猫丸ねずみの大荒れトーク


今年の地震の予知予測など…(木村氏、串田氏、村井氏など)


東日本大震災から3年と5ヶ月が経ち、あの東日本大震災級の大地震が起こる可能性についての記事などをご紹介したいと思います。


b0301400_11570556.jpg


まず先月「TV・タックル」という、ビート・たけしさんの番組に出演していた地震学者の串田氏や、琉球大学名誉教授の木村氏は巨大地震の起こる可能性を肯定しており、
木村氏は2017年までに伊豆諸島を震源とした巨大地震の発生を警告しています!
木村氏は東日本大震災も4年前から予知していたそうです。
木村氏の地震予知方法は、巨大地震が起きていない「空白域」での小地震が頻発している場所を「地震の目」と名付けて、この目の近くで巨大地震は発生するというのが木村氏の理論だそうです。

そして、この理論に基づけば、次の巨大地震の震源域は伊豆鳥島を中心とする、北と南に広がった伊豆諸島で規模はマグニチュード9クラスと推測しています。
マグニチュード9クラスは、あの東日本大震災と匹敵する規模です。
そんな巨大地震が2017年までに起こる可能性を示唆しています。
この時、太平洋側での広範囲に及ぶ巨大津波も同時に起こることを予測しています。

東日本大震災も2007年の太平洋学術会議で公表したそうですが、当時は誰からも賛同を得られなかったそうです。

そして、地震研究家の串田氏の地震予知方法は、FM電波を使って予知する方法で、近畿地方は2008年からFM波が乱れていることに着目し研究をしています。
地殻破壊に伴う地盤の電気的状態や電離層に変化が現れるとの仮説に立ち、電磁的な異常をキャッチする方法だそうです。

串田氏によれば、琵琶湖を中心とした近畿地方にマグニチュード7.8±0.3の巨大地震の
可能性を示唆しています。串田氏は一番早い時期で今年11月8日±1〜2日の間に巨大地震は起こるのではないかと明言しています。
串田氏の地震予測はこの四年間外しにハズしてきておりますが、今回は慎重に予測結果を出したそうですけど…。
当たらないことを祈りましょう。

この予言に対し、出演していた地震学者のロバート・ゲラー氏は日頃より地震予知は不可能とする学者です。この2人に対し猛烈に反対論を出していたそうですが、個人的にはロバート・ゲラー氏こそ眉唾学者のような気がしますけどね。

ロバート・ゲラー氏は「地震予知は無益な努力であり、不可能な事を可能であると見せかける必要はない」と言い切り、新たな地震予知研究を全否定している学者です。
誰の回し者なのかは知りませんが、予測も出来ない地震学者は、何の為に地震学者をしているのでしょうねぇ。
日本の地震予測の妨害をしているロバート・ゲラー氏が日本地震の予知、予測の妨害しなければ、もしかすると東日本大震災の犠牲者はもっと少なかったかもしれないと、個人的には思うのですけどね。
現に、木村氏も測量学の権威で地震予知もしている村井氏も東日本大震災を予知していたわけです。大々的に広めて注意喚起していれば、家は失くしても親族やパートナーや友人を亡くさず済んだかも知れません。運命は変えられた可能性があるわけです。

そう考えると今の時代、予知もせずに地震学者が存在する意味はないですょ。

実績ある予知データかありながら、ロバートさんのように頑なに反論するのは、何かしらあるのではと、逆に疑ってしまいます。

村井氏の予測として有名なのが、伊予灘で震度5くらいの地震が合図に南海トラフで巨大地震が起きるといわれておりましたが、それはまだ起きていません。
しかし、このデータは蓄積されており、更なる大きな地震になる可能性があるわけです。昨年から続く日本列島の異常な地殻変動は、現在も異常なまま継続中なのです。
予測が1〜2年ズレると、人々は信憑性がないと感じてしまうのが残念なところです。
4週間前は181ヶ所で一斉異常変動があり、2週間前は32ヶ所で異常変動があったようです。村井氏によりますと甲信越飛騨地方や淡路なども要警戒ということです。
先日、京都に珍しく震度4という中規模地震が発生してましたし、三田まで揺れてました。その前日に三田では中国ラジオ放送が紛れ込むという事もありましたし、ここ最近電波状況が悪く携帯がプツプツ切れてましたから、近畿圏の地殻変動で電磁波が発生していたのが原因かもしれませんね。と、いうことは、近畿圏の地殻変動は活発なのかもしれません。

しかし、村井氏曰く、日本列島はマグマの上に日本列島がのっかっているようなものだから、いつどこで大きな地震が来てもおかしくない…と述べています。
日本は地震の多い国で、四六時中何処かで揺れてる状況の国です。

これだけ四六時中揺れているからこそ、巨大地震に繋がってないのかも知れません。
群発地震や日本列島であちこち揺れてなければ、巨大地震は数年に一度くらいの頻度かもしれません。

先日北海道で3メートル50センチの巨大なマンボウが網に掛ったそうですが、確かに今年の夏は暑い北海道であったとしても、熱帯の海に生息するマンボウが北海道で発見されるとは異常なことです。
この画像のマンボウが北海道で捕獲されたものです!
かなり大きいですねぇ。


b0301400_16170084.jpg


この時期と同じくして北海道の海水温度は上昇しており、マグニチュード4.2の地震も発生してました。海水温が上がったのがマンボウが迷い込んだ理由だったかも知れませんが…。

村井氏が伊予灘で震度5くらいの地震がキッカケとなり、と言った地震が伊予灘で起きたのが今年3月14日、マグニチュードは6.2という大きな地震で最大震度は5強でしたが、深さが80キロと深く幸いしましたが、先日8月14日に起きた周防灘の震源の地震はマグニチュード4.4、震源の深さは同じく80キロなんですけど、偶然ですかね?
南海トラフも気が抜けませんね。

先日のYahooニュースで、チリ北部に巨大地震発生の可能性の歪みエネルギーが蓄積されているとする論文が二つネイチャー誌に掲載されたそうです!
今年の4月にチリではマグニチュード8.2の地震が発生したばかり。
居住地からかなり離れた場所での震源でしたが、この地震で6名が死亡し、100万人が避難を余儀なくされました。
しかし、この論文によりますと、今年4月の巨大地震は彼らが予知する巨大地震とは違う可能性が高いとしているそうです!
今年4月の地震は、長年地震のない地震空白域にある活断層のほんの一部しか動いていないというのです!なので、今後巨大地震に繋がる膨大なエネルギーは蓄積されたままだと論文は警告しているそうです!

1960年に発生したチリの巨大地震はマグニチュード9.5という近代地震記録の中でも最大級の規模でした。長さは1キロ、滑り量は10メートルを越える断層が動き、この時、日本にも津波が押し寄せたそうです。今後チリで巨大地震が発生すれば、また日本もタダでは済まない可能性もあります。


最近は天候の様子も異常です!
今年の雨の振り方はおかしいです。
今日は京都もどしゃぶりで、雷が鳴ってます。
天気図を見ると、梅雨前線のような配置の雲が広がります。
こんなことはこの時期としてはなかった現象ですね。

只今、近くでカミナリ落ちましたぁ〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノこわい!
猫が驚いて、食器棚の上の寝床から落ちましたょ〜ヽ(´o`;
猫も驚いて落ちるんですねぇ…( ̄▽ ̄)

この天気が回復してくる辺りで、また発震するかもですねぇ。

いつかは起きるという巨大地震を異常に怖がったり、憂いてばかりいるのではなく、万が一に備え覚悟を決めたなら日々を有難く生き、普通に過ごせる日々を感謝して楽し過ごす…という心構えが最良だと考えますが、如何でしょうか。





ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2014-08-16 12:11 | 自然災害 異常気象

<< 宇宙との交信!トラちゃんの今日...      関西テレビ「よ〜い・ドン」のお... >>

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル