猫丸ねずみの大荒れトーク


風邪薬などの市販薬の副作用か!?この5年で15人が死亡という事態とその対策について…。


4月8日の朝TBS系(JNN)での報道で、風邪薬など市販されている薬の副作用とみられる症状により、この過去5年間で15名が死亡していることが判明したそうです。


b0301400_02471631.jpg


消費者庁によりますと、昨年10月までの5年間で、市販されている薬の副作用とみられる発熱や肝臓機能障害、皮膚のただれなどの症状が出た人は1225名、その内15名が死亡したとの報告ですが、もちろん水面下ではどれ程の被害者がでているかなどは判明しておりません。


b0301400_02474394.jpg
b0301400_02475158.jpg
b0301400_02475877.jpg
b0301400_02480546.jpg
b0301400_13381301.jpg


最も副作用が出た薬は、皆さんが風邪の症状が出た時に悪化しない為に飲んでいる風邪薬で、次いで解熱鎮痛剤だというのです!

会社や商品名は分かりません。市販薬の副作用件数は3年前に厚労省が公表しているそうですが、消費者庁としての発表は初めてで、改めて注意を呼び掛けているそうです。

注意を呼び掛けているのにもかかわらず、商品名を公開しないのは何故なのでしょうね?

何の薬で副作用が出たのかが判らないのに防御もできないはずですが…。

商品名を公開しないということは、憶測ですがどのような市販薬でも副作用は有り得るということです。

死亡した人が存在し厚労省までが確認しているというのに、商品名を公開しないのは何故なのか…という事を深く考える必要があると思います。

このニュースだけを見ると、市販薬だけが危険のように伝えられておりますが、そうではありません。

病院で処方される薬もまったく同じです。

薬は免疫力が低下している時に服用したり使用したりすれば、免疫力は尚更低下してし治りが遅くなるのです。

治りが遅くなるだけなら良いのですが、こうして死亡例もあるということは、その薬が人体にとりどれ程の劇薬であるのか…ということを悟らなければ このような事態は決して避けることはできません。

統合失調症の治療薬ブリオンという薬がは2013年11月19日に販売開始されましたが、販売開始から2014年4月16日までにブリオンを飲んでいた32名が死亡とのこと。ヤンセン社の発表によれば、死亡した患者や死亡に至る経緯に共通点が見られないことから、当該薬と死亡の因果関係は不明であり調査中だそうです。

また、2015年1月9日 朝日新聞デジタル記事によりますと、昨年4月以降に相次いで発売された新糖尿病治療薬を服用した患者が10名死亡していました。

各製薬会社による副作用調査で判明しましたが、その件については薬との因果関係は必ずしも明確でないとしておりますが、どこの会社も同じことを言って責任を取ろうとはしません。

新薬は「SGLT2阻害薬」という、生活習慣が原因で患者数が多い2型糖尿病患者が対象の薬だそうです。昨年4月以降、国内では6製品が販売開始され専門家によりますと、10万人以上が服用していると推定している薬だそうです。

朝日新聞が各社の調査をしたところ、約4800件の副作用報告があったそうです。うち、重篤な副作用は、皮膚障害、尿路感染症、脱水症などで、約10人が死亡とのことです。

学会ではこのSGLT2阻害薬を「夢の新薬」というようなイメージで販売したようですが、夢の新薬どころか死亡者が出ているのです。

薬は病気を治していません!

それどころか長く使用すればするほど重篤な副作用に悩まされることになるでしょう。免疫力が低下してしまえば様々な臓器を損傷し、後遺症どころか、それこそ命の危険を覚悟せねばなりません。

現実の死者の数など表に出るはずもありませんが、これらの数字を遥かに上回る数字だと思われます。

真実の数字など出たら大変です。
全国民がひっくり返るレベルかもしれません。なので出すわけがありません。

製薬会社はなんとでも言うでしょう。

しかし、亡くなった方々はもう二度とは戻ってきません。
後遺症で不具合が出てしまえば、その後遺症さえ治るかどうかさえも分かりません。

薬を飲めば飲むほど、健康な体とはかけ離れてしまう危険があります。
更に体調は悪化する危険が伴います。

それが薬の実態です。

治らない病気に対し、一刻も早く完治させたいが為に新しい薬を使用したい気持ちは理解できますが、そもそも薬で病気は治りません。
力ずくで病気を追い払ってはくれません。

自分が作り出した病気は、薬や治療では治らないのです。

では、何で治るのか?

自分の病気を治せるのは、自分自身の免疫力だけです!

自分の身体に出ている症状というのは、身体の症状を早く治そうとする反応であり、警告サインです。その症状を抑える薬は自然治癒を遅らせていることに他なりません。

薬の真実は、痛みを麻痺させる効果はありますが、薬で根本原因が治ることはありません。

薬で傷ついた細胞を治しているのは、実は薬ではなく免疫細胞なのです。
薬は免疫細胞を傷つけるので、根本原因を治すことが難しくなります。
そのため薬を飲んだ場合は、通常よりも治りが遅くなります。

もっと多方面から薬について学び、その薬のリスクを含めて理解しましょう。

実際に薬を使用するならば、最悪の死というリスクを覚悟してご使用になってください。

それぐらい危険な毒なんです、薬は…。

薬を飲まず、免疫力を正常に戻せば病気(不具合)は治って行くものです。

具合が悪いのは、免疫力が発動して根本的に悪い箇所を治しているからです。
具合の悪い時は暫く食べず、ゆっくり休めば大抵は治るものです。

具合が悪くてもお腹が空く人もおりますので、その時は少しだけ消化の良いものにすると良いです。

食べれば食べるほど内臓に負担をかけますので、これもまた治癒が遅れます。

具合が悪くなると食欲がなくなるのは、身体が免疫力を上げている証拠であり、食欲が無くなれば免疫細胞であるたった5%しか存在しないマクロファージが、原因物質の除去を手伝える環境下になります。

このマクロファージは血液に混入したホコリでさえ食べ、脂肪さえ食べる、何でも食べてしまう最強の免疫細胞です。

なので、たったの5%しか存在していません。

普段沢山食事を取っている人は、食事で汚れた血液の中の物質ばかりをマクロファージは食べています。人間が少食になることで、マクロファージはやっと病気の原因物質やがん細胞などを食べてくれるようになるのです。

なので普段から少食の方がマクロファージが活動しやすい環境下になりますので、少食は健康を維持するのには最も有効なのです。

身体の不具合は食事量を減らすだけでも断然効果があり、具合の悪い時に食欲が低下することは身体の恒常性を維持する方法であり身体の防衛反応だということです。

現代人は具合が悪いからと病院へ行き、検査をし治療を受け薬を飲む…という行為が、不具合を悪化させる原因なのです。

病名さえ判れば何とでもなる、治療法がある…と信じ切っています。

そして、病名が判明すると薬を貰うことは当然で、病気を治す根本薬だと信じて疑いません。人間の手によって開発された薬は化学物質です。身体にとれば化学物質は異物でしかありません。身体に良いもの、必要なものでは決してありません。

そして、更に現代人の免疫力を低下させているものは塩分規制です。
これで更に免疫力を低下させています。

海から取れる自然塩は(精製塩ではないもの)細胞の核にまで届く唯一の細胞を修復できる自然の薬です。

自然塩は自然の恵みであり恩恵そのものの物質です。

治療や薬、放射線で傷ついた染色体でさえ修復する力を持つ物質は、この世に自然塩のみです。

自然塩さえ摂取していれば、大抵の病気など恐れることはないくらいです。

但し、がん治療やかなりの治療を受けている人は、なかなか難しいかも知れません。
それは細胞を悉く破壊した後であり、人体の免疫力がかなり低下してしまっている可能性が高いからです。散々劇物治療を受けた方は助かる見込みは低いかもしれません。

それほど免細胞は人体に重要な細胞であり、免疫力が働かなければ私たちの健康は守れません。

薬や治療は、この大切な免疫細胞を殺してしまいます。

免疫細胞が死ねば、それは命がなくなる…ということです。

がん治療は死を覚悟しなければならないものです。癌で死ぬのではなく、癌治療で亡くなる事実を知らない人は、みな命を取られてしまいます。

そんな馬鹿な…と思う人ほど、助かりません。それが癌治療の真実ですから…。

この世は人体に有害な精製塩を作り出しました。精製塩を大量に摂取すれば身体には有害です。医者のいう塩が悪いというのは、この精製塩のことであり、自然塩のことではありません。この自然塩が足らないことで病気はますます増えてしまった訳です。

自然塩は決して有害ではありません。
その検証はもう10年以上しておりますが、沢山摂取してもなんの障りもありません。

塩分は血中で一定に保たれますし、自然塩にはカリウムやマグネシウムがたっぷり含まれておりますので、多く取りすぎた塩分は排出されます。精製塩の塩は排出されませんが…。

猫丸のカテゴリ健康で「塩の真実」をご覧ください。

日本は2011年の原発事故以来、世界一の被爆国となっております。
原発事故から4年、未だ収束はしていないのです。

放射能を浴びると赤血球や白血球はダメージを受け減少してしまいます。白血球が少なくなることでウィルスなどの有害な菌を殺傷する力が低下しますので、インフルエンザや風邪にかかりやすくなります。今の日本人は免疫力が低下しています。

その証拠に、突然死が増え病院は予約を入れないと受け付けてくれない程、大盛況なのです。免疫力が低下してしまうことは、死に繋がる一大事です。

突然死する方は、大きな症状なく過ごされ突然亡くなるのです。
なので「あんなに元気だったのに…」と、周囲が驚くのです。

突然死する方に具合の悪い症状がないわけではありませんが、何とか過ごせるレベルなので無理してしまうのでしょう。このような方々は、逆に大きな症状がないので無理を重ねてしまいます。

体力がなくなり免疫力機能が低下したことで発熱やあらゆる症状が出ないのです。

元気な方は、免疫力が働きますので様々な症状が出るのです。
体力がなく弱ってしまった方は、免疫細胞が働かないので、様々な症状がなくいきなり死に繫がってしまう可能性があるように思っています。

毎日浴び続けている放射能で免疫力は低下しているのです。そんな時に薬を服用すれば更に免疫力を下げてしまい、命を守ることには程遠い現実となってしまう可能性があります。

免疫力を上げる方法は幾つかあります。

その一つが発熱です。現代人は発熱が悪だと思い込んでおられますが、そうではありません。発熱は免疫力を上げる最高の薬であることを理解しない方は、薬を服用してしまうでしょう。この発熱のお陰で菌やウィルスを根本的に除菌できるのに、その発熱を薬で下げてしまうとは本末転倒です。

そして二つ目はに、肉、乳製品、油ものは悪玉菌を増やす最高の餌であります。
これらの食品を毎日摂取している人は、病気になるリスクを上げています。
これらの食品は免疫力を下げますので、これらの食品を極力食べないことは免疫力を上げることになります。

三つ目は、森林浴です。森林浴には心を落ち着かせる効果が絶大です。自然の恩恵を肌で感じ、脳でも感じられる森林浴は解毒率を上げ免疫力を上げることになります。
細胞が活性化し、ナチュラルキラー細胞が増えることで免疫力をアップするとの統計も出ています。

そして四つ目は、無駄に悩まず考えず心を切り替えて楽しく過ごし、感謝ができる日々を送ることです。感情はダイレクトに身体に影響を与えるからです。

出来うる限り、笑顔でいる努力が大切です。笑うだけで免疫力が上がると科学的にも証明されています。作り笑顔でも笑顔は笑顔。周囲に見せる顔一つで、相手に不安を与えません。相手が不安を受け取れば、相手の不安が、またアナタへと還る仕組みです。これが因果応報です。人から不安要素を受け取るという事態がいつまでも続いてしまうのです。

なので結局不安要素が増すだけの事態となり、更なる悪影響が身体に及ぶのです。

悪い言葉は自分の耳でも聞いており、魂を持つ人間はこの言霊の作用により身体に影響受けてしまうのです。

なるべく悪い言葉は使わないよう心掛ける努力しなければ、言霊の影響を知らずに受けていることになるのです。(猫丸のブログ・カテゴリ健康の「人の感情が及ぼす体への影響と病気について…自己破壊を避けるために」をご覧ください)

なので、笑顔や良い言葉は免疫力を上げる最高の方法です。

毎日をくよくよ考えず、明るく過ごすよう心掛け、日頃の全てに感謝して文句言わずに過ごし、人に甘えず人を大切に扱い過ごす日々なら病気とは無縁になるでしょう。

生きる質を上げるには、人間の質を上げることです。

人生とは…人間に生きる意味を問い続けております。
病気とは霊的因果でいえば、隔世遺伝が示すDNA構造です。
古来からの先祖のDNAを隔世して集約しているものが遺伝子なのです。

先祖が残した記憶は良いものだけでなく、どちらかといえば達成できなかった感情DNAが多く、その感情を消化するために感情から発する病気の因果が出てくるのです。

その感情を未来の子孫が受け継ぎ浄化する役目を果たすのです。

人生で病気になる不都合は人にとれば最悪な事態に感じると思います。

しかし、この不都合とは人間が生きる意味を知るために必要な事態である…ということなのです。

幸せになるためには様々なことに気づくこと…これに尽きます。

失うことで気付く人間の方が遥かに多いので、病気で何かを失うことは傲慢な人の心の暴走を改められる機会です。

それほどの究極な事態でなければ、人間の心が改善することは難しいのです。

人の命は尊い…これは人の命を尊いと認めてくれる人が存在すればこそです。

人の命は尊くない…と思う人もいるのです。

人が人を愛し、想い合うからこそ命は尊いのです。

なので人間が病気になるには、なるだけの理由があるということを理解すれば、薬で安易に治そうとすることは無意味だと気付くはずです。

病気とは、生活習慣を改める機会であると同時に、心の浄化作用に繋がる機会(心を改める)機会だということです。



ほな(・ω・)ノ

by neko_nezumi | 2015-04-13 12:23 | 健康

<< 宇宙との交信!トラちゃんの今日...      宇宙との交信!トラちゃんの今日... >>

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル