猫丸ねずみの大荒れトーク


カテゴリ:トラちゃん占い( 1033 )



宇宙との交信!トラちゃんの6月占い&災害警戒日のお知らせ

⚠️ モノノケ横行日のお知らせ…今月は6/15日〜19日までがモノノケ横行日となります。この時期は、モノノケが人の心に悪の種を撒き散らします。心が乱れることがありましたら、どんな理由であってもご自身のために深呼吸や塩風呂に入るなどして心を落ち着かせ、心が悪に染まらぬよう努力する事が大切な時期です。万が一、モノノケに種が蒔かれたとしても、あなたが心を鎮める努力を怠らなければ、悪の華が開花することはありません。


b0301400_22270466.png


にゃにゃにゃ!

基本は未来に関することがテーマとなる月。

良くも悪くも未来を示唆する出来事が起こりやすくなりそうにゃ。

また、未来とは真逆の過去の出来事など、隠れて視えない真実を執拗に追求する動きも起こりそう。

知られざる様々な世界や歴史の真実、故意に隠された真相の究明、秘密の暴露やカミングアウトなど、個人的な事柄から社会的な事柄まで、裏と表、過去と未来についての話題や問題などで良くも悪くも心が揺れ動いたりすることが多くなるかもにゃ。

今月示された予告、警告、予言的な噂、社会的報道、発言には良くも悪くも要注意。

いま、宇宙は大きな変化の時期に突入し、今後7年間は地球も大きな災害が多発していくと思われるにゃ。

人にとり救いなのは、宇宙の変革の時こそ魂を持つ人間にとれば 忘れ去られた霊性を呼び起こせるチャンスの時でもあるということにゃ。

なので、この6月の未来がテーマの月から、本気で後悔のない未来の人生を歩むことをオススメするにゃ。

今月は自分自身の内面との葛藤に勝てれば、あなたの未来は安定の兆しにゃ。

スキルを身につけたり、新たなチャレンジは損のない投資となりそう。

6月の災難除けの秘訣はにゃ、自分や社会の未来について不安視したり、悲観して自暴自棄にならないこと。

未来に希望が持てない人が起こす事件(トラブル)が増えそうなので、巻き込まれぬよう要注意。

今現在、最善の努力をしているのに人生が理不尽で辛いと嘆いているあなた。

今後は、自分の望む幸せを最優先する決意が災難除けの秘訣となるにゃ。

人を幸せにするための自己犠牲は、一見すると美徳のようにみえるけど、宇宙は何も犠牲は求めないし、犠牲精神を持つ人は自分の魂を傷つけ、哀しみに満ちた因果を生むだけにゃ。

犠牲を求めるのは低俗な人間と、低級な物の怪(悪霊)のみ。

自己犠牲が招いた理不尽な環境に終止符を打ち、自分が本当に望む環境へと身を置くことができるようになることが、あなたが生まれてきた本当の理由にゃ。

あなたに依存する人々の心の改善を図る、再スタートの第一歩ともなりそうにゃ。

自分が縛られているものから、思い切って離れる勇気を持つ気持ちは傲慢ではないにゃ。

犠牲精神は徳を積む行為などではなく、逆に誰のことも救わない不徳となるということに気づいてにゃ。

人は皆、自分で自分を救おうとする精神力が大切であり、依存心は人も自分も殺す行為だと気づいてにゃ。

本音を押し殺し、日々我慢して生きることを望んでいない限り、我慢は何の役にも立たないにゃ。

大切なことは、自分の本音と深く向き合い、周りにいる大切な人たちの心と向き合い、伝えたい本音などは打ち明けるようにすることにゃ。

これができない人と一緒にいても、結局は辛い感情しか生まれないにゃ。

現在、未来に不安を抱く人は、まず自分自身の心が強くなれる努力をしてみてみるにゃ。

6月の運気アップの秘訣はにゃ、自分自身の未来を諦めず挑戦してみること。

また、ライバル出現は、自分の弱点を克服する良い機会に繋げて、切磋琢磨して実力を更に磨いて吉。

精神力(何かをやり抜こうとする意志)を高めることに集中できると、現実に対応する勇気を出せる気持ちになっていくにゃ。

精神力が強くなるに従い、次第に霊性も高まるので、魂に刻まれた自分を縛り付ける負のDNAの浄化も可能となり、この世での選択肢も必ず変わっていくので、ここからなら本当の意味で未来を創ることが可能となるにゃ。

自分の考え(思考)は未来を創る元。

誰しもが自分の心で思うことは、誰の目に見えることではないので自由だと勘違いしているにゃ。

実際、大抵の人々は「心で何をどう思ってもいい」と思っているでしょう?

ところがだにゃ、霊界は肉体を持たない意識の世界で出来ていて、人間は魂を持つ存在なので、人間の普段の意識(思考)がネガティブだと霊性が低くなり、この世でもあの世でも辛いことの連続となってしまうんだにゃ。

悪い思考を改めず野放しにしているだけで、それは自分の現世の未来から死後に至るまで、自分を幸せにしないという未来の因果をつくっているのだということを知って欲しいにゃ。

不安要素が多い人ほど、何かに依存する心から抜け出せなくなり、自分で自分を助けられない結果となってしまうにゃ。

現実に起こる不幸な事象は、確かに魂の因果を相殺する為の事象ではあるものの、魂の浄化のステップアップのシグナルでもあるということが救いでもあるにゃ。

つまりは、現世での相殺から目を背けず立ち向かえば、必ず良い未来を開拓できるチャンスの前兆だということ。

不幸な出来事から、何かを学ぼうとする意識は、それぞれの霊性を高めていける訓練なのに、悪い事象が不幸な出来事だと思うのは人間だけなんだにゃ。

不安要素の高い人は、どんなに忙しくてもシンドくても、日々の日常を適当に暮らさないことにゃ。

家事や子育てや仕事、面倒だと思うことほど丁寧に行うことにゃ。

これは、あなた自身が自分の未来を冷静に考えて動けるように、先のことを考えられる心の余裕を生み出す自己コントロール力を養う訓練なんだにゃ。

目の前の面倒な現状を投げ出さず、適当にしたいと思う感情を克服する心の鍛錬は、現実のどんな局面でも乗り越えようと諦めずに進む精神力となって、あなた自身が自分を確実に助けていけるはずにゃ。

自分を変えることは、日常での鍛錬が効果大ということにゃ。

万が一、自分の心が乱れた時の自己コントロール法を書いておくにゃ。

人間が悩んだり不安に思ったりすると心臓がドキドキして呼吸が乱れ、息を吐き過ぎると酸欠状態になり、息を吸えないことでパニックになってしまう人もいるにゃ。

そんな時は、安全な場所に移動できるなら移動して座り、完璧に落ち着くまで(息が整う)まで、ゆっくりと深呼吸を続けるだけで、必ず心は落ち着くにゃ。

心を落ち着かせることを、呼吸でコントロールする方法が深呼吸というわけ。

悩んでいる時など、無意識に溜息がでるでしょ?

あれはにゃ、二酸化炭素濃度が高待っている状態になったので、脳が交換機能を高めるため無意識に深呼吸をして酸素を取り入れて酸欠状態を防いでいるんだにゃ。

霊的に視れば、心の重荷となっているネガティブ感情の吐き出し(自己浄化)をしているんだにゃ。

心がかなりしんどいと思った時は、誰にも見られない場所で何度も大きく深呼吸して呼吸を整える。

自分の心を深呼吸だけでコントロール出来るようになれば、自分を助ける方法があるので不安な心に怯えて暮らさなくもいいはずにゃ。

自分の感情をコントロールする力さえつけば、依存する心は改善されていくはずにゃ。

何事も習慣になるまでは時間はたっぷり掛かるけどにゃ、習慣にさえなってしまえば意識せずとも無意識に自分を助ける方向性に向かっているにゃ。

習慣になるまでやり続ける努力は、多分一生する努力なので、逆に気を楽にして、ゆっくりコツコツと続けて行こう!

習慣となっていけば、自分の生活習慣は大きく変わり、その恩恵は自身の現実的な生活の変化として表れ、性格改善、体調改善、霊性の向上と一石三鳥の結果となるのは勿論のこと、もひとつオマケに人間関係も改善されるはずにゃ。

霊性を磨く方法は、いつも自分の心に素直で正直であること。

心と言葉と行動が一致することは、あなたの現実世界に矛盾をつくり出さないので、あなたを縛り付けていた様々な因果から、あなたの魂を解放するカタチへ進化するにゃ。

ここまでくると、現実的に常に分相応で過ごすことが出来るので、見栄やプライドとは無縁の自分でいられることでトラブルを招かない自分となり、この現実社会が辛くなく、むしろ楽しく生きていかれるはずにゃ。

どのような境遇であろうとも、この世が天国と感じれば、あなたの霊性は神となっているはずにゃ。


6月のラッキーカラー。

恋愛運… 赤、白、黄色。

夫婦円満運…紫、生成り、ももいろ。

対人関係(友人運)…黒、青、紫。

仕事運(試験)…灰色、さくらいろ、おれんじ。

6月の季節の行事と体力アップの旬の食べ物。

6月1日〜5日頃まで(小満・しょうまん)

太陽の恩恵であらゆる命が満ちて行く時期。本来なら梅雨を前に育ちの季節。コメ農家さんは猫の手も借りたい忙しい季節が到来。6月1日は衣替えの日。日本が和服中心の時代は、冬服から夏服へと服を入れ替えた日で、どの家も大忙しだったにゃ。現代でも梅雨を前に虫干しする季節。湿度の低い晴れた日の午後に、風通しの良い部屋に衣装を広げて干すと虫干しになるにゃ。湿気は一番下にこもりがち。タンスには一番下に除湿剤を入れておくと効率がいいにゃ。クリーニングから返ってきた衣類のビニール袋は取り外さないとカビの元。ビニールを外したら、風通しの良い場所でよーく乾燥させることが大切にな時期にゃ。この時期の平安時代の宮中では、室内の調度品も季節に合わせて変えるのがしきたりだったそうにゃ。ここから夏仕様に部屋の模様替えなどして、気分をリフレッシュして大吉にゃ〜。

小満の時期の旬の食べ物…青梅、そら豆、らっきょう、山椒、根曲がり竹(小さくて細いタケノコ)、シロギス。

6月6日〜20日頃まで(芒種・ぼうしゅ)

芒(のぎ)とは、稲などの先にある突起の部分のことで、芒種とは、そうした穀物の種を蒔く頃のことをいうにゃ。この頃になると麦の刈り入れが終了し、田植えが本格化するシーズンとなるにゃ。梅雨入り間近に向け、農家さんはまだまだ忙しい時期。農家さんが頑張ってくれたいるからこそ、美味しいお米や野菜を食べれることに感謝しよう。
10日前後くらいまでに梅仕事をしたい季節。梅にはクエン酸が豊富で疲労回復には効果抜群にゃんだにゃ。抗酸化作用も高く風邪のひき始めの薬として常備しとくと便利だにゃ。簡単なので作ってみてにゃ。

① 梅シロップの作り方…瓶は4リットルのものを用意する。青梅1キロはよく洗い、たっぷりの水につけて1〜2時間アク抜きをする。

② 竹串で梅に穴を数カ所開け、熱湯消毒した瓶に氷砂糖1キロ分を梅と交互に入れて蓋を閉める。時々瓶を上下に返す。気温にもよるけどにゃ、最低でも1ヶ月半くらいはおいた方が香りの良いシロップが出来るにゃ。

芒種の時期の旬の食べ物…黄梅、トマト、サクランボ、ビワ、新生姜、アイナメ、アジ。

6月21日〜7月6日頃まで(夏至・げし)

一年で一番日が長い夏至を過ぎると、夏本番に向かい暑さが増していくにゃ。
この時期は夜が短くなり、冬至と比べると昼の長さが約5時間も長くなるんだにゃ。
夜が短くなるので、夜更かしせずにサッサと寝るのが吉。夏至の前後は北極圏や北欧諸国などでは白夜といって太陽が地平線あたりに留まり、一晩中薄明かりが続く国もあるにゃ。6月16日は嘉祥(かじょう)の日といって、848年に疫病が流行したことを受け、神前に和菓子を16種類を供え祈願すると、疫病が治ったとか。それから毎年6月16日のこの日に厄除けとして和菓子を食べる風習が広まったそうにゃ。6月の和菓子といえば水無月。水無月(みなつき)とは、旧暦5月の別名。6月30日の夏越の祓え(なごしのはらえ)に、過ぎた半年の穢れを祓い、くる半年の無病息災を願って食べる和菓子だにゃ。昔から梅雨の時期は免疫機能が落ちて病気になる人が増えたのかもしれないにゃ。この時期は免疫機能が落ちないよう食事は負担のないものを。いつもより無理をしない、無理をためない生活がベスト。何事も程々をわきまえて守るのが吉となる時期にゃ。6月30日は水無月を食べて厄除けしてにゃ〜。

夏至の時期の旬の食べ物…水ナス、山椒、ジュンサイ、オクラ、キュウリ、ドジョウ、ハモ、水無月。

*因みに、四季を感じる毎月の和菓子は、1月が花びら餅、2月がうぐいす餅、3月がぼた餅、4月は桜餅と花見団子、5月が柏餅、6月は水無月、7月は水羊羹、8月はわらび餅、9月は月見団子、10月は栗きんとん、11月はきんつば、12月はお汁粉となってるにゃ。和菓子を買うときの参考にしてにゃ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるように頑張ってにゃ〜 (°▽°)




b0301400_20071609.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

本日(5/31)は色々と突発的なことが起きるお日柄だったのですが、猫丸にも突発的な出来事が次々と発生し、ブログを書くことがなかなか進まず、現在6月1日、1:20分…。

やっと ここまで辿り着きました〜 (^◇^;)

まぁ、過去に記事が何度も消えたことに比べれば、断然マシですょ… ( ̄▽ ̄)

さて、5月は2日より災害警戒日としておりました。

結局何度も何度も頭痛が発生してしまいましたので、万が一を考えて今月も月末まで警戒日としておりました。

新たな検証記事は書きませんので、今回はこちらで5月2日からの災害被害報告(被害はなくても記録的な事象)をざっと書いていきます。

5/2 北アフリカ 観測史上初となる5月に初雪。被害は不明。
5/3 ヨーロッパ全域で甚大な表嵐。被害は不明。
5/4 ハワイ・キラウエア火山の大噴火と、M6.9の地震発生。
5/4 インドで大嵐発生で150人以上死亡。
5/9ニュージーランドで観測史上最高の23.8メートルの大波が記録される。
5/11 ドイツで車がうもれる程の雹嵐発生。被害は不明。
5/16 ロシアのヤクーツクで5月だというのに川が完全凍結し、氷の津波が発生し、氷が溶けた後、大洪水が発生し非常事態宣言発令。
5/17 ハワイのキラウエア火山が再び大噴火。1人が重症、5/30現在までに82棟以上が溶岩に飲み込まれ倒壊。
5/18 ロシア西部のヴィロネジで、数十億匹の蚊に町が侵略される事態が発生。
5/18〜19 秋田県で豪雨。家屋274棟が浸水被害。田畑2700ヘクタールが冠水被害。家屋の被害状況などは発表されていないので不明。
5/19 アフリカのケニアで大地に亀裂が連続発生し、ウガンダでも大規模地割れで数軒が住宅が飲み込まれる被害。
5/21 パキスタンで熱波が発生し、65人が死亡。
5/22〜23 ハワイのキラウエア火山の影響で、大地に亀裂が多発している模様。
5/23 台風がほぼ発生しないソコトラ島で、サイクロン・メクヌが発生。1人死亡、40人以上が行方不明。
5/24 ハワイのキラウエア火山が再び大噴火でガスが発生し住民に数件に避難命令。
5/24 ヨーロッパの広範囲で雷嵐。48時間の間に28万6000回の落雷。被害は不明。
5/24 ロシアで突風が発生し、39人が重軽傷。
5/25 福島県で地滑り現象発生。10ヶ所の道路に亀裂や家屋に亀裂被害。5/30現在も亀裂は1時間に数ミリ拡大中とか。
5/25 長野県で震度5強が発生し、道路や住宅に亀裂被害と落石。ケガ人はなし。
5/25〜26 フランスのボルドー地方で竜巻でも発生したかのような激しい雹嵐が発生し、ぶどう畑が壊滅的被害。
5/27アメリカのメリーランド州で豪雨により鉄砲水が発生し、非常事態宣言発令。被害は不明。
5/27 イギリスで一晩に2万以上の落雷で多数の被害報告があるそうですが、詳細は不明。
5/27 イエメンでサイクロンが直撃。各地で洪水が発生し、オマーンでは町の中に滝が出現するほどの大洪水。たった1日で何と3年分の降水量を記録。
5/28 中国・吉林省でM5.7の地震が発生し、1000棟以上の家が倒壊。ケガ人が出ているとの情報ですが、詳細は不明。
5/28 アメリカのフロリダで亜熱帯暴風雨が発生し2人死亡。その他の被害は不明。
5/28 インド北部のモンスーンで暴風雨が発生し48人が死亡。
5/31 ハワイのキラウエア火山の噴火が激化。溶岩は時速27メートルで進行し続けている模様。大量の溶岩は現在も集落を飲み込んでいるようです。ハワイの重要道路であるハイウェー137号線にマグマが迫っており、郡長は最終避難命令を発令しました。本当に大変な事態ですが、今後の日本も火山噴火には警戒が必要です。

昨年夏にプエルトリコを直撃したハリケーン「マリア」による死亡数を自治体は64人と発表しておりましたが、実際は4645人も亡くなっていたことが、つい先日判明しました。

2005年に発生したハリケーン・カトリーナ被害は1800人。

カトリーナを超える大規模な被害だったのです。

この世の見えるものには 嘘や偽り、隠しごとが多すぎます。

日本のメディアで世界の災害記事を拾うのは難しく、今回も大部分が地球の記憶-アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより情報をいただきました。

いつも本当にありがたいです。

ここ2年ほどで、世界中で災害被害規模はかなり深刻化しておりますので、

このままでは、災害が起こるたびに被災難民が増えてしまうでしょう。

東日本大震災や熊本地震などでの被災者の方々さえ、まだまだ大勢の方々が未だ仮設住宅住まいという現実の中、政府は今後日本で発生するかもしれない災害対策に対して万全なのでしょうか。

日本が好景気だと言い切ったアベサン、では何故被災者を助けないのでしょうか。

今後、世界中で更に災害が増えた場合、食糧難や伝染病などの懸念もあります。

地球を虐め抜いてきたツケは、地球に敬意を払う人間にさえ牙を剥くことになるかもしれません。

さぁ、みなさま、全力で生きる時代に突入しましたょ。

給料も上がらない一般市民に増税、昭和36年4月2日以降生まれの男性と、昭和41年4月2日以降生まれの女性は、これから65歳(今のところ。もっと先延ばしになる可能性も)にならないと年金は支払ってもらえないと書いてあります。

生活保護費や障害者年金さえカットするという政府ですから、今後国民は弱者であろうと高齢者であろうと、自力で自分を助けないといけない時代となることは覚悟していくしかありません。

60代どころか、70代を超える方々が普通に現役で働くという、逆に頼もしい時代です。

30年前には、とても考えられないことです。

社会がどんどん不安定となっていく時代…

普通に生き残っていくのなら、いくつになっても自分の精神力を更に強く育てることが、特に災害が多発しているこの時代を生きていくのには、とても重要なことだと思う今日この頃です。


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-06-01 02:17 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの5月占い

⚠️ モノノケ横行日のお知らせ…5月21日から24日までモノノケ横行日となります。
本来は18日からでしたが、今月はずれ込んでいます。この期間はいつもより全ての欲を抑え、心乱れたら直ぐに正すように努めてください。

⚠️ 5/2 強めの頭痛が数回、強めの電磁波痛も何度も発生。警戒は2週間とします。
5/16まで念のため油断なくお過ごしください。5/6 昼から電磁波痛が何度も発生しておりますので、念のため気象関連の災害にお気をつけください。5/9 弱めから強めの頭痛が頻発してます。頭痛は災害体感ですので、災害警戒期間を5/20まで延長します。5/11 夕方から右膝が痛みだし、現在23:20分、ずーっと痛みが続いています。震災後に膝の裏に痛みが出たことはありましたが、膝自体の痛みは人生初です。何かの体感なのでしょうか(検証…この後、日本も海外(ハワイ)でも噴火がありました)5/18 強烈な眼痛と頭痛、左脚に電磁場痛(天候悪化)と右膝の痛みが同時に発生し20分以上続きました。こんなことは初めてです。以前、激しい眼痛後に尋常ではない福井県の大雪災害となりましたので、念のため天候の災害にはお気をつけください。万が一を考え20日までの災害警戒日を今月いっぱいまで延ばします。あらゆる災害に、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。5/23 右膝痛発生。天候悪化にご注意ください。とても強い頭痛も夕方からずっと続いています。お気をつけください。5月30日 電磁波痛発生(天候悪化)


b0301400_15454248.png


にゃにゃにゃ!

5月はにゃ、人がそれぞれに持ち合わせる「運」により、良くも悪くも個人の人生から世相に至るまで、さまざまな変化をもたらす傾向の月。

先月に引き続き、外見(容姿、学歴、社会的地位)などで、自分の価値観の合格ラインで人を判断する傾向が続きそうにゃ。

表面的な物事に捉われて、人格を無視してしまうと、本当に大切なものを失う危険もありそうにゃ。

小さな運から大きな運(チャンスやラッキー)に恵まれたり、今まで運に恵まれなかった人が急に注目されたり活躍できたり、逆に今まで順風満帆な人生を送ってきた人が、突如として運が尽きる…なんていう現象も起きやすい機運となりそうにゃ。

災いが降りかかっても九死に一生を得て助かったり、逆に小さなことだと油断していたら命取りになったり…と、奇跡的なことや、どんでん返しといった現象、大難が降りかかる不運だったはずなのに救われる結果となったり、ラッキーだったはずの出来事が、後に運の尽きとなる事態になったりと、運気に翻弄されやすい、摩訶不思議な力を感じる可能性の高い月となりそうにゃ。

地位や名誉がある著名人や社会的地位の高い人ほど、幸運が一気に転落する可能性の高い危険な月。

この流れは先月の後半から始まり、来月半ばまで大きく影響しそうだにゃ。

運気が良くなっても、悪くなっても、その結果が最初と同じ運気だとは限らないのが今月の機運の動向。

良い運気のように見えても決して油断せず、悪い運気に見えても自暴自棄になったりせずに、日々の心の在り方やその実行で、自分の未来の運気を整えるよう努めることが大事なことだにゃ。

特に今まで特に努力なく、自分は運が悪いと感じ自暴自棄になってた人にだけは、突如として舞い込んだラッキーな出来事は要警戒。

5月の災難除けの秘訣はにゃ、現在、何事も上手くいかず「運が悪い、運が尽きた」と感じている人は、自分の日頃の当たり前の日常に感謝を忘れてないか、日々文句や愚痴を言い、感謝すべきことが出来ていないのではないか…と考えてみることにゃ。

日々の当たり前だと思っていることに感謝を忘れた人なら、持ち合わせた運を枯渇させた可能性があるかも。

当たり前は普通のことではないにゃ。

当たり前だと思っていたことほど、失った時の衝撃は激しいものとなるにゃ。

「当たり前の日常」は、人の努力の積み重ねの結果なので、当然「普通のこと」でも「当たり前なこと」でもないにゃ。

日々の当たり前の出来事を維持する人々の努力に感謝の心を忘れず、有難いという気持ちを表す言葉や態度で接することが、今月最大の災難除けの秘訣となりそうにゃ。

今月はプライドの高さが災いとなりやすいので、優越感に浸たり過ぎたり、人を見下すようになると、状況が一気にどん底にまで落ちてしまうこともありそうなので要注意にゃ。

5月の運気アップの秘訣はにゃ、人を見る目に広い視野を持つことが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

人を外見で判断せず、その人の人間性を重視した方が結果は良い形となりそう。

今まで努力し続けてきた人には、努力が現実に結び付く大チャンス到来月にゃ!

人を見下さない謙虚さを意識すると、運気が益々良い流れに導かれていくにゃ。

今月から来月半ばに得た「運」の維持は、自分を大切にしてくれる人を大切にするだけで、その運気は長く維持ができ、感謝の気持ちを忘れないことで、あなたを最善のポジションへと導いてくれるはずにゃ。

5月のラッキーカラーと、ラッキーアイテム。

恋愛運アップ…グレー、クリーム色、桃色、きみどり、むらさき、清楚な服装、お弁当、縁取りのあるハンカチ、手紙。

夫婦円満運…藤色、オレンジ、こげ茶、ペパーミントグリーン、メッセージカード、ヘアーアクセサリー、美容院、自転車(バイク、車)のメンテナンス。

対人関係(友人運)…赤、銀色、みどり、紺、ベージュ、古い下着を捨て、新しい下着を購入、メガネ、マスク、爪のメンテナンス。

仕事運(試験)…白、金色、青、水色、桜色、黄色、黒、料理、タオル地のハンカチ、
ゴミを見つけたら拾って捨てる、携帯鏡、メモ帳。

災難除け…白、柏餅。

5月の運気アップ・体力アップの旬の食べ物。

⭐️5月4日まで(穀雨・こくう)

この時期の雨は免疫機能を低下させることがあるので、なるべく抗酸化作用の高いニンニクやショウガ、ネギなどを料理に取り入れる工夫をしてにゃ。体力が著しく低下してしまった人は、朝と晩に湯飲みにティースプーン1〜2のハチミツ、生姜のすったものをティースプーン半分を入れ、そこにお湯を注いでハチミツを溶き、飲みやすい温度に下がるまで待ってからいただくと体力アップにいいにゃ。免疫細胞を元気に保ちたいこの時期は、肉や魚より野菜を多く食べることが大切だにゃ。

穀雨の時期の旬の食べ物…うすいえんどう、行者ニンニク、新ごぼう、木の芽、タケノコ、アサリ、サザエ、メバル、真鯛、新茶。

⭐️ 5月5日〜20日まで(立夏・りっか)

自然界の様々な色に強みが増し、夏の気配がだんだんと強まってくる頃にゃ。5月5日は「端午の節句・たんごのせっく」といって、男の子が無事にたくましく育つことを願う行事があるにゃ。端午の節句とは、もともとは古代中国の菖蒲(あやめ)を用いた邪気祓いの儀式が起源とされているにゃ。日本では、平安時代から田植えの行事と結びついた儀式だったものが、戦国時代からは勝負(菖蒲)に強く育つことを願ったものとされているにゃ。五月人形は、子供の災いを人型に移し、我が子の無事を祈り身代わりを立てたもの。勢いよく空で泳ぐ鯉のぼりは、男の子の立身出世を願ったもの。端午の節句に柏餅(笹巻き)を食べるのは厄祓い。雨季のシーズンは食べ物が腐りやすく、冷蔵庫のない時代は食中毒で死に至ることも多く、柏や笹には消毒効果が高いことから、前年度に収穫した柏や笹の葉を塩漬けしたもので巻いて、食中毒を発生させない工夫をしていた名残だにゃ。現代の既製品の食べ物には保存料がワンサカ添加されているので簡単には腐りはしないけれど、保存料が人体に有毒物質である物の方が多いので、なるべくならば添加物の少ないものを購入したり、手作りで作る方が身体にはいいにゃ。この時期は路地もののイチゴが収穫される季節。昔のイチゴジャムは保存のためにイチゴと同量の砂糖で作っていたけど、甘過ぎるので砂糖の量はイチゴの半量にして冷蔵庫で保存するなら1年は大丈夫。砂糖は白砂糖はやめて粗糖で作ると色は黒っぽくなるけれど、とてもコクのある美味しいジャムになるにゃ。また本物のハチミツ(白く固まるもの)も加えて作ると、身体の疲労回復になる薬になるので是非作ってみてにゃ。大変なのはイチゴのヘタ取りと、アクを取る作業だけ。

イチゴジャムの作り方。

①イチゴは路地ものを購入し、ジャムを作る前日の昼にさっと洗ってヘタを取り水気が完全に乾くまで置いておく。夜にヘタを取ったイチゴの半量の粗糖を絡めて朝まで置いておく。(こうしておくとイチゴから水分が出てくるので作りやすい)

② イチゴを鍋に入れて火にかける。沸騰したらアクが驚くほど大量に出てくるので、ボウルに水を半分入れ、水を張ったにボウルにアクをすくって入れていく(アクを落としたボウルの水は捨てないで!最後にボウルの中のアクを取り除けば美味しい「イチゴ水」ができちゃうのだ!このイチゴ水は冷蔵保存で3〜4日)

③ 中火の火加減で常に沸騰した状態を維持していると煮詰まってくるので、好みのトロミまで煮詰め、火を止める直前でレモン汁を好みで加えて混ぜ合わせる。イチゴの甘さにもよるけどにゃ、1パックに小さじ1弱程度。味見をしながら加減してにゃ。

④ ジャムが熱いうちに煮沸消毒して自然乾燥させたビンにジャムを入れ、すぐさまフタをして、逆さまに置いておく。(ホーローの容器に入れる場合も煮沸消毒して自然乾燥させて、ジャムが熱いうちに容器に入れ、冷めたらフタをして冷蔵庫へ)砂糖の量が半量なので、基本は冷蔵保存。

立夏の時期の旬の食べ物…タケノコ、路地もののイチゴ(ジャムに最適)、新にんじん、新ジャガイモ、明日葉、ホタテ貝、夏みかん、柏餅。

⭐️ 5月21日〜6月5日まで(小満・しょうまん)

この時期は、あらゆる命が満ちていく時期。麦は穂を揺らし収穫の時期を待つばかりとなり、米は田植えの準備に追われ、農家は猫の手も借りたいほと忙しい時期にゃので、ご近所同士が助け合っていたにゃ。古来日本の文化として「困った時はお互いさま」という精神は、この助け合いがキッカケとなった精神なのかもしれないにゃ。

小満の時期の旬の食べ物…青梅、そら豆、らっきょう、新生姜、根曲り竹、シロギス(魚)。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるように頑張ってにゃ〜。



b0301400_15595279.jpg
* トラちゃんを探せ的な…(笑)



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

京都は夏並みに暑かったったり、冬に舞い戻ったかと思うほど気温が下がったりと、不安定な気候が続いておりますので、免疫力の維持も大変です。

免疫力の維持には、食べ過ぎ飲み過ぎは控えて、何事にも無理はなさらず、少し控え目を目安にお過ごしください。

さて、先月の4月8日と14日に強い頭痛が発生し、頭痛体感が発生しましたので、念のためにと今月いっぱい災害警戒の注意喚起を出しておりました。

「地球の記憶-アース・カタストロフ・レビュー」さんのサイトの記事によりますと、世界中では災害が発生し、サウジアラビアやサハラ砂漠で前代未聞の雹嵐で少なくとも70名が死亡する事態や、パキスタンで50年ぶりの積雪、アメリカ7州で猛吹雪警報が発令される事態が次々と発生。

アメリカのデトロイトでは過去140年で最も寒い4月となる事態となり、オランダ、スペイン、ルーマニア、ポーランド、メキシコなどでも雹嵐に見舞われるといった事態が発生した模様。また、中国広西チワン族自治区では、大規模竜巻が発生。幸い人的被害はなかったものの、建物は壊滅的被害となったそうです。また、インドネシアではマグニチュード4.4という規模の小さな地震により、3名が死亡し数百世帯の建物が全壊するという事態が発生。日本では考えられませんね。

また、バヌアツのアオーバ島は昨年の大規模火山噴火により一時避難しており、今年の3月に島に戻った途端に再び大規模噴火し、火山灰と酸性雨による壊滅的な被害が拡大した結果、4月20日にバヌアツ政府はこの島から島民の永久的退避を決定しました。

また、イスラエル各地を洪水と雹嵐が襲い11名が死亡。フランス領のインド洋に浮かぶレユニオン島では、フルネーズ火山が昨年に引き続き大規模噴火するなどしていました。

日本でも北海道では大雪に見舞われたり、霧島連山の硫黄山で250年ぶりとなる噴火が発生。九州の大分では崖崩れで6名が行方不明となり3人死亡、3人が行方不明のままのようです。

また、強い頭痛が発生した場合は最新記事のトラちゃん占いにてお知らせいたします。(現在は検証記事なしです)


今月は人それぞれに持ち合わせる「運」によって左右されやすい月です。

本来の意味での「運」とは、人の力では何ともしがたいもので、自分の意思や努力ではどうもしようがない巡り合わせのことなのですが、真実の運とは何なのかを少し考えてみたいと思います。

外見上、幸せそうに見える人であっても、心の中から幸せだとは限りません。

外見上、不幸に見えても、真実不幸だとも限りません。

運良く手にした物や人によって、未来の結果が良い形となるとも限りません。

運悪く手放したモノや人が、未来の結果に良い形となることもあります。

運命が一時的に良く変わったところで、人間の心までが正しく変われることは難しく、良い状態が当たり前のように続くと、それが普通のこととなり、感謝も出来ない状態になる方の方が多いかと思います。

運良く何事も起きない生活だというのに、「退屈な生活」「代わり映えのない毎日」だと感謝どころか「こんな生活望んでない」「つまらない」「生きる気力がわかない」などと、不平不満を言いだすのが人間だったりします。

一つの欲(願い)が叶うと、次から次へと また違う欲の追求をしがちです。

欲が深くて広い(多数)ほど、分不相応な欲が叶わぬことで、人の悩みを深めます。

このような思考は人を苦しめて、不幸をひきおこす原因になりかねないと考えます。

偏りすぎた人間の思考が、正しく変わる為には、不運(不幸)という名の「気付き」である「学べる機会」が必要なのではないでしょうか。

運悪く?災難に遭うことで、その後の価値観が変わり、自分の思考が変わったお陰で人生が良くなったりすることだってこの世には沢山ありますから、その時の運の良し悪しで全てが決まるわけではありません。

また、持って生まれた「運」は、限られた強運な人にだけに在るものでもありません。

誰にでも、多かれ少なかれ持って生まれたはずの「運」なのですが、人それぞれに、その「運」の存在に本人が気づくことなく、当たり前の出来事は感謝に値しない、感謝が出来ないといった偏った心やその行動が、本来持ち合わせていた「運」の存在を見逃していると思うのです。

持ち合わせる「運」に気づかないとは、どのような状態なのでしょうか。

それは、当たり前の日常で行われている「普通に感謝できる出来事」に、感謝の出来ない心で過ごしてしまっている状態だということです。

皆さんが想像する当たり前の普通の出来事などは「運」なんかじゃないと思われているかもしれませんが、人が生まれ落ちた時から人それぞれのスタートラインは等しく同じではありません。

成人するまで実の両親に育ててもらえない方もいるわけですから、実の両親に育ててもらえることも当たり前ではありません。

また、実の両親に育ててもらえていても虐待があったり、家族の仲が悪かったり、義理の関係が悪かったり、五体満足でなく生まれたり、経済環境が苦しかったり、心身ともに病弱だったり…など、人それぞれに生まれ育つ環境下も当たり前に幸せでないこともありますので、全ての出来事が当たり前などではないということです。

また、家族に大切にされて育ったにもかかわらず、何をしてもらうのも当たり前という感覚でいる人は、恐らくこの世では1番幸せなはずなのですが、そんな方々は当たり前の環境に感謝ができる心ではないことから、当人達は幸せを感じて暮らせていないようです。

なので、本人達は運が良いとも思ってはいないでしょう。

その結果、この「運」を当たり前にしてしまった因果応報は、持ち合わせた運を軽んじた為、普段に運をどんどん消費してしまい、運気が枯渇するまで全く気づかないという状態で、ある日突然、一気に不幸のどん底に…という人もいます。

感謝の全くできない人は、ある日、突然一気に運気が低迷してしまうのです。

運の悪い人の特徴は、自分が幸せだと気づいていない…と思います。

運の悪い人は、手に入れた物や、当たり前に存在する周りの人々などに関心が無くなったことで、人や物をぞんざいに扱ったり、関心あるものを得られていない状況下を自分では不幸だと嘆いているかもしれません。

自分が幸せであることに気づければ、悩みも減り、心豊かに運良く幸せに暮らせるはずなのです。

逆に普段の何気ないことでさえ感謝ができたり、人のことを自分のことのように考えられる人たちは、運の良い人だと思います。

人に感謝することが習慣となれば、人を味方につけることができ、感謝した人々の方からあなたに「運」を運んできてくれます。

普段、自分を大切にしてくださる人々に忘れがちな感謝の意を表すことは、人を味方に付けることであり、運を良くする結果に導かれるはずです。

相手を思い遣ることは、結果的に自分を思い遣って貰えることに繋がるのです。

そうして得た運を正しく維持していくことは、相手を思いやる心掛けひとつなのです。

「運」は、日々の心の在り方、その心の表し方など、日頃の心が直結した現実の行いひとつで、運気は途端にアップダウンしていると思われます。

感謝が全く出来なくなると「運」はその時から著しく衰退し、いづれ枯渇してしまうようです(命取りになる事態にも)

「運」とは、日々の心の在り方による実践行動で、良くも悪くもつくりだせるものではないかと考えます。

運に翻弄される人は、良い運を自分では作れないと思い込んでいるのかもしれません。

好きな人と一緒にいても、相手に素直になれなかったり、約束を守らなかったり、ワガママし放題など、愛を育む努力を行わなければ、幸せにはなれないのと一緒です。

本気で人生の運気アップを望むなら、日々の心の在り方を何事も感謝できる心へと修正し、本当の心のままに素直に生きることで運気アップは直ぐにでも実現できるものだと思います。

猫丸は過去に余命宣告をされたことが三度あります。

この記事では長くなりますので詳細は省きます。また、2度目、3度目の余命宣告の話も省きます。

離婚したばかりの頃、猫丸は子供達のために生命保険に入ろうと受けた検査で余命3ヶ月の子宮頸癌だということが発覚しました。

離婚して2人の子供を引き取り、新たな生活を始めたばかりでしたので、高い治療費のかかる入院費や手術費、その後の治療費など、猫丸には到底出せない金額でした。

折り悪く、猫丸の両親も離婚問題で大変な時期でしたので、余命宣告のことは両親には伝えられないまま、命ある限り毎日を子供達と楽しく過ごそうと決めました。

余命宣告をされたことで死が身近なものとなりましたが、当時の猫丸はまだ21歳。

人生が希少であったということを痛感させられました。

この世に残していかねばならない愛しい子供達の存在が、死が身近になったことで、尚増して愛おしくなりました。

何でもない日常が、些細な出来事が、家族の団欒が、すべてが幸せなことだと実感することが出来ましたし、日々感謝して過ごせるようにもなりました。

感謝の気持ちが湧き上がるようになると、何故だか分かりませんが不思議と自分は死なないような気がしてきたのでした。

気がつくと、余命宣告された日はとうに過ぎておりました。

癌の余命宣告をされ手術も治療も一切受けずにおりましたが、医者の宣告通りには死ななかったのです。

世間一般的に死の宣告は「不幸な出来事」でしたが、この不幸な出来事が、いまある命のありがたさや、子供達の存在を心から大切な存在だと気づかせてくれたのでした。

離婚して働いて、1人で子供達の面倒をみているだけの余裕のない生活でしたら、子供達の存在があんなに大切で愛おしいとは思えなかったかもしれません。

不安のない日々がいかに尊く有難いことであったか、子供達と過ごせる日々は何と幸せなのかと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この件で、猫丸が人として母親として成長できたことは間違いありません。

そして、あの時、猫丸にたんまり慰謝料が入っていたとしたら、子供達のために迷うことなく治療を受けていたと思います。

癌治療を受けていたとしたら、抗がん剤などで免疫不全に陥り、いずれは治療死していたかもしれません。

お金がなかったからこそ、手術や治療を受けずに済んだことが寿命を延ばすこととなり、結果的には早死にしなかった訳ですので、お金がなかったことも、運が良かったということだと思ってます。

また、両親に相談していたら、治療費は出してくれたと思いますので、それだとやはり寿命は縮んだはずですので、相談できなかったことも運が良かったと思ってます。

生と死が表裏一体なのと同じで、幸せも不幸も表裏一体だと実感しました。

どんな不幸に見舞われても、決して自分の人生を卑屈に思わないことが大切だなぁと思いました。

明日死んでしまうかも知れない…と意識していたあの時と、死を全く意識しない状況では考え方や感じ方、そして人を赦す許容も全てが違ってきます。

人間が迷い悩むのは、死を意識せず生きてるからなのかもしれません。

怖くても人の死を考えてみてください。

大切な人の死を考えますと、その人が自分にとり本当に大切な人なのかどうか…という確認ができるはずです。

心から大切な人だと認識できる人は、この世にはそう沢山おりませんから、人の死を思うことで大切な人だと判断できた場合には、後悔のないよう、その方を心から大切になさってください。

自分の死を考えますと、やはり今が1番大切なのだと気づけて、今に感謝し、今の自分を大切にすることができるはずです。

こういうことが、人間には最も必要な考え方なのではないか…と思うのです。

自分自身が積み重ねる日々の些細な努力の継続は、あなたの人生の運気を確実に安定させていくはずです。

確かな安定した運気を作れる自分を目指して、今月も、そしてこれからも自分を諦めず、頑張って自分を育ててくださいね〜。



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-04-30 21:09 | トラちゃん占い


宇宙との交信!2018年 トラちゃんの4月占い

⚠️ 4月26日から、また九州地方体感が痛み出してます。念のためお気をつけてお過ごしください。

⚠️ 21日から25日までモノノケ横行日となります。
心が乱れても慌てないでくださいね。深く深呼吸して息を整えるだけで心の乱れは大分落ち着きます。この期間だけは、決して乱れた心や悪心を放置してはいけません。心を正そうとする努力さえあればモノノケの侵入を防ぎます。ここでモノノケの侵入を許せば、少し先の未来に悪い変化が訪れてしまいます。心の在り方に気をつけて生活するだけで災難除けとなりますので、油断なくお過ごしください。

4/8 朝から強めの頭痛が続いています。海外なのか日本なのか分かりませんが、念のため災害にはご注意ください。⚠️4月14日 新たに強めの頭痛が13日から何度も発生しております。念のため今月中は警戒しておいた方がよさそうです。くれぐれも油断なさらずお過ごしください。4/18 九州地方の体感部分である左下奥歯の手前(もしかすると四国地方も?)の外側が4/11からずっと痛かったのですが、いきなり腫れて来ました。念のためご注意ください。4/19に宮崎県と長崎の間にある霧島連山の硫黄山で250年ぶりの噴火が発生しました。九州地方の体感場所が両側腫れた後に熊本大震災がありました。腫れは少し引きましたが、触ると痛いです。


b0301400_08475888.jpg


にゃにゃにゃ!

4月はにゃ、挑戦と改革の月だにゃ。

個人、組織、社会の中で、それぞれの諸悪に対し、徹底して抗う傾向となりそうにゃ。

良くも悪くも、人それぞれの立場での「正義」が横行し、心に描く理想を叶えるために一気に動き出す傾向にゃ。

小さな規模から大きな規模まで、それぞれの改革に向けての変化を求める人が激動していく流れとなりそうにゃ。

世の中の矛盾、社会の巨悪、不正や嘘に対する怒りが一気にマックスとなり、それにより暴露、密告、告訴、または自責の念による自白やカミングアウトなども多くなりそうにゃ。

今まで叶えられなかったことや、叶わなかったことなどを叶える為の行動が一気に整えやすくなる月だということだにゃ。

社会の表から裏のリーダー、リーダー的存在の大きな転換期となるかもにゃ。

また、ずっと思い続けている悪い想像や、心配ごとなども叶いやすくなるかも。

世の中の善悪や美醜に敏感に反応しやすい月なので、個人が正義感を出し易くなる流れとなり、良くも悪くも1人が動き出すと、周囲にも大きく巻き込まれる可能性が大きくなりそうにゃ。

人それぞれの立場の「正義」で動くので、自分の信念に叶うものでないものに対しては正直に強く抗う傾向でもあり、不当である旨を表明する抗議を行う人たちが増え、今までになく熱い心で波乱な道のりを敢えて選ぶ人も多くなりそうにゃ。

また、抗議だけでは済まない傾向で「白黒つける」という流れなので、責任を問われる制裁から報復といった形にもなりやすいにゃ。

4月の災難除けの秘訣はにゃ、良くも悪くも主観が高まり反骨精神旺盛の月となる傾向なので、信念を貫く人にとっては、それが災いとなるかもしれない危険要素も含まれる月だと心得るべきにゃ。

今月、1番気をつけることは頑固さにゃ。

自分の利益だけ考える利己的さから発動している頑固さならば、周りとの衝突は避けられないかもにゃ。

主観が強すぎれば、人との信頼関係をつくることは とても難しいことになりそうにゃ。

親族関係では、子供に対する親の理想を押し付けたり、子供が親に逆らったり、夫や妻に対し自分の理想を強要することで相手の反発精神も高まり、それにより大きな事件となる可能性も高まるので、家族に対する言葉遣いや態度にはくれぐれも注意してにゃ。

主観が強くなる傾向の月は、他人から身内まで聞きたくないような内容の意見にも耳を傾けようとする努力する意識が災難除けの大きな秘訣となりそうにゃ。

相手の立場も受けいれる度量と柔軟性が出てくれば、大難までとはならない運命を築けるはずにゃ。

人を思うことは協調性を養うことに繋がるにゃ。

協調性とは異なった環境や立場に存する者が互いに助け合い譲り合い、互いに理解し合えることに繋がるひとつの方法にゃ。

人がいるからこそ、自分が生かされているという自覚を持つことで、人とのトラブルは未然に防ぐことが出来るはずにゃ。

自己主張が稚拙(ちせつ・幼稚で未熟)ならば災いは避けられないにゃ。

議論より解決を目指す話し合いで、まずは自分の精神を大人にすることが大切だにゃ。


4月の運気アップの秘訣はにゃ、身辺を整えたり、心を整えたり、外見を整えることが運気アップに繋がりそうにゃ。

今月は良くも悪くもファッション(身なりや体型)や身辺整理、そして日頃の態度や言葉を改めたり、悪心を改めることで新たな運命を築けそうにゃ。

悪い意味で、見かけ(外見)で人を判断する人が増える月でもあるので、服装に気を配ることが運気アップの秘訣となりそう。

大切な場面では身なりを清潔にして整え、服装もTPOを大切にすることにゃ。

TPOとは、時間と場所と場合という意味で、それぞれに応じた服装や態度が大切にゃ。

清潔感も運気アップの大切な要素。

そして、相手に対する態度がきちんとしていることも運気アップの秘訣だにゃ。

親しき仲にも礼儀あり…を、くれぐれも忘れないことにゃ。

礼節をわきまえて(相手に合わせて失礼のないようにすること。身内であっても言葉遣いにも失礼のないように)行動することで、あなたの魅力は一段とアップし、あなたへの信頼度も確実にアップするはずにゃ。

自分の殻を破る新しいことへの挑戦や改革に適した月なので、髪型やファッションを変えるイメチェンや、部屋の模様替え、身辺整理など、新しい自分を目指して吉にゃ。

部屋の模様替えは、自分の運気を上げたい色で運気アップ。

散らかった部屋の整理整頓は大吉。

整理整頓は、迷う心の整理に繋がる行為となるので、簡単な自分改革となるにゃ。

やれない部屋の片付けが出来きると、不思議と心の迷いも消え、どうすれば解決できるかの判断に繋がる心に整うはずにゃ。

服の整理整頓は、クローゼットや引き出しのタンスの中にしまえる分だけの服以外は、思い切って処分することをオススメするにゃ。

しまう場所以外に置く服や小物類は、部屋が散らかる原因となるだけでなく、生き霊やモノノケ達が、放置したモノに寄り付き潜む「場」になってしまうからなんだにゃ。

服を1枚買ったら、その度に服を1枚処分するくらいの気持ちで、しまう場所に収納できるだけの服や小物に留めておくことは、あなたが思っている以上の運気アップとなるにゃ。

服や小物が収納場所に収まるようにセーブできるようになると、無駄な買い物は減り、ついでにお金も溜まるので金運アップともなるにゃ。

改革の月だからこそ、この機会を逃さず整理整頓にチャレンジしてみてにゃ。

4月の運気アップカラー。

恋愛運アップ…白、赤、桃色、黄色、銀色。

夫婦円満運…みどり、ベージュ、紺、朱色、水色。 金色。

対人関係(友人運)…さくら色、ふじ色、オレンジ、レンガ色。

仕事運(試験)…藍色、きみどり、黒、こげ茶、むらさき。

災難除け…むらさき。

4月のパワーアップ食(旬の食材はエネルギー食。気力も体力もアップし、邪気も祓う力のある食材)

4月4日頃まで(春分・しゅんぶん)

桜の開花が知らせられると活動しやすくなる季節となり、本格的な春の到来を迎えるにゃ。春野菜をたくさん食べて元気になってにゃ。
この時期のおやつには、ぼたもち(おはぎ)や、うぐいす餅を食べると運気アップ。

春分の時期の旬の食材…うすいえんどう、グリーンピース、フキ、ウド、絹さや、たらの芽、菜の花、小かぶ、シラス、桜エビ。

4月5日〜19日頃まで(清明・せいめい)

清明とは、万物が清らかで いきいきした様子を表す清浄名潔(せいじょうめいけつ)という言葉を訳した晩春を表す季語にゃ。青く澄んだ空に草木が芽生え、花が咲き、鳥や蝶が舞い踊り、あらゆる命が輝く季節。心踊る季節は人が集まりお花見をしながら、楽しく歌い踊って過ごすと運気はアップ。但しお酒の量は控え目に。初カツオのタタキはニンニクスライスや、すった生姜を添えて食べてにゃ。この時期のおやつには、桜湯や桜餅や桜の塩漬けを使ったスイーツを。また桜の塩漬けを使った料理(桜おにぎりやカブの桜漬け、桜めしのおいなりさん)などが美容の運気アップになるにゃ。また、この時期に桜の咲く神社に詣でると頭の回転がよくなり、またボケ封じとなるので是非足を運んでみてにゃ。

清明の時期の旬の食材…コゴミ、ウルイ、イタドリ、ワラビ、三つ葉、ホタルイカ、初ガツオ。

4月20日〜5月4日頃まで(穀雨・こくう)

種まきを迎えるこの時期の雨は穀雨といい、良き種まきの好機ではあるものの、雨が降り続くと人体は太陽の陽を浴びなくなので免疫力が低下しやすい時期でもあるにゃ。免疫力の維持がとても大切な時期。この時期の食事の仕方が身体に大きな影響を与えるので気をつけて。身体から家にまでカビが繁殖しやすいこの時期。カビの繁殖は運気の衰退も招くので注意。肌が荒れたり手のひらや指に水疱が出来る人は、特に食事の仕方が大切となるにゃ。いつもより日々の食事の量を減らす事が大事で、日に三食たべている人は二食にし、二食の人は一食にし、一食の人は、その量を減らす事で身体への負担がかなり軽くなるので健康運はアップ。いつもより腹八分目の量にし、いつもより甘いものを控え目にし(スナック菓子や甘い飲料水はやめておいてにゃ)肉(特に牛肉)は少なくして、野菜中心の食事を心掛ける事が免疫力を下げないコツにゃ。また、毎日1パックの納豆や味噌(一日大さじ1〜2)を食べると、腸内で善玉菌が増え腸内環境が整うので、カビは繁殖しにくいにゃ。ひどい便秘の人は毎食納豆を1パック(一日3パックまで)食べるとお通じがかなり改善するにゃ。お通じの臭いもかなり改善されるはずにゃ。納豆は特によーく噛み潰す感覚で、いつもよりよく噛んで食べると唾液が良く出て納豆菌と混ざり、免疫力アップとなるので試してみてにゃ。下痢気味の人は乳製品を全てやめるとだいぶ改善されるはずにゃ。また、太陽が出ない日が続く免疫力低下時期に飲む薬は、身体を守るどころか破壊を招く恐れがあるので要注意。

穀雨の時期の旬の食材…行者ニンニク、新ごぼう、木の芽、アサリ、サザエ、マダイ、メバル、毛ガニ。

その他の4月の旬の食材…アスパラガス、セロリ、そら豆、タケノコ、レタス、トマト、アジ、アサリ、キス、さわら、ホタルイカ、スズキ、イチゴ、さくらんぼ、びわ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるよう頑張ってにゃ。


b0301400_09121730.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

連日の気温上昇で桜が満開となった京都。

昨日から、京都の桜はハラハラと花びらが散り始めました。

ゆっくり桜を眺める間も無く、京都の春はものすごい速さで通り過ぎようとしています。

京都はこの土日、お花見日和ですね。

楽しくお過ごしください。

さて、3月の国会はすごいことになっていましたね。

さぁ、4月は挑戦と改革の月に移行していきますので、社会の動向には再び注視です。

今年卒業式を迎えられた方、そして入学式を迎える方々、就職される方や転勤されるという人生の節目を迎えられる方々には、ちょうど折よく挑戦と改革の星回りとなりますので、幸先の良いスタートの月です。

素晴らしい人生を歩みたいと願う方々は、日々の少しの努力を丁寧に行い、それを根気よく積み重ねいくだけです。

二宮金次郎さんという人物をご存知でしょうか。

小学校の銅像などで薪を背負った姿で有名な、あの二宮金次郎(にのみやきんじろう)さんの言葉に「積小為大・せきしょういだい」という言葉があります。

積小為大とは、小さなものを積み重ねないと、大きなことを為すことはできない…という意味で、毎日のコツコツした努力が大切ですょ…という教訓です。

これからの時代で必要とされる生き残るための知恵が満載の、二宮金次郎さんのサクセスストーリーを簡単にお話したいと思います。

二宮金次郎さんは、もともと農民の子供でした。

苦労して育った金次郎さんですが、小さな頃からコツコツと積み重ねた努力のお陰で、身分制度の厳しかった時代において農民出身の身でありながら、将軍直属の幕臣にまで大出世を遂げた人物なのです。

金次郎さんがご活躍された時代は江戸時代末期。

荒廃した土地を復興させた人物として知られる農政家であり、思想家でもある人物です。

1787年に神奈川県の小田原市の生まれ、祖父の代までは豪農だったそうですが、父親の代で度々近くの川が氾濫しては被災し、その度に借金が増えて二宮家は衰退してしまいます。

そして金次郎さんが14歳の時に父親が亡くなり、生活はますます困窮していきます。

そのため、金次郎さんは山で薪を払い集めては町に薪を売りに行って生計を立てていました。

その道中で本を読んで勉強している姿が、あの有名な薪を背負った二宮金次郎さんの銅像姿なのです。

そんな金次郎さんの姿を見て、村人たちは「アホとちゃうか!農民の子が勉強したって何にもならへん」と笑いました。

一生懸命な金次郎さんの姿を見て、村人が笑うのも仕方のないことでした。

何故ならば、この時代は身分制度がとても厳しく、いくら頑張っても農民の子が出世など出来る時代ではなかったからです。

金次郎さんが16歳になると、今度は母親も亡くなってしまいます。

両親が亡くなってからは、親戚の家に預けられることになります。

親戚の家に居候させてもらいながら、夜でも勉強する金次郎さんを親戚の人達は「灯りに使う油が勿体無いから勉強などするな!」といって怒ったそうです。

それでも、どうしても勉強のしたかった金次郎さんは考えます。

考え抜いた末、金次郎さんは友達からアブラナの種を借りて、その苗を植えて育てることを思いついたのです。

金次郎さんは、そのアブラナを種を蒔き一生懸命育てました。

やがて収穫したアブラナを油と交換してもらえるまでになり、金次郎さんは夜も勉強することが出来るようになったのです。

また、道に捨てられていた稲を見つけては、それを拾って使われていない田んぼに植えることを繰り返していくと、やがて一俵の米を収穫できるまでにもなりました。

金次郎さんは思いました。「そんな小さな努力を重ねると、少しずつ大きくなっていくんだな〜」と。

この時、金次郎さんは積小為大の大切さを実感するのでした。

そして、その後の人生もコツコツと努力を積み重ねていくと、借金で手放した畑などを20歳で買い取ることができ、二宮家を再興させることに成功しました。

その噂が村中を駆け巡り、その話を聞いた破綻寸前だった小田原藩の家老の服部家が、金次郎さんに家の財政危機を助けてもらいたいと考え、金次郎さんを雇います。

金太郎さんは、倹約の精神と賃金業を行うことで服部家の復興を見事達成させました。

すると今度は、その話を聞いた小田原藩のお殿様が、藩の財政危機を金次郎さんに何とかしてもらおうと登用しようとします。

しかし当時は身分の違いという大きな壁がありました。

当時の小田原藩の殿様は大久保忠真さん。

彼は器が大きく、人を身分ではなく その人の実力を評価する人物として有名な方だったそうです。

是非とも金次郎を登用し小田原藩を復興させたい…との願いも虚しく、家臣がこぞって身分が違いすぎると大騒ぎしをして大反対しました。

そこでお殿様は、金次郎さんの実績を作るために、分家に当たる下野国桜町(現在の栃木県)の農政を託すことにするのです。

そこは米が3000石取れる場所であるのにもかかわらず、800石しか取れない「うまくいかない土地」だったそうです。(1石(こく)というのは米の量の単位で1石は約150キロ。1石の米が買えるお金が1両。老若男女関係なく1人の人間が1年間に食べる米の量のことで、一万石の大名とは1万人の民を養えるだけの農業生産力を持った大名ということです)

そんな問題ある土地を、金次郎さんに任せたのです。

金次郎さんは徹底した現場主義でした。一軒ずつ農家の家を訪問し、原因を聞いて回ります。

すると、財政難となった原因が明らかとなりました。

その原因とは、農民たちは仕事もせず昼から酒を飲んだりギャンブルに明け暮れていたからだということが判明します。

金次郎さんは思いました。「農民たちはどうして働かないのか?」と。

その理由は、農民に対する年貢が余りにも高すぎて、農民たちは働く気力を失い自暴自棄に陥っていた…ということが理由だとわかったのです。

金次郎は考えました「では人々が働く気になる為には どうすればよいのか?」

そこで高い年貢を一気に4分の1にまで減らすことで、先ずは農民たちの働く気を回復させました。

そして、一生懸命働いた農民には藩が表彰し、農具やお金などをプレゼントする作戦を実行します。

すると、たちまち農民たちは仕事に対する意欲が出て頑張り出したそうです。

この時期、江戸では天保の大飢饉(1833年〜1839年)が発生し、数十万人もの餓死者がでる大災害に直面してしまいますが、金次郎さんが農政を託された場所だけは、金次郎さんの先見の明と知恵で助かることができたのです。

いったい金次郎さんは何をしたのでしょうか?

金次郎さんは大飢饉の起こる前の夏に、ナスを食べると秋茄子の味がすることに驚きます。

これにより、もしかすると冷夏になるかもしれないと予想したのだそうです。

金次郎さんはこの自分の予想を素直に信じ、寒さに強いヒエやアワなどを栽培するよう農民達に伝え、寒さに強い穀物を栽培していたことが大飢饉から村人を救うことになった訳なのです。

アワやヒエが村人達を飢えから守り、村人が1人も死ぬことはなかったそうです。

一方で、この大飢饉により小田原藩は飢えによる危機的状況に陥っておりました。

小田原藩を救う為に金次郎さんが提案したのは、米蔵の解放でした。

家老達はこの提案に不安と不満を抱き、約2ヶ月間も金次郎さんの助言に対し拒否をしますが、そうしているうちにますます事態が悪化した藩は、やっと金次郎さんのアドバイスを実行することになります。

金次郎さんの提案は、民を三つに分ける所から始まりました。

まず、お金があり食べ物に困っていない人を「無難」とし、お金がそこそこあり、食べるものにもそこまで困っていない人を「中難」とし、お金が全くなく食べるものに困っている人を「極難」として分け、極難の人達に対して、一日一合の米を提供したのです。

この時、金次郎さんはやせ細った極難の村人に言いました。

「体は痩せるだろうが餓死はしないだろう。空腹に耐えることが仕事だと思って耐えてほしい」と。

藩の米蔵の米が底を尽きる前に、次の手を考えなければなりません。

金次郎さんはまた斬新なアイディアで苦難を乗り越えようとします。

それは、無難や中難の人々に無利子で極難の人々に融資をしてほしいと頼むのです。

しかし、この斬新すぎるアイディアを受け入れる人はいませんでした。

そこで金次郎さんは、無難や中難の村人に対して、この言葉を投げかけます。

「誰かのためになることをすれば、いつの日かそれが自分に返ってきます」と。

それが報徳思想(ほうとくしそう)です。

私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれは自らに還元されるとの金次郎さんの思想です。

金次郎さんは、経済と道徳の融和を訴えたのです。

金次郎さんの転機により、それからの小田原藩では餓死者を出さずに済んだそうです。

この活躍も、たちまち世間に広まります。

この功績を買われた金次郎さん。

なんと、天保の改革を行おうとしていた江戸後期の大名であった水野忠邦さんより直々に「幕臣(将軍直属家臣)として働かないか」とスカウトされちゃいました!

その後、金次郎さんは幕臣として農政に携わり605の村々の貧困問題の解決を図り、大飢饉時代の救世主となったのです。

さて、現代日本の状況も災害が増え、貧困家庭が増えている状態です。

日本人の所得は、共働きが増えているのにもかかわらず、この20年で20%も減っているのだそうです。

金次郎さんのあみだした社会を再建させていく手法「報徳手法」が必要な時代ではないのでしょうか。

貧困世帯が少なくなるまで税金を少なくして、政府には無駄遣いをやめて貰いたいものです。

納税より先に、先ずは国民の生活を豊かにすることでヤル気を促し、人々の生活に余裕が生まれれば、心の安定から消費も増え、社会が活性化することでしょう。

社会改革に特効薬はありません。

地域経済と人の心を立て直すことを根気よくすることが1番の安定の道だと教えてくれた二宮金次郎さん。

今の世にあなたがいてくれたら…と、そう心から思いますが、しかし金次郎さんと同じように頑張る人が増えるなら、この世も必ず救われるでしょう。

捨てる神あれば拾う神あり。

政府が国民を守ることが為されない時代は、国民同士が手を取り合い助け合えば良いのです。

拾う神は、あなたの側にいる人です。

金次郎さんはいいました。

「生きてる時は人で、死んで仏になると思っているのは間違いだ。生きて仏であるからこそ、死んだ仏なのだろう。生きて鯖の魚が、死んでカツオになる道理はない。林にある時は松で、切ったら杉になるという木はない。だから生前から仏であって、死んで仏になり、生前から神であって、死んで神なのだ」と。

今の生き方が肝心だということですね。

自分さえよければ…という世のリーダーの背中をみて嘆いてばかりはいられません。

反面教師(はんめんきょうし・反省の材料となるような人物や事例のこと)で学ぶことが肝心です。

この世に生き神さまのような人が増えれば、助け合いの精神が行き渡り、厳しい世の中でさえも、乗り越えられる人が増えるはずです。

苦難を乗り越え自立できるようになれば、この世で出会った神さまのような人々の温かい想いに包まれた記憶、そして、その背中を見て育った体験は、良い応報を後世の人々に繋ぐ勇気と実践が生まれることでしょう。

温かい思いやりが交錯し、伝達されていく世になることを願いつつ…

猫丸も一生をかけて、日々 精進して参ります ( ̄^ ̄)ゞ


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-03-31 09:11 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの2018年3月占い。


⚠️ 今回のモノノケ横行日で取り憑かれた人間が、悪の思いを実行する人が増えるので事件が増えそうです。くれぐれも巻き込まれぬよう心乱さずお過ごしください。

⚠️(モノノケ横行日のお知らせ)3月24日の夜半から3月28日までモノノケ横行日となります。この期間中は、何があっても自分の気持ち(心)の管理をしっかりとなさり、決して心を乱したまま自分を放置しないようなさってください。

b0301400_13302496.jpg

にゃにゃにゃ!

3月はにゃ、2月と同じ星回りとなっているにゃ。

なので基本は2月の月と一緒なので、2月の占いをおさらいしておいてにゃ。

3月は何事においても良くも悪くもより一層、2月の機運の意味合いが更に大きく強くなりそうにゃ。

4月の「抗う」傾向の月の流れも入る為、一度運気が低迷すれば抗う姿勢が増して、ややこしさは倍増となりそうにゃ。

また、良くも悪くも「決定」という機運が高まるので、この月をどう過ごすか…で明暗が分かれそうにゃ。

今年は、数年先から数十年先の未来にまでにも、大きく影響のある年の始まり。

そのことを深く心得て、これからの毎月の選択肢は命懸けで選ぶ…くらいの意識で、一つ一つを丁寧に慎重に選ぶことが重要にゃ。

重大なことが発生した時は、1月、2月の占いをよく読んでにゃ。

今月の災難除けの秘訣はにゃ、暴力的傾向がますます強まるので要注意にゃ。

自分の思う通りに動く人が増えそう。

人を自分の意のままに動かそうと思ったりという気持ちが高まるので、イジメ(虐待)やDVなどに遭った場合、我慢せずなるべく早く信頼できる人に相談にゃ。

自分の思う通りにいかないからとワガママにならないように、また自分の意のままにならぬことを嘆いてサジを投げたり怠けたり、人に当たらないよう気をつけてにゃ。

自分のことを優先させ過ぎたり、自分のことを想って欲しくて独占欲が強く出過ぎるカタチに傾き過ぎると、運気は一気に下降する傾向の月。

自分勝手な振る舞いや、人に依存したりして自分を甘やかさないことにゃ。

また、事件では強盗や窃盗といった物取りプラス性暴行プラス殺人といった、一つの事件で2つ3つと犯罪が重なるエスカレートする犯罪となる傾向にゃ。

今年はモノノケ横行日から始まった年なので、とにかく犯罪が横行する年。

今年の出会いは良くないことの方が多く、初対面の人との関係においては、かなりの注意が必要にゃ。

出会い系などで気軽に知り合った人を、簡単に信用しないで電話番号などは教えないこと。

少しでも不安要素を感じたら、2度と会わないくらいが災難除けの秘訣だにゃ。

社交的で明るく、特に話し上手で自分の自慢話などする人には要警戒。

3月の運気アップの秘訣はにゃ、2月より社交性が高まる月なので、グループでの付き合いは吉。

その時に、自分本位にならないよう気をつけて、また人に甘えないよう気をつけて、グループの流れを乱さないことで良い人間関係を構築できそうにゃ。

家では、大切な家族を思い遣る言葉をかけることが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

せっかく相手を思いやる心掛けをしても、そこに明確な言葉を添えないと相手に伝わりにくい月なので、会話ができない場合は優しい言葉のメモを添えてみてにゃ。

この月は、自分磨きに効果のある月。

オシャレやヘアメイクなどのプチ変身やダイエット、などの勉強と実践が運気アップに繋がりそう。

人生の節目となる人は、身なりと礼儀に気をつけて吉。

叶えたい事柄のラッキーカラーの下着をはくと、更に運気がアップするにゃ。

3月のラッキーカラーは2月と一緒だにゃ。

恋愛運アップ…ふじいろ、藍色、ベージュ、みどり、赤。

夫婦円満アップ…桜色、きみどり、オレンジ、青、黒。

対人関係(友人運)アップ…灰色、朱色、水色、紫、桃色。

仕事運(試験)アップ…白、紺、黄色、翡翠、茶色、ワインレッド。

災難除けは青色にゃ。

3月のパワーアップ食・旬の食べ物(旬の食べ物には生体エネルギーが詰まったエネルギー食。気力も体力もアップするだけでなく、邪気払いに効果のある食材。是非食べてにゃ)

3月5日頃まで(雨水・うすい)

本来は降る雪が雨に変わる頃。野山の草木が芽吹く季節到来。農作業の準備が始まる時期にゃ。いかなご漁も始まり、春の訪れを感じるにゃ。3月3日は桃の節句。古代中国の上巳(じょうし)の節句が由来とされ、もともとは旧暦3月、最初の巳の日(上巳(じょうし)の日)の桃の咲く季節に行われる行事で、脱皮をして生まれ変わる巳(み・へび)に因んで、心身を祓い清める行事とされていた説や、平安時代より前に京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊び、健康と厄祓いを願った上巳の節句が始まったとされる説もあるにゃ。江戸時代から民衆にも伝わった行事としては、紙や藁などで作った人形(形代)を使い、これに穢れを移し川や海に流して厄災を祓う祭礼としたにゃ。これが現代の流し雛の起源といわれているにゃ。なのでこの時期は祓いの時期ということにゃ。人から自分に向けて発せられた念(生霊)を人形(ひとがた)に移して穢れを祓い清める儀式にゃ。目では視えないけれども、想念世界から視れば、この世は人々の念の飛ばし合いが日常の世の中にゃ。特に自分や相手をジワジワ破壊するのは心配の念だにゃ。自分や相手を心配する心の消耗は激しく、生霊(生体エネルギー)を著しく消耗させるので、心配事は本末転倒な事態となるにゃ。心配をしない努力(深く考えないような気を紛らわす行動)や、人に心配をさせない努力(報告・連絡・相談)が、自分や相手に破壊作用を生じさせないことに繋がるにゃ。心配し過ぎる心は、そのマイナスな想いは叶ってしまう可能性が高まるから気をつけて。この時期は、海水と同じ濃度の塩風呂(天日塩)に浸かれば、付着していた生霊、モノノケなどはアッサリ取れてしまう最高の除霊となるにゃ。この時期の塩風呂に入れる塩をケチらないことで、しっかりと災難除けとなるにゃ。

雨水の時期の旬の食べ物…春キャベツ、花ワサビ、島らっきょう、菜の花、デコポン、ワカメ、メカブ、イカナゴ、ハマグリ。

3月6日〜3月20頃まで(啓蟄・けいちつ)

日毎に春のおとづれを感じる頃。啓蟄とは、土の中で冬ごもりしていた虫や生き物たちが春の陽気に誘われ活動を始める季節のことにゃ。春の雷がひときわ大きくなる頃でもあるので、昔の人は冬ごもりの虫たちが、春の雷に驚いて這い出してくると考え、春雷のことを「虫出しの雷」と名付けたりもしたそうにゃ。大きな音というのは意外なことに除霊の効果があるんだにゃ。皿やコップが落ちて割れた時は喜こぶにゃ!大きな音と割れた破片が刀の代わりとなり、その場の邪気を祓ってくれるにゃ。モノの命の代償の相殺で邪気祓いができるので、割れたモノには感謝をし「守ってくれてありがとう」と伝えてにゃ。この時期の新玉ねぎは、血液浄化作用の高い野菜にゃ。薄切りにスライスして水に晒さずサラダで食べるのが1番効果のある食べ方。新玉ねぎを生食で食べる場合は、たくさん食べると胃がもたれるので注意。ほんの少量で十分にゃ。

啓蟄の時期の旬の食べ物…コシアブラ、葉ワサビ、ニラ、ノビル、新玉ねぎ、ヤリイカ、サワラ、サヨリ。

3月21日〜4月4日頃まで(春分・しゅんぶん)

春分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の時間の長さがほぼ一緒になることから、二十四節記では大きな節目の日とされているにゃ。この季節は出逢いや別れの季節。今も昔も大きな節目の季節にゃ。また、春分の日を中日に前後三日間を含めた7日間が春のお彼岸にゃ。「暑さ寒さも彼岸まで」でという言葉もあるように、過ごしやすい季節にゃ。お彼岸にはぼた餅(おはぎ)を食べると家族との平安運アップ。桜餅を食べると恋愛運アップ。また、この時期に住んでいる土地の産土神(うぶすながみ)にお詣りし、塩大福を供えると基本のすべての運気がアップするにゃ。

春分の時期の旬の食べ物…フキ、ウド、グリーンピース、絹さや、たらの芽、小カブ、桜エビ、シラス。

その他3月全般の旬の食べ物…ごぼう、小松菜、春菊、大根、長ネギ、にんじん、ほうれん草、水菜、レンコン、金目鯛、白魚、タイ、ブリ、マグロ、みかん、いちご、オレンジ。

今月も良い選択肢で、良き結果を得られるよう頑張ってにゃ。


b0301400_13304696.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

梅の花もほころび始め、京都の北野天満宮では2月25日に毎年恒例の梅花祭が行われました。

b0301400_10014405.png
しかし、積雪の多い県などは雪解けが4月頃ではないかとみられおります。

春といえども、まだまだ寒さは残ります。

季節の変わり目です。体調管理などにはお気をつけください。

本日や明日から日本海側では低気圧が急発達し、全国的に大荒れの春の嵐の警報がでております。

台風並みの風となる地域もあるようです。

災害厳重警戒期間中ですので、くれぐれも油断なくお過ごしください。

さて、今月は先月と同じ星回りの月となります。

今月も水に関する出来事(水商売、水仕事、水道関係、水害)には要注意ですし、世界や日本の動向にも引き続きご注意ください。

実は先月書き忘れていたことがありまして、水だけでなく怒りっぽい月だけに、火にも注意が必要な月でした。

水と火の事象におきをつけください。

また、今月決まったことなどは、良くも悪くも長く続く可能性が高い月です。

良い場合はいいのですが、悪い場合は長い間苦しみ、取り返しのつかない事態となる可能性も高くなります。

軽率な考えが行動に繋がらないよう、日々を注意深く気をつけてお過ごしください。

引き続き、暴力的な思考や行動が出やすい月です。

夫婦、交際相手、友達関係などは嫉妬心からのトラブルにはお気をつけください。

また、運転中のトラブルなどにもお気をつけください。

お酒を飲む機会も増える季節となりますので、お酒はほどほどでお願いします。

今年はフェチ要素が高まる性犯罪が増える兆しであることを、今年の1月の占いで書きましたが、この2ヶ月間だけで性犯罪は驚くほど発生しており、季節柄、変な人が多く出没する季節と重なりますのでご注意ください。

動向検証の為、性犯罪の事件記事の一部をご紹介します。(再生ボタンのあっても写真ですので再生されません)話は下に続きますが、かなり下です (^_^;)

b0301400_14371806.png
b0301400_15001001.png
b0301400_15112545.png
b0301400_15101896.png
b0301400_15095737.png
b0301400_15093805.png
b0301400_15092019.png
*行方不明事件
b0301400_15085638.png
b0301400_15083839.png
b0301400_15082226.png
b0301400_15074944.png
b0301400_15072489.png
b0301400_15051667.png
b0301400_15032179.png
b0301400_15024089.png

*鹿児島県でワイセツ事件
b0301400_15010113.png
b0301400_15004627.png
b0301400_14594268.png
b0301400_14592436.png
b0301400_14590377.png
b0301400_14584376.png
b0301400_14582319.png
b0301400_14580141.png
b0301400_14573604.png
b0301400_14571798.png
b0301400_14565205.png
北海道レイプ事件
b0301400_14552326.png
b0301400_14535880.png
b0301400_14531131.png
b0301400_14524281.png
b0301400_14522411.png
b0301400_14514995.png
b0301400_14512718.png
b0301400_14503061.png
b0301400_14501081.png
b0301400_14491979.png
b0301400_14483486.png
b0301400_14463512.png
b0301400_14444534.png
b0301400_14434569.png
b0301400_14425566.png
b0301400_14422527.png

*アメリカのロリコン犯罪
b0301400_14402414.png
b0301400_11551604.png
b0301400_11553634.png
b0301400_11555097.png
b0301400_11560491.png

記事を書いていて、ホント心底気持ち悪くなりました。

誘拐事件も多く、監禁する事件も後を絶ちません。

全ての事件はメディアで取り上げておりません。

なので、上記の事件はごく一部となります。

誘拐され見つけ出せなければ、最悪殺害される危険もあるわけです。

2月23日に兵庫県三田市の女性が行方不明となり安否が心配されておりましたが、バラバラの遺体が民泊施設内から発見され、28日に被害者女性の頭部を遺棄を認める供述をしたそうです。

犯人はロシア系アメリカ人のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ(26)で、被害者女性とは出会い系サイトで知り合ったとのことです。

彼女は外国人男性と出会う前に、自分の行き先を知り合いに知らせていました。

1月の占いで「知らない人に出会う場合、親に伝えられない場合は必ず友達に自分の居場所や相手の名前などを知らせておこう。事件に発展した時に、有利な情報となるにゃ」と書いています。

被害女性が見知らぬ人と出会うことに危機感を感じ、知り合いに連絡をしたかどうかは分かりませんが、もしも、被害女性が知り合いに行き先を伝言していなければ、この事件の発覚さえ難しかったかもしれません。

仮に行方不明となっても、事件性を感じる証拠があったとしても警察が動かないこともあるのです。

この事件は、何故だか物凄く早い段階で警察が動いています。

世の中の動向を見れば、なんとなく理解が出来るはずです。

三田市の女性の事件のように、知らない人と会う場合は、誰かに知らせておくことが1番の手がかりとなります。

誰かに伝えられない場合、出来ない場合は、部屋にメモを残しておくことです。

世の中には現実に何十年も監禁されていた女性もいましたし、今も助けを待っている人もいる可能性は高いと思われます。

SNSで知り合い、そして初めて出会ったその日に、飲み物や食べ物の中に、睡眠剤や向神薬などを入れられて、意識が朦朧としている間に店から連れ出され車に乗せられて拉致されたりする事件も多いのです。

ハタから見れば、具合の悪い女性を介抱しながら車に乗せていると思われ、周りが危険を察知されることも難しいと思われます。

しかし、昼間から酩酊状態の人が車に押し込まれている所を見かけるような事がありましたら、万が一を考えて車の写真を撮ったり、車種とナンバーを控えた上で匿名で通報だけしてください。

それが万が一の事態であったなら、1人の人の人生と命を助けることに繋がる可能性もあります。

自分の欲望が抑えられなくなったモノノケと化した犯罪者は、どんな状況下でも犯罪を犯します。

例えどんなに不利な状況下であろうとも、衝動的に動く犯罪者もいます。

信じられないかもしれませんが、拉致は自宅で寝ている時や留守番をさせている時でさえ発生しているのです。

歩いている時、自転車に乗っている時、車に乗っている時でも、いつでも何処ででも拉致されているのが現実なのです。

犯罪に巻き込まれた時は、ためらうことなく大声で叫び続けましょう。

大声で叫び暴れて抵抗すれば、人の目にもとまりやすく、犯人も逃げていく可能性が高まります。

いざの時、必死に逃げようと大声を出して助けを求めたり暴れられる人ばかりではありません。

大人であっても恐怖で何の抵抗も出来ない、声さえ出せない人もいるのです。

いざの時は大声を出すことは、とても大切です。

お子様には、何事か危険を感じた時点で大声を出すこが大切であることを伝え、大声を出す練習を定期的に行うことも必要かと思います。

また、地域の人々にきちんと挨拶ができるように教育しておけば、子供が地域の人々の目に留まることにもなりますので、犯罪防止の役に立ちます。

大人であっても挨拶を交わさない子供の顔はなかなか覚えられませんので、いざ行方が分からなくなった時に見かけていても覚えていないこともあります。

挨拶が子供を認識してもらえることに繋がることを親御さんが理解して、近隣の方くらいには挨拶をする大切さをお子さまにお伝えください。

残念なことに人を守る立場の警察官や教師でさえ犯罪を犯す時代です。

簡単に人を信じることが危険な時代ではありますが、挨拶を交わせる知り合いが多いことは犯罪防止にはなります。

だからと言って、知り合いならついて行っても良いと勘違いしないように、しっかりとお子様方の安全のための教育を、日頃から家族で話し合っておくとよいですね。

安心して暮らせなくなっているのが、現代の日本の姿です。

出会い系は、獲物を狙う犯罪者にとっては、ターゲットが向こうからやって来る最高の狩り場だということを、改めて意識しなければ犯罪が減ることもありません。

これも信じられないかもしれませんが、いまどきの子供は小学生でも出会い系サイトなどで、お小遣い稼ぎ目的でアクセスする子がいる時代なんです。

また、家出目的の少女も多く、そんな少女を狙う男がわんさかいるのが現状です。

犯罪に自ら巻き込まれる人が多くっているのも確かなことです。

ここ20年ほどで日本でも確実にロリコン犯罪は異常に増えおります。

民間のNGOの児童失踪 虐待国際センター(ICMEL)によりますと、全世界では年間800万人もの子供達が行方不明となっているのだそうです!

アメリカでは年間平均46万人もの子供達が行方不明になっています!

イギリスでは14万人、ドイツで10万人、インドで7万人、カナダで1万人以上、オーストラリアとスペインで2万人という数字です!

これは1日で22000人もの子供達が、なんらかの理由でいなくなっているというのですから異常事態です。

失踪の原因や目的は、身代金目的の誘拐、臓器目的の誘拐、労働目的誘拐、性的虐待、生贄儀式、人身売買、両親の都合で戸籍に入れていない、虐待や育児放棄、殺害、全ての自然災害に巻き込まれた結果の行方不明、そして子供自身の意思による家出も含まれるそうです。

嘘であってほしい話です。

日本での所在不明の子供の数は、2011年で1000人以上、2012年で4176人となっており、恐ろしいほどの数の子供達の行方がわかっていないとのことです。

その後の年の不明者人数は見つかりませんでした。

これらの数字が本当に真実ならば、「のほほん」とは暮らしてはいられない世界です。

親御さんや親族の人達が、子供を守ることが当たり前でなくなった社会となりつつある日本。

他人の子であっても、地域や社会で子供を見守れる大人が増えることを望みます。

親御さんが小さなお子様を連れてお出かけの際は、決して手を離さないようお願いいたします。


ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2018-02-28 18:20 | トラちゃん占い


宇宙との交信!2018年・トラちゃんの2月占い


⚠️1月31日から2月3日までは「モノノケ横行日」です。ご注意ください。

b0301400_17421659.png

にゃにゃにゃ!

2月の運気はにゃ、良くも悪くも大きく何かが張り出す(膨らむ、突き出る、溢れる、目立つ)ことで成功に導かれたり、張り出し(膨らむ、突き出る、溢れる、目立つ)過ぎて上手くいかない事、失敗などの事態になるかも。

ギャンブル的要素が高まるので、勝つか負けるかという勝負に出やすい気持ちに駆られ、また欲しいものを手に入れる…という欲望も高まる傾向。

感情のコントロールが必要な月となりそうにゃ。

物事をとても単純に捉えやすく、軽く考えて行動してしまう傾向が高まる月となるので、いつもより警戒心が薄れ、自分でも驚くような恐れを知らない大胆な行動に繋がりやすくなりそうにゃ。

大胆不敵な発言や行動で成功すればいいけれど、大失敗をして後の祭りになることのないよう、自分の発言や行動には責任を持つことが大切な月だにゃ。

また、思ってもいない見え透いたお世辞や、軽口、失言などもポンと出てしまいやすくなりそう。

そのため、人からは物凄く好感を持たれたり、逆に反感を買ったり、人間関係にあからさまな結果も出やすくなるにゃ。

社会的にトップに立つ人、社会で目立つ人の言葉や態度には、良くも悪くも尾ひれがつきやすいので要注意。

秘密に対してオープンになる月。カミングアウトから密告、告発まで、秘密が暴かれたり、また漏れ易い傾向にゃ。

今月、来月と相続運が高まる月。身内からだけではなく、他人からも有形無形の財産を受け継いだり、そんな話が出たり、相続によるトラブルも増えそうだにゃ。

負の財産ということもあるから、ぬか喜びは危険だにゃ。

2月の災難除けの秘訣はにゃ、人に影響を与え易い月なので、自分の発言や態度にはくれぐれも気をつけることにゃ。

派手なアクションや自意識過剰は災いのもと。

大胆になり易いだけでなく、いつも以上に暴力的になる月でもあるので、何事にも「少し控えめ」や「少し優しい」くらいがちょうど良く、常に謙虚さを心掛けることで、大きな災いには繋がらないにゃ。

また、今月は「過信」に気をつけること。

私的なことから公のことまで裏切り行為が横行しやすく、詐欺などには要注意。

パーティーや出会い系などで知り合う人には要注意。

「この人なら大丈夫」と思った時ほど警戒を。

危険人物は、自分を善人に見せる天才にゃ。自分を良く見せようと努力をしている人には気をつけてにゃ。

そして、普段の生活の中、家族からの恩恵を「当たり前」として捉えている人は気をつけて!

大切な人なのに感謝なく相手を粗雑に扱うと、一気に運気がガタ落ちする怖い月にゃ。

特に大切な場面で言葉を発する時、いつも以上の慎重さが大切だにゃ。

ひとつの言葉を丁寧に、心の奥底でおもっている素直な気持ちを相手に伝えること、そして出した言葉には責任を持つことにゃ。責任の持てない言葉は災いが降りかかるにゃ。

暴力的なことが高まり、口喧嘩では収まらなくなる傾向の月。痴話喧嘩(男女の愛情のもつれが原因のたわいもないケンカ)で済まないことになりそうな気配。相手を思いやらない発言には要注意にゃ。

大きなトラブルに発展しないよう、話し合いなどでは冷静さを心掛けて「いつもより少し優しく」「相手が腹を立てない言葉」を意識して選ぶことが災難除けの秘訣となりそうにゃ。

弱いものに強くなる傾向の月は、DVや虐めなどが途端にエスカレートしやすくもなるので要注意。

弱い立場の人は、ここで強いものに負けず立ち向かったり、あなたを守ってくれる親御さんなどに相談したり、公の機関の相談窓口などで相談すると転機となるにゃ。

但し、何事にも大げさになりやすい月。相談を受ける側の人は、相談者が実際の現状より誇張する傾向もあるので内容の見極めが肝心にゃ。

先月の後半から水を操るモノノケが多く出没しているので、水に関する物事(水商売を含む水関連の仕事も)が動きやすく、水に関するトラブルなどには3月いっぱいまで要注意にゃ。

2月、3月の日本や世界の動向に注意。

2月の運気アップの秘訣はにゃ、強い流れにのまれたり、強い立場の人にのまれやすい月なので、自分を本気で守るなら「自己の確立」をすることが大切な月。

アンデルセン物語の「裸の王様」という童話の話を知ってるかにゃ?

裸の王様の内容をざっくり書くとにゃ、「バカの目には見えない」という不思議な生地で服を作る仕立て屋(本当は詐欺師)の言葉に、誰もが自分がバカだと思われたくなくて、見えてもいない服を見えてるふりをして、裸のまま町をパレードする王様の着てもいない服を絶賛する話にゃ。

この物語は王様だけでなく、家来や群衆までもが、見えない服を見えるフリをするという話なんだけどにゃ、たった1人の子供だけが「王様はハダカだ!王様は裸だよ?」と本当の事を叫ぶ。すると群衆も「王様は裸だ」だと叫び出す中、王様のパレードは続くというストーリー。

人間の心理の弱点をしんらつに捉えた実話として有名な作品にゃ。

人はそれぞれの立場で、言えることと、言えないことがあるにゃ。

最初に正直になれないと、後々まで本当のことを言い出せなくなったり、いつの間にか、本当のことが言えない人間になってたりするにゃ。

「これの価値のわからない人はバカだ」と、情報を操作する側の人間さえも、その発信源が自分から出ていない場合は、操作されている側にゃ。

王様の裸を見て、見て見ぬ振りをする家来や大衆側の立場であれば、自分に火の粉が降りかからないよう本当のことが言えなかったり、言わなかったりもするにゃ。

自分が嘘や偽りの心を捨てる勇気を持ち、なるべく素直に生きようと心がけることは 、この世での自己の確立となり、生きている間に後悔することも断然少なくなるはずにゃ。

自己の確立とは、世の中の価値観、人の価値観、自己の思い込み、他者からの評価に対応した自分ではなく、自分は何をしたいのか、何を心から求めているのか、本当は何が好きで何が嫌いなのか…など、そういう自分の本音を知っておくことが自己の確立ということにゃ。

幸せになる秘訣は「素直な自分の想いを確立」できることから始まるにゃ。

今月は、自己の確立に目覚めることが 運気アップの秘訣となるはずにゃ。

また、いつもより人には丁寧に接し、物事は丁寧に扱うと信頼度がいつもの倍アップ!

人が見ていなくても、自分の徳積みとなるので、何事も丁寧にを心掛けて大吉にゃ。

2月のラッキーカラー(身につけたり持ち歩くと色のパワーで運気UP)

恋愛運アップ…ふじいろ、藍色、ベージュ、みどり、赤。

夫婦円満運…桜色、きみどり、オレンジ、青、黒。

対人関係(友人運)…灰色、朱色、水色、紫、桃色。

仕事運(試験)…白、紺、黄色、翡翠、茶色、ワインレッド。

2月の災難除けカラーは紅。くすみのない赤が災難除けとなるにゃ。

2月の運気アップとなる旬の食べ物《旬の食べ物は、その時期のエネルギーが溢れる元気の素がたくさん詰まったパワー食にゃ。旬の食べ物は滋養がつく食べ物にゃ。》

2月4日から2月18日頃まで(立春・りっしゅん)

節分の翌日に迎える立春は、冬から春に移る時期となるにゃ。本来ならば寒さのピークもここまでにゃ。旧暦では立春が一年の始まりと考えられていたにゃ。なのでこの時期は「事始め」の季節。本当にやりたかった事を始めるには吉兆にゃ。因みに春一番とは、立春以降に最初に強く吹く南風のことにゃ。外では少しずつ春の兆しが現れるので、免疫力が高まる太陽の日差しを浴びつつ小さな春を感じると、心がとても明るくなるにゃ。2月の最初の午の日を初午(はつうま)といって各地の稲荷神社では豊作や商売繁盛を祈願する祭礼が行われるにゃ。京都の伏見稲荷では、五穀を司る農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が初午の日に、京都の東山連邦の伊奈利山(いなりやま)へ降臨された日といわれ、五穀豊穣や商売繁盛を願う祭りとなったにゃ。古来から日本では狐が神の使いとして祀られ、狐の大好物とされる油揚げを供えたことから初午の日に「いなり寿司」を食べるようになったにゃ。東日本のいなり寿司は米俵に見立てた俵型で、西日本のいなり寿司は狐の耳に見立てた三角形にゃ。今年の初午は2月7日にゃ。商売繁盛を願う人は、初午のいなり寿司を作ってみてにゃ。

この時期はふきのとうが出始める頃。ご飯のお供に簡単に作れる「ふき味噌」を作ってみては如何かにゃ。

* ふき味噌の作り方

①ふきのとう5〜6コ(約100g)を5ミリ角に刻み、刻んだら直ぐに油大さじ一杯の油で炒める。

②全体に油が回ってシンナリしてきたら、お好みの味噌(60g)にみりん大さじ2と1/2をよく混ぜ合わせた味噌を加え、ヘラで練るように炒める。砂糖はお好みで。砂糖を入れると保存も長くなるにゃ。

立春の時期の旬の食べ物…ふきのとう、葉ごぼう、八朔(はっさく)、伊予柑(いよかん)、トラブグ。

2月19日から3月5日頃まで(雨水・うすい)

まだまだ寒さは残るものの、降る雪が雨に変わる時期。豪雪地帯などは、雪がとけて川が増水する時。釣りなどには注意してにゃ。
古来より雨水の時期は雛人形の飾り付けをすると「子供が良縁に恵まれる」とされているにゃ。桃の節句の雛人形の供え物は、白酒とひし餅とあられが定番にゃ。あとは地域により様々あるにゃ。邪気を払うといわれる白酒、三色のひし餅の赤は疫病除け、白は清浄、緑は邪気祓いにゃ。昔の雛あられは家でもち米を炒って砂糖を絡めていたにゃ。炒る時に、もち米がよく弾けると吉、弾けないと凶として、その家や子供の年の吉凶を占っていたにゃ。雛人形は雨水に飾りつけ、3月4日には片付けるのがベスト。雛人形には厄払いの意味が強いため、古代は藁で作った人形を川で流すのがしきたりだったからにゃ、川に流す代わりに早く片付けるのが最善。遅くても、3日以内に仕舞ってにゃ。この時季の免疫アップには菜の花にゃ。さっと塩をして湯がいてにゃ、酢の物やお浸し、サラダや天ぷら、手巻き寿司、パスタなどで沢山食べてにゃ。

雨水の時期の旬の食べ物…春キャベツ、花ワサビ、島らっきょう、菜の花、イカナゴ、ワカメ、デコポン。

2月全般の旬の食べ物。

キャベツ、ごぼう、小松菜、春菊、大根、菜の花、長ネギ、人参、ブロッコリー、ほうれん草、水菜、レンコン、みかん、いちご、オレンジ、金目鯛、白魚、タイ、ブリ、マグロ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるよう頑張ってにゃ。


b0301400_17424103.png

みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

先ずは大寒波で被害に遭われました方々にお見舞い申し上げます。

今年は黒潮大蛇行の影響をモロに受け、全国各地では低温となり、寒い寒い冬となりました。

雪が降るのは減りましたけれど、各地で低温が続いており、水道管の凍結や破裂が続出し、断水被害が後を絶ちません。

何事も普通を維持している状態は、かなり幸せなことです。

また、道路の凍結による事故の発生が続出しています。

予報によれば、バレンタイン辺りまで寒いそうです。

日々、何事にも注意を払うことが1番の災難除けです。

今月も引き続き、お気をつけてお過ごしください。

と、ここまで書いたところで、またもや記事が消えてしまいました(T ^ T)

なので、アップするのが遅くなりました。

また、気象が荒れるサインなのかも知れません。

この度の厳重警戒期間中も、頭痛が頻発しておりましたので、災害厳重警戒日もまた1週間延長しました。2月7日までは、くれぐれも油断なくお過ごしください。

さて、全国でインフルエンザが猛威を振っているようです。

先ずインフルエンザとは、インフルエンザ ウイルスによって引き起こされる感染症のことですが、細菌とウイルスとでは全く違うものです。

細菌は栄養と水があり適切な環境下では、生きた細胞がなくても自分自身で増殖するのですが、ウイルスは細菌とは異なり、ウイルス単独では生存できないのです。

なのでウイルス自身は増殖する能力がなく、生きた細胞の中でしか増殖できないので、他の生物を宿主として自身を複製することで増殖しています。

その増殖したウイルスは、また他の細胞に侵入し増殖を繰り返すので、宿主の細胞を次々と死滅させてしまいます。

なので免疫細胞が大量の薬などで弱まれば、ウイルスを死滅させる力を失いインフルエンザでも死亡することもあるわけです。

インフルエンザに感染した場合、免疫細胞は命を懸けてウイルスと戦います。

ウイルスが人体に侵入すると、ウイルスの動きを弱める為に発熱します。

ウイルスが熱に弱いので発熱するわけです。

発熱により、ウイルスの動きが弱くなっている間に免疫細胞はウイルスをやっつけてくれているのです。

痰や鼻水、下痢などは、ウイルスをどんどん体外へと排出させようとする仕組みです。

もしも、人間に免疫細胞がなければ、人間はウイルスの侵入だけで細胞を死滅させられるのですから、あっという間に死亡することでしょう。

抗ウイルス薬は、薬の特性からウイルスが感染するのを防御したり、細菌のようにウイルスが死滅するものではない…ということをご存知でしょうか。

抗ウイルス薬のほとんどが、自分の細胞に感染して増えたウイルスを細胞から出さないで閉じ込めるものなのです。

なので、抗ウイルス薬を飲むとウイルス退治どころか、細胞内に閉じ込めてしまうことになりますので、ウイルスを退治してくれているわけではないので、ウイルスが完全に消えてはいない状態です。

細胞の中にウイルスを閉じ込める効果で、一時的にウイルスの制御ができているにすぎません。

インフルエンザが流行しても、免疫細胞が元気な人の体では、インフルエンザウイルスが侵入しても、免疫細胞がウイルスを防御するので、全ての人がインフルエンザに感染するわけではないのです。

疲れたりなどして免疫力が極端に低下した状態の時は、ウイルス侵入と同時に体内で増殖してしまうので、免疫細胞はウイルスの増殖を食い止めるために高熱を出すのです。

しかし、ここで薬を飲んでしまうと、抗体反応が低下してしまいます。

せっかくの発熱を解熱剤などの薬で下げてしまうと、免疫細胞が弱まるのでウイルス退治ができなくなるのが抗体反応の低下ということになります。

抗体低下により、ウイルス退治が遅れ、具合の悪さが長引きます。

「くすり」を逆から読んでみてください。

「リスク」と、書いてありますょ。

薬にはリスクがあっても、高熱が出ることは人間に取ってはリスクではありません。

熱が高いほど完璧な除菌が可能であり、体力がない人が高熱を出すことは難しいからです。

高熱が出たなら、むしろ喜ぶべきことです。

それは、ウイルス退治だけでなく、体内のさまざまな不具合がリセットされる可能性が高いからです。

体力のない人では、微熱が長く続きますが高熱は出にくいように思います。

高熱は体力を著しく消耗させますので、かなり弱っている人には高熱はリスクが高まります。

免疫細胞は人を助けるのが使命ですので、人が助からないような高熱は出せない、もしくは出さないのだと思います。

高熱が出た時の対処法は、薬を使って熱を下げることではなく、熱が上がりきるまでは熱を下げないようあたためながら寝るのが1番です。

部屋を暖かくして、昆布だしに天日塩と生姜をすった温かいスープを飲むと、体温を上げやすくなります。

フラフラしない限りは、お風呂もOKで、むしろ発熱のお手伝いをしてくれます。

食欲がない時は無理して食べなくても大丈夫です。

食欲のない時に無理に食べれば負担がかかりリスクになります。

1日くらい食べなくても全く平気です。むしろ解毒作用が高まります。

食欲があれば、お粥など負担の少ないものにしておくことは大切です。

果物は基本身体を冷やしてしまうので、熱が下がって来た時ならOKです。

熱が上がる時、食欲がなくなる理由は、食べないことで消化にかかる負担を抑え、消化で使う体力を消耗せずに温存し、身体を治癒するための体力に回すため食欲を抑えてくれているのです。

高熱が出る時は悪寒がして、身体が震えてきます。

身体が震えるのは筋肉を動かして体温を上げる為です。

発熱を促進させている状態です。

この状態を霊的にみれば、震える振動で浮いていた魂を元の場所におさめる行為でもあります。

お腹に力が入るので、魂が安定し、邪気祓いにもなります。

この状態の時が1番カラダが辛い時ですが、体内では免疫細胞が1番活躍してくれている時です。

心に存在していた邪悪な想いや、モノノケ横行日などに潜り込んだ邪鬼(モノノケ)などが魂の振動により祓われるので苦しい状況です。

熱が上がりきると震えが収まり汗が出てきます。

汗が出てくれば、熱が上がりきったサインです。

ここまで来たら もう大丈夫です。

除菌も浄化も完了です。

ここで、無理のない程度に水分補給をしてください。

水分は水が1番です。できれば天日塩を少しつまんで食べるとウイルスに傷つけられた細胞修復の手助けになります。

塩を舐めて吐き気がした場合は、除霊が完璧でなかった為に、魂がしっかりとおさまった身体が勝手に除霊を行ってくれています。

何も出なくても嗚咽(おえつ)で邪気を祓えます。

汗が出てきたら小まめにパジャマを着替えます。

ここからは、眠むれるだけ寝てください。その間に体力が回復してきます。

お子さんや高齢者の方など自分の症状を口で伝えられない人の場合は、熱があっても手足が冷たい場合は温めてあげます。

うっすら汗をかいている時は、服を一枚脱がせたりして調節してあげてください。

熱が上がっている時に解熱剤などを使用しますと、一時は下がりますが、根本原因がある内は何度でも熱は上がります。

その時にまた解熱剤を使用すると、抗体反応が低下してしまいますので、段々と免疫細胞自体が弱り治癒はどんどん遅れます。

熱が上がりきれば、体力消耗でフラフラはしてますが、身体は一気に楽になっています。

何もしない…という自然治癒療法は、西洋医学を信じる人にとれば、とても不安だと思います。

しかし、自然治癒は身体に1番負担のない、しかもお金もかからない、カラダの不具合を根本から改善するために、完璧な治療をしてくれる免疫細胞の神業なのです。

しかも、あなたがどんな人であろうとも、免疫細胞は自らの死と引き換えにしてでも無条件にあなたの命を助けてくれる存在です。

免疫細胞を弱らせることをすれば、因果応報で自分の身に危険が及ぶだけです。

免疫細胞が死滅すれば、それは即ち人間も生きてはいかれないのです。

薬というのは、そんな神的存在を破壊する力を持つ毒なのです。

薬が、リスク覚悟で飲まなければならないほどの「毒」だということがわかれば、様々なリスクから、心や身体は解放されることでしょう。


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-02-01 03:50 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの2018年1月占い


⚠️お知らせ…1月30日の夜半から2月3日までがモノノケ横行日となります。
本来は一昨日からでしたが、今回は少しズレ込みました。2月3日は節分でもありますので、邪気祓いに塩風呂に入って身と心を清めてください。モノノケ横行日のご説明は、2017年のトラちゃんの8月占いの記事をお読みください。


b0301400_18254612.jpg


にゃにゃにゃ!

今年の1月の月運はにゃ、今年の各月にも影響するので、何か大きな問題が出たり、悩みが出たら今月の月柄も参考にして、その月の占いと併せてリーディングしてみてにゃ。

今月(今年は)にゃ「盛運と衰運」の落差が激しくなる年となりそうにゃ。

今年は良くも悪くも、普通一般の軌道からコロッと外れやすく、盛運か衰運のどちらかに大きく偏る年となりそうな気配。

新たな運命に導かれ明るい未来を進む人、社会からドロップアウトし後退する人、何もかもが停滞する人など、はっきりと明暗分かれる運命に導かれる傾向の強い年。

社会(会社)の軌道から自ら外れたり、不可抗力に外されたり、何らかの影響を受けた人のお陰で発展できたり逆に衰退したり…。

特に異性関係では相手の運気に良くも悪くも大きく影響を受けやすくなりそうにゃ。

精神性が高まり易い傾向なので、第六感を働かせることが発展の道に繋がりそう。

今年は情報の漏洩や偽情報の流布などで信用が大きく損なわれたり、逆に嘘で大成功することもありそうにゃ。

隠していた自分の秘密をカミングアウトしたり、人の秘密を暴露したり、逆に隠されていた秘密を暴露されてしまいやすい年でもあるにゃ。

なぜか隠したいことほど表に出易くなり、そしてその責任を他の誰かになすりつけたり…ということも多くなりそう。

真実が表に出ても信じない人も多く、また表に出る真実が真実であるかどうかも判らないのが、この世の常。

この世では、嘘がまるで真実のように、わざと流布されることも多く、嘘を真実だと思い込まされていることも多いにゃ。

真実を陰謀論だとして、人々が真実に目覚めないように仕組む仕事もあるくらいだにゃ。

だけどにゃ、今年からは どれが嘘でどれが真実なのかを、噂に流されず自分の真の心で見極めなければならない重要な年の始まりとなりそうにゃ。

嘘を真実だと信じてしまった人たちは、この先の未来は明るくないにゃ。

嘘を嘘だと見抜けるか否かで今年の運気だけではなく、未来の運気にも大きな差が出ることになりそうにゃ。

良くも悪くも、今年気づいたことは重大なことにゃ。

長年信じてきたことであっても、「もしかしたら嘘ではないか?」と少しでも疑問をもったことには、トコトン調べてみてにゃ。

それは、必ず自分を救うことになるはずだから…。

今年の災難除けの秘訣はにゃ、短気には要注意にゃ!

待てないことが災いしやすい年で、好奇心が旺盛になるほど身に及ぶ危険度も上がりそう。

待つことや、焦らないことが、大難に繋がらない大きな災難除けの要素となるにゃ。

行き過ぎた自分勝手さは封印し、社会のルールを守らない人に怒りを持つのではなく、自分がルールを守る背中を見せる努力、そして人への態度や言葉遣いには注意を払うことがドラブル回避の災難除けの秘訣となるにゃ。

今年は一人歩きや、一人旅など単独行動は危険な年となりそうにゃ。

性欲が旺盛になる人が増える年で、自分好みの異性を品定めして、責任なく下心満載で近寄る人が増えそうにゃ。気軽に声をかけてくる人や、出会い系などで出会う人には警戒心を忘れずに!

性欲旺盛になる年は性犯罪が増え、声を掛けてターゲットに近づく人たちは、とても優しそうだったり、真面目そうだったりして、見かけでは犯罪者だと思えないような人だったりするにゃ。

自分の行動には責任を持ち、決して軽率な行動は控えることにゃ。

知らない人と出会う場合、親にその事を伝えられない時は、必ず友達に自分の居場所や相手の名前などを知らせておこう。事件に発展した時に、有利な情報となるにゃ。

結婚や恋愛などを含む広い範囲での特殊詐欺も横行しそうにゃ。性的暴行と強盗や窃盗を一緒に満たそうする強盗殺人事件、フェチ要素が高まるので自分の性癖を満たそうとする事件、宗教関連の事件、特殊な事件が増えそうにゃ。

とくに詐欺師が横行するので、とにかくお金の話や儲け話などをしてくる人には近づかないでにゃ。この世に簡単にお金が稼げることなどありはしないにゃ。

DV(ドメスティックバイオレンス)や虐待、性的虐待、ストーカーなどの問題が親族までに及ぶことも。

被害者は勇気を出して今すぐ警察に行くにゃ!

他人が被害を受けている気配を感じたら匿名で警察に通報してあげてにゃ。

また、良くも悪くも親族の縁から、他人との縁まであらゆる関係の縁が切れやすい年。

悪縁が切れたら幸運、悪縁でない場合は不運となるかも。

心底愛してくれた親や子供、パートナーを裏切る行為、または見捨てた場合は衰運となるかもにゃ。

今年はとにかくルール(約束)を守り、そして用心深さが災難除けの大きな秘訣となることを覚えておいてにゃ。

また、誰かの裏切りにより純粋な心が傷ついた人は、絶対に自暴自棄にならないでにゃ。人に傷ついた心を癒してもらおうと、頼り過ぎないことも災難除けの秘訣とることを覚えておいてにゃ。

自分のことは、自分で救うのが1番にゃ。日々の生活の中で明るく過ごそうと努力して行くうちに、良い軌道に乗れるはずにゃ!

良い軌道に乗れるまでの間は、自分を粗雑に扱ったり、見捨てたりしないで心素直に過ごしていれば、必ず心や現実が癒されるような運気が開花していくはずにゃ。

今年の6月、8月、12月は特に大切な時期となるから気をつけてにゃ。

きちんとした人生設計を持つことが大切。社会の軌道から外れないよう、場当たり的な生き方はしないでにゃ。何事もしっかりと勉強して、実際に動いて未来に繋げる地道な努力が吉。物事の捉え方、考え方の始末が悪いと大難に繋がるので、人に自分の考えを聞いてもらうと軌道修正ができるかも。

精神が落ち着かない時は、欲望を整理整頓するのが吉。欲は持てるだけにしないと身を崩す形となるにゃ。

2月と3月は日本の動向に注意。


今年の運気アップの秘訣はにゃ、当たり前のことを きちんと出来る自分でいることが我が身を救う秘訣となるにゃ。

今年は特に適当さが信用を失う形に繋がりやすいので、嘘やごまかしはご法度にゃ。

人は常に誠実な人間であろうとする努力が大切にゃ。(誠実とは、私利私欲を交えず真心をもって人や物事に対すること)

誠意(嘘偽りのない心)をもって人に対応することが、自分の魂の向上に必ず繋がるので、霊性がアップし、運気は更に良い形になるはずにゃ。

「嘘つきはドロボーの始まり」というけどにゃ、これは嘘をつく(やると言ったことをやらない)と、人からの信用を失い、人との縁や絆も切れて、周りの誰からも相手にされなくなり、やがて世間の誰からも相手にされなくなれば泥棒やるより他に道はない…といった形にまで堕ちぶれてしまう危険があることをいったものかもしれないにゃ。

嘘をつくとは、それくらい危険な行為だということにゃ。

罪を犯して生きている人は、罪を隠すために また嘘をつき続けなければならなくなるにゃ。

なので嘘をつく人の話や態度は、現実面で様々なことに辻褄が合わないにゃ。

人間界で一番大切な要素は清廉潔白かもにゃ。

清廉潔白(せいれんけっぱく)とは、私利私欲に溺れず、やましいことがなく後ろ暗いことがないことにゃ。

物欲に囚われ過ぎるとトラブルや災難に見舞われ易くなるもの。

清廉潔白さを保つには、かなりの努力が必要となるけれど、その努力の分だけ、心や魂は常に浄化されるんだにゃ。

私利私欲に溺れず、やましい気持ちがないことは、我が身を悪から守る最大の災難除けとなり、また様々な運気をアップさせる最高な心得だということを覚えておいてにゃ。

今年はとても精神性を重視する傾向なので、精神が満たされる仕事や趣味、人間関係を選ぶと大吉。

頭を使うことが運気アップとなる1年。なりたい自分になるスキルアップの勉強は大吉にゃ。


今月(今年)のラッキーカラー(身に付けたり持ち歩くと色のパワーで運気アップ)

恋愛運…白、桜色、きみどり、翡翠(ひすい)。

夫婦円満運…黄色、水色、紫、朱色。

対人関係運…(友達)桃色、ワインレッド、オレンジ。

仕事運…(受験)紺、ベージュ、灰色、赤。

災難除け…藍色とオレンジ。

1月の運気アップの旬の食べ物(旬の食べ物は、エネルギーが溢れる元気が1番詰まった健康の元なるパワー食にゃ。旬の物を食べて心も身体も元気になってにゃ。)

12月22日から1月4日頃まで(冬至・とうじ)

年末年始なイベント中が冬至の時期にゃ。年末年始はイベント続き。忙しい人ほど気が張っているので、身体のあちこちコリコリにゃ。冬至の時期は柚子が心と身体を癒す食べ物にゃ。柚子はミカン科の常緑植物で柑橘類の一種。ゆずの皮や果汁にはビタミンCが多く含まれ、カリウムも豊富。美肌効果はもちろんのこと、疲労回復、冷え性、むくみ、免疫効果を高める効果があり、そして最大の効能はリラックス効果にゃ。ゆずの皮や種に含まれるリモネンという香りには、リラックス効果が高いことが山梨大学の研究で判明してるにゃ。リモネンの香りを吸収すると、脳からアルファー波帯域が増えるそうにゃ。気分がたかぶって眠れない時、イライラしてる時、肩コリコリの時、お風呂にゆずの輪切りを入れてはいってみてにゃ。リモネンの香りに包まれたバスタイムは幸せのひととき。今日1日頑張った自分へのご褒美として柚子風呂でリフレッシュしてみてにゃ。また、免疫力の落ちやすい冬には、ゆずの皮や果汁をふんだんに使った料理や菓子で免疫力のアップを。お正月の朝、身支度を整えたら、先ずは新しい年を迎えられたことに感謝しよう。両手を合わせ鏡に映る自分に向かい「ありがとうございます」と自分の歳の数だけ唱えると、魂の力が一層高まり霊性がアップするにゃ。一年をよりよく過ごす事の出来るおまじないにゃ。家族や親友など、本当に大切な人にだけ教えてあげると福運がアップにゃ。

冬至の旬の食べ物…黒豆、金時人参、水菜、赤カブ、ネギ、柚子、伊勢海老。

1月5日から19日頃まで(小寒・しょうかん)

新暦では正月を終えた時期だけどにゃ、旧暦の正月はこれからで昔の人は寒さを感じる暇などないほど、この時期は正月準備で忙しいかったにゃ。小寒とは、まだ寒さは最大ではないという意味なんだけどにゃ、「小寒の氷大寒に解く」という故事もあり、寒の入りを迎え寒さは一層深まる時期。ここから節分までは厳しい寒さが続くので注意が必要な時にゃ。この時期、寒いからと動かないでいると病気になる原因を作りやすいにゃ。寒い時はよく動いた方が血管も詰まらず居られるにゃ。特に拭き掃除(ぞうきんがけ)は体がポカポカになるし、血管内の脂肪が落ちやすくなる身体にとても良い運動にゃ。部屋もキレイになり一石二鳥。美味しいもの食べて過ごした年末年始のツケが、病気の原因とならぬようにせっせと動いてにゃ。1月7日は「七草粥」ここ数年前からは七草がセットになったものが売られているので、七草粥セットを購入し、薬草を細かく刻み、お粥の中にいれて食べると身体の調子を整えられるから七草粥は是非食べてみてにゃ。この時期は国産レモンが色付いて登場するころ。レモンの効能は血液中の脂肪を落とし易くすること、免疫力アップ、リラックス効果が高いことにゃ。柚子と同じようにお風呂に入れるとリモネンの効果で癒し効果があるけどにゃ、海外のレモンはよく洗っても残留農薬がキツイ場合があるのでやめてにゃ。柚子もレモンも国産であっても水に五分つけおきしてから台所洗剤でよく洗い、よくすすいでから使ってにゃ。

小寒の時期の旬の食べ物…セリ、国産レモン、春菊、ワサビ、金目鯛、コマイ、ヒラメ、シジミ。

1月20日から2月3日頃まで(大寒・だいかん)

1年で最も寒い季節到来。本来の気候はこの頃になると寒い日が3日続くと暖かい日が4日続き、寒暖を繰り返しなが季節は春に向かっていくにゃ。寒い時期を憂いたりなげくのではなく、真冬の季節を楽しむ気持ちが免疫力を弱めない秘訣にゃ。
この頃になると1番小さなミカン科の果実のキンカンが出回るころ。皮が薄く甘いので丸ごと食べられるのが特徴にゃ。古来より喉に良いとされている果実。蜂蜜や洋酒に丸ごと漬けたり、甘露煮にして食べると風邪予防になりオススメにゃ。風邪薬代わりに簡単なので是非作ってみてにゃ。

キンカンの甘露煮の作り方…よく洗ったキンカンのヘタを竹串でで取り、竹串で皮に数カ所穴を開ける。沸騰した湯にキンカンを入れて2〜3分ゆがく。ザルにとり、鍋を一度洗い、キンカンを鍋に入れてキンカンの重量の1/2の砂糖を入れ、キンカンが隠れるくらいの水、酢をほんの少しだけ入れて味を見て甘さを調節し、キンカンが透明になるまで煮れば完成。

大寒の時期の旬の食べ物。

ちぢみホウレンソウ、小松菜、キンカン、イイダコ、ズワイガニ、赤貝。

その他、1月の旬の食べ物…キャベツ、ごぼう、大根、菜の花、人参、ブロッコリー、レンコン、ミカン、いちご、オレンジ、白魚、鯛、ぶり、マグロ、タラ。


今年も良い選択肢で 良い結果を得られるよう頑張ってにゃ!


b0301400_17592178.jpg
b0301400_18243438.jpg



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

さて、いよいよ 2018年が始まります。

2017年もブログを読んでくださり ありがとうございました。

みなさまが、身心ともにお元気で、素敵な笑顔で暮らせる2018年となりますよう
心よりお祈り申し上げます。

2018年も何卒宜しくお願い申し上げます m(_ _)m


さて、のっけからこんな事を書くのは大変気が引けるのですが、本日31日の夜半から、1月4日までがモノノケ横行日となります。

今年はモノノケ横行日から始まる年ですので、モノノケの影響を大きく受ける年となると思われます。の油断、適当で軽率な行動は命取りの年となる確率が上がります。

心の乱れはモノノケを呼び寄せてしまいます。

全ての災難に見舞われないよう普段から気をつけてお過ごしください。

常に心を平常心に保つ努力で2018年を乗り切ってください。

社会情勢も今年は昨年よりも、さらに厳しい世の中になるように思います。

日本の企業の確実な終身雇用の時代は終わり、不安定な社会となりつつあります。

企業の効率化で人の需要がなくなり、高学歴など関係なしにリストラが恒常的な社会となりました。

社会がテクノロジー化されてきたことで、人の手が要らなくなったのです。

様々な制度も変わりつつある中で、更に様々なことが変化する世の中になるように感じています。

終身雇用が減っているなど、従業員を守らない形へと変化しています。

b0301400_01015930.png
仕事がなくなり路頭に迷う人が増えても、生活保護費さえ引き下げようと必死の政府は助けてくれません。

会社も政府も助けてくれない時、家族なら助けられるのか?といえば、今の社会の不安定さで親も大変です。

親に寄生する引きこもりの中年層が増えているので、親の面倒をみるどころではない問題ある子供を抱える年老いた親たちが、心底頭を抱える社会となっているのが現状のようです。

社会体制が血も涙もなくなったのであれば、自分を守るのは、自分自身ということになります。

自分自身で何とかしなければ、容赦無く落ちていく社会となりつつありますが、猫丸的にはそれが決して悪い形だとは思いません。

なにもかも誰かに助けてもらえる世の中では、自分のことを自分で助けられない駄目人間が増えるばかりです。

このような殺伐とした時代になれば、誰もが「生き残る力」を発動させ、毎日精一杯頑張れるようになるのではないでしょうか。

現代社会では、まだ高度な専門知識を必要としております。

なので、生き残るためには専門的スキルを習得し、技術を受け継げる資質を磨き育てる、そしてそのスキルを自在に操れる自分になることです。

そして、それを継続していくことが自分の本当の力となります。

ここまで、しっかりと辿り着くことが大切です。

これから ますます技術革新は進んでいくことでしょう。

格差の大きな社会はこれからも続くと思われますので、自分で自分を向上させることができなければ、普通の生活を維持することが難しい可能性は高まるかもしれません。

自分を常に向上させていくことが出来れば、格差社会の中でも普通に豊かに生き残っていかれると思います。

自分を助けられなかった人は、周りがあなたを助けてくださる間は助かるでしょう。

しかし、助ける人が居なくなれば社会の底辺に落ちていく可能性もあるわけです。

時代の流れがどう変わっても、どんな窮地でも自分を育てよう、日々の鍛錬に耐えて精神を鍛えて向上していこうとする人間には、運も人もついてまわるのです。

どんな形であれ、人生は最後の最期まで、自分を諦めず鍛え続けることが人間の使命ではないでしょうか。

未来の安定のため、日々怠ける事なく自分の向上に努めて、どんな世になっても生き残って参りましょう。


ほな (=゚ω゚)ノ


b0301400_18233497.jpg



by neko_nezumi | 2017-12-31 19:04 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの2017年12月占い


2017年12月占いにゃ。

b0301400_19084611.jpg


にゃにゃにゃ!

今月はにゃ、良い意味で悪いものを破壊できたり、悪い意味で良いものを破壊してしまったりと、両極端に様々な破壊が繰り広げられる機運が高まりそうにゃ。

良くも悪くも今月選ぶ選択肢が後々あとを引く形となる傾向の月。

ひとつひとつの物事を大切にする心構えと行動が、大切なあなたの未来の安定を守ることに繋がりそうにゃ。

良くも悪くも普通以上になれることを望んだり、普通以下になってしまうことを選んでしまったり、普通以上の結果に喜んだり、普通以下な結果に愕然としたり、人それぞれの「普通」という基準が上回ったり下回ったり、考えていたことと違う奇想天外な結果が出易い傾向にゃ。

普通を超えやすく、また普通を下回りやすい月なので、食べ過ぎや飲み過ぎ(過食、拒食、偏食)運動のやり過ぎや運動不足、ギャンブルや薬、違法薬物、遊びすぎや極端な引きこもり、ダイエットなどなど、やり過ぎや、やらなさ過ぎという両極端な行動はトラブルや災難の元。自己コントロールが大切な月にゃ。

普通以上を求める気持ちが異常に高まったり、普通のことを不満足に思ったり、人それぞれの普通という概念基準に異変が起こりやすく、当たり前となっていた一般的な普通の観念(人が持つ主観的考え)や概念(おおまかに全体から見たさま)の基準がいつもより変化しやすく、また、いつもより固定観念や概念が固まり過ぎたり、また深まりやすくもなるという傾向の月。

それゆえ良い場合は大成功するし、悪い場合は転落といった極端性が出易い傾向だから くれぐれも極端に傾かないように、なるべく普通の維持を心掛けて過ごしてにゃ。

当たり前のことに不満が募りやすく、日常の当たり前のことをやらない(やりたくない)とか、当たり前に出来ていたことができなくなったり…当たり前のことにウンザリして嫌気がさしたり…とかもありそう。

その逆で、当たり前のことが出来たり(出来るようになったり)、当たり前のことに感謝ができたり…と、普通のことが当たり前に出来ることで、生活クオリティーが上がり自分の良き方向転換が叶う人も。

また、改めて感謝が出来たり、改めて当たり前の尊さ(幸せ)に気付くような事象も起こりやすく、感謝のできなかった日々を送ってきた人には、大きな痛みを知ることで、普通がどんなにか幸せだったことを知る機会になるかも。

12月の災難除けの秘訣はにゃ、固定観念が強く出る月なので、頑固さにはくれぐれも気をつけるにゃ。反対意見には腹が立ちやすく、反対者には牙を剥く傾向。

露骨に荒々しい心が言動や顔に出やすい分、トラブルにも繋がり易いにゃ。

強く抗ったり、争う姿勢は社会的制裁(左遷やリストラ)の的になってしまう可能性もあるので気をつけてにゃ。

社会的な事柄や仕事などで反対意見が出たら、反対意見に抗わず、まずは落ち着いて最後まで相手の話を聞こうと心を決めてしまおう。

最後まで真剣に相手の話を聞いてみる…この冷静さがあればトラブルには発展せず、人間関係を壊すことなく解決できる可能性が高まるにゃ。

また、仕事の不注意によるミスが多発するかも。スキル不足や手配ミスなどに気をつけて。言葉が少ないことが誤解される原因となる可能性もあるので、言葉足らずには要注意。

慣れている作業こそ再確認を!

また、報告・連絡・相談はしっかりと!

先月に引き続き医療ミスや医療トラブルが多発する兆し。

メンテナンス業界の人も点検などには気をつけて。

また、車や自転車のトラブルに気をつけて。事故も多くなりそうにゃ。

今月は特にアドバイスに災難除けの秘訣があるにゃ!

あなたの事を思ってアドバイスをしてくれる人の話を、一度じっくり聴いてみるにゃ。

素直な気持ちで耳を傾けることが今後の災難除けのアドバイスを得れる秘訣。

普段何度も注意されていることは、極力正す努力をしてみてにゃ。

今月、親族間や夫婦間、そして恋愛関係など親しい間柄の関係にトラブルが続出しそうな気配。

仲間や友人との意見の相違や約束が果たされないことなどによるトラブルから、喧嘩や事件に発展してしまうケースが多くなる非常に身内間に危険がはらむ月。

復讐やおとしまえなんていう怖い事態に発展してしまうかも。

特に話を聞かない相手には要注意。突っ込み過ぎると暴言や暴力で反撃されやすいので、話を聞かない相手にはしつこく話かけないことも大切な災難除けの秘訣だにゃ。

また浮気問題や金銭問題、仕事絡みの約束を守らないことからの事件化が懸念されるにゃ。

浮気心は命取りの月にゃ。孤独感がいつもより高まる月なので、寂しい独身者は既婚者との交際などに発展しないよう注意してにゃ。

今月の浮気は長期化する可能性が高いので、人生を楽しむ…というよりは、苦痛に満ちた未来になるかも。

先月以上にしつこくなり易い月なので、浮気を目論む人のしつこい誘惑に根負けしないでにゃ。

また、今月はとても暴力沙汰の起こりやすい月。

年末に向かいお酒を飲む機会も増えるので、礼節を欠いた無礼な言動など本気で気をつけてにゃ。

DVや虐待問題などは、当人同士や親族間同士で解決しようとせずに、必ず専門家や役所、警察などに相談してにゃ。

12月の運気アップの秘訣はにゃ、体力や気力が充実していない人は、生活習慣を見直すことが運気アップの秘訣となるにゃ。

毎日少しだけ歩くようにする、毎日少しだけ階段を使うようにするとか、外食や作られた惣菜は減らし、簡単なものでも家で作るとか、お酒やタバコを飲み過ぎる人は少しだけ減らすとか、忙し過ぎて睡眠時間が少ない人は、やる事を減らして寝る時間をつくるとか「極端になり過ぎない努力や節制」をほんの少しだけ目指して日々心掛けるだけで、基本の体力や気力がアップする秘訣となるはずにゃ。

少しぐらいでは変わらないのではないか…と、少しの努力もしない人は、この先も日常に何の変化も起きないにゃ。

少しだけの努力も、それが毎日積み重ねる努力なら、数ヶ月後、数年後には確実な変化となって顕われるのが現実というもの。

初めから欲をかきすぎると努力は続かないにゃ。ほんの少しの努力を毎日実践することは、確実な一歩を実感できる遠いようで1番の近道であることに気づいてにゃ。

未来の為の目標や目的を、何らかの形でコツコツと長い時間を掛けて努力を重ねてきた人にはチャンス到来月。

用意周到に動いてきた人は、正にここぞの時にゃ!

今年、自分の目標に向かって努力を重ねてきた人には、様々な運気が重なり合い、人の助けを借りて目標が達成される可能性が高まっているにゃ。

目的達成が叶ったのなら、周りで動いてくれた人達に、心からの感謝の言葉と態度を忘れずににゃ。

また、些細な日常の幸せに感謝できることも最大の運気アップの秘訣だにゃ。

当たり前の日常こそ、かけがえのない幸せであり、有難いことなのだと気づく事がとても大切な月にゃ。

ご縁があって結ばれた夫婦、親子、友人などに改めて感謝の言葉を伝えてみるにゃ。

普通の日常生活は、人の努力なしには維持できない生活にゃ。

日常を普通に生活出来ているならば、そこには必ず誰かの努力があり、その努力が重なり合ってこその日常生活なのだと改めて気づいてにゃ。

感謝の心は言葉に出してこそ徳を積む成就のかたち。

せっかくの素晴らしい感謝の心が湧き出たのに、自分の胸の中だけにしまっておくなんて、そんな勿体無いことはしないでにゃ。

感謝の気持ちがあるのに、感謝の言葉を伝えられないことは不徳に繋がるにゃ。

ありがとう…は宇宙で一番 浄化力のある言葉。

誰が聞いても心が浄化される霊性の高い言霊(ことだま)にゃ。

ありがとうの言霊は、その言霊を口に出すあなたの身と心を確実に浄化し、ありがとうの言霊を受け取る人々も、また同時に浄化される特別な魔法の言葉なのだと云うことを、いつも忘れないで過ごしてにゃ。

12月の運気アップカラー。

恋愛運アップ…ピンクと灰色のコーディネイト、クリーム色、紫、みどり、黄色、銀色。

夫婦円満運アップ…オレンジと灰色のコーディネイト、赤、青、黒、ワインレッド、モスグリーン。

対人関係アップ…水色と灰色のコーディネイト、金色、群青色、茶色、桜色、白。

仕事運アップ(受験運)…モスグリーン、ベージュ、青。

災難除け…白。

12月の運気アップ術と魔除け…。

12月8日と2月8日は「事八日」といい、事を始めたり、納めたりするにはとても良い日。農業では2月8日を事始めとしているにゃ。12月8日は事納めの日。正月始めとも呼ばれ正月の準備を始めるのが日本古来の習わしにゃ。事始めの節目には魔物が徘徊するといわれており、現実的に12月4日から8日までが物の怪横行日となっているにゃ。なので4日から8日の間には1度塩風呂(半身浴の分量の湯に1キロの天日塩を入れたもの)に入って禊(浄化)を。寒い場合は肩にバスタオルをかけて。20〜30分は浸かると効果大にゃ。塩風呂から出たらシャワーを浴びて完了。年末の31日や1日に塩風呂に入るよりも効果的な魔除けとなるにゃ。身体や心に不具合のある方は4日から8日まで塩風呂入浴をオススメするにゃ。塩風呂は浄化力が高く、除霊の効果も抜群。霊能者に頼らなくても簡単に浄化ができるにゃ。12月13日は「すす払い」にゃ。囲炉裏を使っていた時代の風習で煤(すす)を払うことは年神様を迎える大切な準備。現代でも高い場所のホコリを払いモノノケを寄せ付けない環境に整えて置くにゃ。

*12月の運気がアップする旬の食べ物と季節の生活。

🌟 12月6日ごろまで(小雪・しょうせつ)

寒さが一段と増し、降る雨が雪に変わる頃。日中の暖かい日差しは何よりの免疫力アップのプレゼント。太陽が出ている日はなるべく日光に当たり免疫力を高めよう。
陽に当たる頻度が高いほど風邪とは無縁。太陽の力を借りて、自分の不具合を治してくれるお医者さんである免疫細胞を増やしてにゃ。体調不良の人は服の上から肝臓の部分にホカロンを貼ると代謝がアップして解毒作用が高まるので元気になれるにゃ。皮膚疾患のある人は、服の上から背中の腎臓部分にホカロンを貼ると治り易いにゃ。また背中の腎臓部分の筋肉と、腕の表側の筋肉をよくさすってほぐしてあげると皮膚疾患には効果があるにゃ。

小雪(しょうせつ)の時期の旬の食べ物。

大根、ネギ、白菜、自然薯、かぶ、カボチャ、人参、みかん、柿、リンゴ、柚子、寒ブリ、穴子、タコ、フグ。

🌟 12月7日から12月21日頃まで(大雪・だいせつ)

この頃になると木の葉もすっかり散り終え本格的な冬の季節が到来。本来ならば文字通り大雪になる季節。だけどにゃ、ここ数年は季節が曖昧になってきているので、どんなに寒くても季節通りになることは古来からの自然本来の姿であり有り難きこと。雪は昔から花に例えられ、雪の結晶の美しさから雪の花を不香の花(ふきょうのはな)と表現されることもあり、昔の人々には雪景色も楽しみのひとつだったにゃ。江戸時代などは、しんしんと雪が積もる静寂の景色や月の光を受けた雪明りを鑑賞する「雪見」が粋な遊びだったにゃ。

年賀状はこの時期に。印刷されたハガキにも一言添えて思いを伝えてにゃ。
特別お世話になった方には感謝を込めて贈り物をするお歳暮を。このお歳暮の由来は、正月に先祖の霊をまつる「御霊祭り」に供える塩鮭や数の子、スルメなどを親元や本家へ届けていた風習の名残だと伝えられてるにゃ。

12月はシクラメンが花屋の店頭に並ぶので元気になりたい方は赤のシクラメンを、心穏やかに過ごしたい方は白のシクラメンを、恋愛成就はピンクのシクラメンを購入して自分の部屋に飾ってにゃ。

大雪(だいせつ)の時期の旬の食べ物。

カブ、ユリ根、チョロギ、クワイ、カボチャ、リンゴ、みかん、カワハギ、タラ、タコ。

🌟12月22日から1月4日頃まで(冬至・とうじ)

一年で最も昼が短いとき。「冬至 冬なか 冬はじめ」といわれ、二十四節気では冬の真ん中で真冬の始まりとしてるにゃ。この日を境に太陽が復活し始めることから冬至を「一陽来復・いちようらいふく」ともいうにゃ。これには幸福に向かうという願いも込められているにゃ。

冬至には欠かせないのが太陽を意味する「柚子・ゆず」。古代の人々は柚子は太陽の気を補う代わりとして食していたにゃ。この時期は黄色く色づいた太陽の復活という祈りを込めて柚子風呂で身も心も温めてにゃ。また、柚子の香りは邪気祓いになり菓子や飲み物、食べ物も災難防止食にゃ。この時期は柚子仕事をして柚子の皮や果汁を冷凍保存して置くと1年間は使えるにゃ。皮はサランラップやジプロックに入れて保存。果汁も茶こしの上から絞って氷を作る容器などで一旦凍らせてから取り出してジプロックなどで保存してにゃ。

また、冬至にカボチャを食べると風邪を引かないとか、現代では金持ちになれると伝える地域もあるそうにゃ。小豆とカボチャを一緒に甘辛く炊いた「いとこ煮」が人気にゃ。

カボチャにはカロテンが豊富なので免疫効果が高まるからにゃ、この時期はカボチャを使って風邪防止が運気アップめにゅーとなるにゃ。

江戸時代までは日没を1日の境目と考えていたにゃ。なので大晦日(おおみそか)の夜は既に新年としていたそうにゃ。そのため、この日は眠らず年神様を待つ習わしがあったそうにゃ。なので氏神さまを迎える大晦日に大掃除をする風習はなかったそうにゃ。

そして、深夜零時を挟んでつく除夜の鐘(じょやのかね)は、人間の煩悩の数といわれる108回鐘をついて浄化をしているにゃ。本来除夜の鐘は、107回までは旧年中につき、最後の一回は年明けに「煩悩に悩まされず過ごせますように」と願いを込めてつくのだそうにゃ。

また、江戸時代の大晦日は借金返済を迫られる日だったそうで、借金を抱えている人にとれば大晦日は鬼の形相になった借金取りに追い掛けられる怖い日だったようにゃ。
本来借金は、一年以内に返すのが借りた側にとればリスクも少なく最善なはず。借金をしても年内に返済を済ませられれば、新たな清い心で新年を迎えることが出来るはずにゃ。

冬至の時期の旬の食べ物。

柚子、ネギ、カボチャ、赤カブ、リンゴ、みかん、水菜、金時人参、黒豆、伊勢海老。

今月も 良い選択肢で 良い結果を得られるよう祈ってるにゃ。



b0301400_19414169.jpg
なんか怒ってる?みたいな顔 (^_^;)




みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

さぁ、みなさま12月が始まりますょ!

瞬く間に12月がやって来てしまいましたぁ〜 ( ̄▽ ̄;)

家の片付けや掃除などは、一度にやろうとせず毎日1つの場所を決めてやっていくのがやる気を失わず、しかも余り疲れず大掃除が出来る効率の良いやり方です。

拭き掃除には除菌用のウエットティッシュが大変役立ちます。

電化製品(プラスチックは不可、プラスチックは除菌でないタイプのもので)、台所周りのシンク、カーテンレールなどの汚れは除菌用のウエットティッシュが物凄く簡単にキレイに落とせます。

日頃からウエットティッシュ一枚でサッと拭くだけでタバコのヤニや油汚れなどは、見事に簡単に取れてしまいます。

オーブン(レンジ)の中やコンロ周り、台所のタイルなどは使用するたびにサッと拭けばいつもキレイを保てます。

しかし難点も幾つかあります。

それは素手でウエットティッシュ持つと、脂が取れてしまうので指の指紋の部分がツルツルしてしまうこと。なので、手袋をはめてくださいね。

後は、ウエットティッシュが乾いて来たら効果は半減しますので、なるべく早めに使い切ることです。

また、除菌用はアルコール(エタノール)が入っておりますので液晶画面や塗料やニスが塗られているもの、プラスチックなどには使用しないでください。

また、リモコンなどの文字やレンジフードの文字など消えてしまいますので、文字が書いてある部分や塗料が塗られているものには使用しないでください。木製家具は必ず目立たない部分で異常が起きないか試し拭きをしてから使用してくださいねぇ〜。

上手に使えば掃除がかなりラクになりますょ〜♪

さてさて、今月は当たり前の生活に嫌気がさしたり、逆に当たり前のことに感謝ができたりする両極端な運気となります。

特に浮気は物凄く増える傾向になりそうですので、浮気心は封印して吉です。

それは、今月の浮気は浮気ではなく、本気になりやすいからです。

不倫は、なかなか抜け出せない地獄の道となってしまうのが、今月の浮気の未来図です。

もしも、万が一、自分のパートナーが浮気をしていることが発覚した場合、あなたならどうしますか?

相手を愛しているならば、当然の如く腹が立つことでしょう。

そして、自分を裏切り浮気した相手を憎んで、怒ってしまう場合が多くなると思います。

もしも、そんな状況下に立たされた場合には、我を忘れて怒る前に、自分のために先ずは深呼吸して落ち着きましょう。

ここは、怒りで何も見えない状態になってはいけません。

冷静になって よく考える必要があります。

「私は今まで、浮気したパートナーを心底大切にしてきただろうか?」と。

心底大切にしてきた方なら、それは心底怒りが湧いて出ても不思議ではありません。

尽くした相手の裏切りを知れば、一瞬にして自分の心を黒く染めても仕方がありません。

しかし、心底大切に扱ってきた人が、あなたを失うような浅はかな裏切り行為をするでしょうか?

パートナーを大切にしてきた方は、怒るよりもまず先に、冷静にここを確認すべきです。

パートナーは裏切り行為はしていない可能性もあるのですから。

心底大切にしてきたパートナーが浮気をしたのが真実ならば、それはもうパートナーは浮気をするのが大好きな人なのか、若しくは、ただならぬ理由があるかもしれません。

本命のパートナーがどんなに出来た人であっても、浮気は元気の源だと考えるようなタイプの人も現実にはおります。

浮気行為(遊び)を許すことが不可能ならば、スッパリお別れしましょう。

自分だけを見て欲しいという人と、浮気をする人の考え方が違い過ぎては結婚生活は上手くはいきません。

普段からパートナーを大切にされていない方は、パートナーに浮気心が芽生えたとしたら、それは自分にも非があることを潔く認め、一度だけですよ…とスッパリゆるして差し上げてください。

そして、心を入れ替えて今度こそ本気でパートナーを大切になさってください。

それでもその後にパートナーが浮気をした場合、そして、その時あなたが相手を許せないのであれば、お別れするのが1番です。

浮気のトラウマでパートナーを憎しみながら生活を共にするのは、子供にとっても良い環境ではありません。

一度の過ちである場合、自分がパートナーを大切にしていなかったのであれば、自分にも非があるので今回ばかりはと相手を許し、なんとか信頼回復も不可能ではないと思いますが、何度も浮気をして裏切るパートナーと生活を共にすることは、憎しみばかりが増すので問題なく生活をすることは難しく、家族にも多大なる影響を与え、家族をも不幸にし、何よりも自分自身が幸せになれないからです。

これからの時代は、一般市民にとって 更に厳しい世の中になると思います。

そんな苦しい時代を共に歩むパートナーが信頼できないなど、今後の不幸の始まりにしかなりません。

なので、独身の方々が結婚を真剣に考えた時は、パートナー選びは肝心ですょ。

パートナーになる人には、自分の心を素直に出せる人、そして心から相手を信頼出来る信頼関係をつくってくださいね。

現在、パートナーに不満を募らせている方、恋愛していた当時を思い出してみてください。

あの頃のあなたは、今よりも確実に素直だったはずです。

現在のパートナーの欠点を嘆いたり責めたり諦めたりと、そこだけに固執するのではなく、自分自身が素直な自分を取り戻すことで、パートナーとの関係の修復や、様々な改革も出来ると思います。

今の自分を改善できれば、きっと夫婦関係も良くなるはずです。

今回浮気の話をしましたので、ついでに浮気にまつわる童謡の話をしたいと思います。

日本人なら誰もが知る童謡に「ちょうちょ」という歌があります。

歌詞は 「ちょうちょ、ちょうちょ 菜の花にとまれ
菜の花にあいたら 桜にとまれ
桜の花の 花から花へ
とまれよ 遊べ 遊べよ とまれ」

というものですが、この歌詞の本当の意味は怖いものという伝説があります。

それは、浮気癖のある旦那の妻が、幼い子供に対して「あなたの父親はこんな人なのよ」とわかりやすく歌に例えた歌詞だというのです。

蝶が旦那で、花が遊郭の女性たちという設定のようです。

親からから こんな話を聞かされる子供はたまったもんじゃありませんね。

また、「ゆびきりげんまん」の童謡も同じく怖い伝説があるのです。

歌詞は… 「ゆびきりげんまん うそついたら 針千本のます 指きった」

誰もが知るわらべ歌であり、約束をするときに小指を絡ませて握りながら歌うものです。

歌詞自体が針を千本飲ますとか、とても怖いんですけどね…( ̄▽ ̄;)

江戸時代の遊郭(ゆうかく)の遊女は、本気で好きになった男性客には、男性に永遠の愛を誓う証として、自分の小指を切り落として好きな男性に贈ることで自分の誠意を伝えていました。

これは実話です。

本気で愛した人と添えぬ身分、その情念が「ゆびきり」行為に走らせたのでしょうか。

当時の「いい女」とは、情の深い女性だったことから、それだけの想いを形に出来ることは美徳だったのかもしれませんね。

遊郭の遊女たちはカゴの中の鳥。自由のない遊女たちが心底惚れた男の側に居たいからと、せめて自分の身体の一部を待ってて欲しい…と思う心もあったのではないでしょうか。

また、買われる身分の自分たちが、愛する人に唯一できるプレゼントは身体の一部しかない…とでも思ったのかもしれません。

現代でも任侠道などでは、自分の男を守るために、自分の指を落とす女性が実際にいますからねぇ…( ̄▽ ̄;)

話が逸れましたので元に戻します。

この遊女の愛の誓い行為を、当時「指切り」と言っていたのです。

それが やがて一般の社会にも話が広まり、約束を守る意味に変化した歌になったようです。

「げんまん」とは、漢字で書くと「拳万」。拳(こぶし)のことです。

嘘をつけば針を千本飲まし、約束を守らぬ場合には握り拳で1万回殴る制裁を与える…という意味に変わりました ( ;∀;)

そう簡単に約束を破ぶれないように、命に代わる代償を約束の決まりにしたようです。

社会的には、窃盗などの罪を犯した場合、男性は斬首、女性は指切断刑が300年前の室町時代から日本でもありました。

女性と違い、男性への責任の重さは盗みで斬首ですからねぇ、怖い時代でしたね。

嘘をつかないことも、約束を守り通すことも場合により難しいことですが、それがトラブルなく生きるための人間界の決まりごとなんです。

ある程度の恐怖は、愚かな人間の愚行を正す可能性も含まれます。

約束は守るのが道理。この叡智を人間は忘れないよう過ごしたいものです。

社会のルール、大切な人との約束を守れる自分でいることが今月の災難除けの秘訣となりますので、心してお過ごしください。



ほな(=゚ω゚)ノ


b0301400_19404981.jpg

by neko_nezumi | 2017-11-30 20:09 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの2017年11月の占い

⚠️(厳重災害警戒日のお知らせ

11月11日から11月25日までが厳重災害警戒日

11月25日から27日までは災害警戒日

11月13日 11:36分追記…11日以降、ずっと弱いものから、強めまでの頭痛が続いております。2日以上頭痛が続いておりますので新たな災害警戒日となります。11月27日までが災害警戒日となり、11月25日までが災害日が重なりますので本日より27日まで厳重災害警戒日といたします。日本国内、海外の区別がつかないのが辛いところですが、11日の日から胸騒ぎがして朝まで眠れず、12日はAM3時半過ぎまで眠れずにおりました。現在は災害体感(頭痛)のみの体感だけブログのみで発信しており、地震感知の体感はオフにしていますが、それでも海外体感である胸騒ぎがしました。(本日イランでマグニチュード7.3の地震が発生)以前から眠れないと大きな災害が発生しやすいことが多かったのですが、追記で書き込んでいなかった為、検証になっておりません。これからは、書き込みが遅くなっても以前のようになるべく書き込むようにして検証を重ねたいと思います。

⚠️11月11日 0:46分追記…災害体感である頭痛ですが、本日は昨日よりも更に強くなりました。激痛ではありませんが、本日は昨日よりも更に強めの頭痛が数回発生し強めの頭痛が続いておりますので、本日11日から25日まで災害警戒日といたします。念のため、お気をつけてお過ごしください。

モノノケ横行日のお知らせ…今月の物の怪横行日は明日10日から15日までです。本来は8日からでしたが、今回は2日ズレております。モノノケよりも、神眷属(もともとは人間界で祀られていた神であったものの、人間の信仰がなくなったことで怒りに満ち、神的思考が衰退したモノノケよりとなった神)が人間界に多くあらわれております。人間に天罰という名の仕返しを企てているようです。今回はいつも以上に油断せず心を乱さぬようお気をつけください。物の怪横行日の詳しい説明は、今年8月のトラちゃん占いを読んでください。


b0301400_13180505.jpg

にゃにゃにゃ!

今月はにゃ、繊細な感性(物事を心に深く感じること)が高まる月となりそうにゃ。

感受性が高まる今月は、極力「ありのままの素直な気持ち」を尊重することが重要な月。

1人の人の影響が大きく、1人が集団や団体などに良くも悪くも大きな影響を与えることがありそう。1人のお陰で社会が発展できたり改革できたり救われたり、その人のせいで分裂や解散や破局という事態も。両極端な結果となる傾向にゃ。

良くも悪くも精神的な物事に左右され易い傾向だからにゃ、小さなことほど気になりそうにゃ。

重箱の隅を突きやすく、また突かれやすくもなるかも。

ピンボケしていた感性がギュッと研ぎ澄まされ、レンズの焦点が合いすぎて見たくないものまで見えるかも。

それゆえインスピレーションや霊感や直感といった感性も高まり易く、自然界から人間界まで、摩訶不思議なこと不可解なこと特殊なことなどに遭遇してしまったり、そしてそんな気持ちをなんとなく肌で感じる確率も高まり、また、そんなスピリチュアルな物事に興味が高まるかも。

敢えて直感を磨くには最適な月。

はじめに自分で思ったことを疑う人は直感も鈍っていて当然にゃ。

例えば、初対面で出会った人の印象などは、直感で正しく感じ取ることができるはずなのに、「思い違いかな?」と自分の感じた思いを覆して行くうちに、直感はどんどん衰え退化してしまうにゃ。

最初のインスピレーションを素直に信じない日常は、自分の身に迫る危機感などを察知する能力も衰退し、様々な災難に見舞われる確率も高まるにゃ。

逆に最初に感じた直感(インスピレーション)を信じてみると、直感はどんどん冴えて来るにゃ。

なので、直感を鍛える…ということは、いざの時の災難除けになるということだにゃ。

今月の災難除けの秘訣はにゃ、初対面の人や物事に違和感や危険を感じたら近寄らないこと。付き合わないこと。特に男女関係での出会いに於いて、この直感は有効。

相手から感じる何となくの違和感に眼をつぶると、後々の後悔に繋がるにゃ。
最初にどう感じたか?がとても重要にゃ。最初にチラッと感じた違和感や嫌悪感などは、相手の本性である場合が多いにゃ。

良くも悪くも人との新たな出会いや付き合いが、その後の人生をガラリと変えることなど山ほどあるにゃ。

そうはならない為にも、自分の直感を信じてみることが災難除けの秘訣となりそうにゃ。

また今月は、良くも悪くも 些細(ささい・わずか)なことだと思っていたことが意外と大きな問題となっていたり、逆に重大なことが意外と小さく済んだりもしやすいにゃ。

特に今月は医療に深い関わりを持つ月。病気の早期発見に繋がる可能性もあるけれど、触らなくて良いものを触って余計に悪化させたりする危険もあるからにゃ、下手に触らない方が良い結果に繋がりそうにゃ。

何でもかんでもほじくり返すのは危険だということにゃ。

人の過去や秘め事などが露出したり暴露されたり、秘め事をカミングアウトする機会も多くなりそう。

物事によれば、知らない方が災難除けの秘訣ともなるので、仕事でない限りは個人的に特に男女関係の過去などには深く突っ込まない方がいいかも。

専門職の人、上の立場の人(親御さんも)は指導法やアドバイスなどには気をつけて。

欠点ばかり探す形に偏り過ぎれば、当然相手を追い詰めてしまうことになりかねないなゃ。余り細かいことを指摘しずぎると、人によってはトラブルに繋がる恐れがあり。

今月は短いけれど的確なサラリとしたアドバイスと、温かく見守ってあげる形のサポートの方が有効。トラブルなく過ごせるはずにゃ。

こと細かい指導や指摘よりも、相手を労わる配慮が良い形に繋がりそうにゃ。

今月はやたらと人のことが気になりやすく、なにかと面倒をみすぎる傾向が強くなるので、相手にしつこくならぬよう注意してにゃ。

面倒見の良い人は しなくて良いことまで頼まれたり、お節介な人は争いに巻き込まれる危険も。

今月一番気をつけることは「狭い心」。

相手の弱点がわかってしまうと、言わなくていいことまで言ってしまう可能性も。

相手のありのままの姿を認める寛容な心を養うことも大事だにゃ。

今月は細かい細工で人を騙す特殊な詐欺には要注意。結婚詐欺などが横行しそう。

いくら愛しい相手でも、お金を貸してという相手に不信感を抱くはず。

その直感のまま、相手を信用しない方がいいにゃ。

お金を貸してという話が出た時は、必ず信頼できる人に相談すること。

金の切れ目が縁の切れ目。借金の申し出がでたら、縁を切ることにゃ。

簡単に金品をねだったり、簡単にお金を貸してという人間性は、そんなに簡単には直らないにゃ。

また、先月ほどではないものの、引き続き火事には気をつけて。

集団や団体による事件、テロ、特殊な事件、事故にも要注意にゃ。


今月の運気アップの秘訣はにゃ、今月はインスピレーションの月。

自分の感性を大切にすることが運気アップの秘訣だにゃ。

物事の点検や微調整、完成を目指すにはgood。

今月は「自分がどうしたいのか」をしっかり知ること。

自分の気持ちを再確認し、素直な気持ちを優先することが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

心が望まない嫌なことを続けていくことは、生きていても心が死んでしまう形をつくってしまうにゃ。

この世での最大の幸せは、心が本当に望むことを叶えることにゃ。

自分を偽る心は、いつか必ず後悔するハメになることを考えて、ほんとうになりたかった自分を目指してみてにゃ。

運命とは、命を運ぶと書くにゃ。運命とは、人や定められた仕方のないことを運命と呼ぶのではないにゃ。

自力で動き、人生を運営することが運命を作る作業にゃ。

感受性の高まる月だけに、孤独感が増したり、ひとの気持ちを汲み過ぎたり、人の言動に敏感になり過ぎないことが今月の最大の運気アップの秘訣となりそうにゃ。

今月のラッキーカラー。

恋愛運アップ…黄色と黒のコーディネイト。白、エメラルドグリーン、桜色。

夫婦円満運…グレーとオレンジのコーディネイト。紫、金色、水色。

対人関係…緑と黒のコーディネイト。赤、グレー、茶色、きみどり。

仕事運…紺と白のコーディネイト。オレンジ、青、ワインレッド。

災難除け…藤色(うすむらさき)

今月の運気アップ術…今月の11月8日の21時から23時にかけて、日頃お世話になる方々へハガキや手紙を書いたり、電話をして日頃の感謝を伝えてみてにゃ。益々の繁栄に繋がるにゃ。

今月の運気アップな旬の食べ物。

🌟11月6日頃まで(霜降・そうこう)

秋が深まり冷え込みが増す季節にゃ。押入れなどにしまっていた虫のつきやすい衣服や本や調度品などを取り出して、晴天時の乾燥する秋の風を通してあげるといいにゃ。
これが虫干しといわれるものだけどにゃ、今年は雨が多かったので虫も多いにゃ。虫退治は邪気も一緒に祓ってくれるので一石二鳥。この時期の整理整頓は大吉にゃ。今月は11月1日が十三夜となるにゃ。十三夜月の光を浴びると未来の夢や希望を叶えるチカラになるんだにゃ。雨が降っていても寒くても少しでも外に出て空を見上げて月の光が自分を照らすようなイメージをしてみてにゃ。そのイメージだけで、実際に月のパワーをもらえるラッキーデー。月にお願いをする時は、必ず日頃の感謝の心を伝えてにゃ。
鮭とキノコの味噌汁が運気アップメニューにゃ。

霜降の時期の旬の食べ物。

トンブリ、生姜、小豆、リンゴ、カリン、秋シャケ、イクラ、白子。


🌟11月7日から21日頃まで(立冬・りっとう)

冬の始まる頃。雨も降りやすい気候となり、ひと雨ごとに冬へと近づいていくにゃ。
寒い冬に耐えられる身体になるよう、体質管理が大切な時。この時期に出回る生姜は体温を維持する働きが更に高まるので辛いけど薬になるにゃ。生姜をすりおろしたものを番茶や紅茶に入れて飲んだり、すりおろした生姜に醤油をかけてオカズや肴にしたりと、寒い季節の間は意識して生姜は摂りたいものにゃ。今月11月15日は七五三。
浅草の浅草寺で「千年」という名前で売り始められたといわれる千歳飴は、長寿への願いが込められた神社などで売られる縁起物の飴のこと。甘いものが貴重であった時代、大人にも嬉しい贈り物だった千歳飴。この時期の手土産として、また運気アップのおやつにもなるので、わざわざ買いに行くと大吉。この時期は里芋がおいしいにゃ。里芋の煮っころがしが運気アップのメニューにゃ。

立冬の時期の旬の食べ物。

サツマイモ、たけのこ芋、つくねいも(山芋)、里芋、レンコン、マグロ、コハダ(コノシロ)、生牡蠣、


🌟 11月22日から12月6日頃まで(小雪・しょうせつ)

寒さが増して降る雨が雪に変わる頃にゃ。カラカラと落ち葉が舞う季節。この時期の冬晴れの日、暖かく感じる日向ぼっこは免疫力を高める健康運アップの秘訣となるのでオススメ。冬本番ではないものの、コタツが恋しくなる季節。コタツ開きは火難除けの亥の日が良く、11月は8日と20日が亥の日。コタツ開きには最適な日にゃ。寒ブリの煮物が運気アップメニューにゃ。

小雪の時期の旬の食べ物。

大根、九条ネギ、白菜、自然薯、みかん、寒ブリ。

11月(霜月・しもつき)のその他の食材。

カブ、かぼちゃ、栗、ジャガイモ、玉ねぎ、長ネギ、人参、あなご、伊勢海老、タコ、サバ、フグ、柿、柚子など。


今月も後悔なく動いて、良い結果を得られるよう頑張ってにゃぁ!



b0301400_18364608.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

季節外れの台風が2度も日本列島を通過した後、一気に秋が深まりました。

台風21号、22号の被害は深刻で、全国的に秋の実りに多大なる影響がありました。

被害を受けた方々に、心からお見舞い申し上げます。

書き忘れましたので追記しますが、先月の台風21号が日本列島を襲う中、京都の左京区の鞍馬の由岐神社一帯では通常通り京都三大祭りに数えられる鞍馬の火祭が行われました。


b0301400_13265151.png


台風の影響が強かったので、初めて神輿(みこし)渡御だけは中止されたようですが、先月アメリカでは相次ぐ山火事で大変な被害を出したばかりでしたのに、あの強風の中、火祭りとは如何なものかと案じておりましたが、何事もなく無事に祭りは終えたようです。

何もなかったからといえ、万が一が発生してたらどうしていたのでしょう?

責任者が責任をとって辞めることくらいしか、責任を取ることなどできるはずもなく、万が一、大きな災害が発生してたら辞めるくらいでは済みませんょ。

まぁ何事もなくて良かった…とホッとしました。

さて、今月は感受性の高まる傾向の月となっております。

感受性とは、人の気持ちを汲んだりする共感や、細やかな気配りであったり、小さな感動を大切にしたり、心豊か、愛情豊かという意味もあるようです。

敏感に感じ取るものは人の表情だけでなく、文章、言葉であったり、又は人の言動だけでなく、音や気配、空気や光などもあります。

事象の変化を感受する能力や感度などにより、心が動かされ易いことを感受性といいます。

ようするに良くも悪くも「敏感」になるということですね。

なので、通常よりも良くも悪くも心が動かされ易くなりそうです。

そのため今月は、他人に自分がどう思われているかなど、他人の言動や目線もとても気になり易くなる傾向です。

必要以上に見栄を張ったり、人に嫌われたくないなどと気にし過ぎたりして、自分の人生を見失わないようお気をつけください。

現代人は皆忙しく、実際は自分のことで精一杯だったりします。

自分が思っているほど、周りの人は他人のことを特別なことがない限りそこまで気にはしていないものです。

自分の本音と かけ離れた行動を取ってしまうことで、後々自分の人生を後悔してしまう…そんな後悔する原因をつくることは避けたいものです。

今月は人の意見に振り回されず、背伸びしてカッコつけず、人の面倒見もお節介にならぬようほどほどになさり、冷静な心で自分が本当に望んでいることを確認しながら、自分の本音に沿った行動をすることを心がけて等身大でお過ごしください。



ほな (=゚ω゚)ノ



b0301400_13444430.jpg


by neko_nezumi | 2017-10-31 18:53 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの10月占い

⚠️10月9日より10月14日までがモノノケ横行日となります。この期間に心が乱れたままの放置は大変危険です。この期間に心が乱れた場合には、絶対に心を正す努力が我が身を助けます。心を正すことさえ出来れば、モノノケに心を乗っ取られることはありません。お気をつけてお過ごしください。(10日と書いてしまいましたが9日からでしたので訂正します。)


⚠️(災害体感)10月5日 17:55分追記…一昨日やや強めの頭痛が何度か発生し、昨日我慢できないほどの非常に強烈な頭痛が発生しましたが、本日更にその上をいくほどの超絶痛い頭痛が発生しました。昨日4日からを改めまして5日から19日までに訂正いたします。災害警戒期間10月5日から10月19日までが新たな災害期間となります。

前回の災害期間が10月12日までですので、5日より12日までが災害期間が重なる要警戒期間となりますので、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。


b0301400_08465432.png



にゃにゃにゃ!

10月はにゃ、良くも悪くも予測困難な突発的な突拍子もない出来事が起こりやすい月にゃ。サプライズや奇跡的な大ラッキーから大難まで、両極端なことが起こり易い月。

個人的なことだけでなく、社会的、自然界的にも猪突猛進なイケイケのパワー全開の月が到来にゃ!

良くも悪くも 巻き込んだり、巻き込まれたりし易いにゃ。

家族問題から赤の他人まで、何かにつけて騒動に繋がり易いので要注意。

内心は猛々しい気持ちが高まる傾向ではあるものの、静と動の両極端な感情が動き易いことから感情コントロールが難しく、そのため なにかと大事(おおごと)に至りやすい傾向。

事件や事故、自殺行為や突然の病気など、さまざまなトラブルには注意したい月なので気を引き締めて過ごしてにゃ。

また、不注意になり易い月なので、見落としや、忘れ物、大切な連絡、報告などを忘れたりしないよう確認しながら注意深く動いてにゃ。

また、今月は動物や昆虫(ペット)などのワードが高まる月。野生動物には要注意。

今月の災難除けの秘訣はにゃ、静と動のコントロール不能というワードが高まるので感情はもちろんのこと、乗り物の運転にも気をつけて!

自己中心的な感情に駆られる月。猪突猛進のイケイケさで願いを叶えようと突っ走りやすくなることから、それが叶わないと一方的に怒ったり、パニックになって冷静さを見失って、負の強いエネルギーが大きな禍(わざわい)を引き起こしかねない危険な月。

なので、感情に振り回されず、しっかりと冷静さを保つことが災難除けの秘訣となるにゃ。

特に人間関係では、自己主張を少し控え目くらいにしておく方が吉。

抑えられない猛々しい気持ちを相手や周囲に振りまき易いので、特に日頃から怒りを溜めている人や、少しのことで興奮し易い人などは、興奮しやすくなるお酒や薬は止めておくことで大難は防げるにゃ。

いつもより感じ方や捉え方がオーバーになるので、大袈裟な感情に振り回されたり、大袈裟な情報やウソに翻弄されないよう、情報をしっかり調べることも災難除けの秘訣。

何事かで怒りがとめどなく溢れたら、その怒りのパワーで自身の弱き心を突破する気待ちの切り替えに利用しちゃおう!

その強力な怒りのパワーで、逆に今の困難を乗り越え、踏み越えていくパワーに変換させてしまうのが得策。

人を押しのけ自己アピールしたり、ギラついた あり過ぎる欲望は極力抑えて過ごすことが、自身の運命を急激に大きく低迷させないことに繋がる事を覚えておいてにゃ。

社会的に策謀、陰謀といった欲が渦巻く月なので、心にモノノケを育てている人たちによる甘い罠が張り巡らされるにゃ。

欲望が満たされる甘い囁き、うまい話にはご用心。

現実的な波乱に巻き込まれない為、モノノケ憑きの人の餌食にならない為、今月湧き出る欲望は抑え目にして、いつになく(今までで最も)冷静に注意深く過ごすことが大事だにゃ。

また、思いのほか物事が上手くいかないと落胆し過ぎる傾向もあるので、心が病まないよう注意してにゃ。

心を閉ざして引きこもると、運命の低迷に繋がり易く、また長引くので、「そんなこともあるさ」とサラッと流して、気にしないで過ごすことが大きな災難除けとなりそうにゃ。

イケイケ月なので、飲み過ぎ食べ過ぎには要注意にゃ。

特にお酒が原因の事件や事故が多発する傾向の月なので、お酒の飲み過ぎには要注意。

自転車でも、もちろん「飲んだら乗るな」にゃ。

今月は季節的にもイベントが多くなる月なんだけどにゃ、星の位置的にも人が集まる機運が高まるにゃ。人の集まる場所に魔が集まりやすくもなるので、イベント会場でのトラブルにも気をつけるにゃ。

猪突猛進な月ゆえに、イライラして放火や通り魔が横行しそう。何の関係のない人に因縁をつけることも多くなりそう。そうした災難に巻き込まれる時というのは、大抵心に不平不満がたまっている時だったりするので、そんな災難に巻き込まれないようにする為には、自分の心を乱さない生活を心掛ることが大きな災難除けの秘訣だにゃ。

また、火災も多く発生する傾向なので、お出かけ前の火の元の点検、確認をお忘れなく。また、家の周りに燃えやすい物を置かないことも大切だにゃ。



今月の運気アップの秘訣はにゃ、悩み事や心配事や怒りが出てきたら、迷わず掃除を始めると、自分が悩んで発生させた生き霊の浄化も出来るので一石二鳥にゃ。

整理整頓が出来ると、必ず心が落ち着くにゃ。

現実の整理整頓は、心の整理整頓にもなるし、その上ボケ防止には最適にゃ。

脳の働きが弱くなると整理整頓が難しく感じるにゃ。

なので、頭を使う整理整頓はボケ防止には素晴らしい効果を発揮するにゃ。

整理整頓が出来ることで、心の雑念が取れ、また考える力が増すという具合にゃ。

大掃除プラス整理整頓は、心の澱を取り去り、脳細胞の働きを活性化させ、生き霊の浄化と悪鬼の祓いまで可能、そして部屋もキレイになるという一石四鳥五鳥にもなってしまうラッキーイベントなんだにゃ。

心が曇ったり、萎えた時なども、頑張って掃除をするだけで悩める不運を解消する事ができるので是非やってみてにゃ。

今月は自分勝手な気持ちが高まる月なので、自分の欲望を抑えることが出来れば、運命がコロッと良い方向に転換出来るというミラクルな月。

なので、「やりたくないのに やってしまう」ことなどの悪習慣を断ち切るには良い月にゃ。

我慢できないことを ぐっと堪えて我慢して、欲望を実現させない、実行に移さないことが、悪習慣のついたゲンナリする運命をガラリと良い方向に変えるコツにゃ。

本当になりたい自分を想像して、悪循環を断ち切れる自分を目指して、素敵に変身した自分になれることを諦めないで、誘惑に負けない自分となって悪循環や悪因縁を断ち切ろう!

今月は、人に合わせないことでのトラブルが懸念されることから、人の意見を参考にしたり、他人の歩調に合わせてみるにゃ。

常日頃、人から指摘されていることや注意されていることを素直に受け入れ、自身の改善、改革に努めることが運気アップの秘訣だにゃ。

イケイケモードの月なので、腰の重かった人には有利。この機運を活かし動いて運命を変えてにゃ。

逆に、常日頃忙しい人には命取りになりそう。忙しいあなたは身体のことを考え敢えてペースを落とし、少しゆっくり進めることが運気もアップの秘訣となり健康を損なわずに済むにゃ。

自己中心的な気持ちが高まる月なので、ほんの少しでも大切な人たちを労われたり 思い遣れたり、気遣えると間違いなく運気アップの最大の秘訣となりそうにゃ。

親子間、兄弟姉妹間、友達同士、恋人同士、夫婦など、親しき仲だからこそ礼節を重んじる言動や、感謝の気持ちの言葉が敢えて出せると、難しい人間関係でさえも信頼関係を築くことが叶えられそうにゃ。

自分のことばかりに偏る月なので、周りへの配慮が出来ることが今月のラッキーポイントとなりそうにゃ。



今月の運気アップカラー。

恋愛運…グレーと赤の組み合わせのコーディネイト、緑、青、紺色、桃色。

夫婦円満運…赤と黒の組み合わせのコーディネイト、エメラルドグリーン、茶色、白。

対人関係…きみどり、グレー、むらさき、藤色、ワインレッド、クリーム色。

仕事運…黄色、桜色、金色、おうどいろ、銀色、生成り、赤。

災難除け…山吹色、白。

今月のアップな旬の食べ物(その時期に自然に育つ旬の食べ物には生命エネルギーが詰まったパワー食。身も心も癒し治す一番の食べ物にゃ)


🌟 9月23日〜10月7日ごろまで(秋分・しゅうぶん)

昼夜の長さが同じとなる秋分を迎え、季節は少しずつ冬に向かっていくにゃ。
彼岸花が咲き、夜空の月の光が人々の心や身体を癒すパワーが増す時期。
のんびりと空を眺めるには最適な時期で、夜空に浮かぶ月を見ているだけで、月のパワーの恩恵をいただけるにゃ。旧暦8月15日の十五夜は、本来、日本古来の月を祭るもの。秋の収穫に感謝の念を捧げる儀式。今年の十五夜は10月4日。十三夜は11月1日。両方の月の光を浴びれば完璧に運気アップ。平安時代は男女がこの2つの月を一緒に見ることで恋愛成就のイベントだったそうにゃ。秋分の月の光には心や身体への鎮静効果が高いので、月に感謝の念を捧げ、月のパワーの恩恵を受けて自身の身や心をしっかり癒してにゃ。

秋分の旬の食べ物…ざくろ、イチジク、柿、ヤマブドウ、ごま、秋さば、戻りガツオ。


🌟10月8日〜10月22日ごろまで(寒露・かんろ)

夜空に冴え冴えと月が輝く季節。風は冷たく秋がますます深まり自然界の彩りが豊かになるころ。太陽があっという間に沈むので秋の夜長というにゃ。平安時代には「秋のつるべ落とし」といい、つるべとは水を汲むのに使うオケのこと。そのつるべが滑り落ちるように、あっという間に日が暮れるたとえ。この時期、愛しい人に手紙を書くと運気がアップ。心素直なままに、メールではなく手書きの手紙が更に運気アップとなりそうにゃ。遠く離れた親御さんや、子供達、恋人など、愛しき人へ心のこもった手紙は、送られた人にも運気がアップするというオマケ付き。秋の夜長、愛しい人にお手紙書いてみてにゃ。

寒露の旬の食べ物…銀杏、アケビ、グリーンレモン、ブナシメジ、マイタケ、シイタケ、マツタケ、ムカゴ、シシャモ。


🌟10月23日〜11月6日ごろまで(霜降・そうこう)

冷え込みがぐっと増す季節。北国や里山では朝夕に降った露が白い霜に変わってくると、もう冬も間近となるにゃ。十三夜は11月1日にゃ。忘れず月光を浴びて月の恩恵をいただくにゃ。紅葉が進み、秋の山々は人に癒しを与えるにゃ。山をみて、きれいという言葉の後には有難いとの感謝の言葉を自然界の神々に伝えることが運気アップの秘訣にゃ。実りの秋、冬の訪れを前にいくらでも感謝の出来る最高な季節にゃ。リンゴを輪切りにすると種の部分が星の模様になるにゃ。皮を食用重曹でよく洗って輪切りにして星付きリンゴを食べると、運気アップに繋がるキッカケとなるラッキーが舞い込むにゃ。

霜降の旬の食べ物…りんご、小豆、カリン、生姜、とんぶり、秋鮭、いくら。

その他、この時季の旬のもの。

カブ、かぼちゃ、ジャガイモ、春菊、玉ねぎ、長ネギ、人参、白菜、アナゴ、牡蠣、伊勢海老、さんま、たこ、さば、フグ、栗、みかん、柿、リンゴ、柚子など。


今月も きちんと選んだ良い選択肢で良い結果を得て、人生をうん(運)と愉しんでにゃ。




b0301400_13133018.jpg
b0301400_13135174.jpg
友人にお借りしたアヒルの被り物です(笑)



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

朝晩は涼しくなり、秋の気配が深まってまいりましたねぇ。

時節柄、秋の実りが美味しく感じるころ、食べ過ぎ 飲み過ぎで体調を崩されぬようお気をつけてお過ごしください。

さて、今年の6月23日より強烈な頭痛体感(災害体感)のみをお知らせしておりますが、その頭痛体感がもうすぐ4ヶ月近くも、ほぼ途切れる事なく続いております。

これは間違いなく異常事態であり、これで終わるとは思い切れない何かを感じています。

この4ヶ月間の異常な災害の数々は、頭痛体感の検証として記事にまとめております。

災害は、人々の大切な家や畑を破壊し、人だけでなく家畜やペットなどの尊い命も奪ってしまいました。

現在も復興できていない地域がたくさん残っています。

日本も貧困化が進んでおりますので、完全復興は難しいかもしれません。

今後も大災害が続けば、災害難民が増え続けてしまいます。

普通に暮らせることが、本気で有難い時代になりました。

今後、何があろうとも、この先の未来を諦めず、心強く生きていくしかありません。

災害警戒期間は今月の12日まで続きます。

そして、その間にまた再び災害期間が延びる可能性もありますので、災害体感検証の記事は小まめにチェックして見てください。

この度の新たな頭痛体感後に判明したことでしたが、現在、太陽は超巨大なコロナホールが出現し、この記事を書いている9月28日も地球はもの凄い磁気嵐に見舞われております。

このようなコトが発生致しますと、1ヶ月くらいは人間界から自然界まで様々な難事が発生し易いように思います。

こんな巨大なコロナホールが出現した後に、今月は猪突猛進なイケイケな機運の月ときています ( ;∀;)

なので、何が起こっても不思議ではありません。

個人的なことだけではなく、自然界、そして社会のあらゆる動向にも要注意です。

地磁気は一般の人々の心や身体や環境にも影響を与えるほどのものなのですが、心を深く乱さない努力や、感謝の気持ちを維持する努力があると、地磁気の影響もかなりカットされるのが人体の不思議なところです。

なので、日頃から心の調整や感謝の気持ちを忘れないで過ごしていく人々には、地磁気もそんなに怖いものではないのだと感じます。

世が荒れ狂っても、災難を受けない自分になるしか災いを避ける方法はありません。

ですが、この世は、心の調整に気を配って生きている方ばかりではありません。

今月は波乱万丈な運命に繋がる懸念のある傾向の月ですので、到底油断はできません。

ですので、取り敢えずは災害警戒期間中は警戒心を怠らず、引き続き油断なくお過ごしくだされば幸いです。

みなさまの安全をお祈りいたします。




ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2017-09-30 17:22 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの2017年9月占い


お知らせ 9月13日 13:03分

お知らせするのが遅くなりましたが、本日13日より18日まで「物の怪横行日」となります。今回、まるで何者かに故意に召喚されたかのような、かなりの大物の物の怪(悪鬼)が出没しています。憂いが過ぎて衰弱している方は今すぐ心を切り替えて防御してください。物の怪横行日のご説明は、先月8月のトラちゃん占いに書いております。今回の物の怪達は随分と落ち着きなく飢えて贄を求める波動がすごいのです。ターゲットにされないよう努めてください。18日までは何が何でも心を乱したら直ぐに切り替える努力があなた様の命と運命を守ります。どのような理由があろうとも、心が曇ったら自力で心を切り替える努力をなさってご自身をお守りください。心に不調をきたし切り替えがなかなか出来ない方は、おへその辺りにありったけの力をグッと込めてください。心が乱れると魂が浮いてしまうので物の怪が入りやすく(憑依)なることの予防(魂を元の位置に鎮める)と除霊になります。これを維持すれば物の怪は寄りつけなくなります。心が落ち着くまで何度も繰り返してみてください。簡単な除霊法ですが、かなりの効果があります。お気をつけてお過ごしください。



b0301400_16540977.jpg
重大な問題が発生した場合には今年の1月の占いも併せてご参考ください。


にゃにゃにゃ!

9月はにゃ、未来のために闘う月。

特に自分の弱さとの闘いの月である傾向となりそうにゃ。

良くも悪くも未来を心配して深く考え具体的な行動に出たり(過去の清算なども)、または未来を決定するような良くも悪くもなる事態に導かれるような未来に向けて背中を押される月にゃ。

今月は自分の幸せを確定する為に、ありったけの勇気を出して踏み出すことが最善にゃ。具体的に動けば未来に必要な有力な情報や仲間や協力者を得られる傾向の月。

反対に不確かな未来を嘆いて自暴自棄になったり、未来を変えられぬ怒りから暴走したりにも陥り易い月なので要注意。

嘆きや怒りが満ちた時にこそ革命的なチェンジが出来るチャンスなんだと今月は頭や心を潔く切り替えるにゃ!

不確かな未来を恐れずチャレンジし、未来を意図的につくりだせるチャンス到来月だと信じて冷静に良き方向を見定めて未来の安定のために動いて見てにゃ。

限りある時間をどう使うのか、整え直す修正可能な有難い月なので、自分だけではどうにもならない問題なら、専門家や頼りになる人にアドバイスを受けるもの大吉にゃ。

未来を憂いてたたずんだり、未来を不安に思う心を抱いているだけで具体的な行動に移さないのは、とても勿体無い月だということを頭に入れておいておくにゃ。

まだ具現化されていない未来に不安な想いを抱くより、先ずはやってみたかったことをやってみよーにゃ!

今世本当にやりたかった事をやらずに死んでしまう魂の想念は「残念」という文字通り念が残ることになるだけにゃ。

やりたかった事をチャレンジ出来た記憶は、あなたの魂DNAに「勇気を出して挑戦できた」という記憶として刻まれ、それは未来に自分の子孫に繁栄の形として引き継がれる記憶DNAとして残るギフト。

手を抜かず気を抜かず最善を尽くすことで、あなたの魂は格段に磨かれるはずにゃ。

勇気を出して「やってみよう」というチャレンジスイッチを押してみよう!

それが今の自分だけでなく、子孫の力となるにゃ。

何事かで自分の意思を曲げて現実を見ない 対峙しない できない自分から、自分の本当の本心を探り、魂からの本音を心底尊び、本当にやりたい事の出来る(みつける)自分への変身を試みにゃ。

未来を創ることができるのは自分自身の勇気ある行動力だけにゃ。

現実をしっかり見て逃げ出さず、自分の弱さを改善する努力を行いつつ責任を全うすれば、あなたが思っているほど自分が担う運命を変えることはさほど難しいことではないにゃ。

そこに自分にかかわる人々への感謝の気持ちが伴えば、運や人を味方に物事がトントン拍子に進んでいきそうにゃ。

今月の災難除けの秘訣はにゃ、上手くいかない物事を周囲の人や他人や物事や時代のせいにしないこと。

イライラや理不尽な怒りを人にぶつけても、あなたが幸せになるために向かう解決には繋がらないにゃ。

たとえ一時の吐き出しであっても、その因果は自分に還る応報となるので要注意。

吐き出すのではなく、素直に伝える形にすることがベストにゃ。

自分の考え方や捉え方が少しでも変われば、あなたの周りの人や、あなたを取り巻く状況に必ず良い変化が起きることを信じるにゃ!

何かしらのアクションをおこし、間違ったと感じたなら直ぐに修正すればいいにゃ。

大切なのは間違うことを恐れない心と、間違いだと思ったことは素直に認めて正すこと。

今月は自分にも人にもに闘い(戦い)の月となる傾向なので、人や物事に怒りをぶつけずに、自分自身と真摯に向き合い、自分の弱き心を乗り越え許容を拡げるという形が災難除けの秘訣となりそうにゃ。

逆に怒りを溜め込んで吐き出すことも出来ない人は、自分に怒りの矛先を向ける自殺自爆行為が多くなるかも。

そんな人は、付き合っていると怒りや悲しみといった負の感情しか出ない人とは付き合わない、自分のことしか考えない人との付き合いは親でも会社でも親友でもスッパリと縁を切ることでスンナリ解決するにゃ。

それができない場合には先月書いた紙(神)に念を移行させる方法で切り抜けるにゃ。

自分の未来を大切に思うなら、何にも依存せず新たな場所で自立して前を向いて歩いていくにゃ。

精神が強くなれば、大抵のことは問題視しない自分になれるにゃ。

悩みは人間が誰しも経験するものにゃ。「好きで悩んでいるんじゃない」と嘆くに人もいるけれど、人の目から見れば好きで悩んでいると思われても仕方がないにゃ。

あなたが悩み続けている現実は、自分の意思で止めていないことだと気づいてにゃ。

どんな悩みであろうとも、神サマからいわせれば人間の悩みは自分が納得していない事が原因だというにゃ。

ならば受け入れられない現実を、自分が納得できるように動いてみるにゃ。あなたのほんの小さな勇気ある行動に周りが気付けば、そこから事態も新たな方向へと動き始めるにゃ。

そして、今を大切に思えるように心構えを変える努力をし続け、現状を変える行動に移していくよう動けば悩みは断然少なくなるから試して見てにゃ。

運命は簡単には変わらない…それは、あなたが動かないからだということに気づいてにゃ。

今月の運気アップの秘訣はにゃ、何事も最後に決めるのは自分なのだから、自分の人生を決して諦めず、自分の果たす責任を全うし辛くても歩みをやめない人だけが、自分の安らぎある未来をつくっていけることを信じて動くにゃ!

先ずは自分の決めたことには最後まで責任を持ってやり通すこと。

地味だけれど何事もそれが成功の秘訣だにゃ。

成功するには、成功するまでやり続ける地道な努力の維持だけにゃ。

人生を変えたいのになかなか変わらないという人は、あなたの行動パターンがどの場面でも同じ可能性があるにゃ。

人生を変えたい人は、今まで特に苦手だったことや、面倒だと思ってきたことを毎日やってみるだけで、あなた自身も運命もガラリと変える事ができるにゃ。

言動パターン、行動パターンを変えるだけで、かなりの変化が現実的にあらわれてくるので、良く変わった未来を想像しながら楽しく努力してみるにゃ。

この努力を続けていくと、不思議なぐらい考え方がポジティブに変化していることに気づくはずにゃ。

行動パターンが変われば思考も変わり、やがてあなたが辿る運命も変わるんだにゃ。

今月は特に目には見えない大切なことをキャッチする感性が大切にゃ。

もちろん人を思いやる心も大事だけれど、傷つき悲しみに溢れる心も、怒りに震える心も、人間が幸せだと気づくためや、自分の程々さ(分相応)を知る為には必要な要素だと思える感性が大切だということにゃ。

辛い気持ちも幸せの種になることを学ぶことが今月の運気アップの秘訣となりそうにゃ。


今月のラッキーカラー。(今月はバッグやハンカチなどにラッキーカラーを使うと運気倍増にゃ)

恋愛運アップ…おうどいろ、桃色、黄色、オレンジ。

夫婦円満…スカイブルー、レンガ色、灰色、朱色、群青。

対人関係アップ…やまぶきいろ、白、茶色、エメラルドグリーン、藍色。

仕事運アップ…赤、黒、きみどり、こげ茶、クリーム色、桜色。

災難除け…紫、金色。


今月の運気がアップする旬の食べ物。

🌟8月23日〜9月7日ごろまで(処暑・しょしょ)

処暑とは止まる留まるという意味。日中の残暑は続くものの、朝夕の風は爽やかに吹き過ごしやすくなるのがこの時期。本来の七夕の時期なので、お天気よく空気の澄んだ所に行けばキレイな天の川が見えるにゃ。ここ数年は季節の移ろいを感じ難い日本だからこそ、季節の移ろいを感じられる感性と心の余裕は、しみじみと季節のありがたさを感じられるにゃ。またこの時期はスズメバチの行動が広がる季節。畑仕事、森林浴やキャンプやハイキングなどに行かれる際は黒は着ないことにゃ。スズメバチは黒色を敵として認識して攻撃することを覚えておいてにゃ。

旬の食べ物…サンマ、イワシ、シマアジ、カボス、スダチ、青柚子、新米、青唐辛子、里芋。


🌟9月8日〜9月21日ごろまで。(白露・はくろ)

昼と夜の気温差が大きくなると朝夕には露を結び始めるにゃ。これが残暑が終わりを迎える合図となるにゃ。儚さが漂う秋景色の始まる季節だけれど、待ちに待った嬉しい秋の実りの季節到来にゃ。人々の気持ちが上がる時期。この収穫時期には人との交流が良い形に。豊富な秋の実りに感謝しながら過ごしてにゃ。かぼちゃもこの時期の実り。皮がたかくて切るのが怖い、面倒という人は、少し蒸したりレンジなら2分ほどチンすると楽に包丁が入るにゃ。コスモスが盛りの時期となるのでお部屋に飾ると運気アップ。

旬の食べ物…秋茄子、カボチャ、落花生、栗、巨峰、昆布、タチウオ。


🌟9月23日〜10月7日くらいまで。(秋分・しゅうぶん)

昼夜の長さが同じになるのが秋分の時期。季節はここから少しずつ冬へと向かうにゃ。稲刈り後の田んぼの脇には彼岸花(別名 曼珠沙華)が咲き、夜空の月が人々を癒す時期。昔の人は収穫が終わったこの時期に、のんびりゆっくり過ごしていたにゃ。この時期にゆっくり過ごせば夏の疲れをしっかりとることができるにゃ。夏に疲れ切った人は、この時期のお休みには無理して遊ばず、ゆっくり過ごして自分の心と身体を癒し、冬の厳しい寒さを乗り越えられるよう準備する期間になるにゃ。特に銭湯(温泉)は大吉で手足を伸ばせる広い浴槽で身体をほぐすと血の巡りは格段に良くなるにゃ。

旬の食べ物…イチジク、ざくろ、ヤマブドウ、柿、キノコ、ごま、秋さば、戻りカツオ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるよう頑張ってにゃ〜。




b0301400_16544218.jpg
顔を隠して寝るトラちゃん




みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

今日で8月も終わり、明日から9月です。

今年の京都の夏の暑さはただ暑いのではなく、サウナの中にいるようなホント異常な蒸し暑さでした。

人生の中でエアコンをつけた部屋の中にいて、これほど汗をかいた夏はありませんでした(^_^;)

動かずして汗(デトックス効果)をかけたのですから有難いことです ( ̄▽ ̄)

さて、今月は未来を考え、未来の為に動けば成果の出やすい月です。

反対に未来を心配して動けないとか、未来を終わらせるような事を起こしたり、 周りから良くも悪くも未来を変える事態も起こり易い月です。

ですので、今月の心の在り方、行動には未来に形を創りやすいと意識した上での選択が重要です。

マザーテレサの言葉があります。

思考に気をつけなさい。それは、いつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい。それは、いつか行動になるから。

行動に気をつけなさい。それは、いつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい。それは、いつか性格になるから。

性格に気をつけなさい。それは、いつか運命になるから。

今を意識して動くということは、悪習慣になってしまっている無意識の行動を正せる唯一の方法です。

人間の脳みそというものは果てしない可能性の宝庫です。

思考(想念)は霊的にみても思考を現実化する力をもっています。

思い込みの力といって、人間が何の疑問なく信じていることは確実にその通りにしてしまう力があります。

しかし、この思い込みの力は、ほんの少しでも自分の思考に疑問を感じていれば、その思い込みの力は発動しないのです。

自分の思考を疑わず、叶うと思ったら何でも叶うのが潜在意識の働きです。

但し、この潜在意識には思い込んでいる物事の善悪などの区別がつきません。

なので 悪いことも叶えてしまうのです。

例えば「自分はなんでこんなに不幸なのか」と考えたとします。

それは当人に取れば「そう思っただけ」という理屈になるのでしょうが、潜在意識下では叶えたいものだとして認識してしまうのです。

なのでネガティブ思考の人の思い込む思考は、必ずネガティブ思考を実現をしてしまう方向性に向かいます。

自分が不幸だとか病気だとか思い込んでしまうということは、それは未来にその思考が具現化されてしまうということなのです。

これって、本当に怖いことですよね。

思考力が未来を創るならば、定期的に自分の本音と真剣に向き合い、思い込んでいる思考の確認と修正をすることは人生を後悔しないためには大事なことです。

人の心理は物理とは違います。思い悩む問題が自分自身のことならば、悩みを解決できる自分になれるよう動くことが最善策です。

思い悩む問題が自分が動いて解決できる問題ではない場合(自分以外の人の問題)は、
どんなにあなたが心配しても それは人の問題です。

その人の為に出来ることは、その人の為に一生懸命に考えた最善の解決策をアドバイスし、後は見守ればいいのです。

どのような結果になっても、それはその人の選択肢であり、あなたのせいではありません。

自分自身のことの判断に迷ったら、自分だけではなく周りのことを考えると思考の偏りを防ぐことができます。

より多くの人に貢献できる(喜んでもらえる)道を選ぶと良いでしょう。

考え方や捉え方を変えることは、思い込みの方向性が変わるということです。

与えられた自分という器を変えれるのは、自分自身の思考の力だけです。

そして、その思考の力は自分の運命まで変える力があるのです。

人間は欲が深く、もっとこうなりたいと次々に分不相応な欲を持とうとします。

願いという名の欲がたくさんある人ほど、欲の分だけ悩みも増えます。

この発想が多いほど自分を不幸に陥れる罠だと覚えておいてください。

様々な経験値は、ほどほど(分相応)を学ぶ機会ということです。

大切なのは、たくさんの願いを叶えることではありません。

あなたが本当に叶えたい願いを確実に叶えることです。

そして、叶えたことを維持する為の努力を一生続ける自分に満足することです。

ほどほどをわきまえ、足るを知る生き方はリスクなく進める道です。

自分の願いを叶える為に人を傷付ける生き方はリスクの多い道です。

今日は昨日の結果の続き。今日も心が悩みで満ちているなら昨日とは違う選択肢を選びましょう。

今日選ぶ選択肢で、あなたの運命の流れが変えれることを忘れないでください。




ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2017-08-31 19:04 | トラちゃん占い

    

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル