猫丸ねずみの大荒れトーク


タグ:占い ( 931 ) タグの人気記事



宇宙との交信!トラちゃんの11月占い

11/5 20:01分追記…昨日から頭痛が発生しています。弱い頭痛から、かなり強い頭痛まで何度も発生中。強烈な強さで我慢できないほどの頭痛ではありませんが、しかし猫丸の検証では、微弱であっても頭痛は被害災害体感(頭痛が強いほど被害も大きいものになりますし、我慢できないほどの強い頭痛でなくても、長く続く頭痛は大きな災害となることもありました)です。日本なのか海外なのかはわかりませんが、念のためお知らせ致します。また、昨日から電磁波通も発生しております。お気をつけてお過ごしください。(現在災害検証は行ってありません)


b0301400_16492318.jpg


にゃにゃにゃ!

11月はにゃ、未来がテーマとなる月にゃ。

未来に関する夢や希望に関する話題や、実際に自分の未来を決める決断と実行、逆に未来の変化を恐れて夢や希望を諦めてしまうなど、未来に向けての実行から撤退まで、人それぞれに、色々と騒がしい月となりそうだにゃ。

新しい未来の幸せを見据えて、重大な覚悟を決めて実行したり、逆に新しい未来の開拓を恐れて諦めてしまったりと、あなたの決断次第となる機運。

どちらを選択しても、今月はアナタや社会の未来の姿が決定する可能性が高まる月。

今月発生した事象は、良くも悪くもアナタや社会の未来に「長く」影響する可能性が高いことから、選択肢をよくよく吟味し慎重に未来のカタチを選ぶ必要がありそうにゃ。

また、決定事項が中止となったり、中止となっていたことが再開したり、良くも悪くも番狂わせな場面も多発しそう。

今までとは全く畑違いな新しい分野に挑戦したり、長く携わっていた定番(仕事、私生活、趣味など)の事柄が変化変更したりと、人生の転機となるような月ともなりそうにゃ。

11月のキーワードはにゃ「交際(男女だけでなくあらゆる人間同士)」「自立」「決断」「外出」「海外(外国人)」

先月より更に海外や外国人のワードが高まりそうにゃ。

11月の災難除けの秘訣はにゃ、物の怪横行月であった先月、悪の種を蒔かれた人達は、もう既に10月後半から悪の華の開花が始まっているにゃ。

攻撃的な人、自分本位な人、人の不幸を喜ぶ人、人の迷惑を感じ取れない人、自分の都合だけを押し付けてくる人などは、モノノケ憑きである可能性があるにゃ。

モノノケ憑きの人間になると、見れば分かるくらいの欲望の塊になっていくので、傍目にもわかりやすくなっているはずにゃ。

大切な人でない限りは、モノノケ憑きの人たちとは距離を置いて、速やかに縁を切っていくことが未来の災難除けの秘訣だにゃ。

今月は社交が盛んとなる月。交流、交際トラブルには十分気をつけて。

特に男女交際、結婚に関する問題には、信念が強すぎて方向転換できないことでのトラブルには注意。

思い込む前に、第三者の客観的意見や見方を参考にすると吉。

強烈な自己主張が出ると、人を傷つける可能性が高まりそう。

自分に正直になりすぎて、精査できてない言葉が出ないよう気をつけるにゃ!

社交辞令(しゃこうじれい・あらゆる場面での人間関係を円滑に進める為に発信する望ましい発言や態度、逆に利益のために相手に本心を偽ること)の言動が誤解を生み、災難が発生する可能性があるかも。

人に誤解をされないよう言動には気をつけて吉。

大事な場面では、見せかけだけの偽物の言葉や態度を自分が取らないよう気をつけることが災難除けの秘訣。

また利益の為の社交辞令で騙されることのないように、人への洞察力を発揮して相手をしっかりと見定めて付き合うことが大切にゃ。

人をコントロールしようとする人には要警戒にゃ。

相手に尊敬できる部分が見受けられない限りは、相手との付き合いはしないことが未来の災難除けの秘訣となることを忘れないでにゃ。

また、今月は旅行や自立、独立に伴うトラブルには気をつけて。

今月は自分の信念や信条が踏みにじられると、心の奥底に潜んでいる本音の心が一気に噴出する可能性が高くなる月。

人にアレコレ指図したり、指図されることでトラブルに繋がらないよう、人への指摘、アドバイスなどには注意を払ってにゃ。

これらに関して大らかに見守る心構えと、完璧を求めすぎないことが災難除けの秘訣となりそうにゃ。

そして、子供のいる夫婦はにゃ、夫婦間の関係をしっかりと安定させることが大事な月となりそう。

子供に力を注ぐより、夫婦間のコミュニケーションを大切に。

また、子を持つ親御さんは、子供を束縛しすぎないことが災難除けの秘訣。

ある程度の距離を保って、子供を信じて心配性な顔を封印し、子供達を笑顔で見守ることが大切な月。

お子さんやお孫さん、弟妹や甥っ子姪っ子など、年下の親族の未来を心配し、過保護になったり口うるさくなる傾向になると大凶に向かうので注意してにゃ。

頑固さが高まる月、子を持つ親御さん方は、子供に対する態度が頑固にならないよう気をつけるにゃ。

親の立場であっても素直な自分の本心を子供に明かし、大切な我が子を信じ、子供に対して大らかな言動を心掛けると、子供の心(魂)は萎縮されないので未来良い形となり、親子間の禍は防ぐことに繋がりそうにゃ。

海外(外国)での災害や事件が多発するかも。海外旅行などでは事故や犯罪に巻き込まれないよう気をつけてにゃ。

組織的犯罪が多くなる兆し。組織的詐欺には改めて要警戒。

先月よりも外国人絡みの犯罪やトラブルにも要注意。

家出や失踪、拉致なども多くなりそう。

あらゆる空を飛ぶ乗り物、空中にある乗り物事故にも気をつけるにゃ。

嫌な予感がした時は、自分の直感を信じてみてにゃ。


11月の運気アップの秘訣はにゃ、「世界」がキーワードのひとつとなる月なので、自分の世界観を広げてみよう!

世界観を広げると聞くと、海外に行くことや知らない人と関わるといったイメージが思い浮かぶかもしれないけどにゃ、自分の世界観を広げるというのはにゃ、自分の知らなかったことを知ろうとしたり、実際にやってみる努力をすることにゃ。

自分の価値観や固定観念という考え方を変えてみると、思考パターンが変わることで行動パターンも変わるので、運命の軌道も変わりやすくなるんだにゃ。

その行動が、未来のアナタの新しい可能性に繋がり運気アップの秘訣に繋がりそう!

勇気を出さなきゃ出来ないことほど、本当の素直な自分の心に報いる運気アップ法にゃ。

夢や希望、そして幸せは、この世でしか叶えられない現実。

ならば、たった一度きりの今世、今がチャンスだと思って動いてみるにゃ!

不安に思うことや苦手なことにでも、勇気を出して果敢に挑戦したり、少しでも何かしら行動することが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

11月のラッキーカラー。

恋愛運アップ…茶色、黄色、青、水色、カーキ色、桜色。

夫婦円満運アップ…灰色、エメラルドグリーン、オレンジ色、黒、金色。

対人関係運(友人運)アップ…群青色、銀色、みどり、ピンク。

仕事運(試験)アップ…紺色、オフホワイト、紫色、赤。

今月の災難除けカラー…明るいブルー(スカイブルーなど)

*11月の季節の行事とパワーアップの旬の食べ物。

⭐️ 11月8日頃まで(霜降・そうこう)

冷え込みがグッと増し、北国や里山では冬を感じる時季。一部地域によっては冬の到来も。紅葉は最盛期を迎え、木々は赤やオレンジ色が濃くなる季節。厳しい冬の前に木に残された完熟した柿や木の実に鳥たちが集まり、恵みの秋を享受。人にも小動物にも穏やかで優しい季節だにゃ。この時季、身体が冷えると体調が悪くなるから気をつけて。冷えは万病のもと。免疫機能が低下しないよう、常に体温が下がらない工夫が大切にゃ。いつもシャワーのみの人は、自然塩をひと握り入れたお風呂に浸かり、ゆっくりと身体をほぐし、芯から温まるまでお風呂に浸かってにゃ。また、台所洗剤でよく洗ったミカンの皮をお風呂に入れてみて。ミカンの皮にはリモネンという精油成分が含まれているので、血行促進、保湿作用と冬の入浴には最高の入浴剤となるにゃ。皮をちぎって布袋に入れて揉むと、更に成分が湯に溶け込んでミカンの香りでリラックス効果アップ。ミカンを食べた日には、皮をお風呂にいれて幸せな時間を過ごしてにゃ。

霜降の時季の旬の食べ物…。りんご、柿、小豆、カリン、生姜、トンブリ、サツマイモ、山芋類、レンコン、秋シャケ、イクラ、みかん。

⭐️ 11月7日頃〜11月21日まで(立冬・りっとう)

冬が立つと書いて立冬の時季は、冬が始まることを意味しているにゃ。南北に長い日本列島では、これから紅葉が見頃となる地域もあるけれど、暦の上では冬。北に向かうほど色鮮やかだった山の木々は次第に色褪せ、冷たい北風(木枯らし)が吹ふくと木の葉が落ち、初雪の知らせが聞こえてくるかも。寒い地域ではコタツや電気カーペット、ストーブなど、冬仕度を始める地域もありそうにゃ。15日は子供の成長を喜ぶ行事となっている七五三詣り。平安時代から始まったとされる歳を祝う儀式で、昔は3歳の「髪置・かみおき」では、3歳の11月吉日から髪を伸ばして祝う儀式で、頭に白い綿帽子をのせて白髪になるまで長生きが出来るようにと祈った儀式。5歳の「袴着・はかまぎ」の儀式では、5歳の男の子が初めて袴を着け、冠を付けて基盤の上に乗り、どちらを向いても勝つように四方を向いて祈る儀式。7歳の「帯解・おびとき」の儀式では、7歳の女の子がそれまで日常で着ていた付け紐の着物をやめて、帯で締める大人仕様の着物を着せる儀式。という儀式が、現代の七五三詣りの始まりだとされているにゃ。
関東圏では酉の日に縁起物を売る 「酉の市・とりのいち」が11月1日始まり、二の酉が11月13日にあるにゃ。今年は三巡目(11月25日)となる三の酉まであるにゃ。三の酉まである年は、火事が多いといわれているので火事には気をつけて過ごしてにゃ。

立冬の時季の旬の食べ物…。

サツマイモ、ツクネイモ、たけのこ芋、里芋、レンコン、マグロ、生牡蠣、コハダ、コノシロ、みかん。

⭐️11月22日頃〜12月6日まで(小雪・しょうせつ)

冬本番一歩手前といった地域が多くなる季節。しとしと降る雨が雪に変わる地域も。
冬本番まではもう少し。寒いからと靴下を履いて寝る人が増える季節。だけどにゃ、それは逆効果なんだにゃ。寝る時に靴下を履いて寝ると、血行不良になるので足先は冷えたまま。血行を良くしたければ靴下を脱いで寝るのが正解。また、お風呂上がり直前に、冷たい水を足にかけると血行促進となり湯冷めもしないにゃ。冷たい水をかける際の注意点としては、いきなり冷たい水を足にかけないでにゃ。ぬるい湯から徐々に冷たい水にしていく温度調節をしていくことにゃ。冷たい水に慣れたら、最低10秒〜20秒を目安にそのまま水を足にかけておくにゃ。慣れたら30秒〜40秒かけ続けると、足がポカポカにゃ。お風呂の度に毎回すれば、足冷えとは無縁となるはずにゃ。冷え性の人は試してみてにゃ。

小雪の時季の旬の食べ物…。

葉付き大根、ネギ類、白菜、自然薯、みかん、寒ブリ。



今月も良い選択肢で、良き結果を得られるようがんばってにゃ〜 ♪( ´θ`)ノ



b0301400_16481527.jpg




みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

京都も徐々に寒くはなって来ておりますが、家の中ではまだそんなに寒くもなく、薄い長袖シャツ1枚で快適に過ごしております。

さて、今年の7月29日に拾って来たキジトラ猫の「テンちゃん」の具合ですが、風邪の症状は良くなりましたが、目だけはまだ、半分膜がかかった状態です。

現在も片目がほぼ視えていない状態だと推測されますが、部屋中をロケット弾のようにすっ飛んで走り回っております ( ̄▽ ̄;)

やんちゃ坊主、イタズラ坊主の真っ盛りのテンちゃんには、な〜んにも怖いものなどありません (^◇^;)

写真を見ていただくとお分かりかと思いますが、身体はだいぶ大きくなりました。

ときたま顔が見えないと、どちらがトラちゃんで、どちらがテンちゃんなのかが分からなくなる時もあります (^^;)

テンちゃんは食欲旺盛で、食べても食べても いつも腹ペコ状態です (⌒-⌒; )

毎食をトラちゃんの倍以上食べても満足しないという、恐ろしい食欲です (^◇^;)

1日3食(一食トラちゃんにあげる分量の倍)、おやつを2〜3回食べても、今は全く太る気配もないテンちゃん。

太らないのは代謝の激しい今だけでしょうが、それでも少量しか食べなくても大きくなる猫丸にすれば、とても羨ましい限りです(T ^ T)

話は変わりますが、テンちゃんを拾って来た当初、左の眼球の怪我と風邪の症状(怪我をしていない方の大量の目ヤニ、大量の鼻水、大量の耳垂れ、発熱)で大変弱っておりました。

テンちゃんの目の状態を把握する目的で、拾って来た次の日に動物病院で診察してもらいました。

獣医師によりますと、眼球の腫れは感染症なのか怪我なのかは様子を見ないと分からない、風邪の症状はあるが大きな病気かどうかは様子を見なければわからない…とのことで、専門家に診てもらっても「よくわからない」という診断でしたが、薬は目薬と内服の抗生剤が処方されました。

日頃から薬は毒だとブログで伝えている猫丸ですので、我が家では瀕死の状態だったテンちゃんにさえ薬を与えませんでした。

真実を知らず心配して薬を与えていたら、テンちゃんの免疫細胞を無駄に弱らせることになり、テンちゃんの自力での回復力の妨げになっていたことでしょう。

テンちゃんを保護して以来、暫くはトラちゃんがテンちゃんを敵視し膠着状態が続きましたが、その後トラちゃんはテンちゃんを受け入れて仲良くなり、それからは2匹が寄り添えば、トラちゃんはテンちゃんの大量の目ヤニと膿、鼻水、耳垂れの箇所を、お母さんのように丹念に舐めまわしてくれたのです。

舐めてもらうようになってからは、テンちゃんの全ての症状は良くなりました。

これは免疫細胞の力が弱かったテンちゃんを、トラちゃんが舐めてあげたことで免疫細胞が活性化し、テンちゃんの免疫力が上がり治癒力が増した結果だと思います。

一般的に動物たちは、傷を舐めて治癒していることは知られていますが、人間も同じだということを知っている人は現代では少ないと思いますので、今回は「唾液の力」について話をしたいと思います。

さて、みなさまは唾液(だえき)について、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

日本では唾液を唾(ツバ)や(ツバキ)ともいい、どちらかというとバイ菌だらけの汚いイメージがあるようですが、真実はどうなのでしょう?

唾(ツバ)を辞書で調べますと、唾腺(だせん)から口中に分泌される無色透明な粘液のことで消化を助けますので、唾液(だえき)と同じものです。

唾液とは、口腔内に分泌される分泌液のことで、成分は99.5%が水分、残りが各種酵素や電解質で構成されたものです。無機成分としてナトリウム、カリウム、炭酸水素、無機リン、カルシウム。有機成分としてアミラーゼ(酵素)、IgA(免疫物質)、ラクトフェリン(抗菌物質)、リゾチーム(抗菌物質)、ラクトペルオキシターゼ(酵素、抗菌物質)、ムチン(保湿、粘膜保護)ヒスタチン(抗菌、傷の修復)、ディフェンシン(真正細菌(バクテリア)真菌類、ウイルス、ウイロイドなどに対する抗微生物殺菌)、シアル酸(育毛)、ハイドロキシアパタイト(歯の修復)、プチアリン、マルターゼなどです。

唾液の働きは
①食べ物の消化作用
②傷ができないよう守る保護作用
③ キレイさを保つ洗浄作用
④ 細菌から守る殺菌、抗菌作用
⑤ 水素イオン濃度の変化を中和する緩衝(かんしょう)作用
⑥ 虫歯を防ぐ再石灰化作用 ⑦ 異物などを排除する働きの嘔吐排出作用などです。

みなさんが知っている代表的な唾液の働きといえば「食べ物の消化」だと思います。

通常、健康な人が、空腹時に食べ物を見たり、食べ物を咀嚼(そしゃく・噛むこと)すると、粘り気の少ない唾液が大量分泌されます。

唾液の99.5%が水分ですので、パサパサした食べ物であっても湿らせて粉砕し易くなることで胃まで食べ物を到達させられます。

唾液が大量分泌することで飲み込みやすくなり、胃への負担も軽減されるわけです。

唾液には消化酵素のアミラーゼが含まれているので、デンプンなどを容易く分解します。

よく噛むことのメリットは唾液分泌量を増やして消化を助けるだけではありません。

食べ物をよく噛むことは、満腹中枢を刺激するので食べ過ぎ防止にもなります。

また、虫歯や歯周病、口内炎、歯石予防にもなります。

また意外なことにシミやシワ、白髪の予防や改善にもなるそうで、唾液が分泌されると若返りも期待できるようです。

昔はケガをすると「舐めときゃ治る」と言ったもので、実際犬や猫などの小動物や小さな子供たちは、傷を舐めて治癒を早めていました。

古代でも、古代人たちは唾液が免疫物質であることを知っていたようです。

唾液は大ケガや火傷には欠かせない薬として、患部に塗りつけて治していたようです。

現代に於いても健康な人の唾液を傷口に塗りつけて治療をするアマゾンの部族もおりますし、愛する人に親愛の印として、唾を吐きかけるケニアの部族もおります。

消毒効果の高い唾液には、魔の退散の効果があると信じられているようです。

しかし現代では、唾液が薬になるということを知る人が少ないのが現実です。

また唾液が普通に分泌される事自体が、普通のことではなくなってきているようです。

現代は食事自体が柔らかい物ばかり。よく噛む必要がなくなってきていることも、現代人の唾液が少なくなっている原因の1つです。

また、薬の副作用や精神的ダメージ、またイメージ力の低下に伴い、唾液が出にくい人が増えているそうです。

それがドライマウスという症状です。

唾液の分泌量が少なくなると口の中がネバネバして口臭やツバが臭くなります。

それは唾液の分泌量が減ることで口内の殺菌効果が低下するために、口内では細菌が繁殖している状態です。

唾液の分泌量が増えれば、殺菌作用が働くので口臭は減ります。

新しく分泌された唾液は、サラサラとして無臭です。

口内の唾液量が減ったことを確認するには、水だけでよく洗った指を口に入れ、口の中を指で軽くかき回すようにします。

口から指を離し、指の匂いを嗅いでみてください。

無臭であれば、唾液の分泌量は足りているということになります。

少しでも匂いがあれば雑菌が繁殖中であり、とても臭ければ雑菌だらけということになります。

さて、みなさんは酸っぱいレモンや梅干しを見たり想像しただけで、瞬時に口中に唾液が溢れてきますか?

最近では酸っぱい食べ物を見たり、また想像しても唾液が出にくい人が増えているそうです。

一日に三食をしっかり食べ、プラスおやつまで食べている人などは、本気の空腹とは無縁だと思います。

お腹が空いてお腹が鳴ることさえも減っている人は、唾液が出にくい生活習慣といえます。

また、人が味覚を感じられるのは、唾液に水分があるからだそうで、唾液の量が少ないと味覚が低下し、折角の食事の味も曖昧になり旨味を感じなくなるそうです。

そして、現代では塩が病気の原因としておりますので、減塩や薄味にすることで食事があまり美味しいとは感じなくなくなり、唾液分泌量が少なくなってしまっている可能性もあります。

不安な心や緊張した時など、唾液の分泌量は一気に減るようです。

人間はストレスを感じると唾液の分泌量は少なくなり、ストレスが緩和されるような気持ちの良い状態の時には唾液の分泌量は増えるのです。

唾液の働きは、粘膜保護や洗浄、抗菌、殺菌、排泄作用で恒常性(こうじょうせい・生物の生理状態など内部環境を一定の状態に保ち続ける傾向のこと)の維持に努めてくれていますが、現代人の生活習慣では、人間が唾液を出す努力を怠れば、唾液分泌量は減少していくばかりなのです。

赤ちゃんはヨダレ(唾液)が多いですが、生まれたばかりの赤ちゃんよりも、寝返りをしたり動きが激しくなる時の方が唾液の分泌量は増えているように見えます。

それは、赤ちゃんはそもそも口を閉じる事が難しい年齢であるため、口を開けたままの状態が多く口の中に溜まった唾液が出てしまうことでの口内の乾燥を防ぐ目的(乾燥すると菌が繁殖しやすい環境になるので)などの理由や、何でも口に入れ舐めたりするので、細菌が繁殖しないよう唾液分泌量が多いのではないかと考えます。

このように唾液は、身体の恒常性を保つには、とても大切な免疫物質の塊です。

こんな素晴らしい天然の薬である「唾液」が、少なくなったり出なくなることは残念な事です。

唾液が少なくなる、出なくなる…ということは、身体が普通の状態で維持されていないことを意味しています。

唾液が少なくなることで起こり得る現象は、
①虫歯になりやすい
②歯周病になりやすい
③入れ歯を入れると痛む
④口内炎ができやすくなる
⑤ 消化不良を起こしやすい
⑥ 風邪をひきやすくなる
⑦口臭がひどくなる
⑧歯石が付きやすい…などの症状が出やすくなります。

では、そうならない為に、唾液を増やすにはどうしたら良いのでしょうか。

対応策としては
①ある程度の水分と自然塩の補給
②食べ物は決まった時間にではなく空腹時に食べる(お腹が空いていないのに無理して食べない)
③食事は歯応えのあるメニューを多くして、奥歯でしっかりとよく噛んで食べる
④口の中で舌をよく動かすようにする
⑤酸っぱいものをイメージする
⑥ 美味しそうな食べものを見たり、イメージしたり、美味しいと感じるものを食べる ⑦ガムを噛む
⑧ストレスや悩みを少なくするために、楽しいことを考える…などです。

食物を噛む時は、しっかりと奥歯でよく噛んでください。

しっかりと奥歯でものを噛むことが良い理由は、原始時代などは硬いものしかない時代でしたから、奥歯でしっかり噛まないと食べられないものばかりだった…と考えられています。

原始人はよく噛む習慣から、唾液の分泌量が凄まじく、大量の唾液のおかげで歯磨きせずとも虫歯や歯周病を防いでいたと考えられています。

実は歯の表面を覆うエナメル質は、人間の体の中で最も硬い部位で、なんと鉄や真珠よりも硬いんだそうです。

そんな最も硬い歯を、溶かしてしまう虫歯菌や歯周菌の酸には驚きます。

また、日本では昔から「早食いの早死に」ということわざがあります。

これは、食べる速度が速いと唾液が充分に分泌されないので、消化の助けが少ないために胃を傷め、胃を傷めることで様々な内臓にも悪影響を与える。その結果、早死にしてしまう…ということのようです。

そしてもう1つは、よく噛まないことで食べ物を喉に詰まらせて死亡してしまうという教訓から生まれた言葉のようです。

日本人のランチタイムは平均して15〜20分だそうですが、フランス人のランチタイムは1時間といわれています。

社会で働く日本人の多くは、特に仕事の合間のランチなどは早く済ませるという習慣が根付いてしまっていることで、ゆっくりよく噛んで食べる生活とは無縁になっているようです。

私たちは何のために生きているのでしょう?

健康でなければ、何をしても楽しめません。

健康を損なう悪い習慣を見直すことは、未来の自分のためです。

自分の未来の健康を考えれば、忙しい人こそ食事は20〜30分かけて、ゆっくりとよく噛んで食べることを習慣づけたいですね。

2017年の8月、医学誌(電子版)「FASEB・joumal」に、チリ大学の研究チームが「唾液は傷の治りを早くする」という研究結果を発表しました。

唾液の抗菌作用だけではなく、唾液成分に細胞組織を繋ぎ合わせ、傷を塞ぐ働きがあることを発見したという内容です。

もともと口の中にできた傷は、他の部位にできた傷よりも早く治ることに疑問を抱き、唾液成分が傷に影響していると考えて研究を開始したそうです。

まず健康な人間の唾液サンプルをニワトリの受精卵と、人間の口と内皮と血管形成細胞(造血細胞)を培養したものに入れて、唾液の影響を観察したそうです。

すると、唾液中のタンパク質「ヒスタチン(抗菌作用)」は、血管形成細胞を活発化させ、血管を新生させる働きを見せたそうです。更には、接着剤のように細胞同士を繋ぎ合わせて傷口の組織を再生させることが判明したそうです。

また、昔からヨーロッパでは、絵画などの美術品の汚れ落としに唾液が習慣的に使われていたそうです。

科学的手法で、唾液の洗浄効果の検証を行ったところ、唾液の洗浄力がナンバーワンだったそうです。

それが今年のイグ・ノーベル賞で医学賞を受賞した「汚れ表面に対する洗浄剤としての唾液」というテーマでの研究結果です。

この度の論文で明らかになった消化酵素アミラーゼとは異なりますけど、科学的消化酵素である、アルカリ化セルラーぜ、プロテアーゼなどを応用した洗剤は1987年に発売されています。

それが日本で発売された一般向けバイオ洗剤「花王のアタック」なんだそうです。

話が逸れましたが、少しは唾液の凄さが伝わりましたでしょうか。

唾液の分泌量を減らさないことは、健康を維持するためには欠かせない条件です。

毎日新しい唾液を出す努力をして、新しく製造された唾液を飲み込みましょう。

新しく製造される唾液は、病気の予防、健康維持にはなくてはならないものです。

ツバを吐いて捨てる人達は、せっかく製造された免疫物質を捨てていることにお気づきください。

猫丸の検証では、唾液は切り傷と軽いやけど、湿疹に有効でした。

ケガをした際に試すならば、まずは患部を流水でよく洗い、必ず新しい唾液を出し、傷口に唾液を塗りつけ放置するだけです。

傷がある程度深い場合は、唾液を塗りつけた後、傷口をしっかりと合わせて、絆創膏や医療用テープでとめてください。

火傷の場合は、必ず痛みがなくなるまで水で冷やします。空気に触れても痛くなくなるまで、しっかりと冷やします。その後に新しい唾液を出して塗りつけます。

そして、最後に自然塩を多めに摂取すれば、傷は驚くほど早くキレイに治ります。

みなさまの健康維持の参考になれば幸いです。



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-11-01 01:27 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの10月占い



10/29 1:01分追記…28日の夕方から現在までやや強めの頭痛が続いています。激痛ではないものの、長めの頭痛ですので念のためお知らせ致します。

10/16追記…本日夕方にバイクの後ろに乗っていてヘルメットをかぶった状態で「天変地異の前触れ」と聞こえたような気がしました。今月に入り何度か強めの頭痛は発生しておりましたが、久しぶりに強めで長めの頭痛が発生し1時間ほど痛みましたので、一応お知らせ致します。災害は日本かどうかはわかりませんが、念のため2週間ほどはご用心ください。



b0301400_18533501.jpg

にゃにゃにゃ!

10月はにゃ、モノノケ横行月となり、いつもよりモノノケ達が人間界を暗躍し、人やあらゆる物事(災害も)などに関与する動向から、物の怪の影響が出やすい危険な月となりそうにゃ。

とくに10月1日から4日まで、そして10月26日から31日までは毎月のモノノケ横行日が重なる要警戒日となるので、メモしてお忘れなく!

モノノケ達の悪影響は、人の心や社会に野心や野望を遂げたいとする人間の願望を高めるよう仕組み、心の底に押し込んでる願望成就達成の気持ちが高まりそうにゃ。

人や社会への不満や不安、苛立ちなどから妄想が暴走したり、何かと心が落ち着かないことが原因となりトラブルや問題となるかも。

また、先月以上に「嘘」が横行し、騙される人が更に多くなりそう。

今月は特に「執着」する心が高まりそうにゃ。

フェチ的要素の高いコレクションや特殊な趣味、また美に対し異常な気持ちが高まる傾向で、美醜や若さ、老いなどの話題や問題が多くなるかもにゃ。

今月のキーワードはにゃ「悪」と「突然」と「変化」

良くも悪くも「悪」に纏わる月。

悪と聞くと怖いことばかりなように思うかもしれないけどにゃ、良い意味では悪の露見、悪の摘出、悪の退散、悪の解散、悪人との縁切れ、悪習慣の改善など、悪しき事柄の発見や決別が可能な月にゃ。

悪い場合には、悪行の成就、物事の悪化、悪人との出会い、悪習慣や悪循環の始まりなどがあるかも。

そして、それらは前触れなく「突然」に、良くも悪くも衝動にスイッチが入ると、鬼神の如く猛進し、現状が「変化」しやすいということにゃ。

現状に不満な心は、マンネリからの脱却や現状の変化を求める気持ちが高まりそうにゃ。

10月の災難除けの秘訣はにゃ、今年何かの問題が発生し解決できていない人達は要警戒。

今月の選択肢は特に慎重に選ぶにゃ。

今月はソワソワと落ち着きがなくなる傾向なので、注意がおろそかにならないよう車の運転中や料理中、仕事の作業中など、注意が怠ることで発生する事故には注意が必要にゃ。

優柔不断(ゆうじゅうふだん・物事の決断が鈍い)な人、しつこい人、すぐ怒る人、自分勝手な人など、あなたが好感を持てない人物、もしくは好ましく思えない物事には決して近寄らないことが今月の災難除けの秘訣となりそうにゃ。

「突然」の衝動に駆られる傾向なので、突然の性的衝動、突然の睡魔、衝動買い、突然暴力的になったり、酒や薬で突如として人が変貌(へんぼう・それまでの性質や状態とは大きく変わること)したり、事態が豹変(ひょうへん・急速な変化)したりするような出来事が発生しやすくなる可能性があるので気をつけるにゃ。

後先考えない欲求を満たす行動は、未来の自分の首を締めることなるので勿論大凶。

そんな衝動に駆られた時は、自分の未来の幸せ(安定)をきちんと考えられる冷静さを持つこと以外、走り出した自分の衝動を止めることは出来ないにゃ。

モノノケ横行月なので犯罪が異常に増えそうにゃ。

先月同様、嘘が横行するので、特殊詐欺、横領、改ざん、暴力事件(DV、暴力的なイジメ、虐待)、窃盗や強盗なども増えてしまいそう。外国人による犯罪にも要注意にゃ。

特に性犯罪は非常に発生しやすくなり、優しそうな人が突如野獣に変貌するなど、SNS、出会い系などで知り合う人、外で声をかけて来る知らない人からの誘いには警戒するにゃ。

今月の新しい人との出会いには要注意にゃ。

執着心が高まる月なので、ストーカーや嫌がらせなどの犯罪にも要警戒。

投資や儲け話は大凶。身近な人に必ず相談して反対されたらやめる勇気が災難除けの秘訣だにゃ。

また、広い交友関係を持つ人は、人の間に立つことでのトラブルには気をつけて。
誤解されトラブルに繋がらないよう仲間内での報告、連絡、相談を怠らないことにゃ。

他人から面倒な依頼が発生しやすい月なので、嫌だったり無理だったりしたらハッキリと断ることが肝心な月。言葉や態度が曖昧だったりするとトラブルの元。

また、社会的な実務や手続きは確実に。社会の損失には要注意。

あまのじゃくな態度(わざと人に逆らって見せたり)は逆効果。

素直になれない人はモノノケのターゲットになるので要注意。

今月は現実逃避や妄想に走りやすい機運。

悩みたく無いからと精神薬を服用すれば、いつか副作用で苦しむことになるにゃ。

自分を助けられるのは自分だけ。これが現実にゃ。

意外に思うかもしれないけどにゃ、悩み出したら掃除や整理整頓がオオスメにゃ。

めんどくさい気持ちを乗り越えて、掃除(特に汚れのひどい場所)や整理整頓に集中すると、心をこじらせない素晴らしい効果でウダウダと悩む気持ちを止めることが出来るようになるにゃ。

また、整理整頓がうまく出来るようになると、不思議なもので現実に対応するチカラがつくんだにゃ。しかも、汚部屋がキレイになるので一石二鳥。家族にも喜んでもらえたら一石三鳥。皆に感謝されれば自分も嬉しいので一石四鳥。汚い場所をキレイにすればモノノケ祓い(浄化)となって一石五鳥となり、幸せの連鎖となるはずにゃ。

掃除と整理整頓は心のリハビリと共にモノノケの祓いとなるので、心が弱った人は是非試してみてにゃ。

薬を飲んでいる人は薬が命取りとなる傾向なので、極力薬を減らしたり止めることが自分を救う道となり、災難除けの秘訣となりそうにゃ。

10月の運気アップの秘訣はにゃ、自分の殻に閉じこもらず、現実に向き合う心の強さを発動すると、未来の自分の安定が図れるにゃ。

いつも自分のことは後回しになっている人は、今月は是非自分の為のメンテナンスをして吉。

勉強運が高まるので、勉強が必要な人は今月の機運を利用して勉強に精を出すと成果が出やすいにゃ。

また、悪習慣、悪循環を改善させたり、悪縁を切るにはもってこいの月。

心にある悪心との決別、悪い人との縁切り、悪習慣の断絶など、今月は悪との決別が最大の運気アップの秘訣にゃ。

悪心、悪行、悪人、悪習慣からキッパリと縁を切ることは、あなたの未来の安定を確定できる月だと心得てにゃ。

自分の未来のために、悪との縁を切る努力が運気アップの秘訣となるにゃ。

人の助けを過度に期待すると凶に働きそう。

そして、よく知らない人を簡単に信用しないことが災難除けの秘訣となりそうにゃ。

10月のラッキーカラー。

恋愛運アップ…みどり、オレンジ、灰色、ピンク、白。

夫婦円満運アップ…赤、青、銀色、むらさき、えんじ。

対人関係運(友人運)アップ…黒、オフホワイト、うすむらさき、茶色。

仕事運(試験)アップ…金色、さくら色、黄色、きみどり。

今月の災難除けカラー・銀色、赤。

*10月の季節の行事とパワーアップの旬の食べ物。

⭐️ 10月7日頃まで(秋分・しゅうぶん)

昼夜の長さが同じとなる秋分。季節はここから少しずつ冬へと向かうにゃ。のんびりと外で夜空の月を見上げられるのもこの時季まで。季節の変わり目で夏の疲れも出てくる頃。冬に備えて体力は温存するよう無理は避け、免疫力の上がる生姜やニンニク、ネギなどを取り入れて体温が下がらないよう料理で工夫を。この時季の旬のものは特にビタミンCが豊富。ザクロやイチジクなどは特に女性には嬉しい効果を発揮するくだもの。ザクロはビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2、ポリフェノールの一種のエラグ酸、アントシアニン、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするエストロンが含まれた夏の紫外線で疲れたお肌に最適な美容剤になるにゃ。イチジクも豊富なミネラルで夏で弱った体力を回復させる効果バツグンにゃ。エストロンも含まれる女性には嬉しい効果が期待できる果物。三食食べている人は、一食分のご飯やおかずはやめにして、一食分をイチジク5〜6個を食べると解毒、アンチエイジング、ダイエット、ガンコな便秘に効果があるのでやってみて。

秋分の時季の旬の食べ物…。

ザクロ、イチジク、柿、山ぶどう、かぼす、栗、スダチ、秋さば、戻りカツオ、さんま、はたはた、ゴマ、カボチャ、エノキ、エリンギ、カブ、サツマイモ、里芋、しめじ、マッシュルーム、ルッコラ。

⭐️ 10月8日〜10月22日頃まで(寒露・かんろ)

秋が深まり山は色づき始めグンと寒くなる頃。日が短くなり太陽はあっという間に沈む季節。自然界では命を温存するための実が豊富に実る季節。ギンナンなどは栄養豊富だけれどカロリーが高いので食べ過ぎには注意してにゃ。

寒露の時季の旬の食べ物…。

アケビ、グリーンレモン、ギンナン、ムカゴ、ブナシメジ、マイタケ、椎茸、松茸、新米、シシャモ、さんま、タチウオ、しらす、鮭、さわら、はたはた。

⭐️10月23日〜11月6日頃まで(霜降・そうこう)

冬の到来を感じる頃ではあるものの、自然界では恵みの秋の恩恵が訪れているにゃ。モミジやツタ、カエデやイチョウが色付けば秋も本番。紅葉がキレイな時季なので、紅葉狩りなどで楽しんで吉。霜降の時季はカリンが出回るにゃ。カリンはいい香りで心を落ち着かせる効果も高いにゃ。カリンといえばのど飴で有名。ビタミンCやポリフェノール、アミグダリンが豊富で免疫力アップ効果、解毒効果、殺菌効果、整腸作用に優れた薬効ある食材。風邪予防、インフルエンザ予防にカリン酒、ハチミツ漬けを作ってみてにゃ。また、これからの季節はリンゴが旬。リンゴを輪切りにすると星模様が出てくるにゃ。ツキが欲しい時、朝一番に輪切りリンゴを食べると運気アップとなるのでやってみてにゃ。

● カリン酒作り方。

1️⃣ カリン1キロ(約5個程度)はよく洗い水気を拭き取り、種もろとも1センチ厚さの輪切りにカット。時間のある人は2日ほどザルに並べて放置。カリンの表面がベタベタしたら準備OK。時間のない人はそのままでもOKにゃ。

2️⃣ 瓶は熱湯を入れて湯を捨て、瓶を逆さまにして完全に乾かす。乾いたら瓶の内側にホワイトリカーを含ませたキッチンペーパーでよく拭いておく。

3️⃣ 瓶にカリンと氷砂糖400gを交互にいれてホワイトリカー1.8リットルを注ぐ。
日付のラベルを貼り冷暗所に置いて1年で出来上がり。

カリンのハチミツ漬け

1️⃣ 使用する瓶を煮沸消毒し、伏せて完全に乾いた状態にする。

2️⃣ カリン一個はよく洗い水分を拭き取る。種もろとも1センチ幅で輪切りにする(瓶により小さく切って)種はお茶パックに入れるといいにゃ。(種に栄養があるにゃ)

3️⃣瓶の中にカリンを入れてからハチミツ(カリンが完全に浸かる量。一個なら500〜800gくらい)を注ぐ。2週間程度は瓶を上下にして混ぜる。早めの場合は2〜3週間でも食べれるにゃ。3ヶ月待つとエキスがよく出るにゃ。発酵を防ぐには、冷蔵保存がおすすめ。常温なら時々フタを開けて空気を抜いてにゃ〜。

霜降の時季の旬の食べ物…。

リンゴ、カリン、とんぶり、生姜、秋鮭、イクラ、小豆。


10月も良い選択肢で、良き結果を得られるよう頑張ってにゃ〜 。





b0301400_18471329.jpg



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

暑い夏がやっと過ぎ去ったものの、つい3日前までエアコンをつけていた猫丸家。

今日は随分と過ごしやすくなりました。

これからは秋が深まり寒くなる日が増えますので、体調管理にはお気をつけてお過ごしください。

さて、現在日本は台風24号(チャーミー)が発生し、西日本に上陸した模様です。

台風の勢力は950ヘクトパスカルと強く、最大瞬間風速は60メートルを観測されておりまして、大変強力な台風です。

只今20:37分、京都は雨は少し降っておりますが嵐の前の静けさです (^◇^;)

今月はモノノケ横行月ですので、何事にも油断は禁物ですょ。

これから台風が通過する地域の方々は万全の備えをお願い致します。

台風が通り過ぎた地域の方々も油断は禁物です。

吹き返しの暴風被害、雨による土砂災害などの二次災害には警戒してください。

今月はモノノケ横行月です。

モノノケに支配されない秘訣があります。

それは、乱れた心を放置しないことです。

心が乱れたその日のうちに、心を改めてしまうことが災難除けの秘訣となります。

自分の心が心配な想いや、邪心、悪心にまみれておりますと、不幸の原因となる悪の種を撒き散らすモノノケを呼び寄せ、憑依のターゲットにされてしまいます。

心の乱れ(悩み、悲しみ、苦しみ、怒り、妬みなど)は、モノノケにとれば好物の人間となり、モノノケ達に支配されてしまう元凶となり得ます。

モノノケの餌食となりませんように、今月だけは心の管理は気合を入れて行ないましょう。

モノノケが寄り付いても自分自身でモノノケを祓う秘策があります。

それは、お腹に力を入れて魂を安定させる方法です。

魂はおへその辺りにありますが、心が乱れたり、肉体や精神が疲労すると魂が浮き上がった状態となります。

その状態はモノノケや生霊が体の中に入り込む隙間を開けている状態でありまして、こらは大変危険な状態です。

お腹にグッと力を入れますと魂がしっかりと収まりますので、病気の方、疲労している方、精神を病んでおられる方などは、1日に何度も腹に力を入れて魂を体内に戻して安定させ自分をお守りください。

10月は自身の心の状態をしっかり把握しておくことが大切です。

心が少し善よりに傾く努力と、その維持と管理をお願い致します。

追記…書き忘れましたが、10月31日はハロウィンです。何度かブログでもお伝えしたと思いますが、ハロウィンは悪魔に力をもらうために、悪魔に生贄を捧げる邪悪なお祭りです。

今年のハロウィンの31日は、モノノケ横行月のモノノケ横行日にあたりますので、最も邪悪な日となります。知らぬが仏で楽しいイベントだと思ってしまうのは、悪魔崇拝者達の思うツボです。本物のモノノケを召喚し自分が生贄となるようなことや、日本の未来を呪う儀式に参加しないようお気をつけください。


ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2018-09-30 20:49 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの9月占い


9/28 am0:38追記…今月29日から10月4日までが物の怪横行日となり、更に来月は物の怪横行月となります。物の怪横行月ですので万が一の災害は被害が大きくなる可能性があります。台風が近づいておりますので、くれぐれも油断なさらずにお過ごしください。また、4日までは物の怪横行日が重なりますので、いつもより油断大敵です。心の乱れは決して放置せずに心を落ち着かせる努力をお忘れなくお過ごしください。

9月21日 am1:38分追記…アイパットに入れているユーチューブやプライムビデオの音声が約3分ほどすごく変になりました。こんなことは初めてです。電波系の乱れは地震波関連かもしれません。念のため2週間ほどはお気をつけください。

9/6 12:46分追記…台風21号や北海道での震度6強での被害に遭われました皆様にお見舞い申し上げます。災害警戒日は9月9日までですが、8/27以降に何度もやや強めの頭痛が何度も発生しておりますので、今月いっぱいも警戒が必要です。
何度もお伝えしておりますが、宇宙の次元移行が始まり、今後5年間は大きな被害災害は想定内です。覚悟が必要な時代です。被災者の皆様、互いに助け合っていくしかありません。被災者の皆様が心強く乗り越えていかれますようお祈り申し上げます。

9/2 AM1:18追記…本日2日から8日まで、モノノ横行日となります。お気をつけてお過ごしください。

b0301400_17372893.jpg


にゃにゃにゃ!

9月はにゃ、人それぞれが普通(自分が当たり前だと思っていること)に思う自分の中の常識や、社会の常識など、それぞれの通常を基準として物事が普通以上を上回る結果となったり、普通以下を下回る結果に繋がりやすい傾向の月。

人それぞれの概念を基準として、普通以上、普通以下の出来事が発生しやすいだけでなく、心の中でも、いつもよりも物事を繊細に感じやすく、些細な事柄で心が揺れ動いたり、逆に心がいつもより動じないようなこともあり、良くも悪くもメンタルが普通の状態よりも良かったり、悪かったりと精神が一定になりにくい傾向にゃ。

今月のキーワードは「言葉」と「お金」と「人間関係」。

発する言葉の影響力がグーンと高まることにより、思った以上に良くも悪くも大きな影響を及ぼしそう。

その結果、生活にまで変化が発生しやすくなりそうにゃ。

お金に関する事柄は、普段より良くも悪くも多くの動きがありそうにゃ。

お金がワードとなる月は、人の欲望が高まりやすく、自分のお金を増やすための策略が横行しそうにゃ。

人からお金を得られるように、うまい話を持ちかけてくるなど、言葉で人を操り騙そうと仕組む人も増えるので、詐欺系の犯罪やギャンブルなどでのトラブルも増えそうにゃ。

基本の動向としては、自分の信念を貫き通す為なら何でもする傾向。

家族だけでなく他人にまで、自分の思い描いた理想を語ったり、語るだけでは気が済まず自分の理想を押し付けたり強要する人が増えるかも。

また、今月は社交が盛んとなる月。

特に家族間や親族間、公私ともに仲間内では様々な変化や問題が浮上しやすく、また世代交代による世襲(せしゅう・その家に属した格式や仕事や財産など、子々孫々受け継いでゆくこと)の変化などもありそうにゃ。


9月の災難除けの秘訣はにゃ、口が災いの種になる月なので、汚い言葉や暴力的言葉は使わないことにゃ。

精神を一定に保ちにくい傾向の月に、そんな嫌な言葉を投げかけられた時は、先ずは一旦落ち着いて冷静になろう!

冷静になって話が出来るようになったら、相手があなたにとり大切な人ならば、相手に充分な時間を取ってもらい、なぜ相手があなたに酷い言葉を投げかけるのか互いの未来の安定のために、あなたは素直な態度で「その原因」を教えてもらおう。

相手の気持ちが理解出来れば、比較的簡単に解決は出来るはずにゃ。

酷い言葉を投げ掛ける相手があなたにとり特別な人でない人ならば、自分の精神の安定のために無視が1番。今月は右から左にスルーする方が災難除けの秘訣となるにゃ。

日常の当たり前が覆(くつがえ)されると、急激に心を閉ざしたり、逆に暴走して取り返しのつかないことをしでかす危険もある月。いざの時は冷静になることが1番重要にゃ。

今月は人間関係もキーワード。家族間や親族間、恋人同士、仲間内などの人間関係では、通常より円満を求める気持ちが高まるので、その気持ちに応えない人を責める形となりやすく、ここは注意が必要にゃ。

パートナーや子供や仲間に、過ぎた干渉や過度の期待など何事においても、相手を追い込むまでやり過ぎないことが災難除けの秘訣となりそうにゃ。

また、そうした縛りが強くなった相手に対しては、反発するよりも優しくやんわりと自分の意思を相手に理解してもらえるまでしっかりと伝える努力が災難除けの秘訣となりそうにゃ。

理想が高まる今月、特に仕事や教育やしきたりなどは重視する傾向。

今月はより良い結果を渇望する気持ちが高まる月なので、貪欲さはトラブルの元。

欲望により身を滅ぼす人が増える月の傾向なので、何事にもやり過ぎは禁物。

自分にかせた高い理想も、高過ぎれば心や体調を崩す元だと心得てにゃ。

頑張っている人は「こうせねばならない」と、頑張り過ぎないことが今月の災難除けの秘訣となるので、何事も程々に肩の力を抜く努力を。

人に伝えたい言葉があるのに言い出せず胸に秘めて苦しい人は、思い切って素直な自分の気持ちを相手に伝えてみよう。

どうしても伝えられない人は、信頼する人や専門家に相談してみよう。心の内の思いを言葉にするだけでも自身の精神崩壊は未然に防ぐことができそうにゃ。

嘘や秘密も横行する月でもあるので、自分を保つ為に嘘をつき、また嘘を重ねてしまわぬよう気をつけるにゃ。

相手を幸せにしない嘘は、自分の未来と相手の未来に良いカタチを成さない因果をつくってしまう原因となるので気をつけて!

未来幸せに生きていきたいなら、嫌な因果をつくる原因となる嘘はつかないことが大切だにゃ。

先ずは嘘をつくような結果になるような秘密は持たないこと。

つまり、人に顔向けできないようなことはしない…と、いうことだにゃ。

今月は特に正直さが自分を救うことになるので、相手に誠実であろうとする心構えと実行は、大難が小難に、小難が無きものになる秘訣となりそうにゃ。

あとにゃ、水関連(仕事も含め)の災害やトラブルには気をつけてにゃ。


9月の運気アップの秘訣は「リラックス」にゃ。

自然界と触れ合ったり、エステやマッサージ、温泉や大浴場など、心と身体が同時にリラックス出来ることが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

心が疲弊しやすい月だからこそ、嫌な人とは無理してまで付き合わないことが大切。

精神が安定することが今月の運気アップの秘訣だからにゃ、心が元気になれる人と過ごしたり、心が素直に嬉しいと感じることに携わることが運気アップの秘訣だにゃ。


9月のラッキーカラー。

恋愛運アップ…むらさき、えんじ、青、赤、オフホワイト。

夫婦円満運アップ…藤色、みどり、黒、グレー、ターコイズブルー。

対人関係運(友人運)アップ…水色、ピンク、金色、紺色。

仕事運(試験)アップ…オレンジ、茶色、銀色、白。

災難除け…白

*9月の季節の行事とパワーアップの旬の食べ物。

⭐️9月7日頃まで(処暑・しょしょ)

処とは留まるという意味で、日中はまだ残者が厳しい季節ですょ…という時季だけどにゃ、朝晩に吹く風は涼しくなる頃。9月1日は防災の日。それは1923年9月1日にマグニチュード7.9の関東大震災が発生し10万人以上の人が亡くり、1960年から防災の日に定めたそうにゃ。現代は災害の起こりやすい時期。2014年には熊本地震や鳥取地震が発生。今年の7月には大阪地震。100年に1度あるかないかの大雨や大雪の被害災害も多発している時代にゃ。今後数年間は大きな災害が起こる可能性の方が高いので、防災の日に改めて、万が一に備える話し合いを。非常食や防災グッズの確認や避難場所や持ち出す物の確認などしてみるにゃ。

処暑の時季の旬の食べ物…。梨、ぶどう、すもも、メロン、桃、リンゴ、カボス、スダチ、青柚子、新里芋、青唐辛子、サツマイモ、新米、カジキマグロ、サンマ、イワシ、シマアジ、秋鮭。

⭐️ 9月8日〜21日頃まで(白露・はくろ)

昼夜の気温差で空気が冷えてくると残暑も終わるけどにゃ、ここ数年は季節が曖昧なので残暑も残りやすいにゃ。本来は秋らしくなってくるハズの時季。1年で月が1番に美しく見える十五夜を迎えるこの時季は、月の光を浴びに夜の散歩に出かけてみよう。この時季の月の光は、心のモヤモヤを穏やかに浄化。心だけではなく、お肌まで潤う特別なエネルギーが注がれるそうにゃ。美肌を目指す人は月の出ている日の7時から8時の間の散歩がオススメ。月見している間に心地よい風が吹けば、近い未来に嬉しいことがあるかもにゃ。

白露の時季の旬の食べ物…。サツマイモ、松茸、栗、カボチャ、落花生、梨、イチジク、ぶどう、秋茄子、昆布、タチウオ、秋鮭。

⭐️9月23日〜10月7日頃まで(しゅうぶん・秋分)

昼と夜の長さが同じになる時季。本来ならば季節は少しずつ冬へと向かうにゃ。23日は秋分の日。先祖を敬い亡くなった人々を偲ぶ日として、国民の祝日になっているにゃ。秋分の日はあの世とこの世が近づく日。先祖供養をして墓参りをするのが習わし。親族が集まる時季なので、占いを参考にトラブルのないよう気をつけて過ごしてにゃ。月はこの頃までが見頃となるので、忙しい人も夜空を見上げて見てみてにゃ。また秋の七草がお目見えする頃。春の七草はおかゆにして食べるけれど、秋の七草は食べられないにゃ。目で見て楽しむ秋の楽しみ♪秋の七草とは、ナデシコ、フジバカマ、葛、オバナ(ススキ)、キキョウ、ハギ、オミナエシのこと。どれかひとつを一輪挿しに活けると運気アップとなるのでオススメにゃ。

秋分の時季の旬の食べ物…。松茸、カボチャ、ゴマ、栗、ざくろ、ヤマブドウ、柿、イチジク、秋サバ、戻りカツオ。

今月も良い選択肢で、良き結果を得られるようがんばるにゃ〜!



b0301400_23183207.jpg

みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

京都はまだまだ残暑が厳しいです。

季節の変わり目に突入しますので、体調管理にお気をつけてお過ごしください。


さてさて、みなさま。

もうお気づきでしょうか?

記事トップの写真をよくご覧くださった方はお分かりですかね?

実は、我が家に猫がもう1匹増えたんですょ ( ̄▽ ̄)

7月26日の夜10時頃、ベニちゃんの散歩に出掛けた時に、ガリガリで目が異常に腫れ上がった仔猫(1ヶ月半くらい)を見つけてしまったのです。

風邪も引いているようで、鼻水で鼻が固まり鼻呼吸が出来ない状態でした。

そのまま放っておけず、家に連れて帰りました。

下の写真は家に来てから2日目に写したのもです。

この時点でも目はだいぶ腫れておりますが、保護した時点では写真の倍腫れ上がっていました。

b0301400_17370947.jpg

仔猫を家に連れて来て床に下ろしたところ、目が腫れて痛かったのか、自分で目を擦り出しました。

やめさせようとした途端「プギャー」と悲鳴のような鳴き声をあげ、コップに入った水をパシャーンとかけたような勢いで、仔猫の目から血と体液がドバーッと勢いよく床に飛び散ったのです。

その量は半端ではありませんでした(゚o゚;;

血と体液を出した後は、下の写真くらいに腫れが落ち着いたのです。

上の状態から、その後2回同じことを繰り返し、腫れは完全に落ち着き下の写真の状態にまでになりました。


b0301400_17333716.jpg

ところが1週間くらい前でしたか、自分でまた引っ掻いたのか、また再び1枚目の写真の状態に戻ってしまったのです。

8月のキーワード「再燃」をやってくれたのでした…(⌒-⌒; )

現在、目の状態は眼球が全く見えない状態なので、完治までには時間がかかりそうです。

ですが、食欲は旺盛で元気に走り回ってます。

仔猫の名前は、天からの授かりものだと思い「天ちゃん」と名付けました。

天ちゃんは男の子。

トラちゃんもオスなので連れて来た当初は、オスの天ちゃんを警戒し威嚇したり避けておりましたが、つい1週間前くらいから天ちゃんを受け入れてくれるようになりました。

今では天ちゃんにグルーミングもし、毎日仲良く遊び、疲れたら一緒に寝るまでの仲になりました。

b0301400_23381346.jpg
b0301400_23385509.jpg

そして、我が家のお局ベニちゃんも、天ちゃんを受け入れてくれました。


b0301400_17332966.jpg


ドタバタしていたこの1ヶ月。

3匹も仲良くなり、ようやく落ち着いた猫丸家です。

めでたし、めでたし〜 ╰(*´︶`*)╯♡

実は天ちゃんを保護する数時間前、猫丸は「ウォーキング・デッド」というアメリカのゾンビドラマを観ておりました。

夜中にガリガリの体でヨロヨロと歩く後ろ姿、そして振り返ると恐ろしく腫れ上がった片目の天ちゃんを発見した時には、正直ゾンビに見えましたょ (⌒-⌒; )

思わずウォーキング・ニャンコと呟いた猫丸でした… ( ̄▽ ̄)



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-08-31 23:46 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの8月占い


8/18 am2:14追記…17日に半日ほど軽めの頭痛が続き、夜には我慢できないほどの強烈な頭痛となりました。激痛は約2時間ほど続きました。我慢できないほどの激しい痛みは久しぶりでしたのでお知らせいたします。海外なのか日本なのかは分かりませんが、念のため2週間程度は厳重警戒してください。(8/19フィジーでM8.2の大地震、8/19 インドネシアなロンボク島でM6.9の地震、8/22 ベネズエラM7.3、同日 バヌアツM6.7の地震、8/24 南米ペルーとブラジルの国境沿いでM7.1の地震、8/25 パプアニューギニアのマナム火山で巨大噴火、8/26 イラン・M5.9でしたが死者4人発生の地震。8/26 インド南部ケララで過去100年で最悪な大洪水が発生し少なくとも445人死亡。8/26 台湾で洪水が発生し少なくとも7人が死亡。)8/27 23:49分追記…本日2回ほどかなり強めの頭痛が発生しました。本日からまた2週間程は警戒です。

お知らせ…8/14 19:34分追記。月の位置がまたおかしいです。大阪地震の前夜に初めて目撃した現象です。しかし大阪地震のしばらく後にも月の位置がおかしかったのですが、この時は大きな地震は発生しませんでしたので宏観現象とは言い切れません。大阪地震前夜の月はものすごくシャープな三日月でしたが、今夜の三日月は大阪地震前夜の時より少し太めの三日月ですが色は赤いです。前回の月の位置がおかしかった時は三日月ではありませんでした。念のためあらゆる災害にお気をつけてお過ごしください。

b0301400_19432905.jpg


にゃにゃにゃ!

8月はにゃ、両極端性が際立った7月の運気の流れを少し残しつつ、保守的要素が一気にグンと高まる月となりそうにゃ。

両極端性の機運も残るので、頑固な性質だったものが場合により一気にコロリと変わることもありそうにゃ。

今月のキーワードは良くも悪くも「過去の再燃」。

再燃とは、一度消えた火が再び燃え出すことにゃ。おさまっていた物事が再び問題になったり、再びブームになったり、衰えていたものが再び復活し活発化して勢いを盛り返したりすることにゃ。良くも悪くも復活、甦り、再現、再生、返り咲きなどの動きが発生しやすい傾向ということになりそうにゃ。

今月、好奇心はとても強くなるにもかかわらず、保守的傾向なので今まで通りを守るかどうか…と迷うかも。

なのに7月の機運の両極端生が出た場合は、好奇心旺盛な気持ちが一気に高まり自分を満たす行動に移る可能性も。

保守的要素が高まる月は頑固さが増す傾向。シビアな面が高まり自分の概念に無いものは受け入れられない融通の利かない形が強まりそうにゃ。

また、社会や人々の間では伝統と革新というテーマで、個人、組織、国の思想に基づく未来への理想論が実行に移されるかも。

理想が実現できない時、7月の機運要素が突然高まり、突如として大胆不敵な行動に出て周囲を驚かせるような言動や、相手を威嚇したりひれ伏させるようなこともあるかもにゃ。

新しいことよりも今までの既存の考え、古き良き伝統、文化、しきたりや家訓、約束、儀式を支持する人々、逆に古い考えを一掃して未来に新しい改革を目指す人々との間で問題も発生しやすいかも。

心の中でも、新しい考えと古い考えとの入れ替えが難しく、心理的葛藤が織り成す複雑な月となりそうにゃ。

そして、今月の月柄は様々な立場での男女問題がクローズアップされやすくもあるにゃ。

同性同士でのことよりも、異性間での大小様々な動きがありそうにゃ。

8月の災難除けの秘訣はにゃ、恋人同士、結婚相手、母と息子、父と娘、兄妹、姉弟、嫁と舅、男女の友達、異性の上司や先輩、後輩などなど、色恋だけでない男女の関係の中での変化や発展、確執から事件に至るまでと色々とありそうな月なので注意しておくことにゃ。

他人や頑張っている人などには快く応援する傾向だけれど、身内であっても頑張っていない怠け者には容赦なく手厳しくなることには要注意にゃ。

今月は親族がお盆などで集まる季節。親族に失礼のないようににゃ。

しばらく会っていない人達と出会う時は、話が弾むこともあるけれど、つい出てしまった軽口や、主観の強い話からトラブルが発生することも。

礼儀をわきまえ、特に恋愛や結婚問題に関する指摘やアドバイス、説教などはくれぐれも慎重に。

今月の助言は、適当にするならしない方が良いカタチ。

知ったか振りして口を挟まないことがベストだにゃ。

また、今月はサポート(フォロー)されている側の依存心がより強くなる傾向なので、そのワガママさがトラブルの原因となりそう。

依存する気持ちをぐっと抑えないと、相手の我慢が限界突破し愛憎劇になりかねない月にゃ。

家族やパートナーや交際相手などに対する感謝の気持ちがないと依存心は高まってしまうので要注意。

甘える気持ちがトラブルに繋がらないよう、こちらが相手に気遣うことができると災難は降りかからないと覚えておいてにゃ。

また今月はパートナーが親や親族を気遣う気持ちや態度が許せなくなったり、逆に家族をないがしろにするパートナーの態度に腹が立ったりしやすいにゃ。

万が一、お盆の帰省時にそんな場面になったらば、ここは未来のあなたの立場を考えて右から左に腹立つ気持ちを華麗にスルーしよう!

たまにしか会わない人たちとケンカしたり、短い時間に分かり合おうとすることが時間の無駄となるので、万が一の時は仏の顔でスルーしてしまうのが災難除けの大事な秘訣だにゃ。

あなたが腹を立てた相手が作った因果は、必ずどこかで相手が応報を受けるカタチとなるので、賢いあなたは天に相殺をまかしてスルーがベスト。

あなたが心をかき乱せば、それはいつかあなたに降りかかる応報となる可能性があるので、気持ちを留めずスルーしてしまうのが、あなたにとって1番良いカタチにゃ。

いつも身内にクールな人は、今月はその冷たい態度がトラブルのキッカケとなりやすいので、家族に対してはなるべく優しい言葉や態度を出せる大人対応にするとトラブル回避に繋がるにゃ。

今月のキーワードは「過去の再燃」。心から傷ついた記憶などがクローズアップされるだけに、過去に発生したことのある問題やトラブルには要注意にゃ。

過去に発生した事件事故、災害などが再び起こる可能性があるので気をつけて過ごしてにゃ。

1番気をつける時は、過去の想いに一気にとらわれ過ぎた時!

自分を引き止め纏(まと)わりつく固執した想いは、アナタを苦しめる要素がいっぱいだということに冷静になって自分に言い聞かせ、自分の未来を1番に考えることが災難除けの秘訣となるから忘れないでにゃ。

アナタを苦しめる想いは重い。人を沈める重い気持ちにゃ。

古い概念を捨てる勇気をもって、今こそ新しいパターンを取り入れて、自分の未来を自分の力で操作できるようになると、必ず良き方向に向かうはずにゃ。

「固執した想い」を簡単に受け流すことなど、かなり難しい挑戦だけれど、ここは過去の想いを保守せずに、解決に向かうための改革に挑戦して災難に見舞われない自分となった方が得策にゃ。

霊界側からみるとにゃ、あれこれと深く考えすぎる行為はアナタの生霊を無駄に発散させている行為となっているんだにゃ。

つまりはアナタの気力や体力、そして魂のエネルギーを無駄にせっせと消耗させている状態だということで、あなたの命の時間を減らしているということなんだにゃ。

長生きしたい人、病気になりたくない人、運気を悪くさせたくない人は無駄に悩んで寿命を減らさないように気をつけるにゃ!


8月の運気アップの秘訣はにゃ、人や物事の決別に悩んでいる人にはその実行をするには最適な月。

今月だけは縁切れにはもってこいの月で、その決別は互いの未来の繁栄に繋がりやすいにゃ。

一年に一回あるかないかのお別れチャンス月が到来!

色恋だけでなく、どんな関係のお別れ(離婚、破門、絶縁、解消、解散、依存をやめる、諦めるなど)でも、最終的にはその決別があなたの未来を明るく変えるチャンスとなりそうにゃ。

逆に長く付き合いたい大事な人をより分けることや、仕事でのチームを固めるにも最適な月となるので、自分が本当に大切にしたい人を見極めて付き合うことが運気アップの秘訣。

自分の足を引っ張り、人生を憂鬱にする人たちとお別れすることは、霊的世界からみれば相手に申し訳ないことではないにゃ。

見捨てられる人というのは、それなりの因果があり、それ相応の法則により見捨てられるのが運命(さだめ)にゃ。

人に依存してしまう人は、相手を頼る依存心という縛りから人を解き放つ勇気を持ち、強い自分になれるように自分を確立し、人を頼らずに頑張ろうと心がけるなら、互いの関係は修復が可能にゃ。

前々から食べてみたいと思っていた食べ物を食べに行ったり、行きたかった場所に赴いたり、観たかった映画やスポーツ観戦など、夫婦2人で出掛けると運気アップとなりそうにゃ。

8月のラッキーカラー。

恋愛運アップ…みどり、白、赤、金色、紺色。

夫婦円満運…黄色、むらさき、水色、茶色。

対人関係(友人運)…灰色、きみどり、オレンジ、黒。

仕事運(試験)…ピンク、ふじ色、銀色、青。

* 8月の季節の行事とパワーアップの旬の食べ物。

⭐︎8月6日頃まで(大暑・たいしょ)

うだるような暑さが続く頃。熱中症には気をつけねばならな時期にゃ。重労働や運動をする人、忙しい人、妊婦さんなどは塩分の不足が命取りとなる季節。しっかりと自然塩を摂取して酷暑を乗りきってにゃ。この時期は、うなぎを食べてスタミナをつける日とされている行事に「土用の丑の日・どようのうしのひ」というのがあるにゃ。土用とは立春、立秋、立冬、立春直前の約18日間の期間を示す言葉だにゃ。昔の暦(こよみ)では、日にちを十二支で数えていたので、丑の日とは土用の期間に訪れる丑の日のことなので毎年丑の日は何日かあるんだにゃ。一説によれば江戸時代に、夏の売り上げが落ちるウナギ屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に「本日丑の日、土用の丑の日うなぎの日。食すれば夏負けすることなし」と看板を立てると、たちまち大繁盛したことから、他のウナギ屋も真似をして、そこから土用の丑にウナギを食べる習慣行事となっていったとか。ウナギはビタミンAやビタミンB群などの疲労回復に役立つ栄養素が多く含まれているので夏バテ防止にはピッタリな食材にゃ。今年の土用の丑の日は8月1日。土用の丑の日は毎年変わるので注意してにゃ。また、この時期は枝豆が美味しく実る頃。塩茹でも美味しいけれど、茹でたサヤ付きの枝豆を一手間かけてニンニクとオリーブと鷹の爪、塩、胡椒でペペロンチーノ風に炒めると、おつまみにピッタリの一品になるにゃ。もちろん塩は自然塩の天日塩を使ってにゃ。

大暑の時期の旬の食べ物…シソ、枝豆、オクラ、トウモロコシ、スイカ、イサキ、ウニ、ウナギ。

⭐︎8月7日〜8月22日頃まで(立秋・りっしゅう)

まだまだ太陽はギラギラとして暑さが厳しい中、お盆が明けると少しずつ、自然界の中ではゆっくりと秋の気配を感じるようになってくるにゃ。朝夕の日差しや吹く風、虫の音、草木の色の変化など、わずかな変化で秋の訪れを感じられるかも。現代のように雑音の多い時代ではなかった昔、自然界の変化はすぐに感じたと思うにゃ。秋の語源は「収穫が飽(あ)き満ちる」「空が清明(あきらか)」「草木が紅(あか)くなる」などといわれ、この頃から秋の風情を込めて暑さが「残暑」という表現に変わっていくにゃ。なので夏の後半のご挨拶は、立秋を過ぎてからは残暑見舞いとなるにゃ。この時期はどの地域でも先祖の霊をお迎えするお盆の行事が始まるにゃ。旬野菜はなんでも美味しいけれど、この時期のトウモロコシは格別に美味しい。トウモロコシご飯も美味しいにゃ。トウモロコシ一本を芯から実をそぎ落として、米2合に同量の水、自然塩を小さじ1を入れてそぎ落としたトウモロコシの実と芯を入れて普通に炊くにゃ。炊けたらトウモロコシの芯は取り出すにゃ。芯を入れるのは、より香りが良くなることと、栄養素が染み出すからだにゃ。甘みが強くなるこの時期にトウモロコシの天ぷらもオススメにゃ。

立秋の時期の旬の食べ物…ゴーヤ、オクラ、ナス、冬瓜、ズイキ、トウモロコシ、生唐辛子、梨、デラウエア、桃、スルメイカ、アワビ、車海老、サンマ。

⭐︎8月23日〜9月7日頃まで(処暑・しょしょ)

暑さが少し和らぎ、日が落ちれば涼しさを含む風や虫の声に秋の気配がグッと感じられるようになるかも。処暑の処とは止まる、留まるという意味で、残暑が続くことを意味しているにゃ。空を見上げると低い位置にあった入道雲がなくやっていくにゃ。この時期になると、梅雨などの天候不良で見られなかった天の川なども見やすくなる時期。カップルさん達は、秋の夜空を眺めるデートがオススメにゃ。

処暑の時期の旬の食べ物…新米、カボス、スダチ、青ゆず、青唐辛子、新里芋、シマアジ、イワシ、サンマ。

今月も良い選択を選び、良き結果を得られるように頑張るにゃ。


b0301400_19445444.png
b0301400_19490484.png
(人間にしか見えない犬猫さんたち。こ、こわい (^_^;))




みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

毎年暑い暑いと嘆いておりましたが、今年の暑さは異常ですね。

東京都内では観測史上初となる40℃超えも記録しました。

京都も連日の猛暑続きで、猫丸の特に超忙しい友人2人が熱中症で救急車で運ばれたとメールが来ました(汗)

2人とも無事に回復したので安心しましたが、今年は熱中症による死亡者が多発しております。

殺人級の熱波は災害です。

立秋を迎える季節ではありますが、まだまだ暑さは続くと思われますので、お疲れの時は無理なさらずに油断なくお過ごしくださいね。


さて、話は変わります。

今月は色恋沙汰だけでない様々な関係の男女の間で、発展、衰退、決裂など、人間関係に良くも悪くも大きな影響が発生しやすい月となります。

特に親族間では関係がこじれて絶縁の可能性もある月です。

お盆の時期ですから親族が集まった時などに、相手から恨みを買わないよう、関係が悪化して後悔なさらぬよう、言動にはくれぐれもお気をつけください。

占いで書きましたが、今月の「別れ」については良い結果となる可能性の高い月です。

別れようか、どうしようかと長年悩みに悩み抜いて来られた方々は、今月は思い切って別れを決断する方が良いカタチになりやすいと思います。

人だけではなく物事の決別という意味も含みますので、依存するものからの決別には最適な月です。

危険薬物、医療薬、アルコール、ギャンブル、ゲーム課金、引きこもりなど、人生を破壊しかねないものとの決別ができると運気はガラッと変わります。

依存との決別は今後の人生を後悔せずに暮らせるはずですので、今月良い機会に繋げてくださればと思います。



ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2018-07-31 19:53 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの7月占い



b0301400_16184583.jpg


にゃにゃにゃ!

7月は次元移行に伴い、宇宙からの波動を地球が受けやすくなるそうにゃ。

その波動は地球に住むあらゆる生命体に良くも悪くも何らかの刺激を与え、それが心や身体、動植物の生態系や自然環境にまでも影響が出やすくなるようにゃ。

特に人間の感受性(情緒的感情)や感性(情緒的感情を理性により転換する能力)には大きな変化の起こりやすい月。

極端な始動と停止、急激に両極端な変化も起こりやすく、また普通では満足できないエキセントリックで過激な変化を望む人も増える月となるかもにゃ。

物事の稼働から停止まで、一旦動き出したらイケイケで止まらなかったり、逆に何もかもがピタッと一気に停止したり、何事も中途半端では済まない傾向の月となりそうにゃ。

虚を衝く(きょをつく・無防備な部分から攻め入ること)ような事柄なども起きやすいので、想定外のことが起きやすくなりそうにゃ。

感性や感受性が高まる月は、何事にも良くも悪くも敏感に反応しやすくなるということにゃ。

良い影響なら人の気持ちを察し細かな配慮ができたり、日々の暮らしの中で、ちょっとした変化に気づく事ができることで感謝や感動といった気持ちに繋がることが多くなり、いつもより幸せを感じる機会が増えそうにゃ。

逆に悪い影響なら、ちょっとした事が気になって落ち着かなくなったり、人の言動に左右されて過度の精神的疲労感が高まって現実逃避したり、その結果、人や社会から離れてしまうかもにゃ。

良くも悪くも人のことで頭が一杯になれば、自分のことは後回しになってしまうし、自分のことしか見えなければワガママ度が増し、そのくせ虚ろい(うつろい・むなしいこと)やすくなり、自分勝手な幻想や妄想にふけってパニックを起こしやすくなるかもにゃ。

頑張る気持ちが一気に加速して、いつも以上のスピードとバイタリティーで事を成し遂げたり、逆に頑張る気持ちが一気に萎えてしまい、何もかも投げ捨ててしまったり…
などという極端な行動を取りやすい安定感のない不安定な月ではあるものの、運良く良い波に乗れば、イケイケゴーゴーで夢や希望が簡単に達成させやすい月でもあるにゃ。

天国と地獄のような雲泥の差の出やすい月なので、くれぐれも選択は慎重ににゃ…。

7月の災難除けの秘訣はにゃ、虚勢(きょせい・上辺だけの威勢のいいさま)や見栄(実力以上に自分を良く見せようとするさま)を張れば、窮地に立たされる可能性のある月。

虚栄心を捨てて、等身大の自分を出せるかどうかで運命は決まりそう。

感情の起伏が激しくなりやすい月なので、軽率な言動と行動には要注意にゃ!

寂しさと孤独を感じてるのに、プライドが邪魔して素直になれなかったり、感謝すべき場面で人に頭を下げられなかったり、自分のことを誇張したり、大げさな話や嘘の話は災いの元。

素直さと平常心を忘れない心構えが、今月の災難除けの秘訣となりそうにゃ。

特に人間関係においては油断は大敵。大切な人に対し恩を仇で返すような言動が人間関係を損ねるキッカケとなるので要注意。

自分の気持ちがセーブできないもの(依存性のあるもの)に対して、一気にのめり込み過ぎないことも災難除けの秘訣となることを覚えておいてにゃ。

突如発生する事件事故に巻き込まれぬよう要注意にゃ!


7月の運気アップの秘訣はにゃ、ありのままの自分を認められなかったり、自分自身の評価が低くても、そんな自分を卑下せずに、自分を見捨てないことが運気アップの秘訣!

何事が起ころうと決して自暴自棄にならないことにゃ。

どのような自分であっても、先ずは自分を大切におもっていくことが大事な月にゃ。

今月の運気アップのキーワードは「自尊心」。

自尊心とは読んで字の如く、自分を尊ぶ心のことだにゃ。

どんな自分であろうとも、今はありのままの自分を受け入れることが大切だにゃ。

自分と他人を比べて天狗になったり、卑下したりしないことも大切にゃ。

万が一、他人に批判や中傷をされたとしても、それはその人の主観。

あなたの個性を理解しない人もいれば、理解し受け止めようとする人もいるのが世の中というもの。

すべての人に好かれることは到底無理なことだけれど、逆にすべての人に嫌われることもあり得ないことだにゃ。

どうでも良い人にまで好かれようと頑張り過ぎないことも大事だと気づいてにゃ。

あなたのことを思ってアドバイスをされた意見ではない限り、今月は特に人から言われた嫌な気持ちになる、悲しい気持ちになる言葉、意見、態度などには敏感に反応しないようににゃ。

言われた事をいつまでも引きずって、悪いように捉えないよう努めることが大切だにゃ。

世界でアナタはただ1人の人間にゃ。

あなた自身があなたのことを、いつの日か心から好きになれることこそが、この世では一番大切なことなんだと気づいてにゃ。

自分に嫌な部分があるならば、これからは自分を好きになるための努力をしていこうと気持ちを切り替えることが運気アップの秘訣となるにゃ。

理想通りに出来ない動けない自分を嘆かず諦めず、未来の自分を心底大切に思うなら、今後少しずつ改善する努力を続けて行くだけにゃ。

一生かけて少しずつ、毎日コツコツと今までは出来なかった努力を頑張ればいいにゃ。

いつの日か自分のことを「大好き」って言えるように、思えるように…。

今から将来をきっちり見据えて、自分が本当に心から願っている想いを形に出来る行動をしていくにゃ。

想いと言葉と行動を合わせれば、あなたの人生の運気アップは間違いないにゃ!

7月のラッキーカラー。

恋愛運アップ…ももいろ、きみどり、水色、黒、銀色。

夫婦円満運…紺、オレンジ、みどり、灰色。

対人関係(友人運)…赤、ふじ色、茶色、さくら色。

仕事運(試験)…青、むらさき、白、金色、黄色。

* 7月の季節の行事とパワーアップの旬の食べ物。

🌟 7月6日頃まで(夏至・げし)

一年で1番日が長い夏至を過ぎると、夏に向かって暑さが本格化していくにゃ。梅雨の時期で日照時間が少ない季節。免疫力が低下しないよう身体を労わり、晴れの日は午前中に太陽を浴びると免疫細胞が活性化されるにゃ。食べ物には薬味となるネギ、生姜、ミョウガ、にんにく、ニラなどを摂るように心がけてにゃ。きゅうりやナスは塩を振って水気をしっかり絞ってアクを出してから食べるのが血液サラサラの秘訣。暑い季節は冷たい飲み物はご馳走だけれど、常温で飲む方が体温が下がらず身体には良いにゃ。飲食店では冷房が効いているので温かい飲み物を選んでにゃ。エアコンのある生活では、体温を下げすぎないことが健康の秘訣にゃ。これから秋にかけて果物がたくさん出回る季節。生の常温の果物に自然塩をかけて食べれば、疲れた身体には最高の薬となるにゃ。

夏至の時期の旬の食べ物…水ナス、キュウリ、オクラ、枝豆、トウモロコシ、トマト、ハモ、アユ、アワビ、アジ、イワシ、カジキマグロ、さくらんぼ、スイカ、パイナップル、ぶどう、メロン、もも、りんご。

🌟 7月7日〜22日頃まで(小暑・しょうしょ)

梅雨が終わりを告げ、いよいよ夏本番となる季節。太陽が顔を出せば気温はどんどん上昇し、風は温かくセミの鳴き声が聞こえはじめるにゃ。大切な人たちに暑中見舞いを書いて夏のご挨拶をしてみよう。暑い季節に健康を気遣うハガキが届くのは嬉しいもの。人間関係が良好になるにゃ。山や川や海開きが始まる季節。この時期は豪雨となる危険は想定内、気をつけて遊んでにゃ。7日は七夕にゃ。彦星と織姫が年に一度だけ会える星伝説の日。星伝説によれば、天帝が娘の織女星と働き者の牛飼いの青年を結婚させ2人は仲の良い夫婦となったにゃ。やがて互いが仕事を怠けて遊びに夢中になり、怒った天帝が2人を天の川の両岸に別居させると、2人が余りにも悲しむので年に一度だけ会うのを許した日が7月7日の七夕なのだそう。怠けずにいれば引き離されることはなかったということにゃ。昔は「シチセキ」た呼んで、奈良時代の宮中では、機織りを司る手芸の神である織女にあやかり、夫婦再開の日に供え物をし裁縫や書道の上達を願ったりしたそうにゃ。現代では笹に願いを書いた短冊や飾りをつける行事となっているにゃ。地域によって七夕メニューは異なるけどにゃ、昔は五色そうめん(五色の食材を使った)ぶっかけソーメンが多かったようにゃ。また現代では7月初旬から7月15日までがお中元を送る時期。8月にお盆をする地域は8月初旬から8月15日までがお中元を送る時期。先祖の霊に供える品を送り合うことがお中元の起源となったそうにゃ。現在はお世話になった方へ感謝の気持ちを込めて品を送る行事になってるにゃ。また、お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、釈迦の弟子、目連(もくれん)が地獄で苦しむ母を救うため供養をしたのが始まりとされているにゃ。先祖を家に迎え入れ一緒に過ごして供養を行うけど、お盆は地域によって其々の伝統があり供養の仕方もそれぞれに違うにゃ。

小暑の時期の旬の食べ物…インゲン、ニンニク、ミョウガ、小茄子、ナス、ゴーヤ、キュウリ、トマト、ウリ、トウモロコシ、カレイ、穴子、アワビ、サザエ、鮎、アジ、イワシ、カワハギ、桃、スイカ、メロン、りんご、ほおづき。

🌟 7月23日〜8月6日頃まで(大暑・たいしょ)

容赦のない暑さが続くこの時期。昔から人々はそんな暑さを知恵と感性で自然の中に涼を求めたにゃ。軒先に風鈴を下げて音で涼を感じたり、窓に葦簀(よしず)という日除けを窓に立てかけて直射日光を防いだり、朝と夕方に打ち水をして気温を下げたり、夜には川に船を浮かべて風に当たったり、食も土用のウナギなどで滋養をつけるなどして、豊かな感性で自然界に涼を見つける工夫をしていたにゃ。現代ではアイスノンで頭や背中、脇などを冷やすと寝やすいし、湯上りはオケに溜めた冷水に足をつけると汗を抑えられるにゃ。スイカやパイナップル、メロン、キュウリ、ウリなどは体温を下げる効果が抜群。外出には日傘や帽子、扇子(せんす)を持ち歩き、熱中症予防には自然塩入りのお茶か水を持ち歩くのがベスト。またスイカに塩をかけて食べると身体の消耗を抑える効果抜群!肉体労働をした後やスポーツの後には疲労回復の効果が期待できるにゃ。夏は汗をかくので塩分が出てしまいやすく、ダルさや貧血や足がつる症状が出やすくなるので塩分はしっかり摂るのが健康維持となるにゃ。塩分摂取の量は心配せずとも、人間の恒常性により塩分は血液中では一定に保たれるので心配なし。塩分が足りていれば尿や汗で排出されてしまうにゃ。健康な人でも塩は1日に大さじ半分以上は必要。自然塩ならたくさん食べても健康に支障があるどころか健康の秘訣となるにゃ。自然塩を充分摂っていれば、猛暑も怖くないということにゃ。世間で言われている減塩伝説を信じていると身体は持たないにゃ。精製塩は塩ではないので家では使わないように。外食は精製塩を使用している所が多いと思われるので要注意。

大暑の時期の旬の食べ物…トウモロコシ、トマト、キュウリ、ウリ、シソ、枝豆、桃、スイカ、パイナップル、ぶどう、スイカ、ウナギ、ウニ、アジ、スズキ、イサギ、イシモチ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるよう頑張ってにゃ〜。



b0301400_16564234.jpg



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

先月18日にマグニチュード6.1、最大震度6弱の地震が大阪北部で発生し、京都も震度5弱を記録しました。

猫丸は体感検証記事に書いていた通り、トイレの中で揺られました (^◇^;)

マンションの上の方なので揺れも大きく感じました。

咄嗟にドアだけは開けられましたが、立つこともできないほどの揺れでした。

地震発生時トイレやお風呂にいた場合、大切なのは先ず直ぐに扉を大きく開けることです。

建物が歪んでしまうほどの地震ですとドアが開かなくなる可能性があります。

しかしマグニチュード6.1の震度6弱で大阪府内だけで建物損壊被害2万棟を超えたとは驚きました。

b0301400_19571755.png
都心は震度6弱の地震で大変な被害が出るという現実が浮き彫りになった形でしょう。

全壊の世帯も半壊の世帯も府からの義援金は一律5万円のみだそうです!

損壊の激しい全半壊世帯のみ、無利子で上限200万までの貸付けがあるそうですが、みなさま、これが日本の災害で被災した方々に対する対応です。

全壊した家を200万で元どおりにはできません。

家が全壊しても残りのローンは支払わなくてはなりません。

それが今の政府の対応の限度だということを覚えておかねばなりません。

あの阪神淡路大震災のマグニチュードは7.3。

あの時の揺れは、絶望の文字が頭にハッキリ浮かぶほど尋常ではない揺れでした。

ライフラインは全て遮断され、電気が一番早く復旧しましたが、それでも1ヶ月半かかりました。一番遅かったのがガスで復旧するまで3ヶ月位かかりました。

みなさま備えるということは、水、ガス、電気、このライフラインが遮断されたことを想定した準備ということです。

家が潰れてしまったら元も子もありませんが、ですが万が一の事態に家が住める状態で避難所生活しなくて済んだ時には、この備えが役立つということです。

現金(十円、五十円、百円、五百円などの硬貨と千円、五千円札・被災地はお釣りが用意できませんので、一万円札は使えない場合があります。カードも使えないことを想定し、ある程度の現金は手元に置いておく方がいいと思います)水、食料、トイレ代わりとなるゴミ袋と新聞紙、トイレットペーパー、生理用品、カセットコンロ、ガスボンベ、ポリタンク(水用)ラジオ、灯となるランプ、電池、紙コップ、紙皿、それを毎日使うために敷くラップ、赤ちゃんのある家庭ではミルクやオムツ、ペットがいるならばペットシート、猫砂、ペットフード、介護が必要な人がいる場合には介護用品、底が丈夫なスニーカー(震災時の道路はガラス片など、危ない物がたくさん落ちています。道が遮断された場合なども想定し、登山靴が良いと思います)そして自然塩は必須です。

それぞれの家庭に合わせた備えが必要になってきます。

阪神大震災クラスですと3ヶ月分くらいの備えがあると安心ですが、一般家庭で3ヶ月分の備えを準備するのは大変なことですが、大きな災害が発生した場合、コンビニやスーパーは長蛇の列となり商品を手に入れることが困難となりますので、万が一の時には
1ヶ月分くらいは備えておければ、直ちに買い物に行かずとも良いですし、安心感は断然違うと思います。

災害直後、ライフラインの遮断のほか、3ヶ月くらいは電車もバスも不通でしたし、どこの店も営業もしてませんでした。ガソリンスタンドや銀行、郵便局も暫くは開いてなかったと記憶してます。勿論、宅急便も使えませんので物資を送ってもらうことも出来ませんでした。

トイレが普通に使えることのありがたさ、お風呂に入れることのありがたさ、寝る場所があるありがたさ、物が直ぐに買えることのありがたさ、普通に暮らせることは何もかもが有難いことなのだと痛感しました。

マンションの三階以上にお住まいの方は、水は多めに備えておく方が良いです。

電気が絶たれればエレベーターは止まります。水はとても重いので運ぶのがとても困難です。

あのような体験は2度としたくはありませんが、これからの時代は大きな災害が起こりやすくなっておりますので到底油断はできません。

いつも皆様にお伝えしておりますように、これからの時代、災害は常に想定内です。

想定内と覚悟した方が断然気持ちが楽です。

無駄に心配するのは心身ともに良い形にはならないからです。

覚悟をして備えを万全にしたら、とにかく今を一生懸命に生きていくだけです。

それが後悔しないための生き方だと思います。

現在も頭痛が続いておりますので、災害警戒日を延ばすつもりです。

検証的に頭痛が続く時は、世界中で大きな被害災害が発生しています。

しかし乍ら、未だに災害地域が国内と海外の区別がハッキリつかないのが残念なところです。

4年間検証していても、災害地域の特定はとても難しい課題です。

災害は地震だけではありません。

台風や、突然の天候悪化による豪雨による洪水、高潮による浸水、突風、雹嵐、落雷、火山噴火などにも警戒し、また二次災害などにもお気をつけください。

自然界は突如として変化します。

7月は特にその傾向の強い月です。

くれぐれも油断なくお過ごしください。

*(7/2追記)月初めに早速、月柄の傾向通りの事象が発生しました。

突然の出来事、暴走や逃走などが起こりやすい月です。お気をつけください。

b0301400_11334641.png
また、1日に千葉県 船橋市の昼間、防災行政無線に不具合が生じスピーカーから大音量で雑音が30分流れ続け、住民から苦情の電話が警察に相次いだそうです。

また、海外ではこんな事件も…。

b0301400_22585791.png




さて、暑い季節がやって来てしましたね〜 (^_^;)

暑いというよりは、蒸し暑い!という方が的確ですかね。

体力の消耗が著しく低下する季節でもあります。

そんな蒸し暑い夏を元気に乗り切る方法の1つとして、猫丸は自然塩摂取をオススメします。

日本は数十年前から減塩を推奨しておりまして、日本での減塩運動は根付いたものの、高血圧患者は減るどころか増えているのが現状です。

この現実は何を物語っているのでしょうね?

減塩運動が始まったのは1960年代のアメリカだそうで、日本では1970年代に医師により健康維持の為に減塩を勧められることで浸透し、メデイアからの拡散で減塩は健康維持の常識となっていったようです。

現在、厚生労働省は1日の塩分摂取量を成人男性で8グラム以下、成人女性で7グラム以下を推奨しています。

この減塩ブームの火付け役はルイス・ダール博士の実験でした。

1954年に博士は、塩を食べない民族に高血圧者がいないことを聞いて調査。その結果、塩分量が少なければ少ないほどでは高血圧発症率が低いことを発見したそうです。

そして1955年にメネリー博士という人物が、10匹のマウスに通常の20倍の塩を投与、飲み水にも1%の塩水にして与える実験を6ヶ月行った結果、4匹のマウスは高血圧を発症し、残りの6匹には変化はないという結果でしたが、この実験結果を以って「塩を摂りすぎると高血圧になる」という結論に至り、アメリカで減塩ブームが始まったそうです。

実験で使用された塩は、精製塩なのか自然塩なのかは不明です。

さて、日本が減塩ブームになって約50年、高血圧患者は減るどころか増える一方なのが現実です。

実験では高血圧にならなかったマウスの方が多く、いくら塩を与えても高血圧にならないマウスの件については言及されてはおりません。

高血圧患者が増えるということは、誰が得をし誰が損をするのかを考えるべきでしょう。

降圧剤が売れて喜ぶのは誰なのでしょう?

降圧剤を使い続けているのに、症状が良くならないのは何故なのでしょうか?

降圧剤を投与し続けた副作用による結果は悲惨なものです。

塩に関する記事を書いておりますので、ネットで猫丸ねずみ「塩」と検索すれば「塩の真実」という記事が出て来ますので参考になさってみてください。

天然の自然塩はサプリメントなど必要のない完全なミネラルのかたまりです。

サプリメントを摂るなら、海水の天日塩を摂ることをオススメします。

水分を多く摂る季節ですので、塩分が足りていないと浮腫みます。

塩分摂取量が足りていれば、尿は驚くほど出るので全く浮腫みません。

きゅうりに塩かけたらどうなりますか?

水分が沢山でますよね。

あれと同じ原理です。

また、暑い季節に減塩のため薄味の食事で我慢していれば、ご飯が美味しく感じないのは当たり前です。

そのせいで食欲はどんどん低下してしまいます。

体力が低下した人が、ある程度の食事の量を食べなければ、体力もどんどん落ちるという悪い循環になってしまいます。

塩をバッチリ効かせた しっかりした味のある食事は、本当に美味しく幸せを感じます。

京都は薄味が主流な筈ですが、猫丸の知る限りの京都が地元の人々は、皆揃って濃い味付けが大好きです。

塩の効いた食事を摂ると「美味しい」という脳からの幸せサインが出ますので、その精神的な相乗効果を発揮して、心身ともに益々元気になることでしょう。

減塩(自然塩)は意味のないどころか、命取りになります。

砂糖は摂らなくても死にませんが、自然塩は取らなければ確実に死に至ります。

人間には絶対になくてはならない物質なのです。

自然塩をできるだけ摂取して、蒸し暑い季節を元気に乗り切ってくださいね。



ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2018-06-30 19:14 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの6月占い&災害警戒日のお知らせ

⚠️ モノノケ横行日のお知らせ…今月は6/15日〜19日までがモノノケ横行日となります。この時期は、モノノケが人の心に悪の種を撒き散らします。心が乱れることがありましたら、どんな理由であってもご自身のために深呼吸や塩風呂に入るなどして心を落ち着かせ、心が悪に染まらぬよう努力する事が大切な時期です。万が一、モノノケに種が蒔かれたとしても、あなたが心を鎮める努力を怠らなければ、悪の華が開花することはありません。


b0301400_22270466.png


にゃにゃにゃ!

基本は未来に関することがテーマとなる月。

良くも悪くも未来を示唆する出来事が起こりやすくなりそうにゃ。

また、未来とは真逆の過去の出来事など、隠れて視えない真実を執拗に追求する動きも起こりそう。

知られざる様々な世界や歴史の真実、故意に隠された真相の究明、秘密の暴露やカミングアウトなど、個人的な事柄から社会的な事柄まで、裏と表、過去と未来についての話題や問題などで良くも悪くも心が揺れ動いたりすることが多くなるかもにゃ。

今月示された予告、警告、予言的な噂、社会的報道、発言には良くも悪くも要注意。

いま、宇宙は大きな変化の時期に突入し、今後7年間は地球も大きな災害が多発していくと思われるにゃ。

人にとり救いなのは、宇宙の変革の時こそ魂を持つ人間にとれば 忘れ去られた霊性を呼び起こせるチャンスの時でもあるということにゃ。

なので、この6月の未来がテーマの月から、本気で後悔のない未来の人生を歩むことをオススメするにゃ。

今月は自分自身の内面との葛藤に勝てれば、あなたの未来は安定の兆しにゃ。

スキルを身につけたり、新たなチャレンジは損のない投資となりそう。

6月の災難除けの秘訣はにゃ、自分や社会の未来について不安視したり、悲観して自暴自棄にならないこと。

未来に希望が持てない人が起こす事件(トラブル)が増えそうなので、巻き込まれぬよう要注意。

今現在、最善の努力をしているのに人生が理不尽で辛いと嘆いているあなた。

今後は、自分の望む幸せを最優先する決意が災難除けの秘訣となるにゃ。

人を幸せにするための自己犠牲は、一見すると美徳のようにみえるけど、宇宙は何も犠牲は求めないし、犠牲精神を持つ人は自分の魂を傷つけ、哀しみに満ちた因果を生むだけにゃ。

犠牲を求めるのは低俗な人間と、低級な物の怪(悪霊)のみ。

自己犠牲が招いた理不尽な環境に終止符を打ち、自分が本当に望む環境へと身を置くことができるようになることが、あなたが生まれてきた本当の理由にゃ。

あなたに依存する人々の心の改善を図る、再スタートの第一歩ともなりそうにゃ。

自分が縛られているものから、思い切って離れる勇気を持つ気持ちは傲慢ではないにゃ。

犠牲精神は徳を積む行為などではなく、逆に誰のことも救わない不徳となるということに気づいてにゃ。

人は皆、自分で自分を救おうとする精神力が大切であり、依存心は人も自分も殺す行為だと気づいてにゃ。

本音を押し殺し、日々我慢して生きることを望んでいない限り、我慢は何の役にも立たないにゃ。

大切なことは、自分の本音と深く向き合い、周りにいる大切な人たちの心と向き合い、伝えたい本音などは打ち明けるようにすることにゃ。

これができない人と一緒にいても、結局は辛い感情しか生まれないにゃ。

現在、未来に不安を抱く人は、まず自分自身の心が強くなれる努力をしてみてみるにゃ。

6月の運気アップの秘訣はにゃ、自分自身の未来を諦めず挑戦してみること。

また、ライバル出現は、自分の弱点を克服する良い機会に繋げて、切磋琢磨して実力を更に磨いて吉。

精神力(何かをやり抜こうとする意志)を高めることに集中できると、現実に対応する勇気を出せる気持ちになっていくにゃ。

精神力が強くなるに従い、次第に霊性も高まるので、魂に刻まれた自分を縛り付ける負のDNAの浄化も可能となり、この世での選択肢も必ず変わっていくので、ここからなら本当の意味で未来を創ることが可能となるにゃ。

自分の考え(思考)は未来を創る元。

誰しもが自分の心で思うことは、誰の目に見えることではないので自由だと勘違いしているにゃ。

実際、大抵の人々は「心で何をどう思ってもいい」と思っているでしょう?

ところがだにゃ、霊界は肉体を持たない意識の世界で出来ていて、人間は魂を持つ存在なので、人間の普段の意識(思考)がネガティブだと霊性が低くなり、この世でもあの世でも辛いことの連続となってしまうんだにゃ。

悪い思考を改めず野放しにしているだけで、それは自分の現世の未来から死後に至るまで、自分を幸せにしないという未来の因果をつくっているのだということを知って欲しいにゃ。

不安要素が多い人ほど、何かに依存する心から抜け出せなくなり、自分で自分を助けられない結果となってしまうにゃ。

現実に起こる不幸な事象は、確かに魂の因果を相殺する為の事象ではあるものの、魂の浄化のステップアップのシグナルでもあるということが救いでもあるにゃ。

つまりは、現世での相殺から目を背けず立ち向かえば、必ず良い未来を開拓できるチャンスの前兆だということ。

不幸な出来事から、何かを学ぼうとする意識は、それぞれの霊性を高めていける訓練なのに、悪い事象が不幸な出来事だと思うのは人間だけなんだにゃ。

不安要素の高い人は、どんなに忙しくてもシンドくても、日々の日常を適当に暮らさないことにゃ。

家事や子育てや仕事、面倒だと思うことほど丁寧に行うことにゃ。

これは、あなた自身が自分の未来を冷静に考えて動けるように、先のことを考えられる心の余裕を生み出す自己コントロール力を養う訓練なんだにゃ。

目の前の面倒な現状を投げ出さず、適当にしたいと思う感情を克服する心の鍛錬は、現実のどんな局面でも乗り越えようと諦めずに進む精神力となって、あなた自身が自分を確実に助けていけるはずにゃ。

自分を変えることは、日常での鍛錬が効果大ということにゃ。

万が一、自分の心が乱れた時の自己コントロール法を書いておくにゃ。

人間が悩んだり不安に思ったりすると心臓がドキドキして呼吸が乱れ、息を吐き過ぎると酸欠状態になり、息を吸えないことでパニックになってしまう人もいるにゃ。

そんな時は、安全な場所に移動できるなら移動して座り、完璧に落ち着くまで(息が整う)まで、ゆっくりと深呼吸を続けるだけで、必ず心は落ち着くにゃ。

心を落ち着かせることを、呼吸でコントロールする方法が深呼吸というわけ。

悩んでいる時など、無意識に溜息がでるでしょ?

あれはにゃ、二酸化炭素濃度が高待っている状態になったので、脳が交換機能を高めるため無意識に深呼吸をして酸素を取り入れて酸欠状態を防いでいるんだにゃ。

霊的に視れば、心の重荷となっているネガティブ感情の吐き出し(自己浄化)をしているんだにゃ。

心がかなりしんどいと思った時は、誰にも見られない場所で何度も大きく深呼吸して呼吸を整える。

自分の心を深呼吸だけでコントロール出来るようになれば、自分を助ける方法があるので不安な心に怯えて暮らさなくもいいはずにゃ。

自分の感情をコントロールする力さえつけば、依存する心は改善されていくはずにゃ。

何事も習慣になるまでは時間はたっぷり掛かるけどにゃ、習慣にさえなってしまえば意識せずとも無意識に自分を助ける方向性に向かっているにゃ。

習慣になるまでやり続ける努力は、多分一生する努力なので、逆に気を楽にして、ゆっくりコツコツと続けて行こう!

習慣となっていけば、自分の生活習慣は大きく変わり、その恩恵は自身の現実的な生活の変化として表れ、性格改善、体調改善、霊性の向上と一石三鳥の結果となるのは勿論のこと、もひとつオマケに人間関係も改善されるはずにゃ。

霊性を磨く方法は、いつも自分の心に素直で正直であること。

心と言葉と行動が一致することは、あなたの現実世界に矛盾をつくり出さないので、あなたを縛り付けていた様々な因果から、あなたの魂を解放するカタチへ進化するにゃ。

ここまでくると、現実的に常に分相応で過ごすことが出来るので、見栄やプライドとは無縁の自分でいられることでトラブルを招かない自分となり、この現実社会が辛くなく、むしろ楽しく生きていかれるはずにゃ。

どのような境遇であろうとも、この世が天国と感じれば、あなたの霊性は神となっているはずにゃ。


6月のラッキーカラー。

恋愛運… 赤、白、黄色。

夫婦円満運…紫、生成り、ももいろ。

対人関係(友人運)…黒、青、紫。

仕事運(試験)…灰色、さくらいろ、おれんじ。

6月の季節の行事と体力アップの旬の食べ物。

6月1日〜5日頃まで(小満・しょうまん)

太陽の恩恵であらゆる命が満ちて行く時期。本来なら梅雨を前に育ちの季節。コメ農家さんは猫の手も借りたい忙しい季節が到来。6月1日は衣替えの日。日本が和服中心の時代は、冬服から夏服へと服を入れ替えた日で、どの家も大忙しだったにゃ。現代でも梅雨を前に虫干しする季節。湿度の低い晴れた日の午後に、風通しの良い部屋に衣装を広げて干すと虫干しになるにゃ。湿気は一番下にこもりがち。タンスには一番下に除湿剤を入れておくと効率がいいにゃ。クリーニングから返ってきた衣類のビニール袋は取り外さないとカビの元。ビニールを外したら、風通しの良い場所でよーく乾燥させることが大切にな時期にゃ。この時期の平安時代の宮中では、室内の調度品も季節に合わせて変えるのがしきたりだったそうにゃ。ここから夏仕様に部屋の模様替えなどして、気分をリフレッシュして大吉にゃ〜。

小満の時期の旬の食べ物…青梅、そら豆、らっきょう、山椒、根曲がり竹(小さくて細いタケノコ)、シロギス。

6月6日〜20日頃まで(芒種・ぼうしゅ)

芒(のぎ)とは、稲などの先にある突起の部分のことで、芒種とは、そうした穀物の種を蒔く頃のことをいうにゃ。この頃になると麦の刈り入れが終了し、田植えが本格化するシーズンとなるにゃ。梅雨入り間近に向け、農家さんはまだまだ忙しい時期。農家さんが頑張ってくれたいるからこそ、美味しいお米や野菜を食べれることに感謝しよう。
10日前後くらいまでに梅仕事をしたい季節。梅にはクエン酸が豊富で疲労回復には効果抜群にゃんだにゃ。抗酸化作用も高く風邪のひき始めの薬として常備しとくと便利だにゃ。簡単なので作ってみてにゃ。

① 梅シロップの作り方…瓶は4リットルのものを用意する。青梅1キロはよく洗い、たっぷりの水につけて1〜2時間アク抜きをする。

② 竹串で梅に穴を数カ所開け、熱湯消毒した瓶に氷砂糖1キロ分を梅と交互に入れて蓋を閉める。時々瓶を上下に返す。気温にもよるけどにゃ、最低でも1ヶ月半くらいはおいた方が香りの良いシロップが出来るにゃ。

芒種の時期の旬の食べ物…黄梅、トマト、サクランボ、ビワ、新生姜、アイナメ、アジ。

6月21日〜7月6日頃まで(夏至・げし)

一年で一番日が長い夏至を過ぎると、夏本番に向かい暑さが増していくにゃ。
この時期は夜が短くなり、冬至と比べると昼の長さが約5時間も長くなるんだにゃ。
夜が短くなるので、夜更かしせずにサッサと寝るのが吉。夏至の前後は北極圏や北欧諸国などでは白夜といって太陽が地平線あたりに留まり、一晩中薄明かりが続く国もあるにゃ。6月16日は嘉祥(かじょう)の日といって、848年に疫病が流行したことを受け、神前に和菓子を16種類を供え祈願すると、疫病が治ったとか。それから毎年6月16日のこの日に厄除けとして和菓子を食べる風習が広まったそうにゃ。6月の和菓子といえば水無月。水無月(みなつき)とは、旧暦5月の別名。6月30日の夏越の祓え(なごしのはらえ)に、過ぎた半年の穢れを祓い、くる半年の無病息災を願って食べる和菓子だにゃ。昔から梅雨の時期は免疫機能が落ちて病気になる人が増えたのかもしれないにゃ。この時期は免疫機能が落ちないよう食事は負担のないものを。いつもより無理をしない、無理をためない生活がベスト。何事も程々をわきまえて守るのが吉となる時期にゃ。6月30日は水無月を食べて厄除けしてにゃ〜。

夏至の時期の旬の食べ物…水ナス、山椒、ジュンサイ、オクラ、キュウリ、ドジョウ、ハモ、水無月。

*因みに、四季を感じる毎月の和菓子は、1月が花びら餅、2月がうぐいす餅、3月がぼた餅、4月は桜餅と花見団子、5月が柏餅、6月は水無月、7月は水羊羹、8月はわらび餅、9月は月見団子、10月は栗きんとん、11月はきんつば、12月はお汁粉となってるにゃ。和菓子を買うときの参考にしてにゃ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるように頑張ってにゃ〜 (°▽°)




b0301400_20071609.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

本日(5/31)は色々と突発的なことが起きるお日柄だったのですが、猫丸にも突発的な出来事が次々と発生し、ブログを書くことがなかなか進まず、現在6月1日、1:20分…。

やっと ここまで辿り着きました〜 (^◇^;)

まぁ、過去に記事が何度も消えたことに比べれば、断然マシですょ… ( ̄▽ ̄)

さて、5月は2日より災害警戒日としておりました。

結局何度も何度も頭痛が発生してしまいましたので、万が一を考えて今月も月末まで警戒日としておりました。

新たな検証記事は書きませんので、今回はこちらで5月2日からの災害被害報告(被害はなくても記録的な事象)をざっと書いていきます。

5/2 北アフリカ 観測史上初となる5月に初雪。被害は不明。
5/3 ヨーロッパ全域で甚大な表嵐。被害は不明。
5/4 ハワイ・キラウエア火山の大噴火と、M6.9の地震発生。
5/4 インドで大嵐発生で150人以上死亡。
5/9ニュージーランドで観測史上最高の23.8メートルの大波が記録される。
5/11 ドイツで車がうもれる程の雹嵐発生。被害は不明。
5/16 ロシアのヤクーツクで5月だというのに川が完全凍結し、氷の津波が発生し、氷が溶けた後、大洪水が発生し非常事態宣言発令。
5/17 ハワイのキラウエア火山が再び大噴火。1人が重症、5/30現在までに82棟以上が溶岩に飲み込まれ倒壊。
5/18 ロシア西部のヴィロネジで、数十億匹の蚊に町が侵略される事態が発生。
5/18〜19 秋田県で豪雨。家屋274棟が浸水被害。田畑2700ヘクタールが冠水被害。家屋の被害状況などは発表されていないので不明。
5/19 アフリカのケニアで大地に亀裂が連続発生し、ウガンダでも大規模地割れで数軒が住宅が飲み込まれる被害。
5/21 パキスタンで熱波が発生し、65人が死亡。
5/22〜23 ハワイのキラウエア火山の影響で、大地に亀裂が多発している模様。
5/23 台風がほぼ発生しないソコトラ島で、サイクロン・メクヌが発生。1人死亡、40人以上が行方不明。
5/24 ハワイのキラウエア火山が再び大噴火でガスが発生し住民に数件に避難命令。
5/24 ヨーロッパの広範囲で雷嵐。48時間の間に28万6000回の落雷。被害は不明。
5/24 ロシアで突風が発生し、39人が重軽傷。
5/25 福島県で地滑り現象発生。10ヶ所の道路に亀裂や家屋に亀裂被害。5/30現在も亀裂は1時間に数ミリ拡大中とか。
5/25 長野県で震度5強が発生し、道路や住宅に亀裂被害と落石。ケガ人はなし。
5/25〜26 フランスのボルドー地方で竜巻でも発生したかのような激しい雹嵐が発生し、ぶどう畑が壊滅的被害。
5/27アメリカのメリーランド州で豪雨により鉄砲水が発生し、非常事態宣言発令。被害は不明。
5/27 イギリスで一晩に2万以上の落雷で多数の被害報告があるそうですが、詳細は不明。
5/27 イエメンでサイクロンが直撃。各地で洪水が発生し、オマーンでは町の中に滝が出現するほどの大洪水。たった1日で何と3年分の降水量を記録。
5/28 中国・吉林省でM5.7の地震が発生し、1000棟以上の家が倒壊。ケガ人が出ているとの情報ですが、詳細は不明。
5/28 アメリカのフロリダで亜熱帯暴風雨が発生し2人死亡。その他の被害は不明。
5/28 インド北部のモンスーンで暴風雨が発生し48人が死亡。
5/31 ハワイのキラウエア火山の噴火が激化。溶岩は時速27メートルで進行し続けている模様。大量の溶岩は現在も集落を飲み込んでいるようです。ハワイの重要道路であるハイウェー137号線にマグマが迫っており、郡長は最終避難命令を発令しました。本当に大変な事態ですが、今後の日本も火山噴火には警戒が必要です。

昨年夏にプエルトリコを直撃したハリケーン「マリア」による死亡数を自治体は64人と発表しておりましたが、実際は4645人も亡くなっていたことが、つい先日判明しました。

2005年に発生したハリケーン・カトリーナ被害は1800人。

カトリーナを超える大規模な被害だったのです。

この世の見えるものには 嘘や偽り、隠しごとが多すぎます。

日本のメディアで世界の災害記事を拾うのは難しく、今回も大部分が地球の記憶-アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより情報をいただきました。

いつも本当にありがたいです。

ここ2年ほどで、世界中で災害被害規模はかなり深刻化しておりますので、

このままでは、災害が起こるたびに被災難民が増えてしまうでしょう。

東日本大震災や熊本地震などでの被災者の方々さえ、まだまだ大勢の方々が未だ仮設住宅住まいという現実の中、政府は今後日本で発生するかもしれない災害対策に対して万全なのでしょうか。

日本が好景気だと言い切ったアベサン、では何故被災者を助けないのでしょうか。

今後、世界中で更に災害が増えた場合、食糧難や伝染病などの懸念もあります。

地球を虐め抜いてきたツケは、地球に敬意を払う人間にさえ牙を剥くことになるかもしれません。

さぁ、みなさま、全力で生きる時代に突入しましたょ。

給料も上がらない一般市民に増税、昭和36年4月2日以降生まれの男性と、昭和41年4月2日以降生まれの女性は、これから65歳(今のところ。もっと先延ばしになる可能性も)にならないと年金は支払ってもらえないと書いてあります。

生活保護費や障害者年金さえカットするという政府ですから、今後国民は弱者であろうと高齢者であろうと、自力で自分を助けないといけない時代となることは覚悟していくしかありません。

60代どころか、70代を超える方々が普通に現役で働くという、逆に頼もしい時代です。

30年前には、とても考えられないことです。

社会がどんどん不安定となっていく時代…

普通に生き残っていくのなら、いくつになっても自分の精神力を更に強く育てることが、特に災害が多発しているこの時代を生きていくのには、とても重要なことだと思う今日この頃です。


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-06-01 02:17 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの5月占い

⚠️ モノノケ横行日のお知らせ…5月21日から24日までモノノケ横行日となります。
本来は18日からでしたが、今月はずれ込んでいます。この期間はいつもより全ての欲を抑え、心乱れたら直ぐに正すように努めてください。

⚠️ 5/2 強めの頭痛が数回、強めの電磁波痛も何度も発生。警戒は2週間とします。
5/16まで念のため油断なくお過ごしください。5/6 昼から電磁波痛が何度も発生しておりますので、念のため気象関連の災害にお気をつけください。5/9 弱めから強めの頭痛が頻発してます。頭痛は災害体感ですので、災害警戒期間を5/20まで延長します。5/11 夕方から右膝が痛みだし、現在23:20分、ずーっと痛みが続いています。震災後に膝の裏に痛みが出たことはありましたが、膝自体の痛みは人生初です。何かの体感なのでしょうか(検証…この後、日本も海外(ハワイ)でも噴火がありました)5/18 強烈な眼痛と頭痛、左脚に電磁場痛(天候悪化)と右膝の痛みが同時に発生し20分以上続きました。こんなことは初めてです。以前、激しい眼痛後に尋常ではない福井県の大雪災害となりましたので、念のため天候の災害にはお気をつけください。万が一を考え20日までの災害警戒日を今月いっぱいまで延ばします。あらゆる災害に、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。5/23 右膝痛発生。天候悪化にご注意ください。とても強い頭痛も夕方からずっと続いています。お気をつけください。5月30日 電磁波痛発生(天候悪化)


b0301400_15454248.png


にゃにゃにゃ!

5月はにゃ、人がそれぞれに持ち合わせる「運」により、良くも悪くも個人の人生から世相に至るまで、さまざまな変化をもたらす傾向の月。

先月に引き続き、外見(容姿、学歴、社会的地位)などで、自分の価値観の合格ラインで人を判断する傾向が続きそうにゃ。

表面的な物事に捉われて、人格を無視してしまうと、本当に大切なものを失う危険もありそうにゃ。

小さな運から大きな運(チャンスやラッキー)に恵まれたり、今まで運に恵まれなかった人が急に注目されたり活躍できたり、逆に今まで順風満帆な人生を送ってきた人が、突如として運が尽きる…なんていう現象も起きやすい機運となりそうにゃ。

災いが降りかかっても九死に一生を得て助かったり、逆に小さなことだと油断していたら命取りになったり…と、奇跡的なことや、どんでん返しといった現象、大難が降りかかる不運だったはずなのに救われる結果となったり、ラッキーだったはずの出来事が、後に運の尽きとなる事態になったりと、運気に翻弄されやすい、摩訶不思議な力を感じる可能性の高い月となりそうにゃ。

地位や名誉がある著名人や社会的地位の高い人ほど、幸運が一気に転落する可能性の高い危険な月。

この流れは先月の後半から始まり、来月半ばまで大きく影響しそうだにゃ。

運気が良くなっても、悪くなっても、その結果が最初と同じ運気だとは限らないのが今月の機運の動向。

良い運気のように見えても決して油断せず、悪い運気に見えても自暴自棄になったりせずに、日々の心の在り方やその実行で、自分の未来の運気を整えるよう努めることが大事なことだにゃ。

特に今まで特に努力なく、自分は運が悪いと感じ自暴自棄になってた人にだけは、突如として舞い込んだラッキーな出来事は要警戒。

5月の災難除けの秘訣はにゃ、現在、何事も上手くいかず「運が悪い、運が尽きた」と感じている人は、自分の日頃の当たり前の日常に感謝を忘れてないか、日々文句や愚痴を言い、感謝すべきことが出来ていないのではないか…と考えてみることにゃ。

日々の当たり前だと思っていることに感謝を忘れた人なら、持ち合わせた運を枯渇させた可能性があるかも。

当たり前は普通のことではないにゃ。

当たり前だと思っていたことほど、失った時の衝撃は激しいものとなるにゃ。

「当たり前の日常」は、人の努力の積み重ねの結果なので、当然「普通のこと」でも「当たり前なこと」でもないにゃ。

日々の当たり前の出来事を維持する人々の努力に感謝の心を忘れず、有難いという気持ちを表す言葉や態度で接することが、今月最大の災難除けの秘訣となりそうにゃ。

今月はプライドの高さが災いとなりやすいので、優越感に浸たり過ぎたり、人を見下すようになると、状況が一気にどん底にまで落ちてしまうこともありそうなので要注意にゃ。

5月の運気アップの秘訣はにゃ、人を見る目に広い視野を持つことが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

人を外見で判断せず、その人の人間性を重視した方が結果は良い形となりそう。

今まで努力し続けてきた人には、努力が現実に結び付く大チャンス到来月にゃ!

人を見下さない謙虚さを意識すると、運気が益々良い流れに導かれていくにゃ。

今月から来月半ばに得た「運」の維持は、自分を大切にしてくれる人を大切にするだけで、その運気は長く維持ができ、感謝の気持ちを忘れないことで、あなたを最善のポジションへと導いてくれるはずにゃ。

5月のラッキーカラーと、ラッキーアイテム。

恋愛運アップ…グレー、クリーム色、桃色、きみどり、むらさき、清楚な服装、お弁当、縁取りのあるハンカチ、手紙。

夫婦円満運…藤色、オレンジ、こげ茶、ペパーミントグリーン、メッセージカード、ヘアーアクセサリー、美容院、自転車(バイク、車)のメンテナンス。

対人関係(友人運)…赤、銀色、みどり、紺、ベージュ、古い下着を捨て、新しい下着を購入、メガネ、マスク、爪のメンテナンス。

仕事運(試験)…白、金色、青、水色、桜色、黄色、黒、料理、タオル地のハンカチ、
ゴミを見つけたら拾って捨てる、携帯鏡、メモ帳。

災難除け…白、柏餅。

5月の運気アップ・体力アップの旬の食べ物。

⭐️5月4日まで(穀雨・こくう)

この時期の雨は免疫機能を低下させることがあるので、なるべく抗酸化作用の高いニンニクやショウガ、ネギなどを料理に取り入れる工夫をしてにゃ。体力が著しく低下してしまった人は、朝と晩に湯飲みにティースプーン1〜2のハチミツ、生姜のすったものをティースプーン半分を入れ、そこにお湯を注いでハチミツを溶き、飲みやすい温度に下がるまで待ってからいただくと体力アップにいいにゃ。免疫細胞を元気に保ちたいこの時期は、肉や魚より野菜を多く食べることが大切だにゃ。

穀雨の時期の旬の食べ物…うすいえんどう、行者ニンニク、新ごぼう、木の芽、タケノコ、アサリ、サザエ、メバル、真鯛、新茶。

⭐️ 5月5日〜20日まで(立夏・りっか)

自然界の様々な色に強みが増し、夏の気配がだんだんと強まってくる頃にゃ。5月5日は「端午の節句・たんごのせっく」といって、男の子が無事にたくましく育つことを願う行事があるにゃ。端午の節句とは、もともとは古代中国の菖蒲(あやめ)を用いた邪気祓いの儀式が起源とされているにゃ。日本では、平安時代から田植えの行事と結びついた儀式だったものが、戦国時代からは勝負(菖蒲)に強く育つことを願ったものとされているにゃ。五月人形は、子供の災いを人型に移し、我が子の無事を祈り身代わりを立てたもの。勢いよく空で泳ぐ鯉のぼりは、男の子の立身出世を願ったもの。端午の節句に柏餅(笹巻き)を食べるのは厄祓い。雨季のシーズンは食べ物が腐りやすく、冷蔵庫のない時代は食中毒で死に至ることも多く、柏や笹には消毒効果が高いことから、前年度に収穫した柏や笹の葉を塩漬けしたもので巻いて、食中毒を発生させない工夫をしていた名残だにゃ。現代の既製品の食べ物には保存料がワンサカ添加されているので簡単には腐りはしないけれど、保存料が人体に有毒物質である物の方が多いので、なるべくならば添加物の少ないものを購入したり、手作りで作る方が身体にはいいにゃ。この時期は路地もののイチゴが収穫される季節。昔のイチゴジャムは保存のためにイチゴと同量の砂糖で作っていたけど、甘過ぎるので砂糖の量はイチゴの半量にして冷蔵庫で保存するなら1年は大丈夫。砂糖は白砂糖はやめて粗糖で作ると色は黒っぽくなるけれど、とてもコクのある美味しいジャムになるにゃ。また本物のハチミツ(白く固まるもの)も加えて作ると、身体の疲労回復になる薬になるので是非作ってみてにゃ。大変なのはイチゴのヘタ取りと、アクを取る作業だけ。

イチゴジャムの作り方。

①イチゴは路地ものを購入し、ジャムを作る前日の昼にさっと洗ってヘタを取り水気が完全に乾くまで置いておく。夜にヘタを取ったイチゴの半量の粗糖を絡めて朝まで置いておく。(こうしておくとイチゴから水分が出てくるので作りやすい)

② イチゴを鍋に入れて火にかける。沸騰したらアクが驚くほど大量に出てくるので、ボウルに水を半分入れ、水を張ったにボウルにアクをすくって入れていく(アクを落としたボウルの水は捨てないで!最後にボウルの中のアクを取り除けば美味しい「イチゴ水」ができちゃうのだ!このイチゴ水は冷蔵保存で3〜4日)

③ 中火の火加減で常に沸騰した状態を維持していると煮詰まってくるので、好みのトロミまで煮詰め、火を止める直前でレモン汁を好みで加えて混ぜ合わせる。イチゴの甘さにもよるけどにゃ、1パックに小さじ1弱程度。味見をしながら加減してにゃ。

④ ジャムが熱いうちに煮沸消毒して自然乾燥させたビンにジャムを入れ、すぐさまフタをして、逆さまに置いておく。(ホーローの容器に入れる場合も煮沸消毒して自然乾燥させて、ジャムが熱いうちに容器に入れ、冷めたらフタをして冷蔵庫へ)砂糖の量が半量なので、基本は冷蔵保存。

立夏の時期の旬の食べ物…タケノコ、路地もののイチゴ(ジャムに最適)、新にんじん、新ジャガイモ、明日葉、ホタテ貝、夏みかん、柏餅。

⭐️ 5月21日〜6月5日まで(小満・しょうまん)

この時期は、あらゆる命が満ちていく時期。麦は穂を揺らし収穫の時期を待つばかりとなり、米は田植えの準備に追われ、農家は猫の手も借りたいほと忙しい時期にゃので、ご近所同士が助け合っていたにゃ。古来日本の文化として「困った時はお互いさま」という精神は、この助け合いがキッカケとなった精神なのかもしれないにゃ。

小満の時期の旬の食べ物…青梅、そら豆、らっきょう、新生姜、根曲り竹、シロギス(魚)。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるように頑張ってにゃ〜。



b0301400_15595279.jpg
* トラちゃんを探せ的な…(笑)



みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

京都は夏並みに暑かったったり、冬に舞い戻ったかと思うほど気温が下がったりと、不安定な気候が続いておりますので、免疫力の維持も大変です。

免疫力の維持には、食べ過ぎ飲み過ぎは控えて、何事にも無理はなさらず、少し控え目を目安にお過ごしください。

さて、先月の4月8日と14日に強い頭痛が発生し、頭痛体感が発生しましたので、念のためにと今月いっぱい災害警戒の注意喚起を出しておりました。

「地球の記憶-アース・カタストロフ・レビュー」さんのサイトの記事によりますと、世界中では災害が発生し、サウジアラビアやサハラ砂漠で前代未聞の雹嵐で少なくとも70名が死亡する事態や、パキスタンで50年ぶりの積雪、アメリカ7州で猛吹雪警報が発令される事態が次々と発生。

アメリカのデトロイトでは過去140年で最も寒い4月となる事態となり、オランダ、スペイン、ルーマニア、ポーランド、メキシコなどでも雹嵐に見舞われるといった事態が発生した模様。また、中国広西チワン族自治区では、大規模竜巻が発生。幸い人的被害はなかったものの、建物は壊滅的被害となったそうです。また、インドネシアではマグニチュード4.4という規模の小さな地震により、3名が死亡し数百世帯の建物が全壊するという事態が発生。日本では考えられませんね。

また、バヌアツのアオーバ島は昨年の大規模火山噴火により一時避難しており、今年の3月に島に戻った途端に再び大規模噴火し、火山灰と酸性雨による壊滅的な被害が拡大した結果、4月20日にバヌアツ政府はこの島から島民の永久的退避を決定しました。

また、イスラエル各地を洪水と雹嵐が襲い11名が死亡。フランス領のインド洋に浮かぶレユニオン島では、フルネーズ火山が昨年に引き続き大規模噴火するなどしていました。

日本でも北海道では大雪に見舞われたり、霧島連山の硫黄山で250年ぶりとなる噴火が発生。九州の大分では崖崩れで6名が行方不明となり3人死亡、3人が行方不明のままのようです。

また、強い頭痛が発生した場合は最新記事のトラちゃん占いにてお知らせいたします。(現在は検証記事なしです)


今月は人それぞれに持ち合わせる「運」によって左右されやすい月です。

本来の意味での「運」とは、人の力では何ともしがたいもので、自分の意思や努力ではどうもしようがない巡り合わせのことなのですが、真実の運とは何なのかを少し考えてみたいと思います。

外見上、幸せそうに見える人であっても、心の中から幸せだとは限りません。

外見上、不幸に見えても、真実不幸だとも限りません。

運良く手にした物や人によって、未来の結果が良い形となるとも限りません。

運悪く手放したモノや人が、未来の結果に良い形となることもあります。

運命が一時的に良く変わったところで、人間の心までが正しく変われることは難しく、良い状態が当たり前のように続くと、それが普通のこととなり、感謝も出来ない状態になる方の方が多いかと思います。

運良く何事も起きない生活だというのに、「退屈な生活」「代わり映えのない毎日」だと感謝どころか「こんな生活望んでない」「つまらない」「生きる気力がわかない」などと、不平不満を言いだすのが人間だったりします。

一つの欲(願い)が叶うと、次から次へと また違う欲の追求をしがちです。

欲が深くて広い(多数)ほど、分不相応な欲が叶わぬことで、人の悩みを深めます。

このような思考は人を苦しめて、不幸をひきおこす原因になりかねないと考えます。

偏りすぎた人間の思考が、正しく変わる為には、不運(不幸)という名の「気付き」である「学べる機会」が必要なのではないでしょうか。

運悪く?災難に遭うことで、その後の価値観が変わり、自分の思考が変わったお陰で人生が良くなったりすることだってこの世には沢山ありますから、その時の運の良し悪しで全てが決まるわけではありません。

また、持って生まれた「運」は、限られた強運な人にだけに在るものでもありません。

誰にでも、多かれ少なかれ持って生まれたはずの「運」なのですが、人それぞれに、その「運」の存在に本人が気づくことなく、当たり前の出来事は感謝に値しない、感謝が出来ないといった偏った心やその行動が、本来持ち合わせていた「運」の存在を見逃していると思うのです。

持ち合わせる「運」に気づかないとは、どのような状態なのでしょうか。

それは、当たり前の日常で行われている「普通に感謝できる出来事」に、感謝の出来ない心で過ごしてしまっている状態だということです。

皆さんが想像する当たり前の普通の出来事などは「運」なんかじゃないと思われているかもしれませんが、人が生まれ落ちた時から人それぞれのスタートラインは等しく同じではありません。

成人するまで実の両親に育ててもらえない方もいるわけですから、実の両親に育ててもらえることも当たり前ではありません。

また、実の両親に育ててもらえていても虐待があったり、家族の仲が悪かったり、義理の関係が悪かったり、五体満足でなく生まれたり、経済環境が苦しかったり、心身ともに病弱だったり…など、人それぞれに生まれ育つ環境下も当たり前に幸せでないこともありますので、全ての出来事が当たり前などではないということです。

また、家族に大切にされて育ったにもかかわらず、何をしてもらうのも当たり前という感覚でいる人は、恐らくこの世では1番幸せなはずなのですが、そんな方々は当たり前の環境に感謝ができる心ではないことから、当人達は幸せを感じて暮らせていないようです。

なので、本人達は運が良いとも思ってはいないでしょう。

その結果、この「運」を当たり前にしてしまった因果応報は、持ち合わせた運を軽んじた為、普段に運をどんどん消費してしまい、運気が枯渇するまで全く気づかないという状態で、ある日突然、一気に不幸のどん底に…という人もいます。

感謝の全くできない人は、ある日、突然一気に運気が低迷してしまうのです。

運の悪い人の特徴は、自分が幸せだと気づいていない…と思います。

運の悪い人は、手に入れた物や、当たり前に存在する周りの人々などに関心が無くなったことで、人や物をぞんざいに扱ったり、関心あるものを得られていない状況下を自分では不幸だと嘆いているかもしれません。

自分が幸せであることに気づければ、悩みも減り、心豊かに運良く幸せに暮らせるはずなのです。

逆に普段の何気ないことでさえ感謝ができたり、人のことを自分のことのように考えられる人たちは、運の良い人だと思います。

人に感謝することが習慣となれば、人を味方につけることができ、感謝した人々の方からあなたに「運」を運んできてくれます。

普段、自分を大切にしてくださる人々に忘れがちな感謝の意を表すことは、人を味方に付けることであり、運を良くする結果に導かれるはずです。

相手を思い遣ることは、結果的に自分を思い遣って貰えることに繋がるのです。

そうして得た運を正しく維持していくことは、相手を思いやる心掛けひとつなのです。

「運」は、日々の心の在り方、その心の表し方など、日頃の心が直結した現実の行いひとつで、運気は途端にアップダウンしていると思われます。

感謝が全く出来なくなると「運」はその時から著しく衰退し、いづれ枯渇してしまうようです(命取りになる事態にも)

「運」とは、日々の心の在り方による実践行動で、良くも悪くもつくりだせるものではないかと考えます。

運に翻弄される人は、良い運を自分では作れないと思い込んでいるのかもしれません。

好きな人と一緒にいても、相手に素直になれなかったり、約束を守らなかったり、ワガママし放題など、愛を育む努力を行わなければ、幸せにはなれないのと一緒です。

本気で人生の運気アップを望むなら、日々の心の在り方を何事も感謝できる心へと修正し、本当の心のままに素直に生きることで運気アップは直ぐにでも実現できるものだと思います。

猫丸は過去に余命宣告をされたことが三度あります。

この記事では長くなりますので詳細は省きます。また、2度目、3度目の余命宣告の話も省きます。

離婚したばかりの頃、猫丸は子供達のために生命保険に入ろうと受けた検査で余命3ヶ月の子宮頸癌だということが発覚しました。

離婚して2人の子供を引き取り、新たな生活を始めたばかりでしたので、高い治療費のかかる入院費や手術費、その後の治療費など、猫丸には到底出せない金額でした。

折り悪く、猫丸の両親も離婚問題で大変な時期でしたので、余命宣告のことは両親には伝えられないまま、命ある限り毎日を子供達と楽しく過ごそうと決めました。

余命宣告をされたことで死が身近なものとなりましたが、当時の猫丸はまだ21歳。

人生が希少であったということを痛感させられました。

この世に残していかねばならない愛しい子供達の存在が、死が身近になったことで、尚増して愛おしくなりました。

何でもない日常が、些細な出来事が、家族の団欒が、すべてが幸せなことだと実感することが出来ましたし、日々感謝して過ごせるようにもなりました。

感謝の気持ちが湧き上がるようになると、何故だか分かりませんが不思議と自分は死なないような気がしてきたのでした。

気がつくと、余命宣告された日はとうに過ぎておりました。

癌の余命宣告をされ手術も治療も一切受けずにおりましたが、医者の宣告通りには死ななかったのです。

世間一般的に死の宣告は「不幸な出来事」でしたが、この不幸な出来事が、いまある命のありがたさや、子供達の存在を心から大切な存在だと気づかせてくれたのでした。

離婚して働いて、1人で子供達の面倒をみているだけの余裕のない生活でしたら、子供達の存在があんなに大切で愛おしいとは思えなかったかもしれません。

不安のない日々がいかに尊く有難いことであったか、子供達と過ごせる日々は何と幸せなのかと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この件で、猫丸が人として母親として成長できたことは間違いありません。

そして、あの時、猫丸にたんまり慰謝料が入っていたとしたら、子供達のために迷うことなく治療を受けていたと思います。

癌治療を受けていたとしたら、抗がん剤などで免疫不全に陥り、いずれは治療死していたかもしれません。

お金がなかったからこそ、手術や治療を受けずに済んだことが寿命を延ばすこととなり、結果的には早死にしなかった訳ですので、お金がなかったことも、運が良かったということだと思ってます。

また、両親に相談していたら、治療費は出してくれたと思いますので、それだとやはり寿命は縮んだはずですので、相談できなかったことも運が良かったと思ってます。

生と死が表裏一体なのと同じで、幸せも不幸も表裏一体だと実感しました。

どんな不幸に見舞われても、決して自分の人生を卑屈に思わないことが大切だなぁと思いました。

明日死んでしまうかも知れない…と意識していたあの時と、死を全く意識しない状況では考え方や感じ方、そして人を赦す許容も全てが違ってきます。

人間が迷い悩むのは、死を意識せず生きてるからなのかもしれません。

怖くても人の死を考えてみてください。

大切な人の死を考えますと、その人が自分にとり本当に大切な人なのかどうか…という確認ができるはずです。

心から大切な人だと認識できる人は、この世にはそう沢山おりませんから、人の死を思うことで大切な人だと判断できた場合には、後悔のないよう、その方を心から大切になさってください。

自分の死を考えますと、やはり今が1番大切なのだと気づけて、今に感謝し、今の自分を大切にすることができるはずです。

こういうことが、人間には最も必要な考え方なのではないか…と思うのです。

自分自身が積み重ねる日々の些細な努力の継続は、あなたの人生の運気を確実に安定させていくはずです。

確かな安定した運気を作れる自分を目指して、今月も、そしてこれからも自分を諦めず、頑張って自分を育ててくださいね〜。



ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-04-30 21:09 | トラちゃん占い


宇宙との交信!2018年 トラちゃんの4月占い

⚠️ 4月26日から、また九州地方体感が痛み出してます。念のためお気をつけてお過ごしください。

⚠️ 21日から25日までモノノケ横行日となります。
心が乱れても慌てないでくださいね。深く深呼吸して息を整えるだけで心の乱れは大分落ち着きます。この期間だけは、決して乱れた心や悪心を放置してはいけません。心を正そうとする努力さえあればモノノケの侵入を防ぎます。ここでモノノケの侵入を許せば、少し先の未来に悪い変化が訪れてしまいます。心の在り方に気をつけて生活するだけで災難除けとなりますので、油断なくお過ごしください。

4/8 朝から強めの頭痛が続いています。海外なのか日本なのか分かりませんが、念のため災害にはご注意ください。⚠️4月14日 新たに強めの頭痛が13日から何度も発生しております。念のため今月中は警戒しておいた方がよさそうです。くれぐれも油断なさらずお過ごしください。4/18 九州地方の体感部分である左下奥歯の手前(もしかすると四国地方も?)の外側が4/11からずっと痛かったのですが、いきなり腫れて来ました。念のためご注意ください。4/19に宮崎県と長崎の間にある霧島連山の硫黄山で250年ぶりの噴火が発生しました。九州地方の体感場所が両側腫れた後に熊本大震災がありました。腫れは少し引きましたが、触ると痛いです。


b0301400_08475888.jpg


にゃにゃにゃ!

4月はにゃ、挑戦と改革の月だにゃ。

個人、組織、社会の中で、それぞれの諸悪に対し、徹底して抗う傾向となりそうにゃ。

良くも悪くも、人それぞれの立場での「正義」が横行し、心に描く理想を叶えるために一気に動き出す傾向にゃ。

小さな規模から大きな規模まで、それぞれの改革に向けての変化を求める人が激動していく流れとなりそうにゃ。

世の中の矛盾、社会の巨悪、不正や嘘に対する怒りが一気にマックスとなり、それにより暴露、密告、告訴、または自責の念による自白やカミングアウトなども多くなりそうにゃ。

今まで叶えられなかったことや、叶わなかったことなどを叶える為の行動が一気に整えやすくなる月だということだにゃ。

社会の表から裏のリーダー、リーダー的存在の大きな転換期となるかもにゃ。

また、ずっと思い続けている悪い想像や、心配ごとなども叶いやすくなるかも。

世の中の善悪や美醜に敏感に反応しやすい月なので、個人が正義感を出し易くなる流れとなり、良くも悪くも1人が動き出すと、周囲にも大きく巻き込まれる可能性が大きくなりそうにゃ。

人それぞれの立場の「正義」で動くので、自分の信念に叶うものでないものに対しては正直に強く抗う傾向でもあり、不当である旨を表明する抗議を行う人たちが増え、今までになく熱い心で波乱な道のりを敢えて選ぶ人も多くなりそうにゃ。

また、抗議だけでは済まない傾向で「白黒つける」という流れなので、責任を問われる制裁から報復といった形にもなりやすいにゃ。

4月の災難除けの秘訣はにゃ、良くも悪くも主観が高まり反骨精神旺盛の月となる傾向なので、信念を貫く人にとっては、それが災いとなるかもしれない危険要素も含まれる月だと心得るべきにゃ。

今月、1番気をつけることは頑固さにゃ。

自分の利益だけ考える利己的さから発動している頑固さならば、周りとの衝突は避けられないかもにゃ。

主観が強すぎれば、人との信頼関係をつくることは とても難しいことになりそうにゃ。

親族関係では、子供に対する親の理想を押し付けたり、子供が親に逆らったり、夫や妻に対し自分の理想を強要することで相手の反発精神も高まり、それにより大きな事件となる可能性も高まるので、家族に対する言葉遣いや態度にはくれぐれも注意してにゃ。

主観が強くなる傾向の月は、他人から身内まで聞きたくないような内容の意見にも耳を傾けようとする努力する意識が災難除けの大きな秘訣となりそうにゃ。

相手の立場も受けいれる度量と柔軟性が出てくれば、大難までとはならない運命を築けるはずにゃ。

人を思うことは協調性を養うことに繋がるにゃ。

協調性とは異なった環境や立場に存する者が互いに助け合い譲り合い、互いに理解し合えることに繋がるひとつの方法にゃ。

人がいるからこそ、自分が生かされているという自覚を持つことで、人とのトラブルは未然に防ぐことが出来るはずにゃ。

自己主張が稚拙(ちせつ・幼稚で未熟)ならば災いは避けられないにゃ。

議論より解決を目指す話し合いで、まずは自分の精神を大人にすることが大切だにゃ。


4月の運気アップの秘訣はにゃ、身辺を整えたり、心を整えたり、外見を整えることが運気アップに繋がりそうにゃ。

今月は良くも悪くもファッション(身なりや体型)や身辺整理、そして日頃の態度や言葉を改めたり、悪心を改めることで新たな運命を築けそうにゃ。

悪い意味で、見かけ(外見)で人を判断する人が増える月でもあるので、服装に気を配ることが運気アップの秘訣となりそう。

大切な場面では身なりを清潔にして整え、服装もTPOを大切にすることにゃ。

TPOとは、時間と場所と場合という意味で、それぞれに応じた服装や態度が大切にゃ。

清潔感も運気アップの大切な要素。

そして、相手に対する態度がきちんとしていることも運気アップの秘訣だにゃ。

親しき仲にも礼儀あり…を、くれぐれも忘れないことにゃ。

礼節をわきまえて(相手に合わせて失礼のないようにすること。身内であっても言葉遣いにも失礼のないように)行動することで、あなたの魅力は一段とアップし、あなたへの信頼度も確実にアップするはずにゃ。

自分の殻を破る新しいことへの挑戦や改革に適した月なので、髪型やファッションを変えるイメチェンや、部屋の模様替え、身辺整理など、新しい自分を目指して吉にゃ。

部屋の模様替えは、自分の運気を上げたい色で運気アップ。

散らかった部屋の整理整頓は大吉。

整理整頓は、迷う心の整理に繋がる行為となるので、簡単な自分改革となるにゃ。

やれない部屋の片付けが出来きると、不思議と心の迷いも消え、どうすれば解決できるかの判断に繋がる心に整うはずにゃ。

服の整理整頓は、クローゼットや引き出しのタンスの中にしまえる分だけの服以外は、思い切って処分することをオススメするにゃ。

しまう場所以外に置く服や小物類は、部屋が散らかる原因となるだけでなく、生き霊やモノノケ達が、放置したモノに寄り付き潜む「場」になってしまうからなんだにゃ。

服を1枚買ったら、その度に服を1枚処分するくらいの気持ちで、しまう場所に収納できるだけの服や小物に留めておくことは、あなたが思っている以上の運気アップとなるにゃ。

服や小物が収納場所に収まるようにセーブできるようになると、無駄な買い物は減り、ついでにお金も溜まるので金運アップともなるにゃ。

改革の月だからこそ、この機会を逃さず整理整頓にチャレンジしてみてにゃ。

4月の運気アップカラー。

恋愛運アップ…白、赤、桃色、黄色、銀色。

夫婦円満運…みどり、ベージュ、紺、朱色、水色。 金色。

対人関係(友人運)…さくら色、ふじ色、オレンジ、レンガ色。

仕事運(試験)…藍色、きみどり、黒、こげ茶、むらさき。

災難除け…むらさき。

4月のパワーアップ食(旬の食材はエネルギー食。気力も体力もアップし、邪気も祓う力のある食材)

4月4日頃まで(春分・しゅんぶん)

桜の開花が知らせられると活動しやすくなる季節となり、本格的な春の到来を迎えるにゃ。春野菜をたくさん食べて元気になってにゃ。
この時期のおやつには、ぼたもち(おはぎ)や、うぐいす餅を食べると運気アップ。

春分の時期の旬の食材…うすいえんどう、グリーンピース、フキ、ウド、絹さや、たらの芽、菜の花、小かぶ、シラス、桜エビ。

4月5日〜19日頃まで(清明・せいめい)

清明とは、万物が清らかで いきいきした様子を表す清浄名潔(せいじょうめいけつ)という言葉を訳した晩春を表す季語にゃ。青く澄んだ空に草木が芽生え、花が咲き、鳥や蝶が舞い踊り、あらゆる命が輝く季節。心踊る季節は人が集まりお花見をしながら、楽しく歌い踊って過ごすと運気はアップ。但しお酒の量は控え目に。初カツオのタタキはニンニクスライスや、すった生姜を添えて食べてにゃ。この時期のおやつには、桜湯や桜餅や桜の塩漬けを使ったスイーツを。また桜の塩漬けを使った料理(桜おにぎりやカブの桜漬け、桜めしのおいなりさん)などが美容の運気アップになるにゃ。また、この時期に桜の咲く神社に詣でると頭の回転がよくなり、またボケ封じとなるので是非足を運んでみてにゃ。

清明の時期の旬の食材…コゴミ、ウルイ、イタドリ、ワラビ、三つ葉、ホタルイカ、初ガツオ。

4月20日〜5月4日頃まで(穀雨・こくう)

種まきを迎えるこの時期の雨は穀雨といい、良き種まきの好機ではあるものの、雨が降り続くと人体は太陽の陽を浴びなくなので免疫力が低下しやすい時期でもあるにゃ。免疫力の維持がとても大切な時期。この時期の食事の仕方が身体に大きな影響を与えるので気をつけて。身体から家にまでカビが繁殖しやすいこの時期。カビの繁殖は運気の衰退も招くので注意。肌が荒れたり手のひらや指に水疱が出来る人は、特に食事の仕方が大切となるにゃ。いつもより日々の食事の量を減らす事が大事で、日に三食たべている人は二食にし、二食の人は一食にし、一食の人は、その量を減らす事で身体への負担がかなり軽くなるので健康運はアップ。いつもより腹八分目の量にし、いつもより甘いものを控え目にし(スナック菓子や甘い飲料水はやめておいてにゃ)肉(特に牛肉)は少なくして、野菜中心の食事を心掛ける事が免疫力を下げないコツにゃ。また、毎日1パックの納豆や味噌(一日大さじ1〜2)を食べると、腸内で善玉菌が増え腸内環境が整うので、カビは繁殖しにくいにゃ。ひどい便秘の人は毎食納豆を1パック(一日3パックまで)食べるとお通じがかなり改善するにゃ。お通じの臭いもかなり改善されるはずにゃ。納豆は特によーく噛み潰す感覚で、いつもよりよく噛んで食べると唾液が良く出て納豆菌と混ざり、免疫力アップとなるので試してみてにゃ。下痢気味の人は乳製品を全てやめるとだいぶ改善されるはずにゃ。また、太陽が出ない日が続く免疫力低下時期に飲む薬は、身体を守るどころか破壊を招く恐れがあるので要注意。

穀雨の時期の旬の食材…行者ニンニク、新ごぼう、木の芽、アサリ、サザエ、マダイ、メバル、毛ガニ。

その他の4月の旬の食材…アスパラガス、セロリ、そら豆、タケノコ、レタス、トマト、アジ、アサリ、キス、さわら、ホタルイカ、スズキ、イチゴ、さくらんぼ、びわ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるよう頑張ってにゃ。


b0301400_09121730.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

連日の気温上昇で桜が満開となった京都。

昨日から、京都の桜はハラハラと花びらが散り始めました。

ゆっくり桜を眺める間も無く、京都の春はものすごい速さで通り過ぎようとしています。

京都はこの土日、お花見日和ですね。

楽しくお過ごしください。

さて、3月の国会はすごいことになっていましたね。

さぁ、4月は挑戦と改革の月に移行していきますので、社会の動向には再び注視です。

今年卒業式を迎えられた方、そして入学式を迎える方々、就職される方や転勤されるという人生の節目を迎えられる方々には、ちょうど折よく挑戦と改革の星回りとなりますので、幸先の良いスタートの月です。

素晴らしい人生を歩みたいと願う方々は、日々の少しの努力を丁寧に行い、それを根気よく積み重ねいくだけです。

二宮金次郎さんという人物をご存知でしょうか。

小学校の銅像などで薪を背負った姿で有名な、あの二宮金次郎(にのみやきんじろう)さんの言葉に「積小為大・せきしょういだい」という言葉があります。

積小為大とは、小さなものを積み重ねないと、大きなことを為すことはできない…という意味で、毎日のコツコツした努力が大切ですょ…という教訓です。

これからの時代で必要とされる生き残るための知恵が満載の、二宮金次郎さんのサクセスストーリーを簡単にお話したいと思います。

二宮金次郎さんは、もともと農民の子供でした。

苦労して育った金次郎さんですが、小さな頃からコツコツと積み重ねた努力のお陰で、身分制度の厳しかった時代において農民出身の身でありながら、将軍直属の幕臣にまで大出世を遂げた人物なのです。

金次郎さんがご活躍された時代は江戸時代末期。

荒廃した土地を復興させた人物として知られる農政家であり、思想家でもある人物です。

1787年に神奈川県の小田原市の生まれ、祖父の代までは豪農だったそうですが、父親の代で度々近くの川が氾濫しては被災し、その度に借金が増えて二宮家は衰退してしまいます。

そして金次郎さんが14歳の時に父親が亡くなり、生活はますます困窮していきます。

そのため、金次郎さんは山で薪を払い集めては町に薪を売りに行って生計を立てていました。

その道中で本を読んで勉強している姿が、あの有名な薪を背負った二宮金次郎さんの銅像姿なのです。

そんな金次郎さんの姿を見て、村人たちは「アホとちゃうか!農民の子が勉強したって何にもならへん」と笑いました。

一生懸命な金次郎さんの姿を見て、村人が笑うのも仕方のないことでした。

何故ならば、この時代は身分制度がとても厳しく、いくら頑張っても農民の子が出世など出来る時代ではなかったからです。

金次郎さんが16歳になると、今度は母親も亡くなってしまいます。

両親が亡くなってからは、親戚の家に預けられることになります。

親戚の家に居候させてもらいながら、夜でも勉強する金次郎さんを親戚の人達は「灯りに使う油が勿体無いから勉強などするな!」といって怒ったそうです。

それでも、どうしても勉強のしたかった金次郎さんは考えます。

考え抜いた末、金次郎さんは友達からアブラナの種を借りて、その苗を植えて育てることを思いついたのです。

金次郎さんは、そのアブラナを種を蒔き一生懸命育てました。

やがて収穫したアブラナを油と交換してもらえるまでになり、金次郎さんは夜も勉強することが出来るようになったのです。

また、道に捨てられていた稲を見つけては、それを拾って使われていない田んぼに植えることを繰り返していくと、やがて一俵の米を収穫できるまでにもなりました。

金次郎さんは思いました。「そんな小さな努力を重ねると、少しずつ大きくなっていくんだな〜」と。

この時、金次郎さんは積小為大の大切さを実感するのでした。

そして、その後の人生もコツコツと努力を積み重ねていくと、借金で手放した畑などを20歳で買い取ることができ、二宮家を再興させることに成功しました。

その噂が村中を駆け巡り、その話を聞いた破綻寸前だった小田原藩の家老の服部家が、金次郎さんに家の財政危機を助けてもらいたいと考え、金次郎さんを雇います。

金太郎さんは、倹約の精神と賃金業を行うことで服部家の復興を見事達成させました。

すると今度は、その話を聞いた小田原藩のお殿様が、藩の財政危機を金次郎さんに何とかしてもらおうと登用しようとします。

しかし当時は身分の違いという大きな壁がありました。

当時の小田原藩の殿様は大久保忠真さん。

彼は器が大きく、人を身分ではなく その人の実力を評価する人物として有名な方だったそうです。

是非とも金次郎を登用し小田原藩を復興させたい…との願いも虚しく、家臣がこぞって身分が違いすぎると大騒ぎしをして大反対しました。

そこでお殿様は、金次郎さんの実績を作るために、分家に当たる下野国桜町(現在の栃木県)の農政を託すことにするのです。

そこは米が3000石取れる場所であるのにもかかわらず、800石しか取れない「うまくいかない土地」だったそうです。(1石(こく)というのは米の量の単位で1石は約150キロ。1石の米が買えるお金が1両。老若男女関係なく1人の人間が1年間に食べる米の量のことで、一万石の大名とは1万人の民を養えるだけの農業生産力を持った大名ということです)

そんな問題ある土地を、金次郎さんに任せたのです。

金次郎さんは徹底した現場主義でした。一軒ずつ農家の家を訪問し、原因を聞いて回ります。

すると、財政難となった原因が明らかとなりました。

その原因とは、農民たちは仕事もせず昼から酒を飲んだりギャンブルに明け暮れていたからだということが判明します。

金次郎さんは思いました。「農民たちはどうして働かないのか?」と。

その理由は、農民に対する年貢が余りにも高すぎて、農民たちは働く気力を失い自暴自棄に陥っていた…ということが理由だとわかったのです。

金次郎は考えました「では人々が働く気になる為には どうすればよいのか?」

そこで高い年貢を一気に4分の1にまで減らすことで、先ずは農民たちの働く気を回復させました。

そして、一生懸命働いた農民には藩が表彰し、農具やお金などをプレゼントする作戦を実行します。

すると、たちまち農民たちは仕事に対する意欲が出て頑張り出したそうです。

この時期、江戸では天保の大飢饉(1833年〜1839年)が発生し、数十万人もの餓死者がでる大災害に直面してしまいますが、金次郎さんが農政を託された場所だけは、金次郎さんの先見の明と知恵で助かることができたのです。

いったい金次郎さんは何をしたのでしょうか?

金次郎さんは大飢饉の起こる前の夏に、ナスを食べると秋茄子の味がすることに驚きます。

これにより、もしかすると冷夏になるかもしれないと予想したのだそうです。

金次郎さんはこの自分の予想を素直に信じ、寒さに強いヒエやアワなどを栽培するよう農民達に伝え、寒さに強い穀物を栽培していたことが大飢饉から村人を救うことになった訳なのです。

アワやヒエが村人達を飢えから守り、村人が1人も死ぬことはなかったそうです。

一方で、この大飢饉により小田原藩は飢えによる危機的状況に陥っておりました。

小田原藩を救う為に金次郎さんが提案したのは、米蔵の解放でした。

家老達はこの提案に不安と不満を抱き、約2ヶ月間も金次郎さんの助言に対し拒否をしますが、そうしているうちにますます事態が悪化した藩は、やっと金次郎さんのアドバイスを実行することになります。

金次郎さんの提案は、民を三つに分ける所から始まりました。

まず、お金があり食べ物に困っていない人を「無難」とし、お金がそこそこあり、食べるものにもそこまで困っていない人を「中難」とし、お金が全くなく食べるものに困っている人を「極難」として分け、極難の人達に対して、一日一合の米を提供したのです。

この時、金次郎さんはやせ細った極難の村人に言いました。

「体は痩せるだろうが餓死はしないだろう。空腹に耐えることが仕事だと思って耐えてほしい」と。

藩の米蔵の米が底を尽きる前に、次の手を考えなければなりません。

金次郎さんはまた斬新なアイディアで苦難を乗り越えようとします。

それは、無難や中難の人々に無利子で極難の人々に融資をしてほしいと頼むのです。

しかし、この斬新すぎるアイディアを受け入れる人はいませんでした。

そこで金次郎さんは、無難や中難の村人に対して、この言葉を投げかけます。

「誰かのためになることをすれば、いつの日かそれが自分に返ってきます」と。

それが報徳思想(ほうとくしそう)です。

私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれは自らに還元されるとの金次郎さんの思想です。

金次郎さんは、経済と道徳の融和を訴えたのです。

金次郎さんの転機により、それからの小田原藩では餓死者を出さずに済んだそうです。

この活躍も、たちまち世間に広まります。

この功績を買われた金次郎さん。

なんと、天保の改革を行おうとしていた江戸後期の大名であった水野忠邦さんより直々に「幕臣(将軍直属家臣)として働かないか」とスカウトされちゃいました!

その後、金次郎さんは幕臣として農政に携わり605の村々の貧困問題の解決を図り、大飢饉時代の救世主となったのです。

さて、現代日本の状況も災害が増え、貧困家庭が増えている状態です。

日本人の所得は、共働きが増えているのにもかかわらず、この20年で20%も減っているのだそうです。

金次郎さんのあみだした社会を再建させていく手法「報徳手法」が必要な時代ではないのでしょうか。

貧困世帯が少なくなるまで税金を少なくして、政府には無駄遣いをやめて貰いたいものです。

納税より先に、先ずは国民の生活を豊かにすることでヤル気を促し、人々の生活に余裕が生まれれば、心の安定から消費も増え、社会が活性化することでしょう。

社会改革に特効薬はありません。

地域経済と人の心を立て直すことを根気よくすることが1番の安定の道だと教えてくれた二宮金次郎さん。

今の世にあなたがいてくれたら…と、そう心から思いますが、しかし金次郎さんと同じように頑張る人が増えるなら、この世も必ず救われるでしょう。

捨てる神あれば拾う神あり。

政府が国民を守ることが為されない時代は、国民同士が手を取り合い助け合えば良いのです。

拾う神は、あなたの側にいる人です。

金次郎さんはいいました。

「生きてる時は人で、死んで仏になると思っているのは間違いだ。生きて仏であるからこそ、死んだ仏なのだろう。生きて鯖の魚が、死んでカツオになる道理はない。林にある時は松で、切ったら杉になるという木はない。だから生前から仏であって、死んで仏になり、生前から神であって、死んで神なのだ」と。

今の生き方が肝心だということですね。

自分さえよければ…という世のリーダーの背中をみて嘆いてばかりはいられません。

反面教師(はんめんきょうし・反省の材料となるような人物や事例のこと)で学ぶことが肝心です。

この世に生き神さまのような人が増えれば、助け合いの精神が行き渡り、厳しい世の中でさえも、乗り越えられる人が増えるはずです。

苦難を乗り越え自立できるようになれば、この世で出会った神さまのような人々の温かい想いに包まれた記憶、そして、その背中を見て育った体験は、良い応報を後世の人々に繋ぐ勇気と実践が生まれることでしょう。

温かい思いやりが交錯し、伝達されていく世になることを願いつつ…

猫丸も一生をかけて、日々 精進して参ります ( ̄^ ̄)ゞ


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-03-31 09:11 | トラちゃん占い


宇宙との交信!トラちゃんの2018年3月占い。


⚠️ 今回のモノノケ横行日で取り憑かれた人間が、悪の思いを実行する人が増えるので事件が増えそうです。くれぐれも巻き込まれぬよう心乱さずお過ごしください。

⚠️(モノノケ横行日のお知らせ)3月24日の夜半から3月28日までモノノケ横行日となります。この期間中は、何があっても自分の気持ち(心)の管理をしっかりとなさり、決して心を乱したまま自分を放置しないようなさってください。

b0301400_13302496.jpg

にゃにゃにゃ!

3月はにゃ、2月と同じ星回りとなっているにゃ。

なので基本は2月の月と一緒なので、2月の占いをおさらいしておいてにゃ。

3月は何事においても良くも悪くもより一層、2月の機運の意味合いが更に大きく強くなりそうにゃ。

4月の「抗う」傾向の月の流れも入る為、一度運気が低迷すれば抗う姿勢が増して、ややこしさは倍増となりそうにゃ。

また、良くも悪くも「決定」という機運が高まるので、この月をどう過ごすか…で明暗が分かれそうにゃ。

今年は、数年先から数十年先の未来にまでにも、大きく影響のある年の始まり。

そのことを深く心得て、これからの毎月の選択肢は命懸けで選ぶ…くらいの意識で、一つ一つを丁寧に慎重に選ぶことが重要にゃ。

重大なことが発生した時は、1月、2月の占いをよく読んでにゃ。

今月の災難除けの秘訣はにゃ、暴力的傾向がますます強まるので要注意にゃ。

自分の思う通りに動く人が増えそう。

人を自分の意のままに動かそうと思ったりという気持ちが高まるので、イジメ(虐待)やDVなどに遭った場合、我慢せずなるべく早く信頼できる人に相談にゃ。

自分の思う通りにいかないからとワガママにならないように、また自分の意のままにならぬことを嘆いてサジを投げたり怠けたり、人に当たらないよう気をつけてにゃ。

自分のことを優先させ過ぎたり、自分のことを想って欲しくて独占欲が強く出過ぎるカタチに傾き過ぎると、運気は一気に下降する傾向の月。

自分勝手な振る舞いや、人に依存したりして自分を甘やかさないことにゃ。

また、事件では強盗や窃盗といった物取りプラス性暴行プラス殺人といった、一つの事件で2つ3つと犯罪が重なるエスカレートする犯罪となる傾向にゃ。

今年はモノノケ横行日から始まった年なので、とにかく犯罪が横行する年。

今年の出会いは良くないことの方が多く、初対面の人との関係においては、かなりの注意が必要にゃ。

出会い系などで気軽に知り合った人を、簡単に信用しないで電話番号などは教えないこと。

少しでも不安要素を感じたら、2度と会わないくらいが災難除けの秘訣だにゃ。

社交的で明るく、特に話し上手で自分の自慢話などする人には要警戒。

3月の運気アップの秘訣はにゃ、2月より社交性が高まる月なので、グループでの付き合いは吉。

その時に、自分本位にならないよう気をつけて、また人に甘えないよう気をつけて、グループの流れを乱さないことで良い人間関係を構築できそうにゃ。

家では、大切な家族を思い遣る言葉をかけることが運気アップの秘訣となりそうにゃ。

せっかく相手を思いやる心掛けをしても、そこに明確な言葉を添えないと相手に伝わりにくい月なので、会話ができない場合は優しい言葉のメモを添えてみてにゃ。

この月は、自分磨きに効果のある月。

オシャレやヘアメイクなどのプチ変身やダイエット、などの勉強と実践が運気アップに繋がりそう。

人生の節目となる人は、身なりと礼儀に気をつけて吉。

叶えたい事柄のラッキーカラーの下着をはくと、更に運気がアップするにゃ。

3月のラッキーカラーは2月と一緒だにゃ。

恋愛運アップ…ふじいろ、藍色、ベージュ、みどり、赤。

夫婦円満アップ…桜色、きみどり、オレンジ、青、黒。

対人関係(友人運)アップ…灰色、朱色、水色、紫、桃色。

仕事運(試験)アップ…白、紺、黄色、翡翠、茶色、ワインレッド。

災難除けは青色にゃ。

3月のパワーアップ食・旬の食べ物(旬の食べ物には生体エネルギーが詰まったエネルギー食。気力も体力もアップするだけでなく、邪気払いに効果のある食材。是非食べてにゃ)

3月5日頃まで(雨水・うすい)

本来は降る雪が雨に変わる頃。野山の草木が芽吹く季節到来。農作業の準備が始まる時期にゃ。いかなご漁も始まり、春の訪れを感じるにゃ。3月3日は桃の節句。古代中国の上巳(じょうし)の節句が由来とされ、もともとは旧暦3月、最初の巳の日(上巳(じょうし)の日)の桃の咲く季節に行われる行事で、脱皮をして生まれ変わる巳(み・へび)に因んで、心身を祓い清める行事とされていた説や、平安時代より前に京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊び、健康と厄祓いを願った上巳の節句が始まったとされる説もあるにゃ。江戸時代から民衆にも伝わった行事としては、紙や藁などで作った人形(形代)を使い、これに穢れを移し川や海に流して厄災を祓う祭礼としたにゃ。これが現代の流し雛の起源といわれているにゃ。なのでこの時期は祓いの時期ということにゃ。人から自分に向けて発せられた念(生霊)を人形(ひとがた)に移して穢れを祓い清める儀式にゃ。目では視えないけれども、想念世界から視れば、この世は人々の念の飛ばし合いが日常の世の中にゃ。特に自分や相手をジワジワ破壊するのは心配の念だにゃ。自分や相手を心配する心の消耗は激しく、生霊(生体エネルギー)を著しく消耗させるので、心配事は本末転倒な事態となるにゃ。心配をしない努力(深く考えないような気を紛らわす行動)や、人に心配をさせない努力(報告・連絡・相談)が、自分や相手に破壊作用を生じさせないことに繋がるにゃ。心配し過ぎる心は、そのマイナスな想いは叶ってしまう可能性が高まるから気をつけて。この時期は、海水と同じ濃度の塩風呂(天日塩)に浸かれば、付着していた生霊、モノノケなどはアッサリ取れてしまう最高の除霊となるにゃ。この時期の塩風呂に入れる塩をケチらないことで、しっかりと災難除けとなるにゃ。

雨水の時期の旬の食べ物…春キャベツ、花ワサビ、島らっきょう、菜の花、デコポン、ワカメ、メカブ、イカナゴ、ハマグリ。

3月6日〜3月20頃まで(啓蟄・けいちつ)

日毎に春のおとづれを感じる頃。啓蟄とは、土の中で冬ごもりしていた虫や生き物たちが春の陽気に誘われ活動を始める季節のことにゃ。春の雷がひときわ大きくなる頃でもあるので、昔の人は冬ごもりの虫たちが、春の雷に驚いて這い出してくると考え、春雷のことを「虫出しの雷」と名付けたりもしたそうにゃ。大きな音というのは意外なことに除霊の効果があるんだにゃ。皿やコップが落ちて割れた時は喜こぶにゃ!大きな音と割れた破片が刀の代わりとなり、その場の邪気を祓ってくれるにゃ。モノの命の代償の相殺で邪気祓いができるので、割れたモノには感謝をし「守ってくれてありがとう」と伝えてにゃ。この時期の新玉ねぎは、血液浄化作用の高い野菜にゃ。薄切りにスライスして水に晒さずサラダで食べるのが1番効果のある食べ方。新玉ねぎを生食で食べる場合は、たくさん食べると胃がもたれるので注意。ほんの少量で十分にゃ。

啓蟄の時期の旬の食べ物…コシアブラ、葉ワサビ、ニラ、ノビル、新玉ねぎ、ヤリイカ、サワラ、サヨリ。

3月21日〜4月4日頃まで(春分・しゅんぶん)

春分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の時間の長さがほぼ一緒になることから、二十四節記では大きな節目の日とされているにゃ。この季節は出逢いや別れの季節。今も昔も大きな節目の季節にゃ。また、春分の日を中日に前後三日間を含めた7日間が春のお彼岸にゃ。「暑さ寒さも彼岸まで」でという言葉もあるように、過ごしやすい季節にゃ。お彼岸にはぼた餅(おはぎ)を食べると家族との平安運アップ。桜餅を食べると恋愛運アップ。また、この時期に住んでいる土地の産土神(うぶすながみ)にお詣りし、塩大福を供えると基本のすべての運気がアップするにゃ。

春分の時期の旬の食べ物…フキ、ウド、グリーンピース、絹さや、たらの芽、小カブ、桜エビ、シラス。

その他3月全般の旬の食べ物…ごぼう、小松菜、春菊、大根、長ネギ、にんじん、ほうれん草、水菜、レンコン、金目鯛、白魚、タイ、ブリ、マグロ、みかん、いちご、オレンジ。

今月も良い選択肢で、良き結果を得られるよう頑張ってにゃ。


b0301400_13304696.jpg


みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

梅の花もほころび始め、京都の北野天満宮では2月25日に毎年恒例の梅花祭が行われました。

b0301400_10014405.png
しかし、積雪の多い県などは雪解けが4月頃ではないかとみられおります。

春といえども、まだまだ寒さは残ります。

季節の変わり目です。体調管理などにはお気をつけください。

本日や明日から日本海側では低気圧が急発達し、全国的に大荒れの春の嵐の警報がでております。

台風並みの風となる地域もあるようです。

災害厳重警戒期間中ですので、くれぐれも油断なくお過ごしください。

さて、今月は先月と同じ星回りの月となります。

今月も水に関する出来事(水商売、水仕事、水道関係、水害)には要注意ですし、世界や日本の動向にも引き続きご注意ください。

実は先月書き忘れていたことがありまして、水だけでなく怒りっぽい月だけに、火にも注意が必要な月でした。

水と火の事象におきをつけください。

また、今月決まったことなどは、良くも悪くも長く続く可能性が高い月です。

良い場合はいいのですが、悪い場合は長い間苦しみ、取り返しのつかない事態となる可能性も高くなります。

軽率な考えが行動に繋がらないよう、日々を注意深く気をつけてお過ごしください。

引き続き、暴力的な思考や行動が出やすい月です。

夫婦、交際相手、友達関係などは嫉妬心からのトラブルにはお気をつけください。

また、運転中のトラブルなどにもお気をつけください。

お酒を飲む機会も増える季節となりますので、お酒はほどほどでお願いします。

今年はフェチ要素が高まる性犯罪が増える兆しであることを、今年の1月の占いで書きましたが、この2ヶ月間だけで性犯罪は驚くほど発生しており、季節柄、変な人が多く出没する季節と重なりますのでご注意ください。

動向検証の為、性犯罪の事件記事の一部をご紹介します。(再生ボタンのあっても写真ですので再生されません)話は下に続きますが、かなり下です (^_^;)

b0301400_14371806.png
b0301400_15001001.png
b0301400_15112545.png
b0301400_15101896.png
b0301400_15095737.png
b0301400_15093805.png
b0301400_15092019.png
*行方不明事件
b0301400_15085638.png
b0301400_15083839.png
b0301400_15082226.png
b0301400_15074944.png
b0301400_15072489.png
b0301400_15051667.png
b0301400_15032179.png
b0301400_15024089.png

*鹿児島県でワイセツ事件
b0301400_15010113.png
b0301400_15004627.png
b0301400_14594268.png
b0301400_14592436.png
b0301400_14590377.png
b0301400_14584376.png
b0301400_14582319.png
b0301400_14580141.png
b0301400_14573604.png
b0301400_14571798.png
b0301400_14565205.png
北海道レイプ事件
b0301400_14552326.png
b0301400_14535880.png
b0301400_14531131.png
b0301400_14524281.png
b0301400_14522411.png
b0301400_14514995.png
b0301400_14512718.png
b0301400_14503061.png
b0301400_14501081.png
b0301400_14491979.png
b0301400_14483486.png
b0301400_14463512.png
b0301400_14444534.png
b0301400_14434569.png
b0301400_14425566.png
b0301400_14422527.png

*アメリカのロリコン犯罪
b0301400_14402414.png
b0301400_11551604.png
b0301400_11553634.png
b0301400_11555097.png
b0301400_11560491.png

記事を書いていて、ホント心底気持ち悪くなりました。

誘拐事件も多く、監禁する事件も後を絶ちません。

全ての事件はメディアで取り上げておりません。

なので、上記の事件はごく一部となります。

誘拐され見つけ出せなければ、最悪殺害される危険もあるわけです。

2月23日に兵庫県三田市の女性が行方不明となり安否が心配されておりましたが、バラバラの遺体が民泊施設内から発見され、28日に被害者女性の頭部を遺棄を認める供述をしたそうです。

犯人はロシア系アメリカ人のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ(26)で、被害者女性とは出会い系サイトで知り合ったとのことです。

彼女は外国人男性と出会う前に、自分の行き先を知り合いに知らせていました。

1月の占いで「知らない人に出会う場合、親に伝えられない場合は必ず友達に自分の居場所や相手の名前などを知らせておこう。事件に発展した時に、有利な情報となるにゃ」と書いています。

被害女性が見知らぬ人と出会うことに危機感を感じ、知り合いに連絡をしたかどうかは分かりませんが、もしも、被害女性が知り合いに行き先を伝言していなければ、この事件の発覚さえ難しかったかもしれません。

仮に行方不明となっても、事件性を感じる証拠があったとしても警察が動かないこともあるのです。

この事件は、何故だか物凄く早い段階で警察が動いています。

世の中の動向を見れば、なんとなく理解が出来るはずです。

三田市の女性の事件のように、知らない人と会う場合は、誰かに知らせておくことが1番の手がかりとなります。

誰かに伝えられない場合、出来ない場合は、部屋にメモを残しておくことです。

世の中には現実に何十年も監禁されていた女性もいましたし、今も助けを待っている人もいる可能性は高いと思われます。

SNSで知り合い、そして初めて出会ったその日に、飲み物や食べ物の中に、睡眠剤や向神薬などを入れられて、意識が朦朧としている間に店から連れ出され車に乗せられて拉致されたりする事件も多いのです。

ハタから見れば、具合の悪い女性を介抱しながら車に乗せていると思われ、周りが危険を察知されることも難しいと思われます。

しかし、昼間から酩酊状態の人が車に押し込まれている所を見かけるような事がありましたら、万が一を考えて車の写真を撮ったり、車種とナンバーを控えた上で匿名で通報だけしてください。

それが万が一の事態であったなら、1人の人の人生と命を助けることに繋がる可能性もあります。

自分の欲望が抑えられなくなったモノノケと化した犯罪者は、どんな状況下でも犯罪を犯します。

例えどんなに不利な状況下であろうとも、衝動的に動く犯罪者もいます。

信じられないかもしれませんが、拉致は自宅で寝ている時や留守番をさせている時でさえ発生しているのです。

歩いている時、自転車に乗っている時、車に乗っている時でも、いつでも何処ででも拉致されているのが現実なのです。

犯罪に巻き込まれた時は、ためらうことなく大声で叫び続けましょう。

大声で叫び暴れて抵抗すれば、人の目にもとまりやすく、犯人も逃げていく可能性が高まります。

いざの時、必死に逃げようと大声を出して助けを求めたり暴れられる人ばかりではありません。

大人であっても恐怖で何の抵抗も出来ない、声さえ出せない人もいるのです。

いざの時は大声を出すことは、とても大切です。

お子様には、何事か危険を感じた時点で大声を出すこが大切であることを伝え、大声を出す練習を定期的に行うことも必要かと思います。

また、地域の人々にきちんと挨拶ができるように教育しておけば、子供が地域の人々の目に留まることにもなりますので、犯罪防止の役に立ちます。

大人であっても挨拶を交わさない子供の顔はなかなか覚えられませんので、いざ行方が分からなくなった時に見かけていても覚えていないこともあります。

挨拶が子供を認識してもらえることに繋がることを親御さんが理解して、近隣の方くらいには挨拶をする大切さをお子さまにお伝えください。

残念なことに人を守る立場の警察官や教師でさえ犯罪を犯す時代です。

簡単に人を信じることが危険な時代ではありますが、挨拶を交わせる知り合いが多いことは犯罪防止にはなります。

だからと言って、知り合いならついて行っても良いと勘違いしないように、しっかりとお子様方の安全のための教育を、日頃から家族で話し合っておくとよいですね。

安心して暮らせなくなっているのが、現代の日本の姿です。

出会い系は、獲物を狙う犯罪者にとっては、ターゲットが向こうからやって来る最高の狩り場だということを、改めて意識しなければ犯罪が減ることもありません。

これも信じられないかもしれませんが、いまどきの子供は小学生でも出会い系サイトなどで、お小遣い稼ぎ目的でアクセスする子がいる時代なんです。

また、家出目的の少女も多く、そんな少女を狙う男がわんさかいるのが現状です。

犯罪に自ら巻き込まれる人が多くっているのも確かなことです。

ここ20年ほどで日本でも確実にロリコン犯罪は異常に増えおります。

民間のNGOの児童失踪 虐待国際センター(ICMEL)によりますと、全世界では年間800万人もの子供達が行方不明となっているのだそうです!

アメリカでは年間平均46万人もの子供達が行方不明になっています!

イギリスでは14万人、ドイツで10万人、インドで7万人、カナダで1万人以上、オーストラリアとスペインで2万人という数字です!

これは1日で22000人もの子供達が、なんらかの理由でいなくなっているというのですから異常事態です。

失踪の原因や目的は、身代金目的の誘拐、臓器目的の誘拐、労働目的誘拐、性的虐待、生贄儀式、人身売買、両親の都合で戸籍に入れていない、虐待や育児放棄、殺害、全ての自然災害に巻き込まれた結果の行方不明、そして子供自身の意思による家出も含まれるそうです。

嘘であってほしい話です。

日本での所在不明の子供の数は、2011年で1000人以上、2012年で4176人となっており、恐ろしいほどの数の子供達の行方がわかっていないとのことです。

その後の年の不明者人数は見つかりませんでした。

これらの数字が本当に真実ならば、「のほほん」とは暮らしてはいられない世界です。

親御さんや親族の人達が、子供を守ることが当たり前でなくなった社会となりつつある日本。

他人の子であっても、地域や社会で子供を見守れる大人が増えることを望みます。

親御さんが小さなお子様を連れてお出かけの際は、決して手を離さないようお願いいたします。


ほな(=゚ω゚)ノ


by neko_nezumi | 2018-02-28 18:20 | トラちゃん占い


宇宙との交信!2018年・トラちゃんの2月占い


⚠️1月31日から2月3日までは「モノノケ横行日」です。ご注意ください。

b0301400_17421659.png

にゃにゃにゃ!

2月の運気はにゃ、良くも悪くも大きく何かが張り出す(膨らむ、突き出る、溢れる、目立つ)ことで成功に導かれたり、張り出し(膨らむ、突き出る、溢れる、目立つ)過ぎて上手くいかない事、失敗などの事態になるかも。

ギャンブル的要素が高まるので、勝つか負けるかという勝負に出やすい気持ちに駆られ、また欲しいものを手に入れる…という欲望も高まる傾向。

感情のコントロールが必要な月となりそうにゃ。

物事をとても単純に捉えやすく、軽く考えて行動してしまう傾向が高まる月となるので、いつもより警戒心が薄れ、自分でも驚くような恐れを知らない大胆な行動に繋がりやすくなりそうにゃ。

大胆不敵な発言や行動で成功すればいいけれど、大失敗をして後の祭りになることのないよう、自分の発言や行動には責任を持つことが大切な月だにゃ。

また、思ってもいない見え透いたお世辞や、軽口、失言などもポンと出てしまいやすくなりそう。

そのため、人からは物凄く好感を持たれたり、逆に反感を買ったり、人間関係にあからさまな結果も出やすくなるにゃ。

社会的にトップに立つ人、社会で目立つ人の言葉や態度には、良くも悪くも尾ひれがつきやすいので要注意。

秘密に対してオープンになる月。カミングアウトから密告、告発まで、秘密が暴かれたり、また漏れ易い傾向にゃ。

今月、来月と相続運が高まる月。身内からだけではなく、他人からも有形無形の財産を受け継いだり、そんな話が出たり、相続によるトラブルも増えそうだにゃ。

負の財産ということもあるから、ぬか喜びは危険だにゃ。

2月の災難除けの秘訣はにゃ、人に影響を与え易い月なので、自分の発言や態度にはくれぐれも気をつけることにゃ。

派手なアクションや自意識過剰は災いのもと。

大胆になり易いだけでなく、いつも以上に暴力的になる月でもあるので、何事にも「少し控えめ」や「少し優しい」くらいがちょうど良く、常に謙虚さを心掛けることで、大きな災いには繋がらないにゃ。

また、今月は「過信」に気をつけること。

私的なことから公のことまで裏切り行為が横行しやすく、詐欺などには要注意。

パーティーや出会い系などで知り合う人には要注意。

「この人なら大丈夫」と思った時ほど警戒を。

危険人物は、自分を善人に見せる天才にゃ。自分を良く見せようと努力をしている人には気をつけてにゃ。

そして、普段の生活の中、家族からの恩恵を「当たり前」として捉えている人は気をつけて!

大切な人なのに感謝なく相手を粗雑に扱うと、一気に運気がガタ落ちする怖い月にゃ。

特に大切な場面で言葉を発する時、いつも以上の慎重さが大切だにゃ。

ひとつの言葉を丁寧に、心の奥底でおもっている素直な気持ちを相手に伝えること、そして出した言葉には責任を持つことにゃ。責任の持てない言葉は災いが降りかかるにゃ。

暴力的なことが高まり、口喧嘩では収まらなくなる傾向の月。痴話喧嘩(男女の愛情のもつれが原因のたわいもないケンカ)で済まないことになりそうな気配。相手を思いやらない発言には要注意にゃ。

大きなトラブルに発展しないよう、話し合いなどでは冷静さを心掛けて「いつもより少し優しく」「相手が腹を立てない言葉」を意識して選ぶことが災難除けの秘訣となりそうにゃ。

弱いものに強くなる傾向の月は、DVや虐めなどが途端にエスカレートしやすくもなるので要注意。

弱い立場の人は、ここで強いものに負けず立ち向かったり、あなたを守ってくれる親御さんなどに相談したり、公の機関の相談窓口などで相談すると転機となるにゃ。

但し、何事にも大げさになりやすい月。相談を受ける側の人は、相談者が実際の現状より誇張する傾向もあるので内容の見極めが肝心にゃ。

先月の後半から水を操るモノノケが多く出没しているので、水に関する物事(水商売を含む水関連の仕事も)が動きやすく、水に関するトラブルなどには3月いっぱいまで要注意にゃ。

2月、3月の日本や世界の動向に注意。

2月の運気アップの秘訣はにゃ、強い流れにのまれたり、強い立場の人にのまれやすい月なので、自分を本気で守るなら「自己の確立」をすることが大切な月。

アンデルセン物語の「裸の王様」という童話の話を知ってるかにゃ?

裸の王様の内容をざっくり書くとにゃ、「バカの目には見えない」という不思議な生地で服を作る仕立て屋(本当は詐欺師)の言葉に、誰もが自分がバカだと思われたくなくて、見えてもいない服を見えてるふりをして、裸のまま町をパレードする王様の着てもいない服を絶賛する話にゃ。

この物語は王様だけでなく、家来や群衆までもが、見えない服を見えるフリをするという話なんだけどにゃ、たった1人の子供だけが「王様はハダカだ!王様は裸だよ?」と本当の事を叫ぶ。すると群衆も「王様は裸だ」だと叫び出す中、王様のパレードは続くというストーリー。

人間の心理の弱点をしんらつに捉えた実話として有名な作品にゃ。

人はそれぞれの立場で、言えることと、言えないことがあるにゃ。

最初に正直になれないと、後々まで本当のことを言い出せなくなったり、いつの間にか、本当のことが言えない人間になってたりするにゃ。

「これの価値のわからない人はバカだ」と、情報を操作する側の人間さえも、その発信源が自分から出ていない場合は、操作されている側にゃ。

王様の裸を見て、見て見ぬ振りをする家来や大衆側の立場であれば、自分に火の粉が降りかからないよう本当のことが言えなかったり、言わなかったりもするにゃ。

自分が嘘や偽りの心を捨てる勇気を持ち、なるべく素直に生きようと心がけることは 、この世での自己の確立となり、生きている間に後悔することも断然少なくなるはずにゃ。

自己の確立とは、世の中の価値観、人の価値観、自己の思い込み、他者からの評価に対応した自分ではなく、自分は何をしたいのか、何を心から求めているのか、本当は何が好きで何が嫌いなのか…など、そういう自分の本音を知っておくことが自己の確立ということにゃ。

幸せになる秘訣は「素直な自分の想いを確立」できることから始まるにゃ。

今月は、自己の確立に目覚めることが 運気アップの秘訣となるはずにゃ。

また、いつもより人には丁寧に接し、物事は丁寧に扱うと信頼度がいつもの倍アップ!

人が見ていなくても、自分の徳積みとなるので、何事も丁寧にを心掛けて大吉にゃ。

2月のラッキーカラー(身につけたり持ち歩くと色のパワーで運気UP)

恋愛運アップ…ふじいろ、藍色、ベージュ、みどり、赤。

夫婦円満運…桜色、きみどり、オレンジ、青、黒。

対人関係(友人運)…灰色、朱色、水色、紫、桃色。

仕事運(試験)…白、紺、黄色、翡翠、茶色、ワインレッド。

2月の災難除けカラーは紅。くすみのない赤が災難除けとなるにゃ。

2月の運気アップとなる旬の食べ物《旬の食べ物は、その時期のエネルギーが溢れる元気の素がたくさん詰まったパワー食にゃ。旬の食べ物は滋養がつく食べ物にゃ。》

2月4日から2月18日頃まで(立春・りっしゅん)

節分の翌日に迎える立春は、冬から春に移る時期となるにゃ。本来ならば寒さのピークもここまでにゃ。旧暦では立春が一年の始まりと考えられていたにゃ。なのでこの時期は「事始め」の季節。本当にやりたかった事を始めるには吉兆にゃ。因みに春一番とは、立春以降に最初に強く吹く南風のことにゃ。外では少しずつ春の兆しが現れるので、免疫力が高まる太陽の日差しを浴びつつ小さな春を感じると、心がとても明るくなるにゃ。2月の最初の午の日を初午(はつうま)といって各地の稲荷神社では豊作や商売繁盛を祈願する祭礼が行われるにゃ。京都の伏見稲荷では、五穀を司る農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が初午の日に、京都の東山連邦の伊奈利山(いなりやま)へ降臨された日といわれ、五穀豊穣や商売繁盛を願う祭りとなったにゃ。古来から日本では狐が神の使いとして祀られ、狐の大好物とされる油揚げを供えたことから初午の日に「いなり寿司」を食べるようになったにゃ。東日本のいなり寿司は米俵に見立てた俵型で、西日本のいなり寿司は狐の耳に見立てた三角形にゃ。今年の初午は2月7日にゃ。商売繁盛を願う人は、初午のいなり寿司を作ってみてにゃ。

この時期はふきのとうが出始める頃。ご飯のお供に簡単に作れる「ふき味噌」を作ってみては如何かにゃ。

* ふき味噌の作り方

①ふきのとう5〜6コ(約100g)を5ミリ角に刻み、刻んだら直ぐに油大さじ一杯の油で炒める。

②全体に油が回ってシンナリしてきたら、お好みの味噌(60g)にみりん大さじ2と1/2をよく混ぜ合わせた味噌を加え、ヘラで練るように炒める。砂糖はお好みで。砂糖を入れると保存も長くなるにゃ。

立春の時期の旬の食べ物…ふきのとう、葉ごぼう、八朔(はっさく)、伊予柑(いよかん)、トラブグ。

2月19日から3月5日頃まで(雨水・うすい)

まだまだ寒さは残るものの、降る雪が雨に変わる時期。豪雪地帯などは、雪がとけて川が増水する時。釣りなどには注意してにゃ。
古来より雨水の時期は雛人形の飾り付けをすると「子供が良縁に恵まれる」とされているにゃ。桃の節句の雛人形の供え物は、白酒とひし餅とあられが定番にゃ。あとは地域により様々あるにゃ。邪気を払うといわれる白酒、三色のひし餅の赤は疫病除け、白は清浄、緑は邪気祓いにゃ。昔の雛あられは家でもち米を炒って砂糖を絡めていたにゃ。炒る時に、もち米がよく弾けると吉、弾けないと凶として、その家や子供の年の吉凶を占っていたにゃ。雛人形は雨水に飾りつけ、3月4日には片付けるのがベスト。雛人形には厄払いの意味が強いため、古代は藁で作った人形を川で流すのがしきたりだったからにゃ、川に流す代わりに早く片付けるのが最善。遅くても、3日以内に仕舞ってにゃ。この時季の免疫アップには菜の花にゃ。さっと塩をして湯がいてにゃ、酢の物やお浸し、サラダや天ぷら、手巻き寿司、パスタなどで沢山食べてにゃ。

雨水の時期の旬の食べ物…春キャベツ、花ワサビ、島らっきょう、菜の花、イカナゴ、ワカメ、デコポン。

2月全般の旬の食べ物。

キャベツ、ごぼう、小松菜、春菊、大根、菜の花、長ネギ、人参、ブロッコリー、ほうれん草、水菜、レンコン、みかん、いちご、オレンジ、金目鯛、白魚、タイ、ブリ、マグロ。

今月も良い選択肢で、良い結果を得られるよう頑張ってにゃ。


b0301400_17424103.png

みなさま ご機嫌いかがでしょうか。

猫丸ねずみです。

先ずは大寒波で被害に遭われました方々にお見舞い申し上げます。

今年は黒潮大蛇行の影響をモロに受け、全国各地では低温となり、寒い寒い冬となりました。

雪が降るのは減りましたけれど、各地で低温が続いており、水道管の凍結や破裂が続出し、断水被害が後を絶ちません。

何事も普通を維持している状態は、かなり幸せなことです。

また、道路の凍結による事故の発生が続出しています。

予報によれば、バレンタイン辺りまで寒いそうです。

日々、何事にも注意を払うことが1番の災難除けです。

今月も引き続き、お気をつけてお過ごしください。

と、ここまで書いたところで、またもや記事が消えてしまいました(T ^ T)

なので、アップするのが遅くなりました。

また、気象が荒れるサインなのかも知れません。

この度の厳重警戒期間中も、頭痛が頻発しておりましたので、災害厳重警戒日もまた1週間延長しました。2月7日までは、くれぐれも油断なくお過ごしください。

さて、全国でインフルエンザが猛威を振っているようです。

先ずインフルエンザとは、インフルエンザ ウイルスによって引き起こされる感染症のことですが、細菌とウイルスとでは全く違うものです。

細菌は栄養と水があり適切な環境下では、生きた細胞がなくても自分自身で増殖するのですが、ウイルスは細菌とは異なり、ウイルス単独では生存できないのです。

なのでウイルス自身は増殖する能力がなく、生きた細胞の中でしか増殖できないので、他の生物を宿主として自身を複製することで増殖しています。

その増殖したウイルスは、また他の細胞に侵入し増殖を繰り返すので、宿主の細胞を次々と死滅させてしまいます。

なので免疫細胞が大量の薬などで弱まれば、ウイルスを死滅させる力を失いインフルエンザでも死亡することもあるわけです。

インフルエンザに感染した場合、免疫細胞は命を懸けてウイルスと戦います。

ウイルスが人体に侵入すると、ウイルスの動きを弱める為に発熱します。

ウイルスが熱に弱いので発熱するわけです。

発熱により、ウイルスの動きが弱くなっている間に免疫細胞はウイルスをやっつけてくれているのです。

痰や鼻水、下痢などは、ウイルスをどんどん体外へと排出させようとする仕組みです。

もしも、人間に免疫細胞がなければ、人間はウイルスの侵入だけで細胞を死滅させられるのですから、あっという間に死亡することでしょう。

抗ウイルス薬は、薬の特性からウイルスが感染するのを防御したり、細菌のようにウイルスが死滅するものではない…ということをご存知でしょうか。

抗ウイルス薬のほとんどが、自分の細胞に感染して増えたウイルスを細胞から出さないで閉じ込めるものなのです。

なので、抗ウイルス薬を飲むとウイルス退治どころか、細胞内に閉じ込めてしまうことになりますので、ウイルスを退治してくれているわけではないので、ウイルスが完全に消えてはいない状態です。

細胞の中にウイルスを閉じ込める効果で、一時的にウイルスの制御ができているにすぎません。

インフルエンザが流行しても、免疫細胞が元気な人の体では、インフルエンザウイルスが侵入しても、免疫細胞がウイルスを防御するので、全ての人がインフルエンザに感染するわけではないのです。

疲れたりなどして免疫力が極端に低下した状態の時は、ウイルス侵入と同時に体内で増殖してしまうので、免疫細胞はウイルスの増殖を食い止めるために高熱を出すのです。

しかし、ここで薬を飲んでしまうと、抗体反応が低下してしまいます。

せっかくの発熱を解熱剤などの薬で下げてしまうと、免疫細胞が弱まるのでウイルス退治ができなくなるのが抗体反応の低下ということになります。

抗体低下により、ウイルス退治が遅れ、具合の悪さが長引きます。

「くすり」を逆から読んでみてください。

「リスク」と、書いてありますょ。

薬にはリスクがあっても、高熱が出ることは人間に取ってはリスクではありません。

熱が高いほど完璧な除菌が可能であり、体力がない人が高熱を出すことは難しいからです。

高熱が出たなら、むしろ喜ぶべきことです。

それは、ウイルス退治だけでなく、体内のさまざまな不具合がリセットされる可能性が高いからです。

体力のない人では、微熱が長く続きますが高熱は出にくいように思います。

高熱は体力を著しく消耗させますので、かなり弱っている人には高熱はリスクが高まります。

免疫細胞は人を助けるのが使命ですので、人が助からないような高熱は出せない、もしくは出さないのだと思います。

高熱が出た時の対処法は、薬を使って熱を下げることではなく、熱が上がりきるまでは熱を下げないようあたためながら寝るのが1番です。

部屋を暖かくして、昆布だしに天日塩と生姜をすった温かいスープを飲むと、体温を上げやすくなります。

フラフラしない限りは、お風呂もOKで、むしろ発熱のお手伝いをしてくれます。

食欲がない時は無理して食べなくても大丈夫です。

食欲のない時に無理に食べれば負担がかかりリスクになります。

1日くらい食べなくても全く平気です。むしろ解毒作用が高まります。

食欲があれば、お粥など負担の少ないものにしておくことは大切です。

果物は基本身体を冷やしてしまうので、熱が下がって来た時ならOKです。

熱が上がる時、食欲がなくなる理由は、食べないことで消化にかかる負担を抑え、消化で使う体力を消耗せずに温存し、身体を治癒するための体力に回すため食欲を抑えてくれているのです。

高熱が出る時は悪寒がして、身体が震えてきます。

身体が震えるのは筋肉を動かして体温を上げる為です。

発熱を促進させている状態です。

この状態を霊的にみれば、震える振動で浮いていた魂を元の場所におさめる行為でもあります。

お腹に力が入るので、魂が安定し、邪気祓いにもなります。

この状態の時が1番カラダが辛い時ですが、体内では免疫細胞が1番活躍してくれている時です。

心に存在していた邪悪な想いや、モノノケ横行日などに潜り込んだ邪鬼(モノノケ)などが魂の振動により祓われるので苦しい状況です。

熱が上がりきると震えが収まり汗が出てきます。

汗が出てくれば、熱が上がりきったサインです。

ここまで来たら もう大丈夫です。

除菌も浄化も完了です。

ここで、無理のない程度に水分補給をしてください。

水分は水が1番です。できれば天日塩を少しつまんで食べるとウイルスに傷つけられた細胞修復の手助けになります。

塩を舐めて吐き気がした場合は、除霊が完璧でなかった為に、魂がしっかりとおさまった身体が勝手に除霊を行ってくれています。

何も出なくても嗚咽(おえつ)で邪気を祓えます。

汗が出てきたら小まめにパジャマを着替えます。

ここからは、眠むれるだけ寝てください。その間に体力が回復してきます。

お子さんや高齢者の方など自分の症状を口で伝えられない人の場合は、熱があっても手足が冷たい場合は温めてあげます。

うっすら汗をかいている時は、服を一枚脱がせたりして調節してあげてください。

熱が上がっている時に解熱剤などを使用しますと、一時は下がりますが、根本原因がある内は何度でも熱は上がります。

その時にまた解熱剤を使用すると、抗体反応が低下してしまいますので、段々と免疫細胞自体が弱り治癒はどんどん遅れます。

熱が上がりきれば、体力消耗でフラフラはしてますが、身体は一気に楽になっています。

何もしない…という自然治癒療法は、西洋医学を信じる人にとれば、とても不安だと思います。

しかし、自然治癒は身体に1番負担のない、しかもお金もかからない、カラダの不具合を根本から改善するために、完璧な治療をしてくれる免疫細胞の神業なのです。

しかも、あなたがどんな人であろうとも、免疫細胞は自らの死と引き換えにしてでも無条件にあなたの命を助けてくれる存在です。

免疫細胞を弱らせることをすれば、因果応報で自分の身に危険が及ぶだけです。

免疫細胞が死滅すれば、それは即ち人間も生きてはいかれないのです。

薬というのは、そんな神的存在を破壊する力を持つ毒なのです。

薬が、リスク覚悟で飲まなければならないほどの「毒」だということがわかれば、様々なリスクから、心や身体は解放されることでしょう。


ほな(=゚ω゚)ノ

by neko_nezumi | 2018-02-01 03:50 | トラちゃん占い

    

宇宙からの カミガミトーク
by 猫丸 ねずみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
画像一覧
最新のコメント
nice page th..
by تقویم امروز at 03:28
good job...
by مزایده و مناقصه at 03:23
thanks for p..
by قیمت دلار at 03:21
good job...
by نرخ ارز at 03:19
the expo eve..
by قیمت ارز at 03:18
events info..
by next event date at 03:16
useful
by trade show at 03:14
thanks alot...
by exhibitors list at 02:53
I got what y..
by viagra at 21:55
> 田中様 ブログ..
by neko_nezumi at 08:42
フォロー中のブログ
タグ
検索
ツイッター
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fswiss\fcharset0 Helvetica;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl300\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル