内にはお茶の葉だけでなく、お茶を使った冷たいスイーツやチョコレートも販売されておりました。

この日は2月13日でバレンタイン前日でしたので、息子や知人にお茶のチョコレートを買ってきました。

包装紙が洒落ていてとても素敵です!





b0301400_19420458.jpg
b0301400_19421640.jpg
b0301400_19422576.jpg




⬆︎ こちらが抹茶とほうじ茶のチョコのセットです♪

お値段は2千円弱だったと思います。
箱も素敵ですよね ^ ^

店内でチョコレートの試食とおちょこサイズのお茶をいただきました。
チョコレートはパリッとした食感の板チョコで、甘さは控え目。

美味しくいただきました ^ ^


中村藤吉さんを出て商店街を右に平等院へ向かう道を真っ直ぐ歩いて行きますと、左手に宇治川が見えてきました。

平等院へ上がる平等院の参道手前に紫式部さんの石像が見えます。

こちらは、ちょっとした憩いの場になっております。





b0301400_11205279.jpg




紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代の学者で詩人である藤原為時(ふじわらのためとき)の娘さんで中期の女性作家、歌人です。

藤原宣孝(ふじわらののぶたか)に嫁ぎ娘を出産。夫の死後、一条天皇の中宮で娘の藤原彰子(ふじわらのしょうし/あきこ)の女房として仕えている間に、あの有名な平安時代の恋愛小説「源氏物語・げんじものがたり」を作成した作者だと考えられているお方なのです。

「男もすなる日記といふものを 女もしてみむとて、するなり」これは土佐日記の冒頭の一文で「男性が書いている日記を、女性もしてみようと思って始めました」と書かれているそうです。

当時は日記など女性がするものではなかったようです。
この日記は読み手を意識したものだそうで、現代で言えばブログのようなものだったのでしょうか。

しかし、紫式部さんは本当のところ、いつ生まれて いつ亡くなったのか、本名も何もかもが謎なのだそうです。

しかも、実在の人物だったのかどうかも判っていないそうです。

源氏物語の新訳を書いた与謝野晶子さんは、源氏物語は作者が一人で書いたことを疑っていたそうです。

それは途中で源氏物語の作風が変わっていたからなんだそうです。

謎は人に良くも悪くも想像の産物を与えます。
式部さんは謎が多かったからこそ有名になったのかもしれませんね。

当時は地位や名誉や家柄が良くても、男女共に和歌が詠(よ)めなければ結婚も出来なかった時代だったそうです。

それほど和歌を詠めるか否かで大きく運命も変えれるほどに、この時代に和歌が詠めることはイコール力を持てる処世術ともなったのですね。

確かに言葉を生み出すって本当にスゴイことです。

和歌とは日本語における言葉という音が奏でる想い…。

移ろいゆく季節、自然、日本人の精神を表す言葉の文化。

とても一言では言い表せない感情を短い言葉で表現しています。



b0301400_19492749.jpg
b0301400_19495216.jpg



ここから宇治橋が見えます。

宇治橋は646年に建てられたという日本三古橋のひとつと伝承される橋なんだそうです。

646年といえば大化の改新が起きた政治的改革の時代。
宇治は歴史的にも合戦が繰り広げられた地でもあります。豪族を中心とした政治から天皇中心の政治へと移り行く時代に架けられた橋なのです。

滋賀県大津市の琵琶湖から流れ出た瀬田川から流れる水が京都府に入る辺りから宇治川と名前を変えます。

自然に恵まれた宇治川の水はとてもキレイだったのでしょう。

豊臣秀吉が茶会の際に宇治川の水を汲ませたと伝えられており、秋に開催される「宇治茶まつり」では、現在もここの水が汲まれているそうです。

宇治川は木津川と合流した後、やがて桂川とも合流して淀川となり大阪湾へと辿り着くそうです。

宇治川について平家物語では「白浪(はくらう)おびただし うみなぎりおち、灘枕(せまくら)おほきに滝になって さかまく水もはやかりけり」とあります。

これは、「川一面に白波が立って流れ落ち、灘枕は大きく盛り上がり滝のように音を立てて、逆巻き流れる水勢も速かった」ということですので、川幅広く水量も豊富、流れも速かったと伝えています。

現代も水量は変わらず豊富で、水の流れも速かったです。

今回は残念なことに橋は修繕工事中でしてシートがかけられておりました。




b0301400_19501873.jpg
b0301400_19511114.jpg



さあ、ここからが平等院への参道です。

土産物屋さん、菓子店やお茶屋さん、喫茶店や甘味処などが並びます。




b0301400_19532877.jpg
b0301400_19525956.jpg
b0301400_19540566.jpg



参道にはお土産屋さんがたくさんあります♪

宇治はお茶どころですので、見事なまでに緑のお土産三昧です (^_^;)

平等院正門と書かれた場所の後ろの和菓子屋「駿河屋」さんの和菓子が気になり、こちらでお土産を買いました。

それがコチラ!




b0301400_19563883.jpg


⬆︎左が「茶の香餅」で右が「茶団子」です。



b0301400_19573432.jpg
b0301400_20071118.jpg



茶団子は甘さ控え目で普通に美味しいお団子ですが、このお団子は他のお店でも販売されておりました。しかし茶の香餅はこちらだけの商品でしょうか。

食べてみて、びっくり!

食感といいお味共にかなり美味しい和菓子ですヽ(;▽;)ノ

求肥のような柔らかい食感。甘過ぎず抹茶のほろ苦さとマッチして幸せな気持ちになれました。

こちらは本気でお勧めのお土産です♪

平等院へ来られましたら是非、駿河屋さんの「茶の香餅」を食べてみてください ^ ^



ここからは平等院の正門までの参道にありますお店です。



b0301400_20074951.jpg
b0301400_20091442.jpg
b0301400_20093861.jpg
b0301400_20100079.jpg
b0301400_20102676.jpg
b0301400_20105550.jpg
b0301400_20111933.jpg
b0301400_20114021.jpg
b0301400_20120307.jpg
b0301400_22384500.jpg
b0301400_22592449.jpg
b0301400_23003260.jpg
b0301400_23005528.jpg



さて、お待たせ致しました。こちらが平等院の入り口となります。




b0301400_11080122.jpg




世界遺産の平等院鳳凰堂(びょうどういん ほうおうどう)は10円玉にデザインされている建物で有名です。

10円玉のデザインに選ばれたのは昭和26年。理由としては、日本の代表的な文化財であり、建物に特徴があるからだとしか公式に発表されておらず、選ばれた理由は他にもあるのかもしれないそうですが、未だに謎だそうです。

平成24年に2年かけて56年ぶりに修繕工事をして創建時のように美しい姿になった平等院。完成した時に赤茶色の柱と鈍色(にびいろ)の瓦が見事で、屋根の鳳凰像は金色に輝いていたのをニュースで観ました。実際に目にして見ると、思ってあたよりも地味な印象でした。

この日はものすごく観光客の方がいっぱいで、中に入るまでにかなりの時間がかかるとのことでしたので断念し、見える所だけ写真を撮って来ました。

平等院は、関白藤原道真が左大臣 源重信の婦人から譲り受けた別荘を、その子供である頼通が1052年の永承7年に仏寺に改め平等院とし、同年に本堂を、翌年には鳳凰堂を造立しました。この時 頼通は還暦(60歳)だったとか。堂内には、平安時代の最高の仏師「定朝」によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置されたお寺です。

この時代は天災や戦乱、大飢饉などが続いた時代でした。
そんな戦乱や天変地異に恐怖した時代に太陽の如く光輝く鳳凰堂は人々の救いの象徴である「極楽浄土」の世界を表し、人々に死後の安心を与える目的があったのかもしれません。

但し、当時は偉い人しか入れなかったそうですけど、それでも人は平等に極楽浄土に行けるのだと信じてつけた名前なのでしょうか。

調べる限りは現在のように気楽に訪れることの出来ない場所ではあったようです。




b0301400_11020314.jpg
b0301400_11021980.jpg



今回は観れませんでしたが、平等院鳳凰堂の内部の壁面には「九品来迎図」が描かれ、阿弥陀仏が「自分は仏の住む安楽な浄土に生まれたい」と願う死の淵にある人間を、それぞれの前世の報いと、死の淵でどのような覚悟を持っているかを厳しく判別し九つの迎え方をもって浄土への導く往生の様子を描写したものとなっているそうです。

屋根の鳳凰とは、中国の想像上の鳥のことです。「鳳」は雄鳥を、「凰」は雌鳥を表した鳥だそうです。聖天子が治める平和な世にのみ姿を現すとされている鳥で、鳳凰が飛ぶ時には、その徳により雷や嵐も起こらず、河川も溢れず、草木も枯れないことから、天変地異の時代を救う象徴としたのでしょう。

鳳凰や不死鳥、火の鳥などは勿論想像上の鳥なのですが、先日アイスランドの上空にその想像上の鳥のうちの「不死鳥」がオーロラの中に出現しと話題になりました。

オーロラとは、太陽の爆発で放出された粒子が地球磁場に衝突して北極圏に運ばれ、大気と混ざり合って発生するものがオーロラです。

そんなオーロラが不死鳥のように見える画像がこちら。




b0301400_12331895.jpg


確かに鳥のように見えますねぇ。

偶然とはいえ、このような不思議な現象を古代の人々も見たのかもしれません。
なので、もしかすると実際に見た人もいた可能性もあるわけです。

1968年以降、棟上に設置されていた本物の鳳凰は取り外され、現在はレプリカの鳳凰が設置されているとのことでした。

ホンモノは別途保管されているそうです。初代鳳凰は、平等院ミュージアム鳳翔館で拝観できるそうですょ。




b0301400_11002834.jpg


b0301400_23054036.jpg
b0301400_11000647.jpg
b0301400_02021642.jpg
b0301400_11024396.jpg


曇り空でお天気は今ひとつでしたが、水面に映る平等院はとても美しかったです。
b0301400_23065642.jpg
b0301400_01595239.jpg
b0301400_02002470.jpg

b0301400_02030674.jpg
b0301400_02010029.jpg




美しく優美な平等院。宇治川沿いには2000本の桜が植えられているそうですので、綺麗に桜の花が咲く季節に、また改めて訪ねたいと思います。



さて、最後は本日食べたお昼のランチと、食後に行ったカフェをご紹介します ♪


お昼は参道にあります定食屋さんで「天丼定食」と「三種のミニ丼とお蕎麦のセット」
を食べました。お蕎麦は両方共、温かい茶そばです。

茶そばは想像していたモノと違い、なんだかツルンとしたお蕎麦でした。

滅多にないことですが、お店の名前が入った写真を撮り忘れてしまい店名が分かりません (^_^;)

ちょいちょいボケますが御許しを。(本当はいつもボケてます)

平等院の入り口から見て左手の2つ手前のお店だったと記憶してます…。





b0301400_12340256.jpg



食後は表参道の真ん中辺りにあります「和夢茶カフェ」さんへ。

入り口手前は和風雑貨のお土産屋さんになっており、その奥にカフェがあるスタイルのお店です。

カフェに入ってメニューを見ますと点心なども食べられる中華カフェ♪

中央にはテラス席もあります♪

そんなに寒くは無かったので、コートを脱がずにテラス席で温かい珈琲をいただきました ^ ^





b0301400_12251450.jpg
b0301400_12245936.jpg
b0301400_12255207.jpg

b0301400_02042960.jpg


こちらは抹茶豆腐を使用した麻婆豆腐がオススメだそうです。

先ほど食べた抹茶蕎麦のように、何だかツルンとしている食感のお豆腐なんだそうですょ。



和雑貨&和夢茶カフェ

宇治茶と中華の創作料理&カフェ

住所 京都市 宇治市 宇治蓮華12

電話番号 0774 23 8388

営業時間 11:00〜18:00

不定休



平等院の周辺には宇治橋と深い関わりのある「橋寺放生院・はしでらほうじょういん」や、西国三十三所巡礼の第10番札所である「三室戸寺・みむろとじ」や、平安時代後期建築で現存する最古の神社の「宇治上神社」や、道元禅師により開かれた「興聖寺・こうしょうじ」、そして「源氏物語ミュージアム」などがありますので、宇治は1日ゆっくり見て回れると思います。




b0301400_12381745.jpg
b0301400_12383752.jpg
b0301400_12390700.jpg
b0301400_12392607.jpg



ほな(=゚ω゚)ノ



by neko_nezumi | 2016-02-29 12:41 | 京都


京都・堀川商店街・久遠(チョコレート専門店)





二条城と安倍晴明神社の間にあります堀川商店街に昨年2014年にオープンされた「久遠・くおん」さんをご紹介致します。

久しぶりに堀川商店街まで足を運ぶと、新しく出来ているオシャレな外観のお店を発見しました。




b0301400_13301023.jpg


b0301400_13340077.jpg




「久遠」とは「遠い過去、遠い未来、ずっと続いていく…」という、日本古来の言葉を店名にされたそうです。

立て看板には「チョコレートが今のように甘くて美味しくなったのはまだ100年ほどの話で、古代より「薬」「神の食べ物」として人々の生活と共にありました」と書いてあります。

日本ではチョコレートを使った甘くないオカズはないですけど、カレーにチョコをチョコっと入れたりとかはありますね。猫丸は入れたことありませんけど (^_^;)

以前テレビでどこの国なのか多分南米辺り?で鶏肉のチョコレート煮とかの料理を紹介していた番組をみたことあります。甘くないチョコレート料理だというので、かなり驚いたんですけど、甘くないチョコのソースってどんな味なのでしょうね。

さて、こちら久遠さんでは、障害者を一流のショコラティエに…という障害者の就労に貢献されておられるのだそうです。

また日本のトップ ショコラティエの野口和夫氏をプロデューサーに迎え、新しい形のチョコレート「京テリーヌ」を生み出したお店のようです。




b0301400_13553359.jpg




⬆︎ 下段にあるのが「京テリーヌ」です。

手前に置かれたグラスの中には、試食用のチョコがおかれております。
どの味も試食できるのは嬉しいですね♪
ひとつ試食してみました。
とても美味しいです♪

京テリーヌとは、チョコレートの中にナッツやドライフルーツなどの具がたくさん入ったものをテリーヌに見立てて薄くスライスしたものです。

お好きなものだけをチョイスすることもできますし、セット売りもあります。
6種類のセットになったアソート⬇︎の写真が6種類セットで980円です。

京テリーヌの種類

*ピーカンナッツとヘーゼルナッツ(ホワイト)

ほどけるような口当たりのホワイトチョコにナッツが香ばしい。

*ほうじ茶と黒豆

ベースはほうじ茶を練り込んだチョコレートに黒豆を混ぜたもので、チョコの口当たりは柔らかくほうじ茶の香りがしっかり残り黒豆の味は後からじんわり。

*抹茶と黒豆

抹茶チョコに黒豆を混ぜたもので、こちらも口溶けのよい感触。

*柚子とレーズン

柚子チョコに色とりどりのドライレーズンを混ぜたもの。こちらもチョコは柔らかく口溶けの良く柚子の香りが強いぶん、レーズンは味というより食感を楽しむ感じです。甘酸っぱい爽やかなチョコ。

*メロンとピスタチオ

珍しいメロンのチョコ。
ミルクチョコレートにドライメロンとピスタチオを混ぜたもの。ミルクチョコレートの優しい感じがドライメロンと合っていて、ピスタチオの食感がおもしろい。

*オレンジとキャラメルナッツ

オレンジに合うややビターなチョコでオレンジピールとキャラメルナッツを混ぜたもの。




b0301400_14074622.jpg


この日はクリスマスイブ♪

クリスマスバージョンのチョコレートケーキも販売されておりました 🎄



b0301400_14342727.jpg

b0301400_13550064.jpg
b0301400_13551477.jpg



⬆︎はオランジェ(オレンジにチョコをかけたもの)これもとても美味しい!
甘すぎない丁度良い甘さがとても気に入りましたし、こちらのオランジェはとても柔らかく食べやすいです。

クリスマスが誕生日だという年配の方にこちらのオランジェをお贈りしましたが、かなり喜んでいただきました。




b0301400_14334979.jpg



⬆︎ 缶入りのストーンやマーブル、キャビア型のチョコレートもあります。

⬇︎ 板チョコかな?



b0301400_14340154.jpg


b0301400_14341172.jpg
b0301400_14343907.jpg
b0301400_14344840.jpg


その他、ドライフルーツにチョコを絡めたものやビスコッティ、リーフパイやフィナンシェ、パウンドケーキ、お米のポン菓子にチョコをまぶしたものなどもありました♪

主原料はコロンビア産の純度の高いカカオを使用し香料は天然バニラ、油分はカカオバターだそうです。

⬇︎今回はテリーヌとオランジェとドライフルーツにチョコがけした袋詰めのもの、ポン菓子にチョコレートをまぶしたものを購入し、テリーヌとオランジェは家でいただきました。今のところ猫丸のイチオシはオランジェ。




b0301400_17523084.jpg



⬇︎ クリスマスだけサービスだったのか分かりませんが、4000円以上の購入で貰えるというプレゼントを戴きました。

中身はオランジェでした (((o(*゚▽゚*)o)))

嬉しい♪




b0301400_17540272.jpg






久遠チョコレートブランチ店舗

京都市 上京区 桝屋町28 堀川商店街内 堀川出水上る

電話 075 432 7563

営業時間 11:00〜18:00

定休日 不定休





ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-12-27 15:42


京都・栂尾山(とがのおさん)周辺と世界遺産「高山寺・こうざんじ」の石水院



今年は紅葉を本格的に愉しむ時間もなく、なので街中でウロウロすることが多かったのですが、2015年12月13日の日曜日に友人に誘われて右京区の栂尾山までドライブに行って参りました。

今年は暖冬の影響もあって山の麓にはまだ紅葉した木々が少し残っており、残り紅葉を観ることができました♪

久し振りに自然界の恩恵を間近で感じ、森林浴で魂もリフレッシュできた1日となりました。

こうして自然に触れると、やはり自然界は人間になくてはならないものだと改めて感じます ^ ^

京都駅近くから車で約45分くらいでしょうか。

⬇︎こちらが高山寺の駐車場前の162号線の道路です。天気は曇ってましたが雨に降られることもなく暖冬のお陰でまったく寒いこともなく、冬の山の中だというのに快適な1日でした(^_^;)



b0301400_09062245.jpg


上の写真の右手には写真⬇︎の茶店「もり」さんがあり、店頭で甘酒やらモミジの天婦羅などが売られていました。

大好きな甘酒をひとつ注文し友人と半分こ。

モミジの天ぷらは店頭で揚げたて熱々を店員さんが試食で食べませんかと1つくださいました♪

熱々サクサクで美味しい♪

甘酒は…驚くほど甘かったです(^_^;)

高山寺は山の中にあるお寺なので、山道を歩くお参りから帰ってこられた人達の疲れた身体には丁度良い甘さかもしれませんね。

モミジの天ぷらは大阪の箕面(みのう)で何度か食べたことがあり懐かしい味です ^ ^



b0301400_09245937.jpg

b0301400_09254864.jpg
b0301400_09261884.jpg
b0301400_09265058.jpg


栂尾(とがのお)は、とがのを、とがの、つがお などと呼ばれ古い固有名詞のひとつだそうです。

こちらの栂尾(とがのを)は高山寺周辺を指す地名で古くからこの地は霊場であり、畿内におけるまた茶栽培の発祥の地なのだそうですょ。

また紅葉の名所、高雄、槙尾、栂尾の三大名所のひとつなんだそうです。

そして、この茶店の横には清滝川という川が流れていると聞き早速覗いてみると…。

まぁ、なんてきれいなこと!

水の透明度が半端じゃありません ( ̄O ̄;)!!!

清滝川という名前にぴったりな美しい清流です!

清滝川は水系桂川(かつらがわ)支流の一級河川なんですね。

水源は京都北山の桟敷が岳(北区と右京区、京北町の境界に位置する標高895.9mの山)など。

桂川の合流部付近は保津峡と呼ばれてます。



b0301400_09424793.jpg
b0301400_09430758.jpg

⬇︎茶店「もり」さんの少し先にも「とが乃茶屋」という茶店があります。

屋根が苔むしていてとてもイイ感じです♪



b0301400_12033097.jpg

⬇︎こちらは栂尾山(とがのおさん)高山寺の駐車場の方から上がる裏参道の入り口です。

近年はこちらの入り口を利用する人が多いそうです。

そりゃバスや車降りて直ぐに上がれる道を行きますよね。

猫丸たちは知らずに上がりましたけど…(^◇^;)



b0301400_12102100.jpg

b0301400_12103755.jpg


地図を見てみますと、ものすごーく広そうです (^_^;)

そして茶畑があることを知りました!

この時点でどれくらい歩けば上まで辿り着けるんだろうか……(^◇^;)

高山寺は1994年に世界文化遺産に登録されたお寺です。

全く何も知らずに寄りましたが、スゴイお寺だったのですねぇ(^_^;)



b0301400_14045946.jpg
b0301400_22040350.jpg

b0301400_22041963.jpg


どれくらい歩けば…地図を見てそう思ったのは、猫丸は5年ぶりに風邪を引き、体調が万全ではなく無理はしたくなかったからです(苦笑)

なので⬆︎の地図を見てこの少し上にある「石水院」だけを観て帰ろうと固く心を決めました…(^_^;)

ここへ来るなら午前中からスタートがベストかもしれません。

上まで行ってませんが、かなり歩くのではないかと思います。

遠くない未来に準備万端整えて(オーバー?)また必ず来たいと思います…(^_^;)



b0301400_12141561.jpg


写真では分からないと思いますが結構な斜面で、しかも道は苔むしています。

手を入れすぎていない裏参道は、苔に覆われた石垣と草木の中を九十九折り(つづらおり・ジグザグに折れ曲がって登る坂道)に登っていきます。

30〜40メートルほど登ったところで、もう石水院に到着しちゃいましてなんか拍子抜け (^_^;)

登り始めた雰囲気では、相当登るのかと覚悟してましたから…(笑)

この日たまたま登山靴を履いていったので全く滑りませんでしたけど、こちらはもう山寺ですので登山靴がベストだと思います。

全体的に苔むして水が豊富で自然が豊かな証拠ですよね。

至る所から湧き水が染み出していたり、流れていました。

道の途中で偶然ある生物を発見しました!

それがこちらの写真です。


b0301400_12191411.jpg

何だかお分りいただけましたでしょうか?

見つけた生物はこちらです!


b0301400_12193044.jpg

置物じゃないですょ。本物のサワガニです(笑

久し振りに見ましたょ、自然界の中にいるサワガニを。

近年はお料理屋さんでしかお目にかかることもなかったので、生きたサワガニを見られて嬉しかったです。

油で揚げて塩で食べるサワガニの素揚げは美味しいですよねぇ〜♪



b0301400_12233310.jpg

少し人の手を入れた自然は景観もよく、また自然なままではないので歩き易くなっております。

道をつくるって大変なことですもんね。大変な労力だったに違いありません。

えっちら おっちら(古っ)…有り難く登りましたょ (^_^;)

⬇︎裏参道から斜面を上り30〜40メートルくらいでここまで着きます。

見事な石積みの上に低い白壁の向こう側が石水院のようです。



b0301400_12372604.jpg

b0301400_12430066.jpg
b0301400_12424124.jpg
b0301400_12434335.jpg
b0301400_12450813.jpg

道路から少し上に上がっただけなのに、空気が全然違います!

湧き水が豊富なのでマイナスイオンを感じるスゴイ場所です。

自然の化粧水が纏わりつくような感覚ですょ。ほんと空気が美味しい ヽ(;▽;)ノ

心お疲れの方は高山寺はオススメです!

石水院のご紹介の前に、簡単に高山寺の歴史をご紹介したいと思います。

創建は奈良時代に遡るともいわれる古いお寺です。

神護寺(じんごじ・真言宗の別格本山)の別院であったのを明恵上人(みょうえじょうにん・鎌倉時代の華厳宗の中興の祖)が後鳥羽上皇より賜り、名を高山寺として再興しました。日本最古の茶園として知られ、デュークエイセスの歌「女ひとり」にも歌詞の中に登場しているそうです。

また、川端康成や白州正子、河合隼雄の著書にも紹介されておりました。

古来より山岳修行の適地として小寺院が営まれていたようです。

明恵(みょう)は1206年建永元年、34歳の時に後鳥羽上皇から栂尾(とがのお)の地を与えられ「日出先照高山之寺」の額を下賜(かし・天皇などから身分の低い者に物を与えること)され、日出先照高山寺とは、華厳経の中の句で「朝日が昇って真っ先に照らされるのは高い山の頂上だ」という意味であり、そのように光り輝く寺院であれとの意が込められているそうです。高山寺は中世以降、戦乱や火災が原因で消失し、鎌倉時代の建物は石水院を残すのみとなってしまったそうです。



⬇︎Wikipediaより。
b0301400_20281276.jpg

⬇︎ こちらが高山寺の「石水院」の入口門です。



b0301400_13064165.jpg
b0301400_13071053.jpg

こちらの石水院は、創建当時は金堂の東に建てられていたそうです。

唯一の鎌倉時代の建物であった石水院は、残念なことに1228年(安貞2年)の洪水で当時金堂の東にあった石水院は正に石や水に流されてしまったそうです。

こちらの場所には1889年の明治22年に移築され、住宅様式に改変。

名を変え役割を変え場所を変えて残る明恵上人(明恵上人)時代の唯一の遺構なのだそうです。

⬇︎先ほど表側から見えた低い白壁は石水院の中から見るとこんな感じです。


b0301400_13165615.jpg

b0301400_13163667.jpg

⬆︎ 旧石水院。更に上へと登った石段の上にあり荒れ果て廃墟となっています。


b0301400_13205900.jpg
b0301400_13212108.jpg


b0301400_13214469.jpg


⬆︎ こちらが石水院の玄関です。

何処かの木に実っていたものでしょうか。

黄色い柑橘系の実が置いてありましたが何の実かはわかりませんでした。

石水院の拝観料は600円です。

明治時代に造られたの?と感じるほど、かなり状態は良くきれいに手入れされてました。



b0301400_13241004.jpg

b0301400_13243870.jpg

b0301400_13251370.jpg
b0301400_13253897.jpg

入り口にはお土産ものなども並べられています。

猫丸も母へのプレゼントで朱印帳を購入しました。

⬆︎こちらのお部屋ではお茶をいただけるようですょ。

茶畑があったので、こちらで摘んだお茶なんでしょう。

確か600円と書いてあったように記憶しておりますが定かではありません(^_^;)

人が少ない時なら落ち着いていいかもしれませんが、人が多い時は見世物になっちゃいませんかね?(^◇^;)

高山寺のお茶の由来は鎌倉初期、栄西禅師が宋に渡り養生の仙薬延命の妙術として茶種を持って帰国し、これを明恵上人に贈られ、上人は栂野(とがのお)の深瀬に三本木に茶種を植え、宇治(跡影園・あしかげえん)や、その他の地にも広く移し植えたのだそうです。

栂尾は茶の本園として、天皇への献茶も毎年行われていたそうです。

⬆︎これをこの時知っていれば、お茶飲んで帰ったのにぃ〜 (T ^ T)と残念な気持ちになりました(苦笑)

次回はぜひ飲んで帰りたいと思います。

今ふと、気がついたのですが、こちら石水院の中央の間は室内と外との壁が無かったような…。

雨の日などはどうしているのでしょうか?

それとも扉は別のところに置いてるのでしょうか。

雨戸がないのだとしたら雨ざらしに近い状態ですが、かなりキレイなのが驚きです。




b0301400_13300893.jpg
b0301400_13313484.jpg

⬆︎ 向こう側の部屋に うっすら見えるあの像は「善財童子・ぜんざいどうじ」の像です。

華厳経(けごんきょう)にその求法の旅が語られる善財童子を明恵は敬愛し善財童子の木像を置いたのだそうです。

善財童子に纏わる話があります。

昔、インドに善財という坊がおり、ある日お釈迦様の弟子の文殊(もんじゅ・智慧を司る仏)様がいらっしゃるというのでお話を聞きに行きました。

善財は文殊様に尋ねました「どうしたら私も立派な人になれるのでしょうか」と。

すると文殊様、「色々な人を訪ね歩き教えを受けなさい」と。

善財は色んな人に出会う旅に出ます。

多くの人々と出会ううちに善財はふと気付きました。

「どんなにつまらなそうに見える人でも何か一つは立派なものを持っているものだ」と。

善財は53人の人々から知恵や経験を学びました。

自身の心を磨いた善財は、最後に普賢(ふげん・大乗仏教における崇拝の対象の仏)様のところで悟りを開いたのだそうです。

華厳経の「入法界品」の中での話です。

この話を徳川家康さんは江戸(俗界)から京(普賢菩薩がいる地)まで宿駅を53と定めたそうですょ。

それが東海道五十三次なんだそうです。



b0301400_13394077.jpg

おや (・・?)

あれ?

最近、このポーズどこかで見たような…。

今話題のあの方のポーズに似ていませんか(笑)



b0301400_13410823.jpg
b0301400_13420506.jpg

まぁ、人差し指は立てておりませんが、ラグビーの五郎丸さんのポーズにちょっとだけ似てませんかね…(笑)

壁の少ない広々とした空間で遊んでいるようです。


b0301400_13382926.jpg
b0301400_13390058.jpg

b0301400_13445120.jpg

b0301400_19512721.jpg


⬆︎石水院の南側に出ると清滝川を越えて向山を望み、視界が一気に開けます。

ここは四季折々の風景が美しいでしょうね。

ひゃあ〜 (・・;)

なんと縁側のすぐ下は崖っぷちではないですか!(怖)


b0301400_13452113.jpg
b0301400_13483376.jpg

b0301400_13481617.jpg

⬆︎こちらは「鳥獣人物戯画」です。

高山寺を代表する宝物で、現状は甲乙丙丁4巻からなるもので、甲巻は擬人化された動物を描き、乙巻は実在、空想上を合わせた動物図譜となっています。

丙巻は前半が人間風俗画で、後半が動物戯画、丁巻は勝負事を中心に人物を描いています。甲巻が白眉とされ、動物たちの遊戯を躍動感溢れたタッチで描かれてました。

甲乙巻が平安時代後期、丙丁巻は鎌倉時代の制作であると考えられているそうです。この鳥獣人物戯画は、鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の筆だと伝えられる一方で、他にも絵仏師 定智や義清阿闍梨などの名前が指摘されているそうです。

しかし、いずれも確証はなく作者は不明のようです。ガラスケースの中に入ってますが模本です。本物は東京と京都国立博物館にあるそうです。



b0301400_13104432.jpg
b0301400_13111463.jpg


⬆︎の巻物を右側から順に写したものです。

鳥獣人物戯画(甲巻部分)兎と蛙


b0301400_13114102.jpg
b0301400_13120095.jpg
b0301400_13135991.jpg
b0301400_13142484.jpg
b0301400_13144680.jpg
b0301400_13150697.jpg
b0301400_13153478.jpg
b0301400_13155721.jpg
b0301400_13162143.jpg

⬇︎ こちらは「仏眼仏母像」です。


b0301400_13485623.jpg


こちらの仏眼仏母像(ぶつげんぶつもぞう)もレプリカです。ここにあるものは全てレプリカなのかはわかりませんが…。

仏眼仏母は仏教で崇められる仏だそうです。

千里眼(せんりがん)のように物事の本質を見極める力をもっており、真理を見つめる眼を神格化したものだそうです。

仏眼は文字通り仏の眼を意味します。

仏母(ぶつも)とは仏の母というのが元々の意味のようですが、悟りの母体とも考えられているようです。本質を見極める仏の眼は、悟りの母体となるもの。

人は真理を見つめて世の理を悟り、仏即ち「目覚めた者」となり、これを真理を見つめる眼が仏を産み、人に真理を見せて仏として生まれ変わらせる宇宙の神性という擬人化した考から、仏母即ち「仏の母」としての仏眼信仰に発展したそうです。

明恵(みょうえ)は自分が見た夢の記憶を19歳の時から約40年間も残しており、その記録の中に仏眼仏母を母御膳(ははごぜん)と呼んでいるそうです。

お母さんのように慕っていたのかもしれませんね。

と、そんな風に思いながらこの記事を書いていると、急にフッと目の前が真っ白になり、意識がボヤけた感じになりました。意識の中で急に泣きたいほど切ない感情が湧いてきます。明恵さんの感情を捉えたのでしょうか。痛烈にお母さんが恋しかったように感じ切なさがこみ上げてきました。

実は、石水院の門の近くまで来た時に、猫丸と友人の間を黒い影がサーっと通って行ったんで、自然界のモノノケかな?ってその時は2人で話していましたが、もしかすると明恵さんだったのでしょうか。

⬇︎こちらは明恵上人の像で樹上坐禅像です。

一人静かに山中の樹上で坐禅。明恵上人は自戒の人であり、生涯女性と交わる事無く過ごしたと伝えられておりますが、明恵を慕う若い尼たちがいて明恵上人は度々欲情に取り憑かれたが、その度に不思議な妨げが入り過ちを犯すこと無く過ごせたそうです。

明恵上人は、釈迦の在世を慕いインドへの渡来を切望していたと伝えられてますが、春日明神の神託(しんたく)により、ついに果たせなかったそうです。

明恵上人の樹上坐禅像は国宝に指定されており、オリジナルは京都国立美術館に寄託されているそうです。



b0301400_13082088.jpg

b0301400_23243103.jpg

b0301400_23251824.jpg


⬇︎ こちらは運慶作の犬だそうです。

学僧とも称される明恵上人は、動物好きだったというエピソードもあるようです。

上人の幼少時に寿永の乱で両親を失った明恵上人。小動物を見ては父母の生まれ変わりではないかと思い、子犬をまたいだ後に振り返って子犬を拝んだという逸話などがあるそうです。

大人になった明恵上人が、座右に置いて愛玩した子犬だとされているようです。

ちょこんと座る姿はとても愛らしいのですが、上手く写真が撮れません(^_^;)

ガラスケースに入っているので、光ってしまいきちんと写せずこの角度でやっとマシな感じで写りましたが…(^^;;


b0301400_13084784.jpg

b0301400_13091858.jpg


⬇︎ こちらは、明恵上人の思想「阿留辺畿夜宇和・あるべきようは」です。

明恵上人の時代は鎌倉時代。古代から中世へと移行した節目の時代。

明恵上人が座右の銘にしていたという「栂尾明恵上人遺訓」には、「人は阿留辺畿夜宇和(あるべきようは)の七文字を持(たも)つべきなり。僧は僧のあるべきよう、俗は俗のあるべきようなり。乃至(ないし)帝王は帝王あるべきよう臣下は臣下のあるべきようなり。このあるべきようを背(そむ)くゆえに一切悪しきなり。」とあります。

明恵上人は最近流行った現代人の「ありのままで」という感覚ではなく、時により事により、その時その場に於いて「あるべきようは何か」と問いています。

自分本位なあるがままではなく、大人の常識「こうあるべき」でもなく、極端な偏りで善と悪や白と黒、田舎と都会などの極端なものではなく、明恵上人が問いかけたのはどちらかに偏らず、違いを認めながら共和する心が大事ではないのか…と人々に問いていたのではないかと感じました。



b0301400_13094304.jpg
b0301400_13100759.jpg


明恵上人は11歳から4年間栂尾の山で修行をし、大いに法力を得たと伝えられております。たった11歳で山で修行の道に入った明恵上人。時代背景が戦乱の中で人々が争う世ならば孤独な修行の方がいいと思ったのでしょうか。

今度は金堂まで行ってみたいと思います。



高山寺

京都市 右京区 梅ヶ畑 栂尾8

拝観時間・8:30〜17:00



さて、石水院を後にて今度は高雄の奥座敷に向かいました。

お昼もだいぶ過ぎていたので清滝川を眼下に望む離れの座敷の「指月亭・しげつてい」でお昼ご飯を食べようと立ち寄ることにしました♪



b0301400_20410124.jpg

b0301400_20415000.jpg

⬆︎この場所から写した景色が⬇︎の写真です。


b0301400_16092536.jpg

こちらも紅葉の名所で先程の栂尾、槙尾、こちらの高雄で三尾(さんび)と呼ばれているエリアのひとつ。

指月亭さんは高雄山の神護寺(じんごじ)へ向かう石畳の参道の脇にあります。

到着したのは14時半頃。女性がお一人で切り盛りされているようでした。

食事のメニューは「にしんそば」と「山菜そば」と「定食」のみですというので、
猫丸は山菜そばを、友人は定食を注文し、通された離れの座敷で待ちました。

何だか旅館にでも来た感じです。テンションあがります♪

待っている間、窓を開け清滝川の清流の音を楽しみました。

いいですよね♪ 川の流れる音は…。

脳が安らぐα波が出る音霊(おとだま)です。

紅葉の季節はさぞかし素晴しい景色だったでしょうね。


b0301400_20422987.jpg

b0301400_20424469.jpg


⬇︎ 離れの部屋から見た景色です。


b0301400_20452822.jpg
b0301400_20465018.jpg


⬇︎こちらが定食です。

時計回りに温かいお蕎麦、ほうれん草としめじのお浸し、お漬物盛り合わせ、中央には山芋すりおろし、そしてゆかりのかかったご飯です。



b0301400_20474581.jpg


⬇︎こちらは山菜蕎麦です。

スゴイ山菜の量に驚きました!

温めていただくようになっていて、熱々を食べられました。

味もしっかりしていて、とても美味しかったです (^^)



b0301400_20475968.jpg

b0301400_21085945.jpg


離れの部屋を出ると、川へ通じる道がありましたので降りてみることに…。

杖がわりの棒を貸し出してくれていたので、杖をツキツキ下へ降りると外人さんファミリーが川で遊んでおりました。

なんとこの季節に半袖です!

まぁ、外人さんはこの季節でも半袖で歩いてる方多いですもんね ( ̄▽ ̄)



b0301400_21111675.jpg

⬇︎ 清滝川に架かる高雄橋です。


b0301400_23121108.jpg

b0301400_16060405.jpg

b0301400_16083782.jpg
b0301400_16112626.jpg
b0301400_16115475.jpg


⬇︎ 高雄橋を渡ると古い灯籠がありました。


b0301400_16124512.jpg
b0301400_16131656.jpg
b0301400_16143354.jpg

⬆︎ こちらの灯籠は苔むしてかなり古そうです。

⬇︎ そして、上に続く階段が… 。



b0301400_16153527.jpg

こんな急な階段、恐ろしい予感しかしません!

今回はここで引き返しました (^_^;)

四季折々に来たい場所です。


アクセスは京都駅からと京都の烏丸からバスが出ているようです。

烏丸からですと「京都産業会館」前から8番が高雄行きだそうです。

1時間に一本しかありませんのでご注意ください。

京都駅からは栂尾山寺までは順調ならば50分、四条大宮からですと40分ほどです。

高山寺から京都方面の運行時刻は⬇︎の写真をご参考ください。



b0301400_12031318.jpg
b0301400_11550630.jpg
b0301400_11553922.jpg
b0301400_11555731.jpg


リフレッシュには最適な場所ですょ〜♪




ほな (=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-12-26 16:25 | 京都


京都・ROHM(ローム)のイルミネーション


今年も行って参りましたぁ、ロームさんのイルミネーションヽ(;▽;)ノ

冬の夜を明るく照らし出すイルミネーションには毎年癒されております♪

西大路五条から一筋西の道を下がると、そこはもう別世界。

夜でも明るい光の世界です♪

今年のテーマは「光と音楽」だそうで、光と音楽をテーマにデザインを施された電灯がズラリと並んでおりました。






b0301400_15151865.jpg



ローム株式会社の本社の周辺はこの時期になりますと夜は様子がガラリと変わります。

ロームさんが企画されているイルミネーションを実施されており、毎年地域に貢献して戴いております。

東日本大震災後は数年間自粛されておられましたが、また再びイルミネーションを鑑賞できることは幸せです。

今年は更にパワーアップしており電球数も増えておりました♪

それでも、全部見て回っても、だいたい30分くらいでしょうか。

場所はローム本社に面した佐井通り(通称・春日通り)沿いの並木道には80万個の電球が点灯されており、京都市内では最大級規模の素晴らしいイルミネーションです。

五条通りと佐井通り沿いの交差点にあるヤマモモの木はシンボルツリーとしてひときわ目を引いていました。

今年は光と音楽がテーマ。オルゴール演奏も流れており、素敵な雰囲気をより一層醸し出しておりました♪




b0301400_15152993.jpg

b0301400_15154047.jpg
b0301400_15160479.jpg

b0301400_15155142.jpg
b0301400_15161429.jpg
b0301400_15162839.jpg



通りを歩く道行くご家族や、肩寄せ合うカップルさんが目を輝かせて必ず「キレイ」と声を出す光景が猫丸は好きです。


ローム様、イルミネーションを再開してくださって本当に有難うございました。


感謝申し上げます m(_ _)m




b0301400_15234514.jpg

b0301400_15164318.jpg
b0301400_15230575.jpg
b0301400_15244183.jpg
b0301400_15250500.jpg


書き忘れました!

こちらのイルミネーションのスゴイところは、電球の電力は、自然エネルギーで発電されているそうで「グリーン電力」やエコ活動で削減されたCO2量を差し引く「カーボンオフセット」を利用し環境にも配慮したイルミネーションなんですって!

平日はそれほど混まないので小さなお子様がおられる方は平日がオススメですょ!

土日やクリスマスイブ、当日は人で混み合いますのでご注意ください。

実施期間は12月25日のクリスマスまでです♪

時間は16:45分から22:00まで、土日も点灯するようです。

お車でも通り抜けが出来ますが、オススメは歩いて見て回る方が断然いいです。

バスでお越しの方は「西大路五条」のバス停から3分くらいです。JR京都からですと「西大路花屋町」下車で徒歩5分くらいです。

JR丹波口やJR四西大路駅からですと徒歩15〜18分はかかります。

優しさと癒しの光に包まれるイルミネーション、大切な方々との大切なお時間をロームのイルミネーションを見て過ごして頂きたいと思います。

冬の夜です。いつもより暖かくして是非お越しください (^ ^)






ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-12-12 16:24 | 京都


宇宙との交信!トラちゃんの今日占い(9月20日・日曜)&地震体感と検証



b0301400_11112164.jpg





9月20日(日曜日)のお日柄占い。

にゃにゃにゃ!

今日はにゃ、今日は過去の因果の総決算となりやすいお日柄で、今日を機会に良くも悪くも過去の罪や徳に応じ、運命の節目を感じる人が増えるにゃ。

今日を有り難く過ごせた人は、過去の行いに反省をもって改善してきた努力の実り。
今日に嫌な事があった人は、過去の行いに反省なく、未だ自分を改善出来ていない人にゃ。どうすれば良いのか解る人は速やかに改善する勇気と覚悟を決めて、直ちに行動してにゃ。どうすれば解らない人は、周囲の人にアドバイスを求めて自分を知る機会を作り改善する努力を。

今日は挑戦という意味合いがあり、新しい試み、方向転換には最適なお日柄。
心で募らせてきた事や思い描いてきた事、長年の夢や希望を叶えやすい願望達成に向かえる日でもあるにゃ。悪い事も良い事も願望達成し易いお日柄なので、決して悪には走らないようににゃ。悪い事も叶い易いので、犯罪に巻き込まれぬ要注意!
制裁を意味するお日柄の今日。本日の悪事は、必ず裁かれる運命。覚悟して行うにゃ。

本来は「戦い」を意味する日。良い意味では何事にも挑戦する気持ちが高まるので、人生の切磋琢磨にはとても良いお日柄。我が身を正す良い機会にゃ。

また戦いとなれば徹底抗戦(てっていこうせん)する構えとなりやすく、心内に持つ熱い正義感に燃え闘争心が止められなくなるかも。それに伴うトラブルには気をつけて!
決して熱くなりすぎて冷静さを失わないように。

また、果敢なチャレンジが変わらない運命を変えれるだけの奇跡を起こしやすいお日柄で、自分の為より世の為、人の為という大義名分の行動には運命を変えられるチャンスあり!それには冷静に行動を取ることが大切。

今日のお日柄のキーワドはにゃ、海外、国際問題、闘志、激怒、正論、論破、パイオニア、スキル、火難、対人トラブル、金銭トラブル、乗り物、事故、外、交際、セレブ、チャンス、騒動、精神世界、人脈、警察、検察、刑事、司法、法律、裁判、挑戦、決心、準備、見栄、イベント、喧嘩、選択肢、カリスマ、希望、夢、人見知り、几帳面、器用、集い、集団、友達、学校、交流、引き立て、後ろ盾、ヒステリー、アピール、ライバル、正義感、ルール、規律、違憲、信心、信仰心、気配り、上下関係、変身、エキスパート、会話、営業、独立、運、運命、火難、秘密、地位、名誉、犯罪(通り魔、空き巣、怨恨殺人、ひき逃げ、イジメ)教師、生徒、尊大、だにゃ。

恋愛運アップのラッキーカラーは、紫、茶色、黄色、オフホワイト、金色。

夫婦円満運アップのラッキーカラーは、桃色、グレー、橙色、ワインレッド。

友達運アップのラッキーカラーは、青、水色、オレンジ、濃紺、赤。

仕事運アップのラッキーカラーは、えんじ、黒、桜色、水色、レモンイエロー。

今日の災難除けの秘訣はにゃ、腹が立つと言いたい事をズバズバと言い易いお日柄で、余りにも的確に相手の欠点を突き、更にえぐる傾向があるので、人に対して意見を言う機会がある時はやり過ぎないよう注意気してにゃ。夜半になるにつれ次の日のお日柄が報復や復讐心の高まるお日柄なので、逆恨みや恨みの因果を作ったり、買うことになるにゃ。今日は「文句」という本音は出さない方が賢明。事が荒立ち、長く尾を引き対人関係が悪くなるキッカケとなってしまうにゃ。例え本当の事であっても、発言するならば相手の立場に立って自尊心を傷つけないココロ配りは人として大切なことにゃ。
尊大(そんだい)な態度、言葉に要注してにゃ。

勝つことが目的の公の場での戦い(裁判など)は別。悪に対して容赦なく戦うには明日じっくり作戦を練り明後日実行するが吉。

今日の運気アップの秘訣はにゃ、自己アピールをしっかりすること!喋らないことで誤解を招きそう。本来の自分の姿をカッコ付けずに出していい日。未来を考えて、未来をよくする為の行動が大吉。素直な心で相手と対峙すると運命が良く変わり易い日。特に仕事関係ではその方が対人関係は円滑となり、誤解も解け、仕事運がアップ。

また、几帳面さが高まり易く手際も良くなり、細かい仕事もテキパキ行えるお日柄なので、面倒な仕事に向き合うには最適なお日柄。部屋の模様替えは金運がアップ。書類の整理整頓は更に金運アップ。親しい人への手紙、お礼の手紙などは対人関係運がアップ。ベッド周りや布団カバーを綺麗に洗濯すると異性運がアップするからにゃ、独身の人はお布団綺麗にしてみてにゃ。




b0301400_11552839.jpg





みなさま、ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

今月に入り占い的に予想通りな事柄が次々に起きています。

世界同時株安や日本では茨城、宮城の水害、そしてチリでの大地震、阿蘇山噴火、そして19日になったばかりの夜中に安保成立…。
世界中で砂嵐や干ばつ、火山噴火、熱波、暴風雨などの異常気象に見舞われ、このような現象が今後も続けば、今後どうなるかは想像に難しくないと思います。異常現象が普通になっていく懸念のある地球の未来。これからの時代は食糧難に陥る危険があります。国民は国難を乗り越えねばならない時代に突入するかもしれません。自然界が穏やかであり続けた時代に地球の破壊を繰り返してきた人間への因果応報が始まるのかもしれません。

穏やかな自然界に感謝の念しかありません。
日々、普通に過ごせる今を有り難く生きて参りましょう。
5〜10年もしない内に地球はもっと変わるでしょう。

酷い胸騒ぎはかなりマシになりましたので、ここから先10日程度は何かしら大きな事が起きる可能性があるかもしれませんので検証していきます。
様々な地磁気データも出ておりますので、噴火、地震、異常気象には念のためお気をつけください。

さて、昨日は執念深い意味を持つお日柄でした。
なので、昨日恨みを買った人は行く末にタダでは済まない運命が待ち受ける可能性のある怖いお日柄です。

昨日のお日柄に因んだ事がありました。

先日あるサイトで毎日のようにサイトを荒らし、執拗に嫌がらせをする人がいるのですが、何故その方が嫌がらせをするようになったのか…というその原因を、サイトの運営者が暴露したのです。

それを見て驚きました。やはりその恨みを買ったと思われる日は、昨日と同じお日柄だったのです。

そして、その嫌がらせは、なんと10年以上も続いているのです。
それ見てホント、寒イボ立ちました。

執念深いお日柄は幾つかあるので、その都度ワードに(執着とか怨恨)と書いておりますので参考になさってください。

2013年に発生した東京 三鷹の民家前で復縁を断られて殺害した、ストーカー殺人事件は、当時、交際していた女子高生だった鈴木沙彩さんを、犯人の池永チャールストーマスは、散々嫌がらせの復讐をした挙句、この執念深いお日柄に沙彩さんを殺害したのです。この日のもう一つの意味合いは狩りで獲物(ターゲット)の獲得です。猫丸の占いのキーワードの中の犯罪項目は、その日のお日柄にどんな事件があったのか、過去を遡(さかのぼ)り調べて出したデータなのです。ストーカー殺人で有名な桶川ストーカー事件では、被害者の女性が友人に「私殺されるかも」と相談した、本気で死を感じた同じお日柄に殺害されています。昨日とは違うお日柄ですが、執念深いお日柄でした。

亡くなった祖母の言う通り、「お化けより人間の方が怖いんだょ」という言葉をいつも思い出します。怨恨を象徴するような執念深いお日柄の日には、必要以上に人様に対しての態度や関わり方に気をつけることは、自分や家族を守る為に大事なことです。

言葉や態度に気をつけていない人は、知らぬ間に恨みを買ってることもありますので、本気で要注意ですょ。

特に男女問題では、愛が憎悪に変わることなど日常茶飯時です。

相手との交際を決めるまでは、信用できない人との交際はしないことです。
相手を信頼できるか否か、人間性を見定めてからお付き合いする事も大切ですね。
見た目がタイプだからと人間性を重視しなければ、とんでもない目に遭ったとしても仕方のないことで、見る目がなかったと言わざるを得ません。

別れた相手がストーカーにならぬよう、また相手をストーカーにさせないよう別れるには相手を極力傷つけない言動がことさら重要です。

また、突然理由も告げず着信拒否も恨みを買いやすい方向性です。
また、よほどの理由がない限り(DVなど)第三者に伝えて貰うのは危険が高まります。第三者に伝えさせることで、自分を裏切ったという気持ちが高まり易くなるそうです。別れ話は2人きりにならない場所、人がいるお店などが安全です。
別れた後は一切、連絡を受け付けないことも大切で、一度でも相手の言葉を聞いてしまうのは、相手の気持ちを諦めさせない形にしてしまいやすいようです。
最善を尽くせば、大難は小難となる可能性が高くなり、こうした事件発生に繋がらない可能性も高まります。別れたいと思う人に暴言を吐いたり相手を見下し、自尊心を傷つける言動には細心の注意を払うことは大切です。自分がされて腹立つことはしないことです。

安心して暮らせる人生は、やはり何事にも気をつける事だと存じます。

明日という未来の動向を予測して、よい方向へと運命を変える為の占いです。

ご活用ください。




b0301400_12201982.jpg



本日の地震体感検証です。

昨日までの体感は、グニャリ現象(7日目)が1つ、強め(3日目)が1〜2つ。
少し強めが入り乱れてました。

本日 発生した地震は…。

チリは相変わらず余震が多いのでマグニチュード4.8〜5.まではまとめて書いてます。

チリ・マグニチュード4.8〜5.7…13回

チリ・マグニチュード6.3
チリ・マグニチュード5.8

インドネシア・マグニチュード5.0
アイスランド・マグニチュード5.0
パプアニューギニア・マグニチュード5.1
インドネシア・マグニチュード4.9

これらが少し強めの入り乱れの対応地震と、強め1〜2の対応地震だと思われます。

発生してない残りの体感分の地震は、グニャリ現象が1つだけです。

16時ごろ強めがまた1〜2(どちらか分からないので)を感じました。
少し強めはまだ入り乱れてます。

引き続き検証します。




では、本日も良い選択で、良き結果を得られますように…。





ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2015-09-19 17:41 | トラちゃん占い

    

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル